« 「女性の品格」第二弾! | トップページ | 就業心得②出社初日編(1) »

2009年1月22日 (木)

就業心得①センターは社交場

年齢層も幅広く、様々な仕事の経験者が集まるところがコール(コンタクト・カスタマー)センター、お客様相談室の特徴だと思います。そうした人々が、同じ立場で仕事をすることで、公私の悩みをわかちあったり、趣味を共有し、人生のある部分に共感しあったりするのは微笑ましい風景です。

コールセンターは社交場ともいえるでしょう
ビジネスの世界では異業種交流会が盛んなようですが、同僚には語りにくいことも、利害関係のない他社の人には抵抗なく話せ、良い人間関係(時には取引関係にも発展したり)が構築されることが多いと聞きます。実は、コール(コンタクト・カスタマー)センター、お客様相談室も似たような雰囲気があり、その意味では社交場といえるかもしれません。

大人の会話を楽しみながらストレスを発散
平日昼間の時間帯就業者は、圧倒的に主婦層が多く、休憩時間はお子さんのことになると話は尽きないようです。親子関係の悩み、受験の苦労など家庭ではタブー視されていることも、ここでは抵抗なく話せるようで、大人の会話を楽しみながら、皆さん格好なストレス発散の場にされているようです。

週末や平日の夜のコールセンターは別の顔を
週末や平日の夜の時間帯は、ダブルワークをしている人が多いため、休憩時間は、さながら異業種交流の懇親会会場の様相を呈します。多様な職種の人との出会いは新鮮であり、未知の世界は刺激的なようです。目的を持ってダブルワークしている人たちには、貴重な情報収集の場となっています。

異才が集い文化の香り高いコールセンターも
志を高く持ち、自ら期するもののある人が、副業としてコールセンターに一時的に身を置き、やがて巣立ってゆくこともよくあります。特に、立地条件の良いセンターでは芸術・芸能関係に携わる人が数多く集まり、文化村然としていて、頻繁に発表会などの催しの案内が回ってきたりすることもあるとか。

年配者と若者が互いに刺激しあい共存
会社勤めをすると年齢が違えば、上司と部下という関係が普通ですが、ここでは年齢が大きく違っても同僚の立場で、気さくに人生の先輩と若者が仲間として付き合うことができます。先輩からは素直に学び、年配者は子供のような若者から活力のお裾分けにあずかり、双方うまく共存しているようです。

まさに、コール(コンタクト・カスタマー)センター、お客様相談室は様々な出会いを経験できる社交場であると思います。就業に際してはそのように心得て、価値ある社交場として上手く使い、楽しく仕事をしましょう。次回は、「コールセンター就業心得」出社初日編を書きます。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

|

« 「女性の品格」第二弾! | トップページ | 就業心得②出社初日編(1) »

コールセンター研修」カテゴリの記事