« “素敵な声づくり” 応用編(1) | トップページ | クレーム対応(1) »

2009年5月30日 (土)

“素敵な声づくり”応用編(2)

素敵な声の原点が笑顔だということを何回か書きましたが、今回は営業の現場でも同様の考え方が通用するのだというお話です。実は、営業スタッフ研修を近々担当することになり、関連の文献を何冊か読んでいたところ、以下の記述に遭遇しました。あまりに共通項が多いので、参考までにその概略を紹介することにいたします。

フランク・べドガー著『私はどうして販売外交に成功したか』
Amazon.co.jpより: あのデール・カーネギーをして「本書を一冊手にするためには、シカゴからNYまででも喜んで歩いてゆく」と言わしめた名著中の名著。不幸にも試合中に腕を折り、選手生命を絶たれた大リーガーが、やがてトップセールスマンになるまでの半生の記録。何と1964年の初版以来、28版を重ねるに至っている。

“無愛想”という重大な欠陥に気づいたとき・・・
私は販売の仕事に携わるようになってから、間もなく、私のように不愛想な顔をしていると、顧客からは嫌われ、できるはずの商談も成立せず、成績は毎月下がる一方で、これではどうにも仕方がないと気がついた。(中略)そこで、私は一つの方法を試みた。その結果は大変よく、私の家庭生活のうえにも、私の仕事のうえにも、いろいろな成果が現れた。

毎朝30分の訓練で“笑顔”を手に入れる
私は毎朝30分間を、シャワー付きの浴室で過ごすようにした。元気いっぱいに冷水摩擦をしながら、テンポの速い楽しい歌を歌ったり、思い切って大げさに、愉快に笑えるように自ら訓練したり、(中略)愉快そうに笑うなんて、それこそ容易なことではない。しかし私は、最初の決心のとおり、毎朝、毎朝、非常に苦しい努力を続けながらも、自分で自分を訓練した。

■“笑顔”の効果
私はまず見込客の事務所に入る前に、ちょっと立ち止まって、非常に楽しかった事柄をいろいろと思い浮かべて見て、心からあふれ出てくるような笑みを自ら誘い出した。これは毎朝練習をしているから比較的容易である。その笑いが、私の顔から消えかけた瞬間に部屋のドアを開けることにした。そうすればいつでも愉快そうに笑うことができるわけである。

笑顔が“笑声”の源であるように、笑顔が営業マンの姿勢を前向きに、そして成功に導いてくれることがよく分かります。笑顔は、どうやら社会生活上の万能薬的要素を持っているのでしょうね。ステップアップを目指す方には、ぜひ一読をお勧めいたします。私も冷水摩擦派なので、べドガーさんに倣って頑張ることにいたします。さて次回からは「お礼と謝罪」について書いてゆきます。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

|

« “素敵な声づくり” 応用編(1) | トップページ | クレーム対応(1) »

電話応対研修」カテゴリの記事