« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

ゆとり世代とほめ言葉について③

私は、伊藤忠商事の元社長で、現在は政府関係のお仕事でも活躍されている
丹羽宇一郎さんのファンで、木の葉ブログの第13回コミュニケーション(3)でも取り上げさせていただきました。最近このうるさ型の〝オジサマ〟が『負けてたまるか! 若者のための仕事術』(2010年4月/朝日新書)を上梓なさいましたので、本屋さんでちょっと立ち読みしました(**書店さんご免なさい)。

その中に、「私は最近、入社したての若者を『伝書バト』と呼んでいます。上司に言われたことを相手に伝えるだけで戻ってくる。何か問題が起きても、自分の頭で考えることをしない。これまで、箸の上げ下ろしから全部、親が面倒を見てくれ、快適な生活を与えられてきたから、言われた以上のことをやる必要がなかったのだと思います。そして、『最後には、誰かが助けてくれる』といった甘えがどこかにあるのではないでしょうか。」の厳しいご指摘がありました。

「ゆとり世代」といわれる彼らには〝ゆとり教育〟の弊害?からか、たしかに丹羽さんがご指摘通りの要素が多分にあると思います。特に、コミュニケーション・スキルについては、多くの人が課題を抱えているように見受けられます。そのために、前の世代にも見劣りしない〝しっかりとした仕事に対する認識や価値観〟が見落されてしまっている(研修を担当しての実感です。詳しくは後述)気もいたします。
下記は、『若者のトリセツ』(岩間夏樹著/生産性出版刊)にある、「新入社員の現在――生活意識と就労意識 2009年度の新人研修の場での調査」からの引用です。随所に、思いのほか〝高い意識〟が出ており、私も認識を改めさせられましたので、ボリュームがありますが、このシリーズの締めくくりとして紹介させていただきます。

※この調査は、日本生産性本部が1969年以来「新社会人研修村」として、新入社員の研修を加盟企業から請け負い、その参加者に対して研修の一環として実施しているもの。2001年に質問項目の見直しがされ、「生活価値観」「就業意識に関係する質問」等が追加された。なお、文字数の関係で2~3の項目は質問内容を短くしたものがあります。

新入社員の現在―生活意識と就労意識(2009年度の新人研修の場での調査)
Q.生活価値観(数値は「そう思う」と「ややそう思う」の肯定的反応の合計)
①人間関係では、先輩と後輩など上下のけじめは大切なことだ      88・8%
②明るい気持ちで積極的に行動すれば、大抵のことは達成できる     85・7%
③将来の幸福のために、今は我慢が必要だ               84・6%
④他人にどう思われようとも、自分らしく生きたい           82・3%
⑤自分はいい時代に生まれたと思う                  77・7%
⑥少し無理だと思うくらいの目標を立てたほうが頑張れる        76・4%
⑦あまり収入が良くなくても、やり甲斐のある仕事がしたい       65・7%
⑧企業は経済的な利益よりも、環境保全を優先すべきだ         62・5%
⑨例え経済的に恵まれなくても、気ままに楽しく暮らした方がいい    59・0%
⑩冒険をして大きく失敗するよりも、堅実な生き方をする方がいい    58・2%
⑪世の中、何はともあれ目立った方が得だ               52・0%
⑫リーダーになって苦労するよりは、気楽なほうがいい         49・4%
⑬自分と意見のあわない人とは、あまりつきあいたくない        47・7%
⑭世の中は、いろいろな面で今よりもよくなっていくだろう       47・6%
⑮世の中は、いろいろな面で、今よりも昔の方がよかった        47・5%
⑯周囲の人と違うことはあまりしたくない               37・4%

●本調査の質問項目見直しがあった2001年から、調査分析及びとりまとめを担当している著者・岩間夏樹氏は、①の「人間関係では、先輩と後輩など上下のけじめをつけるのは大切なことだ 88・8%」ついて、「この支持率は、最近の若者に似つかわしくないイメージだが、この調査が新入社員の研修の場で実施されていることを考えれば、新しい環境に飛び込んだ瞬間の思いとして、このくらいの謙虚さはことさら不自然ではないだろう。」と解説されています。

Q.仕事についてのあなたの考えや希望についてお聞きします(数値は同上)
①仕事を通じて人間関係を広げていきたい               95・4%
②社会や人から感謝される仕事がしたい                94・1%
③どこでも通用する専門技術を身につけたい              92・8%
④これからの時代は終身雇用ではなく会社に甘える生活はできない    84・4%
⑤高い役職につくために、少々の苦労はしても頑張る          80・8%
⑥仕事を生きがいとしたい                      75・7%
⑦仕事をしていく上で人間関係に不安を感じる             66・0%
⑧面白い仕事であれば、収入が少なくても構わない           56・9%
⑨いずれリストラされるのではないかと不安だ             46・1%
⑩職場の上司、同僚が残業していても自分の仕事が終わったら帰る    33・2%
⑪仕事はお金を稼ぐための手段であって、面白いものではない      32・1%
⑫いずれ会社が倒産したり破たんしたりするのではないかと不安だ    27・7%
⑬職場の同僚、上司、部下等とは勤務時間以外は付き合いたくない    21・9%

●著者の解説によると、①には、「新しい環境での人間関係に期待すると同時に、人脈を広げることで自分の仕事力を高めようとする意向も感じられる。」   ③にも、「会社に依存するのではなく、自分の力でサバイバルできる資格を持ちたいという意向の反映だろう。」とのこと。なお、⑨と⑫の数値は、就職氷河期の2002年に匹敵する水準になっているそうです。

●上記2つの回答内容を見ると、立派な青年像が浮かび上がってくるのは、私だけでしょうか。ちなみに、著者の岩間氏によれば、調査開始以来8年を通して、若干の順位の入れ替わりがある程度で、傾向に大きな変化は見られないとのことです。これは、前記した私の研修時に受ける「前の世代と、就業意識はそれほど変わらない」の認識に重なるものがあります。

●いまの20代は、「子どもたちには極力、ストレスをかけないように」という〝ゆとり教育〟で育ってきています。極端な例では、「宿題を忘れても教師に叱られなかった」とか、「授業中に騒いでも注意された経験がない」のだそうです。〝危険だから〟 勝ち負けがつくと〝かわいそうだから〟との理由で、運動会が行われなくなったりし、競争する機会が失われたことで、ストレス耐性が極めて弱くなっているようです。

●少し上司に怒鳴られただけで「翌日には辞表を持ってくる」「出社拒否になる」事態が、あちこちで起きていることも事実ですが、前出の丹羽さんのご本の中の「教養」に関する記述の最後に「人は、人によっても磨かれるのです。」とありました。新入社員教育の一端を担うものの一人として、重く受け止め、彼らのよさを引き出せる研修を、さらに一層心がけていこうと思います。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

ゆとり世代とほめ言葉について②

研修を通じて感じることですが、怖いはずの「先輩・上司」へのアプローチの
方が、新入社員に対するより気楽そうだいうことが、「ゆとり世代」とのコミュニケーション・ギャップの大きさを如実に物語っているようで、深刻な気がいたします。さて、いよいよ恐怖?の「後輩・部下」に対する〝シチュエーション別の直接的語りかけ〟ですが、その前に、「ゆとり世代」のもう一つの側面を紹介してから本題に入ることにいたします。

ゆとり世代は「異なるもの」とのコミュニケーションができない
前回も紹介した『就活格差』に以下の記述があります。
「就活に限らず、最近の若者に共通する特徴としては、特に『社会人』『年上』を極度に恐れる。最大の理由として、これまでの生活において異なるものとの接点を持たずに生活できた点が大きい。」のだそうです。職場は「社会人」とほとんどが「年上」の集団ですから、「ゆとり世代」と言われる彼らには、さぞや戸惑いがあることでしょう。

それだけに、受け入れ側には、「彼らとコミュニケージョンをとる際は、本人の意見を引き出すように接すること、あったかいコミュニケーションが必要となる。」のでしょう。前出「 」は、前回取り上げた同書内容の転載ですが、是非このような姿勢で迎え入れていただきたいと思います。
以下の「後輩・部下に対する『ほめ言葉』」には、そのような配慮が随所にちりばめられており、「ゆとり世代」とのコミュニケーションには有効打となるのではと思い、たっぷり紹介させていただきます。
なお、以下の参考例の出典は前回と同じく『人を動かす「ほめ言葉」』(本郷陽二著/中公新書)です。

後輩・部下に対する「ほめ言葉」とは
頑張る人に賞賛をおくりたいときは ⇒「フットワークが軽くて助かるよ」  
説明するのが上手な人に ⇒「君の話はとても分かりやすいね」  
発想力がある人に ⇒「君は本当にアイデアが豊富だよね」  
あれこれと反応がすばやい人に ⇒「君は打てば響くようだな」  
人前での発表を聞いたら ⇒「とても引きつけられたよ」  
優秀な人材にはプライドを刺激する一言を ⇒「君は職場のホープだよ」 
 
なかなか根性のある人に ⇒「ファイティングスピリットがあるな」  
上達を促したいなら ⇒「おっ、なかなか筋がいいじゃないか」   
もう一頑張りして欲しいとき ⇒「いい感じ。あと一歩だよ」  
経験の少ない社員に向かって ⇒「ずいぶん○○処理が早くなったね」  
口下手な人をほめるときは ⇒「○○さんと話していると安心するな」  
落ち着いた態度に好感を示すなら ⇒「堂々としているね」  

明るく前向きな考え方の人には ⇒「ポジティブだね」  
きちんとした挨拶のできる人に ⇒「いつも礼儀正しいね」  
にこやかな人に ⇒「いつも笑顔で気持ちいいね」 
直接の部下に参加を促したい場合 ⇒「○○君がいないと困るんだ」
励ましながら依頼する方法は ⇒「君ならやれる。よろしくね」  
若い人の服装を注意する場合は ⇒「お客さまの印象がもっとよくなるよ」

●今回も著者からのアドバイスを追記しますと、「後輩・部下に対して、『君ならできるはず』だけではそんなに頑張れない」とのことだそうです。繰り返しになりますが、「本人の意見を引き出すように接すること、あったかいコミュニケーション」をぜひ心掛けていただければと思います。また、「君はもっとできるはずだぞ!」は、逆にストレスになる危険があるそうですから、「ゆとり世代」には、やはり避けるのが無難のようです。 

●やり手のリーダーの下には、年長者の部下がいらっしゃるケースも多いと思いますが、同書の中から一つだけ紹介しておきます。
年上の部下に対する感謝は  ⇒「○○さんのおかげです」
こんな謙虚な姿勢で接しられたら、ムズカシそうなオジサマも、「おぬし、なかなかやるな!」と評価して下さるのではないでしょうか。

●同僚に対する「ほめ言葉」は、サンプルが少ないので章立てしませんでしたが、参考までに以下に三例記して、この回を終了いたします。
信頼できる相手に ⇒「期待を裏切らないね」 
控えめで気配りできる人に ⇒「品がいいですね」 
なんとなく自信のない人に ⇒「苦手なんて嘘じゃないですか」

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

ゆとり世代とほめ言葉について①

新入社員の受け入れ対策として、先輩社員を対象に「○×△□研修」をする企業が増えているようです。何しろ新人さんは、コミュニケーションが大の苦手な「ゆとり世代」ですから、まったくすれ違いに終わった? ここ数年の轍(てつ)を踏まないようにとの、ご判断が働いているのかもしれません。今回は、不安そうな面持ちの先輩社員が多かった、ある「リーダー研修」でのお話です。

「ゆとり世代」のコミュニケーションの特徴とは
この「研修テキスト」の最初に出てきたのは、やはり「コミュニケーション」でした。一年ごとに様相の変わる就活戦線では、いささか旧聞に属するかもしれませんが、2009年7月に出版された『就活格差』(常見陽平著/中経出版刊)によると、「『ゆとり世代』の特徴は『コミュニケーションが一方向』であること(つまりは、キャッチボールしているのではなく、壁に向かって投げている感じ=山本注)。」だそうです。

本人の意見を引き出す〝あったかいコミュニケーション〟を
「これは、メール・コミュニケーションへの慣れが主な理由と考えられる。したがって、彼らとコミュニケーションをとる際は、本人の意見を引き出すように接すること、あったかいコミュニケーションが必要となる。」とありました。また、「意味・答えを求める気持ちが強い」ことも特徴だそうです。この他には、「個性へのこだわり」「キャリアへの意識が強い」とのことでした。

〝シチュエーション別の直接的語りかけ〟を学ぶ
こうした特徴の持ち主と近々接することになる先輩社員の方々に、一般的な「コミュニケーション」について語っても〝役に立たない〟との思いから、私自身初めての試みでしたが、〝シチュエーション別の直接的語りかけ〟を一緒に勉強してみました(意外と好感触あり)。この際、苦手?な新入社員対応を後回しにし、「先輩・上司」に対してを先行させ、感じをつかんだところで、「後輩・部下」に対してと、段階を踏むことにしました。
なお、以下の参考例の出典は『人を動かす「ほめ言葉」』(本郷陽二著/中公新書)です。

先輩・上司に対する「ほめ言葉」とは
尊敬できる上司に対して ⇒「○○さんの下で働けるなんて光栄です」
どんな小さな特技でも ⇒「○○の達人ですね」 
普段から社交的な人に ⇒「ここは顔の広い○○さんにお願いするしかないと…」 
上司や先輩への敬意を表したい ⇒「とても私には真似できません」  
専門的な技能や知識をほめるときに ⇒「この道には詳しくないのですが、迫力を感じます」
仕事で業績を上げた人に ⇒「成功の秘訣を教えてください」   
どんな年齢の人にも ⇒「すごい、どうやったらそんなふうにできるんですか?」 
かなり世話好きな人に ⇒「○○さんには、どれだけ助けられたことか」 
かなり目上の人をほめるなら ⇒「さすがに、格が違いますね」

●今回は、怖いはずの「先輩・上司」への「ほめ言葉」までにいたします。先輩社員の方たちは、仕事に対する自信がおありなのでしょうね、照れながらも、抵抗なくみなさん「ほめ言葉」を口にしていたのが印象的でした。この調子なら、新入社員に対してもそれほど心配する必要ななさそうと思ったのですが・・・、以下は次回のお楽しみといたします。 

●なお、最後に「先輩・上司」への「ほめ言葉」に関して肝心なことを一つ。普段、何気なく「○○さんには、とてもかなわないですよ」といったりしている方もいると思いますが、著者は、「俺に勝てると思っているのか!」と反感を買う危険性があるので、この表現は避けるようにと、書き添えてありましたので、念のため。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

身だしなみについて②

私の研修テキストには、ところどころに花の絵をちりばめています。一部に、講師の年格好(失礼な! でも、そう言われてしかたないかも…)からすると少女趣味的ではとのご意見もあるようですが、ご批評に甘んじ、なおそのようにすることには〝私なりの意図〟がございます。今回取り上げている「SG大阪バラエティライブ」の研修の場では、時間の関係でこれもご披露できませんでしたので、この場を借りて、説明させていただきます。

「エチケット」の語源は?
日常、よく使われる言葉ですが、みなさんはこの語源をご存知でしたでしょうか。以前読んだ本にあったものをメモしておきましたので紹介します。
「昔、フランスのべルサイユ宮殿の庭に、ある美しい花園があった。この花園は、宮人たちの疲れた心をいやすために作られたものである。ある時、この花園に心ない者たちが入り、美しく咲き匂う花を踏みにじってしまった。そこで番人が『立ち入り禁止』の立札を立てた。この立札のことを、フランス語でエチケットといい、後にこれが転じて『心の花園を荒らすな』という意味に用いられた、という。」

私はその後(2008年)、研修講師として独立しましたが、教育を担当する立場に身を置く者の心構えとして、この言葉を大切にしていきたいと思い、また、自身の初心を忘れないように、(受講生の方には目障りかもしれませんが)テキストの一部を花で装うようにしております。さて前置きはこのくらいにして、次は、肝心なメインテーマ「身だしなみ」に関する『影響力の武器』より、その2です。

その2.ビシッとしたスーツと、作業服の影響力の違いは?
「テキサスで行われた実験では、研究者が31歳になる一人の男性に交通法規を破るように依頼しました。いろいろな状況で信号を無視して道路を横断するようにさせたのです。そのうちの半分の状況では、彼はビシッとしたビジネススーツを着てネクタイを締めていました。他の場合には作業服を着ていました。」

スーツの影響力は、何と作業服の3.5倍あった!
「研究者たちはそこからちょっと離れた場所から、信号待ちをしている歩行者の中で、その男性にくっついて道路を渡ってしまう人が何人いるかを数えました。
笛吹き男の後を追って集まってきたハーメルンの街の子供たちのように、スーツを着ていた場合は、作業服の場合の3.5倍もの歩行者が彼の後を追い、信号を無視して道路を横断しました。しかし、この場合、魔力は彼の笛から生じたのではなく、スーツのピンストライプから生じたのです。」

きちんとした身だしなみが35%の売り上げの違いを生み出し(前回紹介)、ビシッとしたスーツは作業服の3.5倍も人に影響力があるのですね。35%と3.5倍の同じ数字の組み合わせは不思議な偶然で、なんかキツネに鼻をつままれた感じもしますが、出所がまったく異なる文献ですので信じることにして、「(ビジネス)マナー研修」で、たまに使わせていただいています。
最期は内緒話!?ですが、このお話をすると、それ以降男性受講者が何となく自信なさげにソワソワしはじめるのが気になります(笑)ので、なるべく研修の終わりの方でするようにしています。私自身の自戒の念も込めてですが、男女を問わず、人前に出るときは服装に気をつけましょう。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

身だしなみについて①

先週、若手のFP(ファイナンシャル・プランナー)さんたちの勉強会「SG大阪バラエティライブ」に講師としてお招きいただき、「ビジネスマナー研修」をいたしました。その後の懇親会にも同席させていただき、とても楽しいひと時でした。研修では、社会的地位の高い方たちを相手にする職業柄、マナーの基本以上に“身だしなみ”に気をつかっていただきたいと思い、服装について2つお話しました(一部は時間の関係でカット)ので、それを今回と次回、記憶が冷めないうちに紹介させていただきます。

きちんとした服装で35%の売り上げが違う
『セールスドッグ「攻撃型」営業マンでなくても成功できる!』(ブレア・シンガー著/筑摩書房刊)という本があります。その中に、「きちんとした服装の営業マンは外見に気を使わない営業マンよりも売り上げが35%も大きいという統計もある。」と書かれていました。営業職であれば、誰しも服装には気を使うはずですので、ここでの〝きちんとした服装〟は〝センスの良い服装〟と理解した方がよいと思いますが、これだけ違うと営業としてのランクが1つ変わるでしょうから、大きいですね。

名著『影響力の武器』からスーツにまつわる「お話」その1
雑誌などで「ビジネスマンが読んでおきたい○○冊」などの特集で、よく取り上げられる本に『影響力の武器』があります。かなり古い本(ロバート・B・チャルディーニ著/1991年 誠信書房刊)ですが、内容は大変興味深いものがあります。中に今回のテーマに近い「スーツ」に関する記述がありますので、その中から2つ紹介(今回はお遊び、次回が研修で取り上げる内容)します。

その1.あなたはスーツとセーターのどちらから買いますか?
「洋品店でのコントラストの原理」として、以下の記述があります。少し長いですがそのまま転載します。おもしろいので是非お読みください。
「ある男性がファッショナブルな店に入って、三つ揃いのスーツとセーターを買おうとする場面を考えてみましょう。もしあなたが店員だとしたら、そのお客の財布のひもを最大限ゆるめるために、どちらの品を最初に見せるでしょうか。洋品店では、このような場合、高い品物の方を先に買わせるように店員を指導しています。」

「コントラストの原理」に騙されないようにしましょう!
「常識から考えると、逆のような気がします。
スーツを買うために大金を支払った直後には、セーターを買うためにまた多くのお金を払おうとしないのかもしれません。しかし、さすがに洋品店の方がよく知っています。彼らはコントラストの原理に見合うように振舞います。
つまり、スーツを先に買わせます。次にセーターを選ぶ段になると、どんなに高いものでも、スーツに比較すればさほど高くないように感じてしまうのです。
セーターに75ドルも支払うことに躊躇する男性でも、もし275ドルのスーツを買ったばかりであったら、75ドルという金額をそれほど高いと感じることはないでしょう。」

イチロー選手ならセーターとジーンズのどちらを買うか
セーターの例が出てきましので、お遊びついでに、以前紹介したことのある『イチローの流儀』から、イチロー選手の類似シーンを見てみましょう。
「街でお気に入りのセーターとジーンズを見つけたとする。どちらを優先して買うのか、の問いに『僕なら二倍の値段でも断然ジーンズを買う』と即答した。
『ジーンズは使っていくうちに味が出るけど、どんなセーターでも二年も経てば飽きがくる』(中略)哲学は明確だった。」

イチロー選手の〝使えば使うほど味が出る〟という考え方は、小学六年生でプロが使うような本格的なグラブを使い「子供用の安いクラブを毎日使っていればすぐダメになる。それでいくつも買い替えていたら結局同じくらいお金がかかっていたと思う」との実体験から身につけたそうです。なお、余談ながら、このもの凄く高いグラブを買い与えるに際して、イチロー選手のご両親の間で深刻な議論があったとか・・・。
だいぶわき道にそれましたが、次回は『影響力の武器』その2として、スーツと作業服の影響力の違いを紹介します。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »