« サービスとホスピタリティ③ホテルのホスピタリティ | トップページ | 身だしなみについて③ »

2010年6月26日 (土)

病院のホスピタリティ①

6月23日『日本経済新聞』朝刊の最終面「交遊抄」に、日野原重明先生〔現在98歳で聖路加(ルカ)国際病院理事長・同名誉院長〕の薫陶を受けた茨城キリスト教大学学長・小松美穂子氏の【看護はアート】が掲載されました。今回のテ―マである「病院のホスピタリティ」に関連する内容でもあり、このご紹介から本稿をスタートすることにいたします。

『日本経済新聞』朝刊「交遊抄」 小松美穂子氏【看護はアート】より
「日野原先生は常に『看護は科学に支えられたアートである』とおっしゃる。対話を通じて患者との相互理解が可能になることで、患者の心や体の痛みに加え、自分が未経験のことまでも察知できる医療従事者を目指す。その相互理解に至るコミュニケーションこそが、看護における基本理念としての『アート』だという。」

●小松美穂子氏の【看護はアート】とまったく同じお考えを、地方医療で目覚ましい成果をあげ、〝奇跡の病院〟とマスコミ等でよく取り上げられる諏訪中央病院の前院長(現在は名誉院長)でNHKラジオ第1放送の祝日特別番組「鎌田實のいのちの対話」でも有名な鎌田實先生が著書『超ホスピタリティ おもてなしのこころがあなたの人生を変える』(PHP刊)で披瀝されていますので、参考までに転載いたします。

超ホスピタリティはアートなのです。それを実践するあなたはアーティスト
「看護の正解が一つでないように、ホスピタリティの正解も決して一つではありません。明確な根拠に基づいている技術であれば、正解は一つでしょう。でも、ホスピタリティはある面で技術なのですが、ある面では、〝芸術(アート)〟であるところが非常に多いのです。それゆえ、相手に応じて、状況に応じて、正解は変わります。正解は一つではないのです。とても難しい仕事ですが、そこからやりがいも生まれるのです。」

●鎌田先生は、本来アートというのは、〝技術〟と〝芸術〟という二つの側面を持っており、現在はそれが分かれて〝芸術〟は感情的な世界を重んじるようになり、〝技術〟は逆に、感情を否定して科学的根拠を重んじるいわゆる科学技術という形で発展を遂げてきたと解説されています。そして〝芸術〟を「人間に対する働きかけ」、〝技術〟は「物に対する働きかけ」と区分けしておられます。第14回で「サービス」と「ホスピタリティ」の違いに触れましたが、この説を拝聴すると【サービス=技術】、【ホスピタリティ=芸術(アート)】にきちんと置き換えられるような気がいたします。
さて、「病院のホスピタリティ」シリーズ第1回の締めくくりは、前出書籍から諏訪中央病院の看護師さんの、患者の立場を慮った独創的な発想についてです。そして次回は、今やホスピタリティ医療の代名詞ともなった諏訪中央病院の、血のにじむようなこれまでの歩みを、ほんの一部ですが紹介いたします。

鎌田先生にとって〝忘れられないホスピタリティ〟
「私にとって忘れられないホスピタリティがありました。30年ほど前の話です。大腸スコープの検査を済ませた男性患者さんが、直後、院長である私を呼びました。何か不都合でもあったのかと出向くと、患者さんは開口一番『先生、この病院はいい病院だなあ』とおっしゃったのです。彼はこれまでいくつもの病院で、大腸がんの検査を受けてきたそうですが、どこの病院でも検査中は30分位下半身丸出しのままにされて、非常に恥ずかしい思いを続けてきた。」

内視鏡検査時にはく穴あきパンツは『諏訪中央病院」の看護師さんの創作
「ところが今回は、一人の看護師が患者さんの気持ちを考えて、紙パンツを用意し、後ろにはハサミで穴を開けて患者さんにはいてもらって検査をしたそうです。『パンツをはかせてくれたのはこの病院が初めてだ』と病院の評価につながりました。いまでは商品化(カネボウサイエンスから内視鏡・注腸検査用穴あきトランクスとして発売された:山本注)されている穴あき紙パンツですが、一人の看護師のホスピタリティが患者さんの気持ちを救ったのです。」

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

|

« サービスとホスピタリティ③ホテルのホスピタリティ | トップページ | 身だしなみについて③ »

ホスピタリティ・CS研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院のホスピタリティ①:

« サービスとホスピタリティ③ホテルのホスピタリティ | トップページ | 身だしなみについて③ »