« 「面接官・就活研修から」①効果的なプラスイメージ表現後置話法 | トップページ | 「面接担当官・就活研修から」③面接を左右する相互の第一印象 »

2010年10月30日 (土)

「面接官・就活研修から」②ノンバーバルコミュニケーション

コミュニケーションには、言葉によるバーバルメッセージに基づいたバーバルコミュニケーションと、ノンバーバル(非言語)メッセージによるノンバーバルコミュニケーションとがあります。私たちは通常、バーバルメッセージとノンバーバルメッセージを組み合わせて対話しています。今回は、前回紹介した〝「印象の良かった、悪かった」面接に関するキーワード〟の中から、コミュニケーションがうまくいかなかったために、印象に大きな違いが出たキーワードを対比して取り上げます(⇔の左が印象の良いキーワード、右が印象の悪いキーワード)。
少し硬い話で恐縮ですが、末尾に殿方が喜びそうな女性の男性に対する〝非言語シグナル〟に関して書きますので、辛抱して最後までお付き合いいただければ幸いです。

バーバルコミュニケーション(面接でのプレゼン力&質問力)巧拙対比
ビジョンが明確にわかった          ⇔雑談のような話題ばかりだった
会社の良いところと課題を話してくれた    ⇔他に行きたい企業の悪口ばかり
答えやすい質問を最初にしてくれた    ⇔意図のわからない質問が多かった
自分の答えに関連した質問        ⇔形式的/マニュアル通りの質問
質問に対して、明確に答えてくれた    ⇔こちらからの質問をはぐらかされた

●一時話題を呼んだ『就活のバカヤロー』という本の、『週刊東洋経済』からの転載記事に会社側が〝面接官に対して実施していること〟というのがありました。その記事によると、
特に何もしていない(41・3%)、説明会資料の配布、メール送信(46・4%)、面接官を集めた説明会(18・5%)、面接官を集めた社内勉強会(8・0%)、外部講師を招いた面接官研修を実施(4・2%)でした。複数回答ですから全体を把握するのは難しいところもありますが、驚かされるのは41・3%の会社が何も対策していないことです。これでは、上記右のような印象の悪いキーワードが応募者から発せられても仕方ありませんね。

●次にノンバーバルコミュニケーションの巧拙です。ノンバーバルコミュニケーションにはナップの7分類(動作行動・身体特徴・接触行動・パラ言語・近接学・人工品・環境要因)がよく知られています。この中から、代表的ともいえる動作行動(ジェスチャー、顔の表情、目の動き、身体や手足の動きなどのようなものを指す)と、パラ言語・近接学・環境要因を取り上げます。

こんな初歩的なこともわかっていない面接官がいるなんて、学生が可哀そう!
あいづちうなずきがあった            ⇔書類にメモばかりしていた
自分の話に共感してくれた           ⇔話をしていて反応がなかった
欲しいという気持ちが伝わった        ⇔上からの目線だった
次に会ったとき、覚えてくれていた      ⇔人事の対応がいい加減だった
目をあわせてくれた              ⇔目をあわせず書類だけ見ている

パラ言語(声の質など)・近接学(座席や距離など)・環境要因の対比
会えて楽しかったといってくれた       ⇔「ふーん、それで?」と言われた
笑顔で接してくれた               ⇔ぶっきらぼう
フレンドリーな雰囲気               ⇔面接官との距離が遠い
受付の応対がよかった            ⇔隣の会議室で怒鳴り声が聞こえた

●今回は藤田依久子著『対人コミュニケーション入門(上)』を参考にさせていただきましたが、同書によると、「パラ言語とは、声の質(声の高さやリズムのこと)、ため息、あくび、笑いのようなもの、声を装飾するようなもの、『あのー』とか『えーとぉ』という言葉を指す。」とのことです。私なりの理解では、面接官の「ふーん、それで?」と言った声のトーンが応募者を不快にするものだったように推測されます。〝ぶっきらぼう〟も態度というよりは、言葉の抑揚が与える印象の方が大きいでしょう。

●ここからは、予告の男性に対する女性の〝非言語シグナル〟のお話(ただし米国事例)です。
独身者向けのバーで観察研究したところ、女性による「誘惑行動」(15秒以内に男性を近くに引き寄せる身体的動作と定義される)は、〈横目で見る〉(服や髪を整える)〈ほほ笑む〉〈笑い声を上げる〉〈うなずく〉〈助けを求める〉〈他の人に触れる〉といったものだったという。それほど魅力はなくても誘惑行動のレベルが高い女性は、魅力的だけど誘惑行動のレベルが低い女性より、男性にアプローチされることが多かった。

この観察の結果、研究者たちはバーにいる女性が10分間にどれくらいの頻度で部屋を見回し、男性に微笑み、髪をなでつけたかを記録するだけで、その女性がそれから20分以内にダンスを申し込まれるかどうか、90%の確率で予測できたそうです。
このとても興味深いお話は、サンドラ・アーモット&サム・ワン著『脳のしくみ』からでした。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

※本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

|

« 「面接官・就活研修から」①効果的なプラスイメージ表現後置話法 | トップページ | 「面接担当官・就活研修から」③面接を左右する相互の第一印象 »

面接担当官・就活研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「面接官・就活研修から」②ノンバーバルコミュニケーション:

« 「面接官・就活研修から」①効果的なプラスイメージ表現後置話法 | トップページ | 「面接担当官・就活研修から」③面接を左右する相互の第一印象 »