« メラビアンの法則⑲ まとめ(1) | トップページ | 《9つの非言語メディア》 世界中のあいさつ »

2011年4月 9日 (土)

メラビアンの法則⑳ まとめ(2)

いよいよ『メラビアンの法則』シリーズの最終回です。まだまだ書き足りない気もいたしますが、20回でひとまず区切りといたします。今回はこれまで語り継がれ、コミュニケーション研修などで出てきた『メラビアンの法則』が、法則として適用可能なシーンについて、私なりの考え方を示させていただきます。その前に『天使と悪魔のビジネス用語辞典』での人気投票結果。そして最後に、これまで取り上げてきた文献の一覧を参考資料として付記します。

『天使と悪魔のビジネス用語辞典』の関心度NO.1だった『メラビアンの法則』
●第36回に『メラビアンの法則』の実験方法につて詳しく書かれている掲題サイトを紹介しました。その後、平野喜久著『天使と悪魔のビジネス用語辞典』(すばる舎)を拝見したところ、あとがきに以下の文章がありました。著者は『メラビアンの法則』の過剰(誤)解釈に関して鋭い指摘をされていますが、他の用語に関しても興味深い内容が盛りだくさんで、大変勉強になりました。

人気投票では『メラビアンの法則』が圧倒的な1位で、2位は『ホウレンソウ』
「ウェブ上では、訪問して下さった方々に項目ごとの人気投票をしてもらっています。圧倒的な人気の第1位は『メラビアンの法則』です。この用語の誤解を日本語で初めて明らかにしたのが、このサイトだったからでしょう。それほど、この言葉は実態を知らずに安易に語られることが多いということなのかもしれません。
人気の第2位が『ほうれんそう』です。この項目がこれほどの人気を得るとは思っていませんでした。だれもが、新入社員時代にしつこく教え込まれた経験があるからでしょうか。そして、第3位は「カンバン方式」です。」
※本書は、ウェブ上に公開している「天使と悪魔のビジネス用語辞典」を元に、書籍化にあたって全面的に内容を書き換えたものだそうです。

採用(就職)面接では『メラビアンの法則』を素直に信じたほうが結果はよさそう
●まずは、考案者であり、この法則を示した『非言語コミュニケーション』でも取り上げていた「採用(就職)面接」です。良い人材の確保は、どの企業にとっても最大関心事であり、面接の巧拙は会社の将来を左右しかねません。第48回にも触れましたが、面接官が正しいジャッジをするためには観察力が必要になります。この観察力を高めるためにある研究では、一次面接官が二次面接にも同席し二次面接では観察者に徹することで、有効な情報が得られるという認識が示されていました。

矛盾する感情を示す「顔の表情」は1秒の10分の1で消えてしまうものもある
●マレービアン博士も指摘するように、たしかに動きの乏しい採用(就職)面接では、応募者の感情を読み取る要素が限定されますので、「声」「顔の表情」は貴重な情報源になります。しかし、顔の表情は1秒の10分の1で消えてしまうものもあります。この微妙な感情の動きを書類に目を通しながら把握するということの方に無理があるように思われます。そのための役割分担が必要なのでしょう。ただし、一次面接を通じて本人情報をある程度保持していないと、正しい観察はできないとの指摘がありますので、この点は留意いただきたいと思います。

採用(就職)面接は、非言語情報がより多く観察できる椅子に着座が望ましい
●なお、これも第49回で触れましたが、テーブル越しの面接は、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの80%を損なうとの研究もありますので、できれば中途採用者、経験者採用の場合も、椅子での実施が望ましく思われます。また、面接官からのポジティブなノンバーバル(非言語)コミュニケーションは会話を豊かにするとの報告がありますが、デメリットとしては、応募者が面接官のコミュニケーション手法に反応してしまう(積極的に働きかれば積極的に応えるといった具合)ことから、適度に使い分けが必要と思われます。

男女の出会シーン、営業商談で顧客の本音探る場合、広い会場で後ろからの観察…
●採用(就職)面接の他に、動きが限定され、至近距離の対面でなされるで『メラビアンの法則』が有効に生きるシチュエーションは、第46回の〝ひと目ぼれ〟の秘密の調査(〝ひと目ぼれ〟の要素で上位を占めたのは「顔」にかかわる部分「顔、笑顔、目」でした)に象徴されるように、男女の出会いの場(お見合い、合コン、パーティー等)といえるでしょう。

最近の営業の商談ではソファーに座ってより、圧倒的にテーブル越しが増えていると思いますので、お客様の本音を探る際に『メラビアンの法則』を知っているかどうかで、その正確度は大きく違ってくるのではないでしょうか。また、広い会場で講師の上半身しか見えない講演会、講義、プレゼンなど、「声」と「顔の表情」が評価を決める場面でも有効と思われます。最後に、これまでの20回で参考にさせていただいた文献の一覧を紹介させていただきます。

【参考資料】 これまでに紹介した参考文献一覧(書名の後の【 】は他の登場回)
第34回 『非言語コミュニケーション』(マレービアン著/聖文社)【35・36・47】/『4分間交渉術』(ジャネット・エルシー著/TBSブルタニカ)【37】/『反社会学講座』(パオロ・マッツァリーノ著/イースト・プレス)/『非言語的パフォーマンス』(佐藤綾子著/東信堂)  第35回 『非言語行動の心理学 対人関係とコミュニケーションの理解のために』(V・P・リッチモンド&J・C・マクロスキー著/北大路書房)【38】  第36回 「天使と悪魔のビジネス用語辞典」(平野喜久氏のサイト)  第37回 『「感情シグナル」がわかる心理学』(ジョン・M・ゴットマン&ジョアン・デクレア著/ダイヤモンド社)【41・51】/『愛する二人別れる二人―結婚生活を成功させる七つの原則』(ジョン・M・ゴットマン&ナン・シルバー著/第三文明社)【39】/『人は見た目が9割』(竹内一郎著/新潮新書)/『第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』(マルコム・グラッドウェル著/光文社)【39】/『本音は顔に書いてある(原題はThe Definitive Book Of Body Language)』(アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ箸/主婦の友社)  第38回 『「声」の秘密』(アン・カープ著/草思社)【51・52】/『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)【39】/『話を聞かない男、地図が読めない女』(アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ箸/主婦の友社)  第40回 『コミュニケーション心理学』(深田博己著/北大路書房)/『顔は口ほどに嘘をつく』(ポール・エクマン著/河出書房新社)【41】  第41回 『眼力 人を見抜く「カリスマの目」が持てる本!』(斎藤孝著/三笠書房)/『人と人とのかかわりの発達心理学』(福井康之編著/福村出版)/『夢を食った男たち』(阿久悠著/毎日新聞社)  第42回 『「人を見る目」の心理分析』(樺旦純著/三笠書房)/『EQ~こころの知能指数』(ダニエル・ゴールマン著・講談社)【51】/『感情の心理学』(福井康之著/川島書店)【44・47】/『姿勢としぐさの心理学』(ペーター・E・ヴァル著・北大路書房)  第43回 『「言いたいこと」が言えない人たちへ』『一瞬の表情で人を見抜く法』『読顔力』(佐藤綾子著/PHP研究所)  第44回 『コミュニケーション力』(児島建次郎編著/ミネルヴァ書房)/『顔の本』(香原志勢著/講談社)/『暮らしの中の左右学』(小沢康甫著/東京堂出版)  第45回 『言葉でたたかう技術 日本的美質と雄弁力』(加藤恭子著/文芸春秋社)  第46回 『「ひと目ぼれ」の秘密』(アール・ノーマン著/東京書籍)/斎藤勇著『恋愛心理学』(ナツメ社)/『3分間で成功を勝ち取る方法』(リカルド・ベリーノ著/ゴマブックス)【51】  第48回 『ボディ・コード からだの表情』(ウェレン・ラム&エリザベス・ウォトソン著/紀伊国屋書店)【51】/『非言語コミュニケーションの基礎理論』(M・L・パターソン著/誠信書房)/『非言語行動の心理学 対人関係とコミュニケーションの理解のために』(V・P・リッチモンド&J・C・マクロスキー著/北大路書房) 第49回 『FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学』(ジョー・ナヴァロ&マーヴィン・カーリンズ著/河出書房新社) 第50回 『ボディ・ランゲージQ&A』(ジュリアス・ファスト著/読売新聞社)/『ハナマル式就活のすべて』(上田晶美著/学習研究社) 第51回 『90秒で“相手の心をつかむ!”技術』(ニコラズ・ブースマ著/三笠書房)/『サービス業の経営革新』(小谷重徳編著、河瀬雅秀著/日科技連出版社)/『しぐさと表情の心理分析』(工藤力著/福村出版)/『感性がビジネスを支配する ビジネスを変える非言語コミュニケーション』(小暮桂子&青木かおり著/ファーストプレス)/『魅せる力』(ブライアン・トレーシー&ロン・アーデン著/ダイヤモンド社) 第52回  『随筆 春の海』(宮城道雄/埼玉福祉会) 第53回 『天使と悪魔のビジネス用語辞典』(平野喜久著/すばる舎)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

※本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

|

« メラビアンの法則⑲ まとめ(1) | トップページ | 《9つの非言語メディア》 世界中のあいさつ »

非言語コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メラビアンの法則⑳ まとめ(2):

« メラビアンの法則⑲ まとめ(1) | トップページ | 《9つの非言語メディア》 世界中のあいさつ »