« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

色彩⑤「色彩の人間活動への影響(ⅱ)」

工場の生産性に色彩が及ぼす影響には恐るべきものがありました。これに対して、ビジネスマンが勤務する都会のオフィスはどうなのでしょうか。以下に「険悪な職場の元凶」、「赤、緑、白の部屋での作業比較」、「知的作業に適した部屋」について3例記します。工場とはやや趣を異にするものの、やはり、色彩の影響からは逃れられないようです。

口論が絶えず、非協力的で相手の仕事を妨害する、無茶苦茶なオフィスのお話
あるラジオ放送局では、教養もあり、技能も高いはずの職員たちが、絶えず軋轢を繰り返すという状態にあった。そして部内での口論や不協力のために仕事が妨害され、ついに2人の有能な職員が、辞意を表明するという事態になった。このラジオ局の経営者は、自然な照明の利点についての講演を聞いたばかりだったのだが、突然あることに思い当たったのである。それは、この局では美的効果のために職場にピンク色の蛍光照明を採用していたのだが、これが問題なのかもと思い、すべて自然色の蛍光管に取り換えたところ、それから1週間も経たないうちに、職場の険悪な空気はおさまり、協力体制が復活し、辞意も撤回された。(※1)

意外! 森林浴の恩恵を与える緑が、校正作業には混乱をもたらした
部屋全体が、赤、緑、白、の3つの部屋を用意して、それぞれの部屋で校正作業(文章を読ませて誤字を発見させる作業)をさせたところ、部屋全体が赤色の壁紙で作業させたときが、一番生産性をあげた。白い部屋で作業をすると、間違いが一番多くなり、緑の部屋で作業をすると、頭が混乱してしまうことも分かった。(※2)

知的なアイデアで勝負するなら壁は「青色、オレンジ色、黄色」がお薦め
アメリカの環境心理学者ギフォード博士は、あれこれと部屋の壁紙を変えてみて、人間のアイデアがどのように影響を受けるか調べてみたことがある。彼は、①青色の部屋、②オレンジ色の部屋、③黄色の部屋、④真っ白な部屋、⑤茶色の部屋、⑥真っ黒の部屋、の6つの部屋を用意し、机や照明などは、すべての部屋で同一。違うのは部屋の壁紙の色だけ。
さて、実験室に参加者を入れ、大人用のIQテストをさせてみた。その結果、「青色、オレンジ色、黄色」の部屋に入った人たちは、「真っ白、茶色、真っ黒」の部屋に入った人々よりも、平均して26ポイントも高い点数を取っていた。
つまり、知的なアイデアで勝負している会社のオフィスは、青か、オレンジか、黄色にしなさいとアドバイスできるのである。(※3)

●ピンク色は、短い休憩時間を過ごす食堂にはよかったのですが、長時間机に向かうオフィスには向かないのですね。しかし、これは色彩学の素人の私にも分かるような気がいたします。分からないのが2番目の「緑」です。緑には精神の癒し効果がある(次回取り上げる予定)とされており、リラックスし過ぎてダメだというなら納得ですが・・・いささか混乱・・・???。やはり、分かりません。それにしてもショックなのは3番目ですね。自分の生家の部屋が望ましい3色のいずれでもなかったことが、恨まれるのは私だけでしょうか・・・。
さて心を取り直して、次は、教会と刑務所の変な組み合わせです。

心の安らぎは、何によってもたらされていたのか? ある教会の物語
壁は黒ずんだオーク材の板張り、信徒席は暗い赤のクッション張りで全体に暗かった教会を、牧師や信徒総代の意見で現代風(壁は白く、青いカーペットと座席のクッションを取り付けた)の軽やかな内装に変更した。見事な模様替えは、信徒席も内堂も、広さが倍増したような感じとなったが、白くなった祭壇のため牧師の姿は小さく見え、以前ほどの威厳が感じられなくなった。
そして定期礼拝の出席者の数もがた減りして、関係者一同大慌てという事態になった。礼拝が冷え冷えした感じで、心の安らぎを得られないというのが、信徒たちの声だった。牧師も、オルガン奏者も、音楽も、礼拝の式次第もすべて昔のままで、ただ色が変わっただけだったのに。(※1)

ピンクは不可思議な色! オフィスでは争いを増やし、刑務所では減らした
争いごとの絶えなかった刑務所で、壁を灰色から薄いピンク色に塗り替えると、受刑者同士の争いごとが激減したという例があります。
ピンク色はエストロゲンの分泌を促します。エストロゲンは、安らぎや穏やかさという感情を引きだします。(※4)

●モノトーンの深さにも考えさせられましたが、今回は「緑色」に信頼を打ち砕かれ、自らが育った「部屋の色」に落胆し、「ピンク」に不可思議な世界を垣間見せられ、色彩が「非言語メディア」の重要な位置を占めることを再確認することとなりました。これを良い刺激として、次の2回では、色彩と感情の世界に迫りたいと思います。

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『人は「暗示で」9割動く!』(内藤詮人著/すばる舎)
※3:『アイデアの極意』(内藤詮人著/角川書店)
※4:『感性がビジネスを支配する』(小暮桂子&青木かおり著/ファーストプレス)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

色彩④「色彩の人間活動への影響(ⅰ)」

ある実験で同じ形状重さの青と濃茶の箱を同距離にある赤と青のテーブルまで運ばせたところ、例外なく青の方が軽そうと思い、赤の方が1歩分近そうと思い(武田の赤備えもやはり近く見えたのですね)ほぼ全員が赤のテーブルを選んだそうです。(※1)この錯覚を具体的に数値化した実験があります(さすがアメリカ!)。

白は100グラムのものは100グラム、と、正味の重さと心理的重さの倍率が1・00倍とすると、黄色は心理的重さが正味の重さの1・13倍、黄緑は1・32倍、水色は1・52倍、灰色は1・55倍、赤は1・76倍、紫は1・84倍、黒は1・87倍に感じるとのこと。(※2)

●人間は錯覚の生き物といわれるのが、上記2つの実験でよくわかります。色彩が人間の活動に影響を与えることがわかってきた1971年に、アメリカでは「職業安全衛生法(OSHA)」が可決され、その時に「色彩象徴」が法律の一部となりました。
具体的には「OSHAイエロー」は身体的な危険と要注意を示す色、「OSHAバイオレット」は放射能による危険(3・11以降の東北はこの状態ですね)、「OSHAオレンジ」は設備や機械の危険な箇所、「OSHAレッド」は防火設備、「OSHAブルー」は危険の予防・現象のための設備、「OSHAグリーン」は安全と救急設備を示す色、といった内容です。

●こうした指導が徐々に浸透したことも手伝ってか、生産性が低かったり、問題を抱えた工場で、壁、機械、材料などを対象にした色彩に関する取り組みがなされ始めました。そして、その結果は、想定以上の成果につながりました。一見すると製造ラインの能力によって生産量が決まるように思える工場ですが、それを動かしている人間への配慮の方が、よほど生産性に影響を与えていたというのは、分かりやすい話ですね。そうした実例を以下に見て参ります。

壁を灰色がかった鉄色から暖かみのあるベージュに変えたら何が変わったか?
女性従業員の高い欠勤率に直面したロンドンのある工場では、色彩の専門家に工場を調べてもらったところ、灰色がかった鉄色の壁と、青い照明のせいで、従業員が鏡に映った自分の姿を見る時には特に、まるで病人のように見えることがわかった。これだけが原因で、女性従業員が病気になったり、欠勤するという証拠はなかったのだが、壁の塗換えはやってみるだけの価値があるということになり、青い照明を和らげるために、壁を暖かみのあるベージュ色に塗り直した。すると、奇跡的ともいえるほどに、常習欠勤の問題は解消してしまった。(※1)

黒かった機械を明るい色にしたら、生産性UPの上、不良品が少なくなった
従来、生産工場ではほとんどすべての機械が黒だったが、最近のものは光の吸収のずっと少ない明色を取り入れている。これによって生産は伸び、不合格品が少なくなり、士気が向上している。デュポン社は色彩調節事業部を設けて、反射光を少なく見やすくしたり、暑い部屋を涼しく、寒い部屋を暖かくするための計画を科学的に立てている。(※3)

紡績工場では、赤い染料と黒い染料では作業スピードに違いがあった
ムンスターバークという組織研究者が、ある大きな紡績工場で行った調査を紹介しよう。この工場では、主に、黒い染料と赤い染料の2種類を用いて作業が行われていたが、従業員は、なぜか赤い染料を使っているときにスピードアップしていたという。
従業員たちには、まったくそんな自覚がなかった。黒い染料でも本気で仕事をしているつもりであった。それにもかかわらず、赤い染料の場合にだけ、作業量が著しく増大したのである。(※4)

●アメリカの東部沿岸地方のある工場では、食堂の色直しで従来のピンクがかった黄色の壁を、淡青色に塗り替えたところ、利用者から「寒い、寒い」と苦情が殺到したそうです。サーモスタットは従来通り適温にセットしてあるのに、わざわざ季節外れのセーターやコートを着込んでやってくる事態となってしまいました。そこで、せっかくのリニューアルを元の色に直したところ、苦情はぴたりとなくなったとのこと。
信じられないような話ですが、エコ社会を目指すためには、貴重な事例といえそうですね。次回はオフィスや施設が対象です。

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『あなたは人にどう見られているか』(松本聡子著/文藝春秋社)
※3:『創造力を生かす』(アレックス・オズボーン著/創元社)
※4:『心理戦の勝者』(内藤詮人&伊東明著/講談社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■ 本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

色彩③「頭にパッと浮かぶ〝赤〟」

サービスの原点として語られる「真実の瞬間」について、コールセンター応援歌の第64回(2010年10月 2日)「コールセンターのホスピタリティ③」で書いたことがありましたが、今回のテーマに関連しますので、以下に転記します。
「この表現は、スペイン語の“La hora de la verdad”に由来するそうで、闘牛場で闘牛士がウシを仕留める(あるいは逆襲されて闘牛士が命を落とす)一瞬をいうのだそうです。それを直訳した英語表現〝Moment of truth〟も、本来は『とどめの一撃』『正念場』という意味だそうですが、英語圏のビジネスシーンでは顧客接点の重要さを表す言葉としても一般的に使われることがあるそうです。」

牛は色盲!? だとしたら闘牛士の赤いマントにはどんな意味が・・・
「昔から牛は赤いものに興奮するので、赤い服を着ていると危険だとされてきました。スペインの闘牛でも闘牛士のマントは赤です。そのマントの赤に牛が興奮して、闘牛士に向かってくると思われていたのです。
でも、実は牛は色盲と言われています。マントが赤でも、青でも、緑でも、牛にとっては何の意味もありません。動いているマントに反応しているので、どの色でも同じように向かってきます。」

赤の秘密は、牛を興奮させるためではなく、観客を興奮させるためだった!
「それでは、なぜ闘牛士のマントは赤なのでしょうか?
それは、闘牛を見ている観衆のためです。観衆が闘牛を見て、より熱狂するためにマントを赤にしているのです。赤はアドレナリンの分泌を促します。そしてアドレナリンには、感情の昂りを引き起こす作用があります。ですから、観衆は赤いマントを見て興奮し熱狂するのです。」(※1)

赤は血や炎を表すことから活発、興奮、敵意といったイメージを与える
「赤の色彩効果は歴史上も巧みに用いられている。源義経はわずか150騎で平家本陣に突入し、奇襲に成功したが、まず村中の牛に火を放ち、驚いて逃げ惑う牛たちを源氏の群れに見せかけて先陣を切らせたのだという。さらに源氏の兵士たちは紅色の鎧に鮮やかな赤地錦の直垂(ひたたれ)のいでたちで、敵方の度肝を抜いたという。ナポレオンの時代に使われていた軍服などにも、赤が多く使われた。赤には「力や勝利への衝動」といったイメージがあるからだろう。」(※2)

●闘牛士が出てきましたら、牛に絡んで義経の逸話を先に紹介しましたが、日本で赤い戦闘集団といえば、あの信長も恐れた武田の騎馬軍団が一番有名でしょう。でも、次の資料を読むと、単なる戦意高揚のためだけではない深遠な信玄の戦略が潜んでいたことがわかります。やはり、戦国時代を代表する武将は、猛勇(肖像画を見るとそんな感じもしますが…)だけではなかったのですね。

武田の騎馬隊は、よく知られるように「赤備え」の武具で身を固めていたが…
「鎧兜から、槍弓に至るまで、一切の武具を血の色に染めて戦場に出ていったのである。歴史家たちによると、赤備えの衣装は、戦闘の最中にたとえ少々の出血があっても、武具の色に紛らわせるため、心理的なひるみを覚えないというメリットがあったとされている。
だが、『赤備え』の威力はそんなことだけにとどまらない。色彩心理学を学んだ人なら、もっと詳しく赤備えの威力を説明するだろう。〝赤色〟にはもっと深い不思議な魔法が隠されているのを知っているからだ。
ビレンという色彩心理学者はいう。「青色は実際よりも見る人から遠くに見え、赤色は近くに見える効果を持つ」と。つまり、真っ赤な武田の騎馬隊を見た人は、騎馬隊がどれほど遠くにいても、すぐ目の前に迫っているような心理的な圧迫感を感じたはずなのである。」

そういえば、タイガー・ウッズも、石川遼選手の勝負服も〝赤〟でした
「プロゴルファーのタイガー・ウッズが、ツアー最終日に赤色の洋服を着るのも、多分に戦略的な理由が隠されている。赤色は、いっしょに回るメンバーに圧迫感を与えるのに有効な戦略なのだ。
赤色の利点は、まだある。赤色は相手に威圧感を与えるだけでなく、その色を身に纏った本人のやる気を高めるらしいのである。つまり、武田の騎馬隊は、赤備えであることによって、一層士気が高まった可能性があるのだ。」(※3)

●赤の威力恐るべしですね。こんな恐ろしい敵を相手に、徳川家康は三方ヶ原で戦い、よくぞ生き残りました。ところで、赤の威力は前出のナポレオンの例があるように日本だけではないようなのです。このシリーズの最初の参考文献として紹介した『非言語コミュニケーション』にNY市のグランド・セントラル駅の電話ボックスの話しがあります。従来のオリーブ色から赤色に塗り替えたところ、その後の2週間で、通話回数が何と6倍にも増えたというのです。

※1:『感性がビジネスを支配する』(小暮桂子&青木かおり著/ファーストプレス)
※2:『外見だけで好かれる技術』(樺旦純著/成美堂出版)
※3:『心理戦の勝者』(内藤詮人&伊東明著/講談社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

色彩②「奥深いモノトーンの世界(ⅱ)」

数年前、ある有名なデザイナーがこんな内容の文章を新聞に書いたそうです。「何かものをつくるにあたって、形としてのデザインも重要だが、色も重要な要素だ。色というものを自分の中でさまざまにとらえ、さまざまに表現してきたが、ここ数年は、『モノトーン』、つまり『白と黒』に強く関心がいっていた。
それが、最近、白は単なる白ではなく、黒は単なる黒ではないと思うようになった。白より白い白があり、黒より黒い黒がある、ということに気がついた。」(※1)

白ワインにも、こんなに豊かな(美味しそうな)色の表現があるのでした
「白ワインの黄色みを表現する場合:イエロー(黄色)」、ゴールド(黄金色)、ペールイエローグリーン(淡黄緑色)、イエローゴールド(黄色味を帯びた金色)、イエローブラウン(黄褐色)、オールドゴールド(赤味を帯びた黄金色)のさまざまな表現がある。」

以下は味覚についてですので、非言語メディアとは異なりますが、切り離してしまうのはワイン党に失礼なので続けます。
「味の独特な表現方法:ブリード(氏育ちの良い)、フォキシー(狐くさい)、グレースフル(気品のある)、シルキー(絹のような)、ベルベッティー(ビロードのような)。また、このワインはグリップ(しっかり)しているというような言い方もします。」(※2)

白ワインに驚いていたら、エスキモー人とは付き合えそうもありません
「日本人にとって、白という色は、アイボリーホワイトやスノーホワイトなど、数種類しかありません、しかしエスキモーの人々には、何と百数十種類の「白」があるといいます。見渡す限り白ばかりの世界に生きていると、白に対する感覚が鋭くなり、多様な白い色を見分けることができるようになるのです。
南極に行った日本人は、最初は周囲は一面の白にしか見えません。はじめのうちは、白はただの白です。しかし数カ月過ごすうちに、20種類、30種類の白い色を感じることができるようになってくるといいます。」(※3)

太宰治は「津軽の七つ雪」と書いたがエスキモーには数十種類の「雪」が
●青森県出身の太宰治は小説『津軽』の冒頭に「津軽の雪 こな雪 つぶ雪 わた雪 みづ雪 かた雪 ざらめ雪 こほり雪(東奥年鑑より)」と書いています。実際に、冬場雪に閉ざされる津軽地方に住んだ人の実感なのでしょう。でも、エスキモー語はもっとすごくて、「雪」をそのさまざまな状態に応じて別々に表現する単語が数十種類もあるそうです(※4)。恐れ入りました。さて、白が2つ続いたところで、今度は黒の出番です。どちらも、ちょっと怖いお話ですが、これも「黒」という色の特徴なのかも。

その昔、イギリスに「自殺の名所」といわれた橋があったそうです
「その昔、ブラックフライヤーズ橋という自殺の名所といわれた、文字通り黒い橋がありました。何とか自殺を減らしたいと考えた市の行政官は、橋の色を黒から明るい緑色に塗り替えました。すると、色を変えただけなのに、自殺者が3分の1に減ったのです。
緑色はアセチルコリンを分泌させます。アセチルコリンは、安心感の醸成、ストレス解消という効果があります。」(※5)

黒いユニフォームは強そうに見えるが、実はペナルティーも多いとか
「1970~80年代にかけてのアメリカのフットボールリーグ、ホッケーリーグとも、黒いユニフォームのチームは平均よりかなりペナルティーが多かった。
この研究期間にユニフォームを黒に変えたチームが2つあった(ピッツバーグ・ペンギンズとヴァンクーヴァー・カナックス)が、この2チームは、やはりペナルティー時間が増えた1979-80年のシーズン当初、青のユニフォームを着ていたペンギンズの44試合の平均ペナルティー時間は8分だが、黒に変えた残りの35試合では平均12分に跳ね上がった。」(※6)

●今回は、白の奥深さと、黒の怖さを知ることになりました。しかし、黒のユニフォームには、既成概念という敵もいるようなのです。白と黒のチームが対戦すると、審判は同じラフプレーでも、黒のユニフォームのチームにペナルティーを与えがちになる、との別の研究もあるそうです。私もスポーツは偏見を持たずに観戦したいと思いますが、でも、黒いユニフォームは怖そう・・・。
さて、次回は、「頭にパッと浮かぶ色を聞くと、ほとんどの人がその色を挙げる」といわれる「赤」の登場です。

※1:『「そ・わ・か」の法則』小林正観著/サンマーク出版)
※2:『プレゼテーションの進め方』(山口弘明著/日経文庫)
※3:『エンパワーメントコミュニケーション』(岸英光著/あさ出版)
※4:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※5:『感性がビジネスを支配する』(小暮桂子&青木かおり著/ファーストプレス)
※6:『しまった!』(ジョセフ・T・ハリナン著/講談社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »