« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月25日 (土)

「対人的空間」②座る位置、立つ位置

警察官が容疑者を取り調べる場合には、相手との間にテーブルや机は置かずに、なるべく近く面と向かって対するのがよいとされているそうです。取り調べが進むにつれて、相手の片膝を自分の両膝で挟むほどに接近して個人的空間を侵害すると、容疑者はたまらず降参してしまうとのこと(※1)。このように、対人関係では座る位置、立つ位置が、その後の相互の関係に大きく影響するようです。

自分に自信がある人、敵対する相手がいる人の場合は相手の近くに座る
アメリカの心理学者ウィリアム・E・レイボルトの実験によると、自分に自信のある人は相手の近くに座り、自信がない人ほど相手の遠くに座る傾向があることが示されたとのこと。また、心理学者のスティンザーは、小集団の生態をさまざまな角度から研究し、「スティンザー効果」といわれるいくつかの傾向や法則を導き出した。その一つに「かつて口論した相手が同じ会議に出席したときは、その相手の正面に座る傾向がある」というのがある。(※2)

●向かい合わせの席は、視線がまともにぶつかるため、攻撃性や競争心を刺激しやすくなるようですね。もしあなたが会合の進行役を務めスムーズな会の運営を願うのであれば、ライバル関係にある2人は距離を離して対角線上に座ってもらうのが望ましいようです。なお、別の「スティンザー効果」として、「ある意見が述べられると、次に発言するのはその賛成者ではなく、反対者である」というのもありますのでご参考まで。

人は誰でも、安心感があれば近くに座り、危険を察知したら遠くに座る
ある研究によると、学生に対し教授からの「緊張型」「中間型」「賞賛型」の言葉を助手から伝えてから教授と面談をすると、想定の通り、賞賛型(成績が極めて優秀と告げられていた)は教授の席の至近距離に座り、緊張型(君の成績は極めて悪いが、ベストを尽くしていないのではないか)は至遠距離に座ったそうです(※1)。そりゃぁ~そうですよね。

●上記2つともアメリカの研究成果ですが、日本人のシマウマ的思考(白黒をつけない)とは違いますね。しかし、人間の本質は日米にそれほど違いがないことがわかって安心できるところもあります。さて、次は神戸製鋼さん関連の研修を承ったときのにわか勉強から、ラクビーの名選手、そして名指導者として鳴らした平尾誠二氏のコーチ論から立ち位置についてです。

「情熱家は遠く、理論家は近く」 ラクビー平尾流コーチング時の立ち位置
「自分を理論化だと考える人間は、自分が思う間合いより部下に近づいた方がいい。情熱家だと自認している人間は、より距離を置いた方がいいということである。
ただ、気をつけなければいけないのは、心地よい場所が見つかったからといってそれは必ずしも「定位置」でなないということだ。チームや組織が変化すれば、指導者の立つべき位置も当然変わってくる。組織が成熟してくれば、もっと距離を置いて見守った方が効果的かもしれないし、世代交代があって若手中心になった時などは、熱を感じさせるためにも近寄った方がいいかもしれない。」(※3)

●あのスマートな平尾氏が、いかついラガーマンを颯爽と指導している様を思い浮かべると〝超カッコイーイ〟とラクビー音痴の私も思ってしまいます。さて、「対人的空間」の最後は、だれしもが経験しているエレベーター内の微妙な人間模様です。今は、エレベーター内にセキュリティー用のカメラが取り付けられているものが多いですから、このような調査は簡単なのでしょうね。

日本人のエレベーター内の立ち位置(個体間距離)は ほぼ決まっている
「電車の席は両端が埋まり、次いで真ん中が埋まり、そしてその間が埋まるという順番で席が埋まっていきます。別に誰に教わったわけでもありませんが、たいていどこに行っても同じ様子がみられるのではないでしょうか。
似たような状況で、エレベーターの中の立ち位置も観察していると非常に面白いです。一人なら、パネルの近く、二人なら対角線、3~4人なら四隅、さらに一人が入ればその真ん中というように、できるだけ均等な距離を取ろうとします。そして、みんなお互いに目を合わさないように、下か上を見るのです。このような行動は、日本人であればほぼ同じだと思いますが、文化の違う外国の人と一緒のとき、他者との適切な距離感が違うせいか、戸惑うことが多い気がします。」(※4)

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『あなたは人にどう見られているか』(松本聡子著/文藝春秋社)
※3:『人は誰でもリーダーである』(平尾誠二著/PHP研究所)
※4:『つながる脳』(藤井直敬著/NTT出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

《9つの非言語メディア》 「対人的空間」①友好的な距離

「対人的空間」を考える上では、T・ホールが示した「パーソナル・スペース」の考え方を外すわけにはまいりません。その4つの距離(密接距離・個人的距離・社会的距離・公的距離)をそれぞれ近接相と遠方相に細分化した考え方もありますが、ここでは4つの大別の紹介にとどめます。

T・ホールの「パーソナル・スペース」とコミュニケーションの特徴(※1)
                     (音声的特徴)           (メッセージ内容)
密接距離  0~0.46m     ささやき声             秘密の事柄
個人的距離0・46~1・22m  やや小さめの声         個人的話題
社会的距離1・22~3・66m  普通からやや大きめの声 非個人的、半公的話題
公的距離  3・66m以上    大きい声              公的話題、呼びかけ

知らない者同士は「個人的距離」と「社会的距離」の境目が〝最適距離〟
このホールの「パーソナル・スペース」理論は、次の「距離と凝視」の研究でその有効性が証明されています。「実験協力者の距離を61センチ、122センチ、183センチ、244センチとすると、122センチまでは距離が近づくにしたがって実験協力者に対する友好性の評価は高まるが、61センチまで近づくと低くなる。(凝視については後日『目』の項で紹介予定)」。これは、見知らぬ者同士での実験ですから、個人的距離に踏み込まれると、パーソナル・スペースが侵害される気分になることを示しています。しかし、これが異性間だとまた違った様相を呈するようです。(※2)

異性間では、やはり「社会的距離」より「密接距離」の方が好感を増す
アメリカの心理学者アーノルド・カーンの実験によると、一人の男性(被験者)が、50センチ離れている女性と2・4メートル離れたところにいる女性の双方と会話した後、どちらに好感をもったか尋ねると、近くにいた方の女性に好感を持つ傾向にあり、これは男女を入れ替えても同様の結果になった。
知らない人に何かを頼むとき、近い距離(40センチ前後)で頼んだ時のほうが、遠い距離(1メートル前後)で頼むよりも相手が承諾する率が高かった。(※3)

写真を見てもらう回数を増やせば増やすだけ好感度が増すんですって!
少し本題とはずれますが、参考文献(※3)の中に興味深い研究がありましたので、ここでご紹介いたします。アメリカの心理学者ロバート・B・ザイヤンスの実験によると、被験者(実験協力者)に人物の写真を見せたところ、1回見せた人より2回、2回の人より5回、5回に人より10回、10回の人より25回、と、見る回数が多くなるほどその人物に対する好感を持つ傾向が見られたとのことでした。もし、好感を持って欲しい相手がいたら、ご自分の顔写真を何度も見てもらえるように工夫してみてください(よぶんなお節介だったでしょうか・・・)。

説得の最適距離は1.2~1.5メートル、面接は1.5~1.7メートル
ミズリー大学の心理学者モートン・ゴールドマン博士は40名ずつの男女の大学生を集めて、「学校間のスポーツ交流をもっと活発にすべきだ」という説得を行ってみた。
その際、話し相手と実験参加者との距離が60~90センチ離れている条件と、120~150センチ離れている条件では、60~90センチの近さだと、話を聞いた人は、かえって説得を受けなくなることがわり、適度に離れていたほうが、説得は成功しやすくなることがわかった。(※4)
また、面接を行う際の応募者との距離も意外に重要で、理想は1・5~1・7メートル。近すぎれば圧迫感が生まれ、遠すぎれば心理的な距離が発生して、堅苦しい雰囲気になってしまうとの解説があります。(※5)

●「付かず離れず」という言葉がありますが、上記の研究を見ますと、この原則は洋の東西を問わないようですね。友好的な対人距離や面接の望ましい距離がパーソナル・スペース「社会的距離」の近接相(1.22~2.44メートル)で、遠方相(2.44~3.66メートル)になると弱まるというのも、近接相と遠方相の意味合いを知る上で大変参考になりました。さて、次回は同じく「対人的空間」の、座る位置、立つ位置です。

※1:『異文化コミュニケーション』(古田暁監修/有斐閣)
※2:『非言語コミュニケーションの基礎理論』(M・L・パターソン著/誠信書房)
※3:『あなたは人にどう見られているか』(松本聡子著/文藝春秋社)
※4:『「説得上手」の科学』(内藤詮人著/日本経済新聞社)
※5:『これが新卒獲得のノウハウです』(綿貫哲也/実務教育出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

《9つの非言語メディア》 「時間」

マジョリー・F・ヴァーガスは著書『非言語コミュニケーション』で9つの非言語メディアの「時間(文化的形態と生理学の2つの次元での時間)」について、次のように書いています。
「時間とは必ずしも同じ速度で過ぎて行くとは限らないものだ。忙しい時、嬉しい時、仲間と楽しくやっている時には、時間は『あっという間に過ぎる』が、単調な作業をしたり、退屈している時には、時間は『のろのろ進む』。もし物思いに耽っていると、時間は『静止』する。」(※1)

●最近米国NLP協会プラクティショナー認定を取得しましたが、この関連本(※2)の中に、20世紀を代表する科学者がまったく同じことを語っていますので紹介いたします。「アインシュタインによれば、『きれいな女の子と一緒にいると、1時間が1分のように感じられるが、熱いストーブの上に座らされると、1分が1時間のように感じられる。これが相対性』である」と。これは、私たちがよく目にする、舌を〝ベーッ〟と出した写真撮影時の談話でしょうか!? おもしろいたとえですね。今回は、このアインシュタインのノリで、ジョークの世界(※3)から「時間」を考えてみます。

世界的な音楽コンクール開催。さて、会場への各国の「到着時間」は?
あるとき、世界的な音楽コンクールが行われた
開始1時間前にドイツ人と日本人が到着した。
30分前、ユダヤ人が到着した。
10分前、イギリス人が到着した。
開始時間ピッタリにアメリカ人が間に合った。
5分遅刻して、フランス人が到着した。
15分遅刻して、イタリア人が到着した。
30分以上経ってから、スペイン人がようやく現れた。
ポルトガル人がいつ来るのかは、誰も知らない。
世界の日本人ジョーク集

国際会議に遅刻した場合、それぞれの国はどのように対処するでしょうか?
国際的な学会の場で遅刻してしまったために、発表の時間が半分になってしまった場合、各国の人々はどうするだろうか?
アメリカ人・・・・・内容を薄めて時間内に収める。
イギリス人・・・・・普段通りのペースで喋り、途中で止める。
フランス人・・・・・普段通りのペースで喋り、時間が食い込んでも止めない。
ドイツ人・・・・・・普段の2倍のペースで喋る。
イタリア人・・・・・普段の雑談をカットすれば、時間内に収まる。
日本人・・・・・・・遅刻はありえない。

●いずれも日本人のまじめさが表現されていているのは喜ばしく、そして日本人の遅刻の〝オチ〟も素晴らしいですね。ところで、この「到着時間」について、興味深いアメリカの調査がありますので紹介します。最初は、E・T・ホールによる「東部大西洋海岸中流アメリカ人の正式ビジネスを対象とした調査」。次は、レスリー・バクスターとジーン・ワードの「到着時間」に関する共同研究です。(※1)

遅刻をすることが当たり前のような、信じられない調査内容ですが・・・
①予定時間に5分遅れるぐらいなら「軽い謝罪」でもすむ
②10分以上の遅刻なら、相手を軽く侮辱したことになるから「ことばを尽くした謝罪」が必要
15分も遅れた場合には、謝罪だけではなく、遅刻の理由説明が必要だ。
③30分の遅刻は相手を完全に侮辱したことになる

15分早く到着すると「活動性が低い」との評価を受けてしまうなんて・・・
秘書84人に対し、誰かが約束の時間15分前、時間通り、15分遅れでやってきた場合のそれぞれの印象を尋ねている。その結果は、時間通りの人は、有能で、落ち着きがあり、社交的だが、あまり活動的ではないとみなされている。遅刻者は、極めて活動的ではあるが、能力、落ち着き、社交性は低く評価され、逆に早く来た人たちは、活動性が低く、その他の点はまあまあの程度というさらに不利な評価を受けている。

●少しは楽しんでいただけましたでしょうか。ルーマニアでは、列車は1~2時間遅れるのが普通だそうで、もし10分遅れぐらいで到着したら乗客から拍手で迎えられるそうです。また、インドでは列車が時刻通りに到着し、発車すると、大幅に遅れることに慣れている乗客が乗り遅れ、口を揃えて駅員に「いったいどうしてくれるんだ! いつも遅れるくせに! この責任をどうとるつもりだ!」と抗議するとか。
いやはや、世界中時計の進み具合は同じですが、「時間」の観念の違いがあまりに大きいので、この感覚(非言語)を知らなければ、安心して旅することもできませんね。

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『一瞬で「自分の夢」を実現する法』(アンソニー・ロビンズ/三笠書房)
※3:『世界の日本人ジョーク集』(早坂隆著/中央公論新社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

色彩⑥「色彩の人間活動への影響(ⅲ)」

人間が、いかに色彩に影響されるかの「洗剤の効能」に関する実験結果があります。黄色、青色、青に黄色を少しあしらった色の3つの箱に同じ洗剤を入れ、被験者(実験協力者)たちに中身が同じであることを告げずに、3週間使用してもらい評価してもらったところ、被験者の過半数の判定結果は、黄色の箱の洗剤は「強すぎる」、青い箱は「汚れがよく落ちない」、そして青に黄をあしらった箱は「よい」とか、何と「すばらしい」まであったそうです。

●私たちも、この実験のように、色彩の魔術に踊らされているのでしょうね。そのからくりに迫るべく、親しみのある「虹」のスペクトルと、メーカー各社のカラー戦略をからませて、以下に展開してみます。なお、カラー戦略にはモノトーン事例が2つ付いておりましたので、これも併せ紹介いたします。

虹は日本では7色、アメリカ・イギリスでは6色、2色とする民族も
ニュートンは、色彩を赤橙黄緑青藍紫に分類し、この7色を当時知られていた7つの惑星と、音楽の7音階になぞらえました。これは日本人が虹の色を7色と見る感覚と一緒です。ところが、アメリカ人・イギリス人は、青と藍をブルー(青)とするため6色です。そして、まだまだ世界は広いのですね。リベリア・バッサ族は、色彩を「フイ(青色系)」と「ジザ(黄色系)」の2つに分類し、ローデシアのショーナ族は、3つに分類するそうです。ですから、彼らが虹を見た時には、2つもしくは3つの色彩となります。多分メーカーのカラー戦略には乗せられない人たちでしょう。(※1)

虹の7色(可視スペクトル)に人間の情動は影響を受けている(※2・3)
赤色には精神的興奮作用がある:赤色は、生命力、再生、生存を象徴する。力と粘り強さが必要なときに、赤色に浸かるとよい。
橙色は暖かく、陽気で情緒的である:仕事やプライベートな生活の中で人の気を引きたいとき、橙色に浸かるとよい。
カラー戦略◆基本的に食欲を表す色は赤系です。レストランの基本色によく見られ、テーブルクロスも赤かオレンジが多い。衝動感を誘発するのにも良く使われます。商品ではカルビーの「かっぱえびせん」のパッケージ、キリンビバレッジの「温・野菜100」という温かい野菜ジュースなどが成功例の1つです。オレンジ系ではカゴメの野菜ジュース「野菜生活 の野菜」など。市販の風邪薬にもオレンジ系が目立つのは、身体を温めて元気になる、というイメージを伝えているのです。

黄色は感受性が強く、インスピレーションを湧かせる:直感を働かせたいとき、新しいアイデアやコンセプトを考え出す必要があるとき、黄色に浸かるとよい。
カラー戦略黄色といえば、食品ですぐに思い浮かぶのはレモン。ハウスウェルネスフーズのレモン飲料「C1000」などがヒット例です。ベストセラーになった『金持ち父さん貧乏父さん』という本の表紙では、金持ち父さんが黄色のシャツを着て、貧乏父さんがグレーのズボンをはいていたことを覚えているでしょうか。黄色はリッチ感を表現しやすい。もちろんイエローキャブのように、単に目立つから使われる場合もあります。

緑色は癒し、調和、同情を表す:人に対してより強い愛情や同情を感じ、感情移入をより深めたいとき、緑色に浸かるとよい。
カラー戦略◆緑や青緑系だと、例えばロッテのガム「キシリトール」。歯の健康によいというイメージをパッケージの色相に活用して成功しました。

青色は安らぎを与える控え目な色である:ストレスがあってリラックスしたいときには、青色に浸かるとよい。
藍色は創造性を表す:より創造性豊かになって独創的なコンセプトを探したいときには、藍色に浸かるとよい。
紫色はインスピレーションを引き出してくれる:革新的なコンセプトや発明のような、激しい変化を目指すアイデアを探しているとき、紫色に浸かるとよい。
カラー戦略青紫では、アサヒの発泡酒「アクアブルー」が目を引きます。さらに濃いブルーにして、酸素入りでパワーのある水というイメージを強調したのが、アサヒ飲料のスポーツドリンク「スーパーH2O」です。赤紫系では、カゴメの野菜ジュース「野菜生活 紫の野菜」に驚かされました。

カラー戦略では、ライオンの除菌・消臭グッズのシリーズ「キレイキレイ」や、血圧が高めの方に、とうたったサントリーの「胡麻麦茶」などが成功例でしょう。
の活用例ではサントリーの「烏龍茶」がインパクト十分でした。これまで食品に黒が使われるのは、ガムなどで眠気覚まし効果を訴求する場合でしたが、「烏龍茶」で初めて強いパワーのある健康対応というイメージを作ることができたのです。

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『アイデアのおもちゃ箱』(マイケル・マハルコ著/ダイヤモンド社)
※3:『感性で拓くマーケティグ』(恩蔵直人著/丸善プラネット)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »