« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

周辺言語③ 電話コミュニケーションと周辺言語

今回は、電話での会話に、どの程度「周辺言語が含まれているか?」という身近な研究事例(『コミュニケーションどうする?どうなる?(※1)』から)です。被験者は、面と向かって話したことがほとんどない、あるいはまったくなかった10人(うち日本語母語話者男女各3人で以下の会話データ作成)の人たちにお金を払って、10週間以上にわたって、毎週1回、電話で30分間話してもらいました。会話内容がわざとらしくならないために特に制限を設けず、自由に話してもらったとのこと。

電話による発話には、非言語情報が50%(総発話数の半分)も含まれていた
お互いを知らない者同士(実験が進むうちに、自然に親しさは増していったとのこと)ですので、家族や恋人同士による〝あうん〟の呼吸のようなコミュニケーションは成立しにくい状況といえます。にもかかわらず、会話に使用された言語情報と非言語情報がほぼ半分ずつだったことがわかりました。

電話会話(言語+非言語≒20万語)に登場した非言語発話数ランキング
1位「うん」10,073回
2位 @S:鋭い吸気(空気すすり=日本語ではよくある会話行動)」9,092回
3位「はい」8,607回
4位「laugh:(声を立てて)笑う」4,216回  5位「うーん」3,487回
6位「ぇぇ」2,906回  7位「はーい」1,702回  8位「うーーん」1,573回
9位「ズー」 10位「フン」1,139回

NHK大河ドラマ「江」の主人公・お江の口癖?「あのー」は何位?
ちなみにNHK大河ドラマ「江」の主人公・お江さまの口癖?「あのー」は第11位で1,098回。残念ながらベストテン入りを逃しました(あまり視聴率には関係しないでしょうが・・・)。そして、あわて者の私がよく言いそうな「あっ!」の親戚と思われる「あっ」が1,084回で、ここまでが1,000回以上でした。

●100位の「いや(104回)」までの出現総数は72,685回で全体の3分の1を構成し(そのほとんどは標準的な日本語の辞書には載っていない)、以下に続くその他多く(大半はほとんど意味不明と思われますが・・・)を含めると、非言語が、言語とほぼ同じになるのだそうです。
なお、100位の「いや」が「厭」「嫌」それとも、「いやいや」の短縮形なのか、山本には分かりかねます。このように非言語は前後の脈絡がないと意味が不明になってしまいますね。

言語情報だけ、周辺言語だけに仕分けすると、分かることが全く違ってくる!
繰り返し使用され、相手の発話に対する反応を示すような(非言語)発話をオーディオ・ランドスケープ(音の見取り図)から取り除いてしまっても、会話されていることのうち「誰がいつどこで何をどのようにどうした」にかかわる部分は依然として理解できるそうです。
逆に、非言語的な発話の部分しか聞かないと、発話内容は分からなくなりますが、そこで行われている社会的なやり取りはたいてい把握できとのこと(外国人として見知らぬ言語の会話を垣間見ても、いろいろなことが察せられることと同じ)。

非言語発話のベスト100の中から代表例を探すと、「あー」「うー」!?
上位100の非言語発話の半分以上の表現(以下の例は発生頻度順)。
「あーー」「あ」「あーーー」「あー」「あ。あー」「あ。あーー」「あーーーー」や、
「うーん」「うーーん」「うん。うん」「うーーーん」「うん。うん。うん」)が、同じ文字(「あ)」や文字列(「うん」)でできていることが分かりました。
なお、あまり相違を感じない伸びのサイン「---」ですが、一般に日本語の発話時間の長短は発話の意味の違いを引き起こすことから、無視することができないのだそうです。

もう一つのパターンは「単純な音の引き伸ばし」と「繰り返し」でした
頻度の高い発話に同じものが何度も形を変えて現れるのには、いくつかのパターンがあります。
「はー」「はーー」「はーーー」や
「ふん」「ふーん」「ふーーん」「ふーーーん」のように、音を引き伸ばすというのはその一つです。
「ハ」「ハハ」「ハハハ」「ハハハハ」「「ハハハハハ」のように、繰り返すだけというパターンもあります。

もっとも複雑なバターンは「そうです」「そうですね」「あそうなんですか」
「うん」「うんうん」「うんうんうん」のようにかたまりを繰り返すパターンや、
「そうです」「そうですね」「そうですねー」「そうなんですか」「あそうなんですか」のようにさらに複雑なパターンもあります。
最後のパターンには、これでも非言語と、その奥行きを感じさせられました。以上、非言語グルーピング3例をご覧いただいて、今回は終了といたします。

※1:『コミュニケーションどうする?どうなる?』(林博司&定延利之/ひつじ書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

周辺言語② ミステリーから周辺言語を読む

前回はエンターテイメントの世界で周辺言語が有効に活用されてきた事例を紹介いたしましたが、その中の『バーナード・ショウ研究』に「その特性が言語体系の中で使われると語彙(ごい)的、文法的相違を示し、パラ言語体系の中で使われると感情的相違を示す」という解説がありましたので、今回は、さらに理解を深めるためにミステリー小説から周辺言語を学んでみたいと思います。

広く愛読される『ミステリー傑作選』を素材にした「言葉の音調」研究
ミステリーの好きな方なら、きっと一度は手にされたことがあると思われる『ミステリー傑作選』(日本推理作家協会編/講談社文庫:年度ごとのアンソロジー)の20巻(概算で約12,000ページ)から「話しぶりを描写する言語表現」だけを抽出し、分析した研究が『日本語 意味と文法の風景(※1)』に「パラ言語的意味の記述に向けて」として紹介されています。

話しぶりの描写は「声」「口調」「調子」「語調」などを修飾する形に集中
「声」の描写例:「や、や、や」/木村が、何時になく興奮した動物的な声を上げた。(佐野洋『贈られた女』)
「口調」の描写例:石渡は深呼吸しながら、/「しかし、バンドで絞め殺した、手じゃない」/と激しい口調でいった。(黒岩重吾『深夜の残照』)
「調子」の描写例:まもなく電話を終えた軍曹が、くだけた調子で私に声をかけた。/「なにか用かい?」(三好徹『風の弾痕』)
「語調」の描写例:「うん。実はね、お願いがあるんだ」/と、江藤はいくらか冷静な語調になった。(笹沢左保『餌』)

「パラ言語的意味の記述」3,858件中〝声〟がダントツで、次は〝口調〟
「声」(高い、低い、大きい、小さい など)3177件
「口調」(しみじみした、真剣な など)   401件
「調子」(軽い、重い、くだけた など)   115件
「響き」  34件  「言い方」28件  「語調」24件  「口ぶり」24件
「喋り方」14件  「口のきき方」6件 
以下4件「言葉遣い」「口吻」  3件 「言葉つき」  2件「語り口」「語気」
  1件「話しぶり」「話し方」「言い回し」「アクセント」「トーン」
これとは別に「~調」4件、「~口」11件

●この「声」への集中度をみると、やはり「声」が感情を伝えるのに一番分かりやすい表現なのでしょうね。次は、出現頻度の高い「声」または「口調」を描写フレームとするものを、(A)「声」のみ、(B)「口調」のみ、(C)「声」&「口調」の3タイプに分けて、それぞれに該当する形容語句のベスト10を紹介します。ただし、「口調」は2件が多いため、3件の7位までのリストアップとなります。

ミステリー作品なので「低い」「甲高い」「かすれた」声が多いのでしょうか?
(A)「声」     (B)「口調」      (C)「声」&「口調」
                           (声件数/口調件数)
「低い」  77件  「しみじみした」8件  「明るい」   (19/3)
「大きな」 52件  「真剣な」   7件  「はずんだ」  (17/1)
「甲高い」 41件  「冷静な」   4件  「興奮した」  (10/5)
「かすれた」31件  「そっけない」 3件  「静かな」  (7/7)
「小さな」 19件  「丁寧な」   3件  「穏やかな」  (5/8)
「高い」  15件  「ゆっくりした」3件  「落ち着いた」 (8/4)
「上ずった」14件  「冷淡な」   3件  「やさしい」  (9/2)
「乾いた」 13件               「怒ったような」  (7/4) 
「不機嫌な」10件              「鋭い」       (9/1)        
「細い」  10件               「激しい」        (3/7)

哀悼! 小松左京氏、著書『猫の首』から「上ずった声」の文例を2点紹介
上記の「声」&「口調」では、圧倒的に数の少ない「口調」が「声」を上回っている最右欄の上から5番目の「穏やかな」(5/8)が目を引きますが、これは「穏やかな」という形容語句が、どちらかというと感情より人柄を表すからなのでしょうか。さて、ここで「声」描写例を、先月(7月28日)亡くなった小松左京氏の作品から取り上げます。

(文例1)「智子!」/上ずった声で叫んで、腰を浮かす妻を、彼は手で制した。
(文例2)「来てくれ!」彼はズボンのまま、水の中に二、三歩ふみこみながら上ずった声でさけんだ。「まだ間に合う。早く・・・・・」

●今回参考資料の『日本語 意味と文法の風景』には、『ミステリー傑作選』の他に、アガサ・クリスティーのミステリー翻訳本(ハヤカワ文庫)とその原本、それぞれ計20冊ずつを対象にした分析の一部も記されています。彼女の本を原文で読まれる方には参考になるかもしれませんので、ご参考まで。なお、今回は遠方での研修からの戻りが日をまたいでしまい、日曜日アップになってしまいました。

※1:『日本語 意味と文法の風景』(山田進&菊池康人&籾山洋介編/ひつじ書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

《9つの非言語メディア》 周辺言語① 舞台芸術とパラ言語と非言語と

今回から「周辺言語」(話しことばに付随する音声上の性状と特徴)に入ります。周辺言語については研修シリーズ第38・39回のメラビアンの法則の「声の研究」で扱っていますが、改めて調べてみると、この分野に関する文献が極めて少ないことがわかりました。私がたどり着いたのはたった3冊。そのいずれも学術的なものですが、研究対象が「バーナード・ショウ」や「ミステリー」、そして、日常生活に密接な「電話の会話内容からの分析」でしたので、今回再度取り上げることにしました。

エンターテイメントの世界と関連付けられて語られることが多い周辺言語
最初は「9つの非言語メディア」を取り上げる切掛けとなったマジョリー・ヴァーカス著『非言語コミュニケーション(1987年刊)』(※1)から
「昔から俳優、コメディアン、弁論家たちは、自分たちが期待する反応を聴衆から引き出すために、さまざまな声の調子や間のとり方を周到に選ぶことの重要性に気づいていた。しかし心理学者たちが、人間のコミュニケーションの分析的研究に、この周辺言語の分野を付け加えたのはごく最近のことなのである。」

『コミュニケーション、どうする? どうなる?』(※2)より
本文中「パラ言語情報に見られる異文化間の知覚の相違」を担当したドナ・エリクソン&昇地崇明両氏の解釈。
「パラ言語表現は大きく2つのタイプがあります。1つ目は演劇でのプロの俳優や女優(もしくは声優)によって表現されるものであり、もう1つは自然な会話で一般の人によって表現されるものです。いずれの方法によって得られるパラ言語情報を観察しても、声が多様に変化することがわかります。」

『バーナード・ショウ研究』(※3)より
本文中「戯曲におけるパラ言語」――句読法の視点から――を担当した大河内俊雄氏の解釈。
写実劇の台詞は実生活の会話を模倣して案出されるもので、言語記号のほかにパラ言語、動作などの非言語記号が取込まれる。それ故、台詞の意味は、これらすべての記号体系の相互作用によって生成される。そこで、先ず、パラ言語の機能の一部を概観し、次いで、戯曲における句読法の形態と機能を明らかにするという順序で稿を進めたい。」(ちょっと難しい表現が続きますが、もう少しお付き合いください)

「パラ言語は言語を超えた内容を伝達する音声で、超分節的要素が最も考察の対象になる。超分節的要素とは声の高さ、強勢、長さ、休止など発話の音声的特徴のことである。これらの要素は様々に結合して言葉のリズムとテンポをつくり、さらに音調の型を構成する。その特性が言語体系の中で使われると語彙(ごい)的、文法的相違を示し、パラ言語体系の中で使われると感情的相違を示す。前者を『言葉の音調』、後者を『感情の音調』と呼んでもよい。」

周辺言語の理解のために、さらに2つの解釈をピックアップ
上記太字部分は周辺言語を理解するうえでの一つの解釈例です。では、他の研究者はどのように解説しているのかを、ここで比較し、理解の一助にしたいと思います。
『日本語 意味と文法の風景』(※4)で「パラ言語的意味の記述に向けて」を担当した相澤正夫氏の解釈。
「現実のコミュニケーション場面では、声に出すという音声化の過程を通して、言語的情報以外にも、発話時の話者の意図、心的態度、感情などに関するパラ言語的情報と話者の年齢、性別、生理的な状態などに関する非言語的情報とが必ず含まれている。」

『非言語コミュニケーション』にはジョージ・トレーガーが1958年に提唱した周辺言語の系統的分類が記されていますので、これを最後の資料にします。
第一分類:「声の性状的要素」=声の高低、唇の使い方、発音の仕方、リズムの取り方、共鳴、テンポなどが含まれる。
第二分類:①「発声上の特徴」=哄笑、くすくす笑い、忍び笑い、泣き声、しくしく泣き・・・。②「発声上の限定性」=声の強弱、声の高低、声の長短。③「発声上の遊離素」=「ウーン」「アー」「フンフン」「鼻を鳴らす」「舌打ち」「無言」・・・。

●ご覧いただいたように、周辺言語の解釈も微妙に異なる様ですね。まだまだ研究途上と理解して先に進むことにいたします。なお、今回紹介した『バーナード・ショウ研究』には、
バーナード・ショウの『ピグマリオン』、ニール・サイモンの『サンシャイン・ボーイズ』、トム・ストッパードの『夜も昼も』に対する記述もありますので、関心のある方にはお勧めです。
また、ジョージ・トレーガーの③「発生上の遊離素」については第73回「電話のコミュニケーション」で取り上げますので、お楽しみに。

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『コミュニケーションどうする?どうなる?』(林博司&定延利之/ひつじ書房)
※3:『バーナード・ショウ研究』(日本バーナード・ショー研究会編/学書房)
※4:『日本語 意味と文法の風景』(山田進&菊池康人&籾山洋介編/ひつじ書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

沈黙④ 日本的「間」

沈黙シリーズの最終回は、沈黙の一部として会話における「間」についてです。人を評する際に「間抜け」という、あまり芳しくない表現がありますが、実は、この言葉の由来は、「邦楽・舞踊・芝居で、本来あるべき休止がない」(日本国語大辞典より)ことをからきているのだそうです。要するに、間抜けというのは、必要な「間」をとらないことから冠せられた蔑称なのですね。このように見てくると、話し言葉における「間」の大切さを改めて考えさせられます。 

言葉における「間」についての『非言語コミュニケーション』著者の解説
「人間がことばを口にする時には、語、句、センテンスの間に必ず千分の1秒から数分間に至るまでの間隔を置くのだ。厳密な意味では、このような沈黙は、『周辺言語』の延長である。(中略)
もう一つの周辺言語的な沈黙は『間(ポーズ)』である。ことばを区切り、強調し、またことばによるメッセージを相手の心に浸透させるために『間』を置くのだ。コメディアンは『間』のとり方の名人でこの無言の時間を按配して最大限の効果を上げる。コメディアンのジャック・ベニーも『いちばん大笑いしてもらったのは、何もしゃべらずに黙っていた時だよ』と言っている。

人間が対面して話している時には、この『間』に気づかないことが多いのだが、これはその無言の時間が顔の表情、ジェスチャー、目の動きなど他の非言語メッセージで穴埋めされているからである。ところが電話で話すときや録音テープを聞くときには『間』がより目立つことになるのだ。」(※1)

●ジャック・べニー(1894-1974)はアメリカで活躍したコメディアン、ヴォードヴィリアン、俳優で絶大な人気があったそうです。コメディアンを例に挙げているところは日本国語大辞典の「間抜け」の舞台芸術に共通していて面白いですね。
なお、この後に取り上げる日本語に含まれる「余分な言葉」にも通じますが、日常会話で大切な「間」が、電話応対では逆に障害になりかねないとの指摘は、コールセンターの研修を担当することが多い講師の立場としては、大いなる課題でもあります。

日本語の4割は余分な言葉だが、そのおかげで言葉が通じている!?(※2)
「私たちはたいてい、相手に自分の意志を伝えるために必要最小限よりも多くの言葉を費やしている。つまり、会話にはそれだけ余分な言葉が入っているのだ。ある意味を伝える時、どれだけ余分な言葉が使われているか――このものさしを『冗長度』と呼ぶ。ある研究によると日本語はかなり冗長な言語で、その会話の冗長度は、一般に約42%だといわれている。

冗長度というと、何か非常にムダなようなもののように思うかもしれないが、そうではない。じつは冗長度が大きいおかげで、私たちは相手からきたメッセージを多少聞き洩らしても、ほぼ正確にその中身を理解できるのだ。役所の文章や学者の講義がわかりにくくて、評判が悪いというのも、まさにこの冗長度の問題である。」

日本人にはお役所言葉が、外国人には日本語が通じにくいのがわかりました!
ときに主語がなかったりして、外国人はもちろんのこと、日本人同士でさえ理解に苦しむ会話が、(冗長度に助けられ日本人には)支障なくコミュニケーションできる理由が何となくわかったような気がいたします。さて次は、現代のマスコミの寵児に、かつての名コメンテイターの絶妙の「間の取り方」を語ってもらいましょう。

売れっ子の池上彰氏のお手本は、「間の取り方」絶妙の久米宏氏だった!
「久米さんのニュースについてコメントする間の取り方は、実に見事でした。例えば、コメントの途中で『これってね』と三秒間を置く。『何を言うんだろう』と思わせてから、『これはつまり・・・こういうことですかね』と続けるのです。
あるいは、久米さんは、話の途中でいったん間を置いてから、あえて小さな声で続けたりします。小さな声のほうが聞き手が集中する効果を知っての演出です。」(※)

最終回にぎりぎりセーフ、「沈黙は金」のルーツがわかりました!
「沈黙」シリーズの初回(第67回)で「沈黙は金」のルーツを探り、諸説を紹介しましたが、山本なりの結論を得ましたので、その紹介を以って、シリーズを締めくくります。答えをくれたのは、『現代英語ことわざ辞典』(※4)でした。
【参考】①この考えは古くからあり、『旧約聖書』「レビ記」に関する注釈に、If speech is silvern, then silence is golden.(話すのが銀なら黙するのは金)という意味のことが記されている。
【参考】②ギリシャの叙事詩人ヘシオドス(紀元前8世紀)の『仕事と日』に人生訓の一つとして次の言葉がある。「言葉の慎みより尊い宝は、この世にない。/節度を守って動く舌は、何にもまして床(ゆか)しく好ましい。」

※1:『非言語コミュニケーション』(マジョリー・F・ヴァーガス著/新潮社)
※2:『ビジネス難問の解き方』(唐津一著/PHP研究所)
※3:『分かりやすく〈伝える〉技術』(池上彰著/講談社)
※4:『現代英語ことわざ辞典』(戸田豊編著/リーベル出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »