« 『なでしこジャパン』に学ぶ、6通りのコーチングスタイル② | トップページ | 「桃太郎に学ぶ、物語の紡ぎ方」① 「桃太郎」物語の基礎知識 »

2011年9月24日 (土)

『なでしこジャパン』に学ぶ、6通りのコーチングスタイル③

アテネ五輪の予選を戦っていた当時、佐々木則夫氏はコーチで、予選突破後の2007年12月に監督に就任しています。そして、彼が監督就任するとなでしこジャパンは3連勝しました。いまから3年まえのことだそうですが、この結果を見て選手たちは監督に言ったそうです。
「ノリさんは何か持っている」(斎藤祐樹投手が同じ言葉を発する以前のこと:山本注)
それに対して、佐々木監督は、こう言い返しました。
「持っているのは俺じゃない。おまえたちだ。運の話じゃない。世界で勝つための能力を、おまえたちは持っているんだよ」。やっぱり、佐々木監督格好イイ!

「コーチングVSメンタリング」この両方に共通点のあるシーンから
【共通点】個別指導によって問題解決・状況対応能力を高める
【相違点】メンタリングは「同じ会社・職業での個人的経験を元に指導」
     コーチングは「対象は多様で個人的経験のない分野でも可能」
ドイツ戦後、放心状態の永里優季選手の手を引いて歩いた宮間あや選手(※9)
活躍を期待されながらドイツ戦を途中交代となったフォワードの永里優季選手の談話
編集者:「ドイツ戦後宮間選手が手を引いて歩いてました。あの時は何を話していたんですか」
永里:「試合後、私はしゃべれるような状態ではなかったんです。でも、あやが「次の舞台はつくったから、次はお前の番だな!」って言ってくれました。自分の知らないところ、分からないところで、自分は支えられているんだな、見守られていた存在なんだということに、あらためて気づかされました。」

ドイツチームでプレーする花形フォワードだっただけに、期待に応えられず、途中から戦線を離脱した挫折感は大きかったと思われます。宮間選手には、他にサイドハーフへコンバートされた大野忍選手へのアシストもマスコミに紹介されていました。彼女だって全試合に出場して心身ともに疲れ果てているはずなのに、その仲間を思うやさしさに、メンタリング的コーチングの真髄を見た気がいたします。

そんな宮間選手だからこそ、決勝のPK戦で日本の勝利が決定した瞬間も、日本選手の歓喜の輪に身を投じず、先ず最初に敗者となったアメリカチームに歩み寄り、健闘をたたえあうことが出来るのでしょう。きっと、アメリカ選手たちにも、宮間選手の人を思いやる〝熱いハート〟は通じたことと思います。ピッチ上のパスと同じくらい、同僚へのアドバイスもバッチリでした。

「コーチングVSマネージング」この両方に共通点のあるシーンから
【共通点】資源を活用して目標を達成する
【相違点】マネージングは「現在の能力で目標達成をはかる」
     コーチングは「目標達成をめざしつつ部下の能力向上をはかる」
選手の能力を最大限発揮させるために、大胆な配置転換を行った佐々木監督
その代表的な例が、一貫して攻撃の柱として君臨してきた澤穂希を、ボランチ(守備的MF)にしたことだ。「沢がボールを奪う機会を増やせば、日本は攻撃のチャンスを増やせる。ボールを奪うセンスに最も優れているのは澤だからだ」。という理由だ。
澤とコンビを組むもう一人のボランチには、FWまたは攻撃的MFとして将来を有望視されていた阪口夢穂を大抜擢した。

「(坂口選手は)ボールの落下店を正確に見極める能力が、女子選手の中ではずば抜けて高かった。DFの1列手前で相手のロングパスを跳ね返すには、うってつけの素材だった」佐々木には、自分の好みのチームをつくるために選手を都合よく管理下のおこうとする発想も、固定観念もなかった。この2人を自分好みのボランチにしようとしたわけではない。あくまでもマーケティングを軸にした戦略の中で、最も効果的な戦い方を模索した結果だった。

●体格がよく、スタミナもある欧米選手と互角に戦うための、チーム資源(と言ったら失礼ですが・・・)を最大限に生かそうとした佐々木監督の手腕こそは、マネージング的コーチングの見本といえるのではないでしょうか。澤選手のコンバート理由が、U-20監督時代の佐々木監督が、若手育成の参考にと澤選手にインタビューしたときにヒントを得ていたというのも興味深い話です。

●このコンバートに当初は抵抗のあった澤選手が「ノリさん(佐々木監督)は、相手を誘いこんで、術中に嵌めてボールを奪うことを教えてくれた。守備がこんなに楽しいとは知らなかった。自分が得点するだけでなく、味方に得点を決めさせるパス出しの楽しさにも気づくことができた」と述懐しています。コーチングの果たしうる最高の成果が、澤選手のコンバート成功物語といえそうですね。

※1『入門 ビジネス・コーチング』(本間正人著/PHP研究所)
※2・3・9『サッカーマガジン』(2001年8月9日号/8月16日号/8月2日号)
※4『文藝春秋』(2011年9月号)澤穂希「私はあきらめない」
※5『朝日新聞』(2011年8月20日朝刊)
※6『荒地に花は咲く』(池田浩美(旧姓磯崎浩美)著/アートヴィレッジ)
※7・8『アエラ』(2011年8月1日号/8月22日号)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

|

« 『なでしこジャパン』に学ぶ、6通りのコーチングスタイル② | トップページ | 「桃太郎に学ぶ、物語の紡ぎ方」① 「桃太郎」物語の基礎知識 »

コーチング・リーダー研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『なでしこジャパン』に学ぶ、6通りのコーチングスタイル③:

« 『なでしこジャパン』に学ぶ、6通りのコーチングスタイル② | トップページ | 「桃太郎に学ぶ、物語の紡ぎ方」① 「桃太郎」物語の基礎知識 »