« 目(「視線の交差(アイ・コンタクト)」と目つき)④ | トップページ | 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)② »

2012年3月31日 (土)

《9つの非言語メディア》 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)①

前回で9つの非言語メディアの「目」を終え、今回から「動作(ボディ・ランゲージ)」に入ります。ついては、『ハーバード・ビジネススキル講座 対話力(※1)』に「魅力を引き出す10の態度」が書かれており、その第1項目が「アイ・コンタクト」、続く4項目が「動作」であることから、本ブログが「目」から「動作」に移行するに際し(非言語コミュニケーションをご理解いただく上でも)、格好の素材と思い取り上げることにいたします。

「魅力を引き出す10の態度」 非言語メディアの「目(1)」「動作(2~5)」
1.アイ・コンタクト:多いほどよい。視線がわずらわしく感じられない程度に。
2.顔の表情:生き生きとした表情。微笑みを絶やさない。興味深げに見えるように。
3.頭の動き:うなずいて興味を示す。常にあごを上げる。
4.身振り:表情豊かにオープンに。過剰にならないこと。
5.姿勢:背筋を伸ばす。身を乗り出して興味を示す。打ち解けた印象を与えるために後ろにもたれる。

非言語メディア「対人的空間」「身体接触」(6・7)、「色彩」「人体」(8)・・・
6.接近度と位置:圧迫感を与えない範囲で、相手にできるだけ近づく。
7.身体的な接触:相手に不快感を与えない範囲で、できるだけ頻繁に相手に触れる。
8.身なりと体形:服装には色を取り入れる。適度な体形。
9.タイミングと同調:それ以上アップすると効率が悪くなるところまで、行動のスピードを上げる
10.スピーチの言語以外の要素:話すことと聞くことの必要性をバランスさせることに努める。

●『ハーバード・ビジネススキル講座 対話力』が取り上げた「魅力を引き出す10の態度」は、そのうち2、3項目を実行するだけでも魅力が高まり始めるので、一度にすべてを実行しようとする必要はない、とのことです。上段2つのタイトルに「」書きで列記したように、9つの非言語メディアが10の態度にすべて網羅されていることに納得させられます。

●なお、「3.頭の動き:うなずいて興味を示す。常にあごを上げる。」について、誤解があるといけませんので補足しておきます。上げるあごの角度は20度までにしてください。いろいろな角度を試した結果20度でイキイキとした快活な表情になるそうです。また、男性を一番強く見せるのも20度だとか。しかし、これが30度近くになると〝強そう〟を通り越して、尊大で威張った顔になってしまいます。広告のモデルが写真に写るとき、あごを20度上げているのはこのためなのです。(※2)

マイナスのイメージを与える6つの損する態度 「目」「動作」「時間」(※3)
1.手や指で鼻や口にさわる――話している人がこのしぐさをしているとき、その人は本当のことを言っていない場合が多い。説得の場面では、自分の手は顔に近づけたりしないこと。
2.腕を組む ――これは何かを防御するときの姿勢だ。相手にネガティブな印象を与える。
3.アイコンタクト――相手からの核心をついてきた質問に応える場合には、自分の目を相手からそらさないこと。話しているときに目をそらすと、まるで嘘を言っているように見られがち。
4.歩き方――部屋に一人で入っていくときには、歩幅や歩くペースはいつもと変わりなくすること。背筋を伸ばし、肩を張り、手は握ったままで前を見て歩く。下を向いたり天井を見上げたりしてはだめ。あまりゆっくり歩いていると、なにも行くあてや目的がないのだと思われてしまう。逆に早足だと、会社の中であまり重要な存在ではなく、責任のある仕事を任されていないと思われる場合が多い。

9つの非言語メディアに限りなく近い意味を持つ「服装・装飾品・携行品」
5.装飾品――カフスやタイピン、時計、指輪などのシンプルなものなら問題はない。男性の場合、ネックレスやイヤリングは御法度。
6.ブリーフケース――ブリーフケースは薄いものにすること、辞書が2冊も入るようなものはぶ厚すぎる。

●『非言語コミュニケーション』の著者マジョリー・ヴァーカスは、9つの非言語メディアの解説の後に、かなりのスペースを割いて「服装(装飾品・携行品を含め)」「匂い」について触れており、これらは現代における非言語コミュニケーションにとっては欠くことのできない大変重要な要素であると書いています。この2項目については、山本も鋭意材料を集めておりますので、本シリーズが今回始まった「動作」→「人体(次回シリーズ予定)」で終了の暁には、上記2項目を取り上げたいと思います。

※1:『ハーバード・ビジネススキル講座 対話力』
※2:『人は「暗示で」9割動く!』
※3:『「できる人」の話し方、その見逃せない法則』

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

|

« 目(「視線の交差(アイ・コンタクト)」と目つき)④ | トップページ | 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)② »

非言語コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《9つの非言語メディア》 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)①:

« 目(「視線の交差(アイ・コンタクト)」と目つき)④ | トップページ | 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)② »