« 《9つの非言語メディア》 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)① | トップページ | 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)③ »

2012年4月 7日 (土)

動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)②

今回は、男女のかかわりの中で女性が見せる足(脚)組の意味合いを探ることがメインテーマになります。テーブル席の場合は、ほとんどブラインド状態ですが、殿方ならずとも、ちょっと覗いて見たくなるほど、好奇心を駆り立てられる奥深い世界のようです。まずは、女性から男性に送る〝好き〟のサインから。

女性が目を大きく見開いて足を組み、全身を揺り動かしたら・・・(※1)
アメリカの心理学者クローらの調査によると、女性が目を大きく見開いて男性を見るのは、その人に対して強い興味を抱いているサインだそうですよ。また、「女性が男性に対して『好き』を伝えるサインを送るとき、足を組んだり下脚部をぴったり重ね合わせたりする。さらに、腕を胴体近くに置き、全身を揺り動かすなどする」のだそうです。多くの男性方は、この貴重なサインを見落としていませんか。

●上記をみると、女性の愛情表現を観察する上で手足(脚)の動きがポイントになっていることがよくわかりました。今回、女性の足(脚)について他に2例紹介しますが、その前に、「相手のウソは手足(脚)の動きで見破れる」との日本の研究者による実験結果がありますので、そちらを先に見ていただき、いかに手足(脚)が正直に感情に反応するかを検証したいと思います。

欺瞞(ぎまん)の特徴を見つけ出す手掛かりは手足(脚)の動きに(※2)
日本の非言語コミュニケーション研究の権威である大坊郁夫氏に、参加者にVTRで人が嘘を発言するところを見せ、その人が欺瞞者だという判断の根拠となった手掛かりは何かについて答えてもらった実験があります。実験参加者がウソを見破るときの最大の手掛かりとしたのは、「発言内容」と「話し方」でしたが、これらの発言にかかわる要素は、ウソを見破る手掛かりとしてはそれほど有効ではありませんでした。

ウソを見破ることに貢献したのは「手の動き(複数回答による正解率90%)」と「足の動き(同83%)」だということが明らかとなりました。ちなみに「発言内容(同59%)」、「話し方(同58%)」はこの程度でした。実験から、人が本心と異なることを話す時には、意識が及びにくい手や足の動きなどに、それが漏れ出してしまうということがわかったそうです。
欺瞞動作のチェック項目(正解率の大きい順に) 
手の動き(正解率90%)、足(脚)の動き(同83%)、視線(同60%)、発言内容(同59%)、話し方(同58%)、胴体の動作(同56%)、顔の表情(同50%)、発言時間(同40%)     

ボディー・ランゲージの読み取りには足と脚のメッセージが最重要(※3)
「ボディー・ランゲージを読み取ろうとするとき、相手の顔から観察をはじめ、上から下へと焦点を移動させていく人が多い。ところが、虚勢を張って本心を隠すために一番よく利用されるのが顔だ。だから私のアプローチは全く逆になる。FBIで無数の事情聴取をこなしてきた私は、最初に容疑者の足と脚に注目しそこから少しずつ観察の対象を上に移していって、最後に顔の表情を読み取ることを覚えた。正直さという点についていうなら、足から頭に移るにつれて誠実さは薄れていく。」

●このようにみてくると、足(脚)を組む所作は女性にとっての素直な感情表出なのだということがほんの少しですがわかってきました。以下に二つ、女性の足(脚)組の出てくる男女関係を占う面白い例(カップルの幸せ度の尺度と、夫婦の力関係のバロメーター)を取り上げ、その心理に迫ってみましょう。

カップルが幸せかどうかを知る「非言語」の手がかりとは(※4)
幸せそうなカップル 
(1)お互い接近して座る。 (2)お互いの目を頻繁に見る。 (3)自分の身体に触る以上に、相手の身体にタッチする。
不幸せに見えるカップル
(1)自分の腕や脚を組んでいる。 (2)お互いに相手の目を見ることが少ない。 (3)相手の身体に触れるより、自分の身体にタッチすることが多い。

脚の組かえを先にするほうが、夫婦間では優位に立っている!?(※5)
脚を組むという動作には、人間関係の特徴が出ることがあるそうです。たとえば、セールスマンは、日曜の家庭訪問のときには、相手の夫婦の足の組方に注目するとのこと。人は、組んでいる足をときどき組かえますが、夫と妻のどちらが先に組かえるかに、家庭の中の優先順位・劣位が表われることが多いからだそうです。まず妻が組み換え夫がそれに従うときは、妻優位と思って、妻に対してアタックすると90%は成功するというのですが、これって本当でしょうか。

※1:「人を見る目」の心理分析
※2:対人関係の心理学入門
※3:FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学
※4:しぐさと表情の心理分析
※5:ビジネスの心理法則

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■本ブログ内容とは別に、お問い合わせ・ご質問等ございましたら、【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。

|

« 《9つの非言語メディア》 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)① | トップページ | 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)③ »

非言語コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)②:

« 《9つの非言語メディア》 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)① | トップページ | 動作(人体の姿勢や動きで表現されるもの)③ »