« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

世界の食文化に絶大な影響力を持つ『ミシュランガイド』の誕生秘話

お料理のプロにとってはもちろん、旅行者にとっても『ミシュランガイド』の☆の数は非常に重要です。山本も海外では大変お世話になりました(ご予算の関係で残念ながら大半は☆1つ)。ところで、世界の食文化に絶大な影響力を持つこのガイドブックが、どのような目的のために作られたのかご存じだったでしょうか。

タイヤ消費を拡大するために考案された『ミシュランガイド』(※)
かつてフランス人たちは自動車を街中で乗り回すことはしましたが、遠出のドライブをすることがいまほど頻繁ではありませんでした。自動車の走行距離が延びなければ自動車タイヤはすり減りません。タイヤがすり減らなければタイヤ・メーカーは売り上げを伸ばせません。そのためミシュランタイヤは一計を案じました。

フランス全土のレストラン紹介ガイドブックを作り☆の数でランク付けした
ガイドブックには、人口の多いパリからは距離のある南仏の3つ☆レストランも多数紹介されていました。このガイドブックが普及したおかげでパリっ子たちは週末に南仏に車で美味しい料理を食べに行き、タイヤがすり減る(ドライブ1回あたりのタイヤの使用量が増える)ようになり、タイヤ市場が大きくなったといいます。

●今回の原稿を書くために、Wikipediaの『ミシュランガイド』を見ていましたら、上記を補強する記述が何箇所かありましたので、参考までに以下に部分抜粋します。 

初版はパリ万博が行われた1900年。自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行。内容は市街地図のほか、都市別のガソリンスタンドやホテルの一覧、さらには自動車の整備方法など。35,000部が印刷されて無料で配布(現在は有料で、同社売上高に占めるレストランガイドや旅行ガイドなどの出版物が占める割合は約1%)。

最初の東京版は2007年発行。2008年版から東京・横浜・鎌倉となり、2009年版に京都・大阪が、2011年版から神戸が追加。日本版は☆付きレストランのみ掲載されている。一方、東京の気軽に楽しめるフランス料理店紹介の『ミシュランガイド ボンヌ・プティット・ターブル・東京』では☆無しのレストランも掲載されています。

☆印による評価(=皿の上の料理そのものの評価)
☆    (1つ星) - その分野で特に美味しい料理
☆☆  (2つ星) - 極めて美味であり遠回りをしてでも訪れる価値がある料理
☆☆☆(3つ星) - それを味わう為に旅行する価値がある卓越した料理

フランス2010年版では、掲載された3,453軒以上のレストランのうち26軒が3つ☆を得ています。通常、全掲載レストランの1~2割程度が☆付きだそうです。レストランが☆を1つ獲得するとその店の売り上げは30%増え、ある国で『ミシュランガイド』が刊行されると、その国のミシュランタイヤ購入者が3%増えるといわれています。
※:『わかりやすいマーケティング戦略』(沼上幹著/有斐閣アルマ)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

自分に似合うメガネ選びの極意とメガネから読み取れる心象風景【服装⑰】

3Dソフトに『ムービースターの着せ替え』があることをWebで知りました。このパッケージに収納されている髪型、メガネ、アクセサリ、バッグ、シューズなど、141種類のアイテムを使って人物を好きなように着せ替えするのです。うちメガネは13種類、サングラス13種類とファッションアイテムとしての品揃えの多さに驚かされます。

メガネ屋さんに聞く、自分に似合うメガネ選びの極意(※1)
「基本的メガネ選びのポイントはいくつかあります。フレームの縦幅はまゆからアゴまでの3分の1以内に抑えましょう。縦幅が大き過ぎると、鼻が低く見えてしまうなどバランスが悪くなります。横幅は顔の幅に近いものを選ぶと良いです。顔の幅に近ければ近いほど、かけたときの眼元が自然でスマートな印象になります」

メガネで顔色をよく見せることができるでしょうか?
「顔色をカモフラージュするためには太い縁で、黒・茶・紺など濃い色のフレームがおススメです。薄い色のフレームやフレームのないタイプは、顔色をそのまま出してしまうのでNG。また特に顔色の悪い日に血色を与えてくれるのはブラウン系や赤系、逆に顔の赤みが気になる人はグリーン系やブルー系のフレームがいいでしょう」

●顔色を考えたメガネ選びは、女性のメークのコントロールカラーと似た感覚だそうです。しかし、そのためには、何タイプかを使い分ける必要がありそうですね。こうした考え方を今流とするのに対し、こだわりを持ってメガネを選んできた人たちのことも、私たちは数多く知っています。その代表的な例を以下に3例紹介いたします。

メタルフレームのメガネをかけている人は、自分を「クール」に見せたい(※2)
メタル(金属)のグッツは、メガネに限らず、知的・合理的なイメージを与えます。言い換えれば、冷たくてクール、人工的で、あまり人好きしないイメージかもしれません。しかし、その深層心理を探れば、意外と情熱的な人が多かったりします。本人は無自覚なのでしょうが、「熱っぽさとクールさ」が同居しているらしいのです。

太めの黒縁メガネをかけている人は、自分を「デキる人」に見せたい
かつては「ガリ勉・生真面目タイプ」の定番だった黒縁メガネですが、今では、若い女性のファッション・グラスとして利用されています。メイクや髪形の変化を楽しむように、縁の太いメガネを大胆にかけている若者は、「自己顕示欲の旺盛なタイプ」といえますが、反面、不安や自信のなさの現われと受け取られることもあるようです。

縁なしメガネは、自分を「そのまま」見せたい。そしてサングラスは・・・
いろいろな自分を演出してみたいという願望はあるのですが、勇気がなくて、なかなか実践できない性格(やや保守的傾向)と考えられる人に縁なしメガネが多いそうです。一方サングラスは、「人との関係」が不安な人で、格好つけているようで、実は、人の目を気にしている「気の小さい人」なのかもしれないとの見方もあるようです。

※1:Webの『マイナビニュース』の「コブス横丁」10月24日の記事「メガネ屋さんに聞く、自分に似合うメガネ選びの極意」から
※2:『得するしぐさダメなしぐさ』(渋谷昌三著/新講社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

奥深いメガネの世界、あなたのメガネはどう見られているか【服装⑯】

今回からメガネシリーズを始めますが、タイミングよく10月22日に第25回「日本 メガネ ベストドレッサー賞」が発表されましたので、まずはこのご紹介から。マスコミにも取り上げられますので、ご存知の方も多いと思いますが、この賞は、毎年メガネが最も似合う各界の著名人に贈られます。今回の表彰者は次の方々です(敬称略)。

芸能界部門  優木 まおみ(モデル・タレント)
サングラス部門  香里奈(モデル・女優)
政界部門  森本 敏(防衛大臣)
スポーツ界部門   澤 穂希(プロサッカー選手)
経済界部門  榊原 英資(青山学院大学 教授)
文化界部門  宮本 亜門(演出家)
特別賞(今後メガネをかけて欲しい方)  剛力 彩芽(女優)

森本防衛大臣は、その方面ではこわもての学者さんでいらっしゃいましたが、表彰式の柔和な笑顔を拝見すると、選考者の目の確かさに敬服させられます。また、スポーツ選手の爽やかな笑顔のイメージか強い澤 穂希さんが選ばれていたのは意外でした。しかし、なでしこのユニフォーム姿と同じくらい、メガネもお似合いですね。

メガネでキャラクターはどのように変わるのでしょうか(※)
●眉が直線的で輪郭が四角い顔立ちの方なら、四角い形のフレームが似合います。
●眉が曲線的で面長の方なら、オーバル型といわれる横長の丸いものがしっくりきます。また面長の場合、縦に幅がある程度あった方がバランスが良くなります。
●丸顔の方の場合には面長の方とは逆に縦幅があまりなく、フレームの上部に色やデザインで特徴があり、下のカーブが柔らかい曲線になっているものがお薦めです。上部にポイントがあることで、お顔の長さを演出してすっきり見せます。

フレームの型が持つ一般的な印象は・・・
・ラウンド型(丸型)のフレーム:個性的でユニーク、クリエイティブな印象。
・オーバル型(楕円形)のフレーム:優しくエレガントな印象。
・スクエア型(四角形)のフレーム:知的で固い印象。縦幅が狭いとシャープな印象。
・バタフライ型(蝶々のような形)のフレーム:都会的でこだわりのある印象。
・多角形型のフレーム:知的ながらも柔らかさのある印象。
・ブローライン(上部だけに枠があるタイプ)のフレーム:洗練されたクールな印象。

●メタルフレームを掛けている人は? 太めの黒縁メガネを掛けている人は? 縁なしメガネを掛けている人は? 来週は、これらのタイプのメガネを掛けている人の心理について、心理学の専門家の見解を紹介いたします。ひょっとしたら、ご本人も理解していない奥深いメガネの世界が見えてくるかもしれません。

※:『一瞬で「できる男に変わる」服装術』(三好凛佳著/PHP研究所)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

「デートに効果的な服装」は、二人のモードづくりへのプレリュード【服装⑮】

よい関係を築いていくためには、デートの服装も“調和”が大切のようです。今回は、シチュエーションごとに、どのように調和を図るかを具体的に紹介します。調和への努力は、多少とも自我を抑えこむことになりますが、お相手に対する”思い遣り”がベースにあると、それほど抵抗なく受け容れられるのではないでしょうか。

自分の好みではなく、“その場の二人”をイメージして服装を選ぶ
場所とメインスケジュールとも関係しますが、楽しい時間を共有するために欠かせない配慮もあります。寒がりさんとのデートなら少し薄手を着て体感温度を近づける工夫をしましょう。そうすることで、豊かな世界が広がります。これは、余り身長差のない男性とご一緒するとき、女性がヒールの高さを調整する思い遣りに通じますね。

お食事に行くのだとしたら、袖口の衣装と色合いに注意する
メインがお食事だとしたら、レディは袖口の広い(フリルは特に)お洋服は避けましょう。それでは、袖口が気になって(双方とも)お料理を美味しくいただくことができません。また、どんなお料理でもナプキンでカバーできないことがあります。汚れが目立つお洋服(特に白系統)に染みが付くと、その場の雰囲気が壊れかねません。

ドライブなら、ボディカラーと色合いを合わせる工夫をする
コミュニケーションには、会話術のほかに、親和性が大きな要素となります。趣味が同じ、出身や年代が同じなどはよく知られるところですが、服装に共通の感覚(流行、色合い、デザインなど)があると、自然と親しみが湧きます。また、ドライブの場合は、クルマの色に合わせた快適な服装を選ぶ(特性5)センスも大切にしたいですね。

お付き合いが進んだら、時には自分の個性を前面に出すことも必要
とはいえ、調和ばかりではストレスがたまります。そこで、段階がある程度進んだら、それなりの前触れをし(誤解されることもありますので、突然の変身は避ける)、場も考慮して装飾的に衣装をまとう(特性3)ことがあってもよいでしょう。こうした自己表現をタイミングよく織り込まないと、交際の差し障りにもなりかねません。

お互いの服装が似通ってくるのは、交際が順調に進んでいるサイン
時間の共有が長くなると、お互いが影響を受け合い、考え方や好みにも微妙な変化が生じてきます。もっとも顕著に現れるのが服装といえるでしょう。街中を二人で歩くとき、ショーウィンドーに映る姿がピタリとマッチしていれば、それは互いの努力の成果といえます。そんな素敵なカップルの誕生を期待して、この稿を終わります。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

恋愛の30段階をステップアップさせる「デートに効果的な服装」【服装⑭】

文化人類学者の研究(※1)では、異性間のお付き合いには、視線を交わすことから始まる30段階(国別に順番は異なっても段階数はほぼ同じ)あるそうです。この段階(お付き合いの進展具合)や、出かける場所によって服装が変わるのは当然のことですね。本稿は、よい関係を築いていくための女性の効果的な服装に焦点を絞ります。

女性が服装を選択するに際しては、5つの性格特性が指摘されています
専門家の研究(※2)を、デートの服装に山本流に当てはめると次の5通りのタイプになります。“流行の服を着て出かけたい人”“背伸びをせず、ありものをまとって出かける人”“着飾ることで可愛らしさを表現したい人”“相手と調和した服装を心がける人”“何よりも快適さを追及する人”になります。どれかに当てはまりませんか?
  
デートの目的が、お互いの“よい関係の構築”なら服装は慎重に選びましょう
服装選択には、それぞれの考え方があってよいのですが、デートの目的を“お互いのよい関係の構築”とすると、じっくり考える必要がありそうですね。なぜなら、第一印象がとても大事(第一印象は7週間変わらないとの説あり)だからです。そして女性の場合、以下に示すように、服装が印象を決定付ける要素になりがちだからです。

●エイケンという研究者に、女性の性格特性と衣服選択に関する研究(※2)があります。そして、調査の結果、次の5つの特性に分かれると結論づけられました。
1.衣服に興味がある女性:慣習にとらわれ、良心的で、権威の前では従順で、頑固で、疑い深く、不安定で、緊張し、思考が定型的
2.衣服の節約を気遣っている女性:より責任があり、機敏で、能率的で、正確で、知性があり、自意識が強く、制御されている
3.装飾に衣服を使用する女性:自意識が強く、慣習的、定型的、無知性、同情的、社交的、服従的
4.調和した服装をする女性:いくつかの同調性特性という特徴があった。それらは社会的に誠実、道徳的、伝統的、服従的、自制的
5.快適な服装をする女性:自己制御され、社会的に協力的で、社交的、几帳面、権威への服従傾向

恋愛初期段階(1~3回目くらい)の服装は、上記特性の4をお薦めします
面接に際し、多くは無難なリクルートスーツを着用しますが、会社訪問時に従業員さんの服装からヒントを得て、似たモード(親和性のある服)を選び、印象ポイントを稼ぐ応募者もいます。初デートでお相手のことがよくわからないならアンマッチを避け無難な服装を、ある程度予測できるなら、相手とのバランス優先で考えましょう。

●前回の予告で、今回から〝メガネシリーズ〟に入る予定でしたが、「デートに有効な服装は?」のリクエストがありましたので、急遽変更させていただきました。重要なテーマですので連載とし、次回は、実際のデートシーンを5つ想定して、“調和の取れた服装(特性4)”を中心に、具体的な例を書くことにいたします。

※1:『非言語行動の心理学』(V・P・リッチモンド&J・C・マクロスキー著/北大路書房)
※2:『創造力のスイッチを入れろ』(ロジャー・フォン・イーク著/ダイヤモンド社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】

お料理のランク付けが松竹梅だと、お高い「松」には手が出ませんが、一番安い「梅」ではちょっと、との心理から「竹」の注文が一番多くなります。これが典型的なコントラスト効果です。好評だったNHKの「梅ちゃん先生」の兄弟の名(*)が、松子、竹夫、梅子で、梅チャン先生が、少々ひがんでいるシーンが何度も登場しましたね。

*命名の由来は最終盤で、中国の「歳寒の三友(松と竹は寒さに堪え緑を保ち、梅は寒中に咲くので、古来より格好の画の題材とされた)」からと種明かしされました。

お料理の「松竹梅」の効果は絶大。でも洋服も3~4倍の違いが出ます
このコントラスト効果はお料理だけでなく、服装でもあちこちで見られるのです。本ブログでも、これまで、スーツと作業服では人に与える影響が3.5倍違う(2010/5/8)や、ネクタイをしているのとしていないでは恵んでもらえる帰りの電車賃が3.6倍違う(2010/7/3)などを紹介していますが、今回はその極めつきも含めた続編です。

キザな服装の物乞いがいると、ボロ服の物乞いの稼ぎは4倍になる!(※1)
両側の歩道に2人の物乞いが向かい合うように座わります。1人はボロ服をまとい、打ちしおれて「空腹のホームレス――助けてください」というボードを。もう1人はピンストライプのスーツを着て気取った様子で「大金持ちです。もっとほしい!」のプラカードを。すると、ボロ服の物乞いへの同情から1日の稼ぎが4倍になるとのこと。 

さえない服装だと勝負事が弱い(相手の賭け金が大きくなる)と見られる(※2)
毎回0~25セントを賭けるカードゲームの実験で、しゃれた服装のいかにも有能そうな人物と対戦するグループと、さえない格好の人物と対戦したグループでは、後者のグループの賭け金が上回ったそうです。相手を見くびるからなのでしょうが、勝負事に自信のある人は、さえない服装で出かけていくと大金が稼げるかも…。

垂直の線と、色合いで自分を強く見せる服装術(※3)
着ている洋服の上に表れる上下に伸びる垂直の線が多ければ多いほど、相手はパワーを感じます。もし相手に最大限のパワーを感じさせたいなら、縦縞でピークドラペル(尖った襟)、カラーはブラックやネイビーがよいでしょう。ただし、この格好は相手に威圧感を与えるので、仕事内容やシチュエーションによっては不向きなことも。

●反対の弱いイメージは、半袖シャツ、ラウンドカラー(先の丸い襟)、ノーネクタイ、ジャケットなしなのだそうです。パワーをアピールしたいなら、暑くても長袖を着るべきなのですね。さて、次回は服装シリーズの締めくくりとして、かけているだけで「知的」「芸術的」「洗練されている」と見られるメガネを取り上げます。

※1:『瞬間説得 その気にさせる究極の方法』(ケヴィン・ダットン著/NHK出版)
※2:『しまった!「失敗の心理」を科学する』(ジョセフ・T・ハリナン著/講談社) 
※3:『意のままに人を引き寄せる心理戦術』(内藤誼人著/KKベストセラーズ)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

“面接力”と“プレゼン力”が切り拓いた山中教授のノーベル賞への道

山中教授のノーベル賞授賞翌日(2012年10月9日)の新聞紙面は、この記事一色でしたが、中でも山本が興味深く読ませていただいたのは、『朝日新聞』朝刊社会面の「背水の大風呂敷転職」の記事でした。この日、たまたま学生向けの講演を担当させていただいておりましたので、さっそくこの記事をご披露いたしました。

ある質問に「できます」だけでなく、「やります」と答えた山中教授
「これでダメなら、研究をあきらめる決心がつく」と1999年に応募したのが、奈良先端科学技術大学院大の助教授職でした。他の応募者はみな、実績も経験もある人ばかりだったそうです。そこで「背水の陣」の山中さんは大風呂敷を広げました。「ES細胞(embryonic stem cell  万能細胞の一種)の特性を解明する」と。

選考委員だった安田国雄・前学長は、「数年後の結果が望めそうなテーマが多い中、挑戦的だった」と述べられています。そして、ある質問に対し山中さんは「できます」だけでなく、「やります」と答えたそうです。人柄とやる気で彼がベストだったとの評価とは別に、最終面接でのプレゼンテーションも選考委員を唸(うな)らせました。

2008年度ノーベル物理学賞の益川敏英氏との対談から(※)
奈良先端技術大学院大の公募に応募して、最終面接で先生方の前のプレゼンが終わったとき、選考委員長だった先生に言われた言葉が、「山中さん、あなた発表時にポインターをピッと止めていたでしょ。あれを見て、あなたはしっかりとした教育を受けていると思ったんです」だったそうです。これに関する山中氏の発言は以下の通り。

山中:科学者が成功するためには、良い実験をすることだけではなく、いかにしてその実験データをきちんと伝えられるかという、「プレゼンテーション力」にかかっている、というのが私の持論です。自分の持っているデータや研究成果を、いかにして発信するかということが大切なのです。

山中教授がアメリカでプレゼンテーションを学んだときの体験談
発言の仕方やボディランゲージのほかに言われたのは、「スライドでは聴衆から見えないような文字を使うな」とか、「文字ばかりのスライドを見せられても誰も読まないし、理解もできない」とか、「説明しないことを書くな、説明したいことだけ書け」とか、「発表の目的をはっきりさせろ」とか、当り前のことばかりでした。けれど、その当たり前のことが、できんのです。それを何度も何度も叩きこまれました。

●ES細胞発見は、余った試薬で想定外(1皿に1試薬の実験中、1皿追加し24試薬全部を投じた)を試みた助手の高橋和利氏の貢献が大きいようです。島津製作所の田中耕一氏(2002年にノーベル化学賞)にも同様の話がありました。国際語になった日本人の「もったいない」精神が、偉大な発明をもたしたことに山本は感慨を覚えます。

※『「大発見」の思考法』(山中伸弥&益川敏英共著/文藝春秋社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「プレゼンテーション研修」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

スーツの起源 ズボンの折り返しから胸のポケットまで【服装⑫】

イヴ・サンローランが「クラシックという言葉は、古いファッション用語のように思えるかもしれませんが、私にとっては反対です。服というものは、変化させずに何年も着つづけられるべきものだと私は思います。」と語ったそうですが、スーツはまさに、この言葉に裏づけされたファッションではないでしょうか。

スーツ姿が素敵なのは、英国貴族の雰囲気が漂うから!?(※1)
スーツは、もとは英国貴族の軍服でした。それが男性のフォーマルウェアになって日本にも入ってきました。ロンドンには「サビルロウ通り」というテーラーが並んだ道があり、これが「セビルロウ」→「セビロ」→「背広」になったようです。迷彩服も第一次大戦中につくられた軍服がルーツですが、ファッションへの影響は大ですね。

左胸のポケットは、心臓を守るため鉄板を入れた軍服の名残
はだけて着られることが多くなった過程で右にボタンがつけられることが少なくなり、左のボタン穴の一番上だけがパーティーのときに花を挿す「フラワーホール」として残りました。今日の日本では、そこが社員章をつける場所になっているのですね。
左胸のポケットは軍服だったころ、鉄板を入れて心臓を守っていたことの名残です。

ズボンの折り返しは雨のアスコット競馬場から(※2)
19世紀末、ロンドン社交界の中心だったプリンス・オブ・ウェールズ(ビクトリア女王の皇太子)が、雨のアスコット競馬場でズボンのすそをまくり上げたところ、翌日アスコット競馬場に現れた紳士がみんなズボンの裾をまくり上げていて、背広のズボンの裾の折り返しはこのときに始まったとの伝説があるそうです。

●きちんとしたスーツ姿が、周囲に威厳を与える理由がよくわかった気がします。以前本ブログで紹介したことがありますが、中の上程度の背広を着て人通りの多い歩道を歩くと、歩行者の多くはよけてくれるそうです(ただし着こなしが悪いと突き飛ばされます)。さて、格調高く始めた今回の最後は、やはり文豪の言葉で締めくくります。

お洒落は服そのものよりむしろその着こなし方にある(バルザック)
「服装はまさに人間そのものであって、政治的信条を表し、生き方を表し、いわば人間の象形文字である。そうでなければ、人を表す形式が多々ある中で、常に服装がもっとも雄弁に人に語りかけるわけはなかろう。近頃は誰もみな似たりよったりの服装をしているけれど、それでも見る人が見れば分かるのである。(※3)」

※1:『ニッポン「もの物語」』(夏目幸明著/講談社)
※2:『サービスの本質』(田辺 英蔵著/ダイヤモンド社)
※3:『男の服装術』(落合正勝著/はまの出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ビジネス・マナー研修」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

着こなしで評価が決まってしまう怖いスーツのお話【服装⑪】

アナウンサーに届く視聴者の声はさまざまですが、苦情電話の中で一番多いのが、服装に関することだそうです。トチリや失敗があっても、それを咎めるのではなく、「ネクタイが曲がっているのは、心もゆがんでいる証拠だ」とか、「スーツが派手で、けしからん」という方が多いのだと(※1)。さて、今回はその着こなしについてです。

スーツの着こなしで女性の50%がやめてほしいこととは?(※2)
スーツに関して、働く女性100人へのアンケート調査があります。これによると、着こなしにより女性の80%から好感が持たれるケースがあれば、50%の女性からやめてほしいと思われている着こなしのあることが分かりました。男性のみんなさんには大変興味深いであろう、その着こなしとは・・・。

“スーツが似合う男性は仕事ができる”と女性は考えている
約80%の女性は“スーツが似合う男性は仕事ができる”と考えています。理由は、
「自分に似合っているスーツを着ているということは、自分がわかっているということ。自分がわかっている男の人は、TPOもしっかりわきまえているだろうから、そういう男の人は仕事もきっちりこなせると思う」。これ、わかりますね~ェ。

●これに対して、50%の女性が〝やめてほしいスーツの着方〟としてあげているのは「サイズが合っていない」ことだそうです。このことは、山本が手にする営業スキル向上を取り上げた書籍の中にもよく出てきますので、必ずしも、女性の目線だけとはいえず、むしろ、身だしなみといえるのではないでしょうか。

プレゼンや、面接で留意すべき服装について
冒頭のアナウンサーへの視聴者からの声は、プレゼンについて元アナウンサーの方が書かれたものでした。プレゼン時、ネクタイが少しずれていた程度でも、いったん気になってしまったら、お話のプロでも話に集中できず、内容は二の次になってしまうそうです。したがって、プレゼン前の服装チェックは念入りにとのアドバイスです。

男性は清潔感のある格好をすれば間違いない。では、女性アナの場合は?(※3)
女性アナウンサーの面接試験は、1000倍とか1500倍とかいう競争率の世界です。ですから、オードドックスな紺色やグレーのリクルートスーツはすすめません。3000人もの受験者の中から合格者2~3人の枠に入るためには、「自分が似合うと思う服」を着るべきなのです。どうやら、モテル男性も女性アナの面接も似合うがキーワードのようですね。

※1:『最強のプレゼンテーション』(吉田たかよし著/PHP研究所)
※2:『一瞬で「できる男に変わる」服装術』(三好凛佳著/PHP研究所)
※3:『伝える技術50のヒント』(山中秀樹著/ソフトバンク新書)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ビジネス・マナー研修」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »