« スーツの起源 ズボンの折り返しから胸のポケットまで【服装⑫】 | トップページ | 3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】 »

2012年10月10日 (水)

“面接力”と“プレゼン力”が切り拓いた山中教授のノーベル賞への道

山中教授のノーベル賞授賞翌日(2012年10月9日)の新聞紙面は、この記事一色でしたが、中でも山本が興味深く読ませていただいたのは、『朝日新聞』朝刊社会面の「背水の大風呂敷転職」の記事でした。この日、たまたま学生向けの講演を担当させていただいておりましたので、さっそくこの記事をご披露いたしました。

ある質問に「できます」だけでなく、「やります」と答えた山中教授
「これでダメなら、研究をあきらめる決心がつく」と1999年に応募したのが、奈良先端科学技術大学院大の助教授職でした。他の応募者はみな、実績も経験もある人ばかりだったそうです。そこで「背水の陣」の山中さんは大風呂敷を広げました。「ES細胞(embryonic stem cell  万能細胞の一種)の特性を解明する」と。

選考委員だった安田国雄・前学長は、「数年後の結果が望めそうなテーマが多い中、挑戦的だった」と述べられています。そして、ある質問に対し山中さんは「できます」だけでなく、「やります」と答えたそうです。人柄とやる気で彼がベストだったとの評価とは別に、最終面接でのプレゼンテーションも選考委員を唸(うな)らせました。

2008年度ノーベル物理学賞の益川敏英氏との対談から(※)
奈良先端技術大学院大の公募に応募して、最終面接で先生方の前のプレゼンが終わったとき、選考委員長だった先生に言われた言葉が、「山中さん、あなた発表時にポインターをピッと止めていたでしょ。あれを見て、あなたはしっかりとした教育を受けていると思ったんです」だったそうです。これに関する山中氏の発言は以下の通り。

山中:科学者が成功するためには、良い実験をすることだけではなく、いかにしてその実験データをきちんと伝えられるかという、「プレゼンテーション力」にかかっている、というのが私の持論です。自分の持っているデータや研究成果を、いかにして発信するかということが大切なのです。

山中教授がアメリカでプレゼンテーションを学んだときの体験談
発言の仕方やボディランゲージのほかに言われたのは、「スライドでは聴衆から見えないような文字を使うな」とか、「文字ばかりのスライドを見せられても誰も読まないし、理解もできない」とか、「説明しないことを書くな、説明したいことだけ書け」とか、「発表の目的をはっきりさせろ」とか、当り前のことばかりでした。けれど、その当たり前のことが、できんのです。それを何度も何度も叩きこまれました。

●ES細胞発見は、余った試薬で想定外(1皿に1試薬の実験中、1皿追加し24試薬全部を投じた)を試みた助手の高橋和利氏の貢献が大きいようです。島津製作所の田中耕一氏(2002年にノーベル化学賞)にも同様の話がありました。国際語になった日本人の「もったいない」精神が、偉大な発明をもたしたことに山本は感慨を覚えます。

※『「大発見」の思考法』(山中伸弥&益川敏英共著/文藝春秋社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「プレゼンテーション研修」の話題から。

|

« スーツの起源 ズボンの折り返しから胸のポケットまで【服装⑫】 | トップページ | 3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】 »

プレゼンテーション研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “面接力”と“プレゼン力”が切り拓いた山中教授のノーベル賞への道:

« スーツの起源 ズボンの折り返しから胸のポケットまで【服装⑫】 | トップページ | 3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】 »