« 3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】 | トップページ | 「デートに効果的な服装」は、二人のモードづくりへのプレリュード【服装⑮】 »

2012年10月18日 (木)

恋愛の30段階をステップアップさせる「デートに効果的な服装」【服装⑭】

文化人類学者の研究(※1)では、異性間のお付き合いには、視線を交わすことから始まる30段階(国別に順番は異なっても段階数はほぼ同じ)あるそうです。この段階(お付き合いの進展具合)や、出かける場所によって服装が変わるのは当然のことですね。本稿は、よい関係を築いていくための女性の効果的な服装に焦点を絞ります。

女性が服装を選択するに際しては、5つの性格特性が指摘されています
専門家の研究(※2)を、デートの服装に山本流に当てはめると次の5通りのタイプになります。“流行の服を着て出かけたい人”“背伸びをせず、ありものをまとって出かける人”“着飾ることで可愛らしさを表現したい人”“相手と調和した服装を心がける人”“何よりも快適さを追及する人”になります。どれかに当てはまりませんか?
  
デートの目的が、お互いの“よい関係の構築”なら服装は慎重に選びましょう
服装選択には、それぞれの考え方があってよいのですが、デートの目的を“お互いのよい関係の構築”とすると、じっくり考える必要がありそうですね。なぜなら、第一印象がとても大事(第一印象は7週間変わらないとの説あり)だからです。そして女性の場合、以下に示すように、服装が印象を決定付ける要素になりがちだからです。

●エイケンという研究者に、女性の性格特性と衣服選択に関する研究(※2)があります。そして、調査の結果、次の5つの特性に分かれると結論づけられました。
1.衣服に興味がある女性:慣習にとらわれ、良心的で、権威の前では従順で、頑固で、疑い深く、不安定で、緊張し、思考が定型的
2.衣服の節約を気遣っている女性:より責任があり、機敏で、能率的で、正確で、知性があり、自意識が強く、制御されている
3.装飾に衣服を使用する女性:自意識が強く、慣習的、定型的、無知性、同情的、社交的、服従的
4.調和した服装をする女性:いくつかの同調性特性という特徴があった。それらは社会的に誠実、道徳的、伝統的、服従的、自制的
5.快適な服装をする女性:自己制御され、社会的に協力的で、社交的、几帳面、権威への服従傾向

恋愛初期段階(1~3回目くらい)の服装は、上記特性の4をお薦めします
面接に際し、多くは無難なリクルートスーツを着用しますが、会社訪問時に従業員さんの服装からヒントを得て、似たモード(親和性のある服)を選び、印象ポイントを稼ぐ応募者もいます。初デートでお相手のことがよくわからないならアンマッチを避け無難な服装を、ある程度予測できるなら、相手とのバランス優先で考えましょう。

●前回の予告で、今回から〝メガネシリーズ〟に入る予定でしたが、「デートに有効な服装は?」のリクエストがありましたので、急遽変更させていただきました。重要なテーマですので連載とし、次回は、実際のデートシーンを5つ想定して、“調和の取れた服装(特性4)”を中心に、具体的な例を書くことにいたします。

※1:『非言語行動の心理学』(V・P・リッチモンド&J・C・マクロスキー著/北大路書房)
※2:『創造力のスイッチを入れろ』(ロジャー・フォン・イーク著/ダイヤモンド社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」からです。

|

« 3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】 | トップページ | 「デートに効果的な服装」は、二人のモードづくりへのプレリュード【服装⑮】 »

非言語コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛の30段階をステップアップさせる「デートに効果的な服装」【服装⑭】:

« 3~4倍も影響力が違うことがある服装のコントラスト効果【服装⑬】 | トップページ | 「デートに効果的な服装」は、二人のモードづくりへのプレリュード【服装⑮】 »