« 恋愛の30段階をステップアップさせる「デートに効果的な服装」【服装⑭】 | トップページ | 奥深いメガネの世界、あなたのメガネはどう見られているか【服装⑯】 »

2012年10月20日 (土)

「デートに効果的な服装」は、二人のモードづくりへのプレリュード【服装⑮】

よい関係を築いていくためには、デートの服装も“調和”が大切のようです。今回は、シチュエーションごとに、どのように調和を図るかを具体的に紹介します。調和への努力は、多少とも自我を抑えこむことになりますが、お相手に対する”思い遣り”がベースにあると、それほど抵抗なく受け容れられるのではないでしょうか。

自分の好みではなく、“その場の二人”をイメージして服装を選ぶ
場所とメインスケジュールとも関係しますが、楽しい時間を共有するために欠かせない配慮もあります。寒がりさんとのデートなら少し薄手を着て体感温度を近づける工夫をしましょう。そうすることで、豊かな世界が広がります。これは、余り身長差のない男性とご一緒するとき、女性がヒールの高さを調整する思い遣りに通じますね。

お食事に行くのだとしたら、袖口の衣装と色合いに注意する
メインがお食事だとしたら、レディは袖口の広い(フリルは特に)お洋服は避けましょう。それでは、袖口が気になって(双方とも)お料理を美味しくいただくことができません。また、どんなお料理でもナプキンでカバーできないことがあります。汚れが目立つお洋服(特に白系統)に染みが付くと、その場の雰囲気が壊れかねません。

ドライブなら、ボディカラーと色合いを合わせる工夫をする
コミュニケーションには、会話術のほかに、親和性が大きな要素となります。趣味が同じ、出身や年代が同じなどはよく知られるところですが、服装に共通の感覚(流行、色合い、デザインなど)があると、自然と親しみが湧きます。また、ドライブの場合は、クルマの色に合わせた快適な服装を選ぶ(特性5)センスも大切にしたいですね。

お付き合いが進んだら、時には自分の個性を前面に出すことも必要
とはいえ、調和ばかりではストレスがたまります。そこで、段階がある程度進んだら、それなりの前触れをし(誤解されることもありますので、突然の変身は避ける)、場も考慮して装飾的に衣装をまとう(特性3)ことがあってもよいでしょう。こうした自己表現をタイミングよく織り込まないと、交際の差し障りにもなりかねません。

お互いの服装が似通ってくるのは、交際が順調に進んでいるサイン
時間の共有が長くなると、お互いが影響を受け合い、考え方や好みにも微妙な変化が生じてきます。もっとも顕著に現れるのが服装といえるでしょう。街中を二人で歩くとき、ショーウィンドーに映る姿がピタリとマッチしていれば、それは互いの努力の成果といえます。そんな素敵なカップルの誕生を期待して、この稿を終わります。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」からです。

|

« 恋愛の30段階をステップアップさせる「デートに効果的な服装」【服装⑭】 | トップページ | 奥深いメガネの世界、あなたのメガネはどう見られているか【服装⑯】 »

非言語コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「デートに効果的な服装」は、二人のモードづくりへのプレリュード【服装⑮】:

« 恋愛の30段階をステップアップさせる「デートに効果的な服装」【服装⑭】 | トップページ | 奥深いメガネの世界、あなたのメガネはどう見られているか【服装⑯】 »