« 〈香り・におい〉を言葉で表現すると【香り・におい⑧】 | トップページ | 香りでダイエットできるって本当!?【香り・におい⑨】 »

2013年3月10日 (日)

観光競争力 日本上昇 おもてなし・震災復興を評価

2013年3月8日の『朝日新聞』朝刊によると、日本は世界経済フォーラム(WEF)の旅行観光競争力ランキングで140カ国中14位(前回より8つランクアップ)ですが、「訪問客を中心にした考え方」では1位でした。“おもてなし”の姿勢が評価されたとのことです。外国人から見た日本のおもてなし精神を、最近読んだ本から紹介します。

ホームで待つ海外の観光客30人を感動させた、お掃除チーム
車内清掃作業をホームから熱心に作業を見ている海外からのお客様がいらっしゃったそうです。作業終了後、整列、退場の一礼をすると(チームの決まりごと)、乗車を待っていた30人くらいの異邦人の集団から大きな拍手と歓声が湧き起こりました。日本人の勤勉さと、仕事に取り組む真摯な姿勢が、外国からの旅行者に通じた瞬間です。

ツイッターでさかんにつぶやかれる『新幹線お掃除の天使たち(※)』
この天使たちに対し、鉄道好きは「新幹線の清掃隊かっけー! 整列からの一例がビシッと決まってる!」とつぶやき、普通の人からは「新幹線に乗るたびに思うけど、丁寧に車両を清掃してテキパキと働く人たち。他の国ではここまでやらないよね。日本という国のいいイメージをつくっている人たちだな」とつぶやかれているそうです。

チーム(組)の基本構成は22名 多いときには1日20本の車両清掃を
東京駅の東北・上越新幹線などの折り返し時間はわずか12分です。降車に2分、乗車に3分かかるので、清掃に割ける時間はわずか7分しかありません。その間に、車両清掃、トイレ掃除(これがもの凄い大仕事)、ゴミ出し、座席カバーの交換、忘れ物のチェックなどを完璧に終えるのです(普通車は原則1車両を1人で担当)。

規律は厳しく、礼儀正しく、世界最速(7分)といわれる「魅せる清掃」
天使たちが所属するのは、旧国鉄時代の昭和27年に設立されたJR東日本のグループ企業「鉄道整備㈱、通称テッセイ」。この会社はJR東日本が運行する東北・上越などの新幹線の車両清掃、東京駅・上野駅の新幹線構内の清掃などを主な業務としており、平均年齢52歳のスタッフのトレードマークは素敵な〝赤いジャンパー〟です。

目立たない “お掃除天使”たちに最初に注目したのは海外でした
今日ではメディアに登場することも多いこの会社ですが、最初に注目したのは海外でした。平成20年度に国際鉄道連合(UIC)の会合が日本で開かれ、その分科会のメンバーたちが視察に訪れ、その後ドイツ国営テレビの取材を受けました。米国のラフード前運輸長官や、あのアーノルド・シュワルツネッガーも視察者に含まれるそうです。

※:『新幹線お掃除の天使たち』(遠藤功著/あさ出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ホスピタリティ研修」の話題から。

|

« 〈香り・におい〉を言葉で表現すると【香り・におい⑧】 | トップページ | 香りでダイエットできるって本当!?【香り・におい⑨】 »

ホスピタリティ・CS研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光競争力 日本上昇 おもてなし・震災復興を評価:

« 〈香り・におい〉を言葉で表現すると【香り・におい⑧】 | トップページ | 香りでダイエットできるって本当!?【香り・におい⑨】 »