« 既成概念は、新しい知識を学ぶ際の妨げとなる新入社員研修 基本編② | トップページ | コップ半分の水は「まだ半分」か「もう半分」なのか新入社員研修 基本編④ »

2013年4月17日 (水)

社会人としてのスタートは、新しい自分を創造するチャンス 新入社員研修 基本編③

精神科医として活躍中の香山リカさんが、社会人へのスタートは、なりたい自分に生まれ変わる絶好のチャンスだと、どこかで語られていました。そうした動機づけを山本も新入社員研修ですることが多いのですが、その際に、使わせていただくのが有名なマザー・テレサの言葉です。カルカッタの聖女は病に倒れた人ばかりでなく、私たちにも手を差し伸べてくれているようです。

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい。それはいつかあなたの運命を変えるから。

●いつ触れても、何回見ても山本には感動の残る言葉です。人が何か行動を起こそうとするとき、真っ先に考えるのは、その行動を周囲がどのように受け止めるかだといわれます。出来上がった〝自分らしさ〟のイメージと異なる行動を取るのに、勇気を必要とするのはこのためです。たとえば、髪型ひとつ変えるのにあれこれ悩むのも、やはり周囲の視線を気にしてのことでしょう。

「思考」が変化し、「言葉遣い」が変わらなければ「行動」は変わらない
これが、教会の教えに背き、路上の病人を看護し看取り、そのために所属する教会から罰を受けたにもかかわらす、信念を貫いたマザー・テレサの教えです。その後「習慣」「性格」「運命」と続きますが、社会人としてのスタート地点に立っている新入社員の皆さんたちは、素直に頷きながら聞いてくれます。「ゆとり世代」まんざら捨てたものではないと実感しています。

●知っている人が周囲におらず、視線を気にしなくて済む新人時代は、自分を変えられるチャンスです。山本はいつも新人さんたちに、大いにチャレンジすることを奨励しています。さて、この回の最後はマザー・テレサの「あたたかい心」です。“表情”や“まなざし”“微笑み”の効用が盛り込まれており、ビジネスマナーやコミュニケーションのフォローには格好の素材なのです。

あたたかい心
親切で慎み深い人になろう/私たちに出会ったすべての人が
前よりもっと気持ちよく/明るくなって帰れるように
親切で慎み深い人になろう/親切が私たちの表情に
まなざしに、微笑みに/声をかける言葉に表れるように
親切で慎み深い人になろう/子供にも貧しい人々にも
苦しんでいる孤独な人すべてに/あふれんばかりの笑顔をむけよう
親切で慎み深い人になろう/私たちに出会ったすべての人に
かたちだけの世話をするのではなく/渾身誠意「あたたか心」をあたえよう

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

|

« 既成概念は、新しい知識を学ぶ際の妨げとなる新入社員研修 基本編② | トップページ | コップ半分の水は「まだ半分」か「もう半分」なのか新入社員研修 基本編④ »

新入社員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会人としてのスタートは、新しい自分を創造するチャンス 新入社員研修 基本編③:

« 既成概念は、新しい知識を学ぶ際の妨げとなる新入社員研修 基本編② | トップページ | コップ半分の水は「まだ半分」か「もう半分」なのか新入社員研修 基本編④ »