« ベストセラー『伝え方が9割』から「強いコトバ」のつくり方を学ぶ① | トップページ | 話し手がどのくらい自信を持っているかは文末とイントネーションでわかる »

2013年8月14日 (水)

ベストセラー『伝え方が9割』から「強いコトバ」のつくり方を学ぶ②

コピーライターである著者・佐々木圭一氏の表現はユニークですね。氏は「強いコトバ」を“心を動かすエネルギーのあるコトバ”と定義づけています。そして強いコトバをつくるのに必要な「コトバエネルギー」は、ジェットコースターの原理と同じで、コトバに高低差をつけてあげれば、エネルギーはおのずと生まれるのだそうです。

相手の記憶にすりこみ、感情をのせる技術(リピート法)
「さいた さいた チューリップのはなが~♪」
「桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた~♪」
「まいにち まいにち ぼくらはてっぱんの~♪」
「ドラえもん ドラえもん ホンワカパッパ ホンワカパッパ ドラえもん~♪」
幼少期に聞いた童謡がいまでもすらすら出てくるのはリピートでつくられているから。

実は、現代でも名曲と呼ばれるその95%がリピート法でつくられている
「遠く 遠く 離れゆくエボシライン~♪」(サザンオールスターズ『希望の轍』)
「LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を叫ぼう♪」(Dreams Come True『LOVE LOVE LOVE』)
「You‛re everything  You‛re everything~♪」(Misia『Everything』)
「会いたくて 会いたくて 震える~♪」(西野カナ『会いたくて会いたくて』)

●リピート法は日常コミュニケーションでも絶大な効果があるそうです。たとえば、「うまい」より「うまい うまい」のほうがコトバエネルギーがあるとのこと。
リピート法の代表は、リンカーン大統領の「人民の、人民による、人民のための政治」
リピートをすれば記憶に残り、感情をのせることができるそうです。

寝ている人も目を覚ます、強烈なメッセージ技術(クライマックス法)
「これだけは覚えてほしいのですが、~」
「ここだけの話ですが、~」
「他では話さないのですが、~」
「誰にも言わないで下さいね、~」
「これだけは、忘れないでください、~」
「一言だけつけくわえますと、~」
「ワンポイント・アドバイスですが、~」
「3つのコツがあります、1つ目が~」
クライマックスをつくれば、切れかけた集中スイッチを再びオンにできるそうです。

※『伝え方が9割』(佐々木圭一著/ダイヤモンド社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

|

« ベストセラー『伝え方が9割』から「強いコトバ」のつくり方を学ぶ① | トップページ | 話し手がどのくらい自信を持っているかは文末とイントネーションでわかる »

コミュニケーション研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラー『伝え方が9割』から「強いコトバ」のつくり方を学ぶ②:

« ベストセラー『伝え方が9割』から「強いコトバ」のつくり方を学ぶ① | トップページ | 話し手がどのくらい自信を持っているかは文末とイントネーションでわかる »