« 月刊『コンピューターテレフォニー』連載第5回目ご紹介 | トップページ | 守ってきた伝統を打ち破る勇気(千利休) 新入社員フォローアップ研修③ »

2013年8月28日 (水)

変えるべきものを 変える勇気(R・ニーバー) 新入社員フォローアップ研修②

NHK大河ドラマ『八重の桜』に会津藩『什(じゅう)の掟』の「ならぬことはならぬものです!」が登場しました。動かし難い絶対的なものの存在に出会い、打ちのめされるのも、新入社員の試練のひとつでしょう。では、何が「ならぬもの」で、何がそうでなないのかをどのように判断し、「変えるべきものを変える勇気」を持つためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

●2006・2007年度ベストセラー  坂東眞理子著『女性の品格(※1)』に次の言葉が出てきます。「『神よ、私に変えるべきものを変える勇気と、変えられぬものを受け入れる寛容さと、変えられるものか、変えられぬものなのかを見分ける知恵を与えたまえ』というのは誰の言葉だったでしょうか」。当然著者はご存知なのですが、ご自身の感覚で表現したいとの思いから、このような記述になったものと思われます。

第二次世界大戦中、この言葉が書かれたカードが米国兵士たちに配られた
坂東眞理子氏が「誰?」と書いたこの言葉の作者は、アメリカの神学者・倫理学者ランホールド・ニーバーで、彼がマサチューセッツ州西部の山村の小さな教会で、1943年の夏に説教したときの祈りの一節です。その翌年、祈りを集めた小冊子に掲載(このときは作者名なし)され、注目を集めたことから兵士の携行カードとなりました。

●なお、一般に知られる大木英夫訳では、「神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、識別する知恵を与えたまえ」。となっています。
※山本は、坂東眞理子氏の表現を気に入っており、そちらを先に紹介しました。

変えるべきことを変えずに破綻したコダック、変えて成長を続ける富士フィルム(※2)
かつては世界ナンバーワンの写真フィルムの企業であったコダックは、主力としていた銀塩フィルムの衰退とともに淘汰されてしまいました。一方の富士フィルムは、銀塩フィルム市場が消滅しつつあるにもかかわらず、カメラや医療業界、化粧品などに進出して優良企業であり続けています。両社とも、デジタル技術の進化に危機意識を持っていたはずなのですが・・・。

富士フィルムとコダックでは「選択と集中」の事業定義が異なった
コダックが「銀塩フィルム」という得意領域を変えなかったのに対し、富士フィルムは「フィルム分野」と、フィルムを必要とする「写真(光学)分野」に裾野を広げる選択をし、「フィルム」と「光学」に集中したのです。その結果、早い段階でコア・コンピタンス(中核となるノウハウ)を確立し、時代の変化に見事に適応して優良企業の地位を保ち続けています。

※1:『女性の品格』(坂東眞理子著/PHP研究所)
※2:『ドラッカーのイノベーション』(藤屋伸二著/すばる舎)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員フォローアップ研修」の話題から。

|

« 月刊『コンピューターテレフォニー』連載第5回目ご紹介 | トップページ | 守ってきた伝統を打ち破る勇気(千利休) 新入社員フォローアップ研修③ »

新入社員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変えるべきものを 変える勇気(R・ニーバー) 新入社員フォローアップ研修②:

« 月刊『コンピューターテレフォニー』連載第5回目ご紹介 | トップページ | 守ってきた伝統を打ち破る勇気(千利休) 新入社員フォローアップ研修③ »