« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

JR九州「ななつ星」の生みの親 水戸岡鋭治氏が語る“街おこし”

2013年6月12日「街づくりの原点は、そこに住んでいる人の意識を変えること 清掃物語①」として、水戸岡鋭治氏の言葉「私は駅前が汚い街はダメだと思っている。街が汚いのは、その街の住民の意識が低いから。だから、毎週みんなで掃除する。そこから始めないとダメなんです」を紹介しました。今回はその続編です。

水戸岡鋭治氏とクルーズトレイン「ななつ星 in 九州(略称:ななつ星)」
建築物の完成予想図「パース画」の第一人者だった水戸岡氏は、列車デザインは素人でしたが、斬新なアイデア(車両の中に天然木を使用など)で次々と話題の車両を生み出して行きました。最初の本格的な作品は、JR九州が社運をかけたともいわれる大動脈の鹿児島本線(のちの787系特急「つばめ」博多~鹿児島中央を運行)でした。

1人最高 95万円(車中2泊・旅館1泊)で申込倍率は80倍前後
30億以上の巨費が投じられた日本初クルーズトレイン「ななつ星」は、3泊4日(1泊2日コースも)で、九州の各県を周遊する7両編成の豪華寝台列車。2人用の個室が14室、28名の乗客が九州を巡る。贅沢を尽くしたスイートルーム、地元の食材をふんだんに使った最高級の料理など、九州の自然、食、温泉、歴史、文化を満喫できます。

前回登場の長野県小布施町について水戸岡氏が語っていること
小布施が素晴らしい点のひとつは、街の中にたくさん宿をつくらなかったことです。夜は、住民が寝ないと元気な街はつくれない、ということでした。健康な街にするためには、宿泊者は減らそうというのです。宿泊は近くの街に泊まってもらえばいい。昼間に来ていただき、楽しい買い物をして帰ってもらえばいい、という考えでした。

デザイン力とは、整理、整頓する能力である
街おこし、街づくりと言うと、多くの人はまず何かを誘致したり、イベントを開いたりすることを考えるわけですが、私は、その前にいつも、ある提案をします。それは、「5つのS」をまず心がけることなのです。整理/整頓/清掃/清潔/躾(しつけ)。この5つがきちっとした街は、身を浸した瞬間に清々しい気持ちになれます。

「稼ぎ仕事、務め仕事」、そのバランスが大切
私たちは、稼ぎ仕事だけを企業人として100%やってきて、社会人としての務め仕事を怠ってきました。務め仕事とは、家族のこと、近所のこと、街のことですが、それをやらないできたから、家族関係が壊れ、街が壊れ、環境が壊れてしまったのです。これからは、会社の仕事半分、近所の仕事半分としないと、いい街や国はつくれません。

※:『あと1%だけ、やってみよう』(水戸岡鋭治著/集英社インターナショナル)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

マナーで広がる地域の輪 ~あいさつや清掃で街は劇的に変わる~

先日、地域の朝活の講師を務めました。初回ということなので、表記タイトルを選びました。街おこしは全国的なテーマでもありますので、朝活の内容を簡単に紹介します。なお、当日のまとめとして取り上げさせていただいた水戸岡鋭治氏(JR九州「ななつ星」の総合デザイナー)に関するエピソードは、ご本人の著書の紹介とともに次回にさせていただきます。

挨拶で街は変わるか? 博多駅の犯罪減少に一役買ったお巡りさん(※1)
週に1、2回博多駅の博多口側中央通路の隅っこ辺りから、張りのある大きな声がコンコースいっぱいに響きます。「こんばんは~!」「お疲れさま~!」。この声の主は福岡県警の鉄道警察隊の木林恵介さん(巡査部長)です。木林さんが声掛け挨拶を始めてから、博多駅周辺の犯罪件数は少なくなりました。

挨拶の仕方で料理が美味しかったり不味かったりするのは本当か(※2)
静岡県のあるスーパーホテルのお客様アンケートに「朝食がまずい」とありました。これが問題視されたのは、同じ給食会社を利用している近隣のホテルでは「美味しい」と回答されていたからです。でも、専門家による調査でわかったのは、スタッフの声が「活気があり」と「声は小さくて元気がない」の違いだけでした。

清掃で街は変わるか? 清掃は人の心を企業の精神をどう変えるか(※3)
カレーのチェーン店CoCo壱番の創業者・宗次徳二氏のお掃除哲学は有名です。制服姿で清掃していると、近所の方々から、「掃除を一生懸命やるような店なら安心だ」と信頼されるようになりました。掃除道具をプレゼントしてくださる人、「お疲れさん」とジュースを1箱差し入れくださる人もいらっしゃったとか。自治体からの表彰も励みになりました。

通りを挟んで歩道が綺麗、汚いのは何故だったのか?
これは都心のオフィス街で実際にあったお話です。通りを挟んで片方の歩道はタバコの吸い殻をはじめゴミがたくさん落ちていました。ところが、帰りに反対側の歩道を歩くと、とてもきれいだったそうです。当時、この通りには業界を代表する会社が向かい合っていました。社風は歩道にも、その後の両社の業績にまで反映しました。

誰が街を変えるのか? ひなびた街が一躍日本を代表する観光地に
2013年6月12日の当ブログでも取り上げましたが、長野県の小布施町はアメリカからやってきたセーラ・マリ・カミングスさんのある行為が原動力となり生まれ変わったといわれています。それは“ゴミ拾い”でした。街路の土に踏みつけられた煙草の吸殻を素手で掘り返して回収する姿勢が、閉鎖的な町を劇的に変えたのです。

※1: Webからの関連記載より
※2:『1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?』
   (山本梁介著/アスコム)
※3:『日本一の変人経営者』(宗次徳二著/ダイヤモンド社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

自分らしく生きる10のルール 『「ネガティブな感情」の魔法』より③

自分らしく生きるには、悪魔の声と戦わなければなりません。「自分ではいいと思っていても、人がそう思わなかったら…」「ダメなところがバレて、嫌われたらどうする?」。自分らしさを押し出せば、押し返されることもあり、陰口を言う人もいるでしょう。ですから、ありのままの自分を表に出すことは「勇気」がなければできません。

悪魔の声との戦いに負けない10のルール(細字は出典を参考に山本が注釈)
魔法のルール 1 「人がどう思うか」より「自分はどうしたいか」
「ありのままの自分」を受け入れるためには、自分の「境界線」を決め(「これはできるけど、それはできない」)、自分の欠点と弱さを受け入れる勇気を持つこと。そして、自分は今のままで十分だと信じ、思いやりや信頼関係を育むようにします。
魔法のルール 2 「完璧主義」は捨てていい
完璧主義は「他人」に焦点を合わせます――人はどう思うだろうか、これに対し健全な努力は「自分」に焦点を合わせます――どうしたら成長できるだろうか。
魔法のルール 3 「変化」をおそれない(逆境から立ち直る力:前号参照)
魔法のルール 4 「ありがとうのパワー!」を手にする
気持ちとは一種の考え方や姿勢であって、必ずしも行動につながりませんので、感謝は行動に結び付く(感謝の日記を書くなど)「動詞」で表現するようにしましょう。
魔法のルール 5 チャンスをつかむ「直感」を鍛える
直感は内部にある静かな声ですが、そのメッセージは時には「直感に従いなさい」、時には「もっときちんと調べなさい。情報が足りないよ」であったりします。もし、直感の声が聞こえないというのなら、それは「確実性」を求めているからでしょう。
魔法のルール 6 他人とのこんな比較をしない
比較とは「適合と競争」。実は相反するようで同じなのです。このため、人が比較を始めると、「周囲に合わせつつ、頭角を現さなければ!」という矛盾が生まれます。
魔法のルール 7 大胆に「遊び」、堂々と「休む」
魔法のルール 8 「ぶれない自分」を手に入れる
平常心でいられる人は、複雑な状況下でもバランスの取れた見方をして、恐怖や怒りなどの強烈な感情に流されず、自分の本来の気持ちを感じ取ろうとします。
魔法のルール 9 「To Do(やるべきこと)リスト」なんかゴミ箱行き!
「世間が求めるものは問わないこと。自分が元気になれることを見極め、努力しましょう。なぜなら、この世が必要としているのはイキイキと輝いている人間なのですから」(思想家ハワード・サーマンの言葉)
魔法のルール 10 もっと「熱く」なっていい 
クールに見られたいというのは、つまり、弱さをできるだけ見せないようにして、バカにされる危機を減らしたいということでしょう。

参考文献:『「ネガティブな感情」の魔法』(ブレネー・ブラウン著/三笠書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

逆境から立ち直れる人とは 『「ネガティブな感情」の魔法』より②

「逆境から立ち直る力」は、1970年代以降、研究が盛んになっているテーマです。誰の人生にもトラブルはつきものですが、なぜ、ストレスやトラウマをうまく乗り越えて前に進んでいける人と、心が折れて立ち直れなくなる人がいるのでしょうか。これに対し、著者は最近の研究から5つの共通要素+精神性を指摘しています。

逆境から立ち直る力を持っている人は、次の5つの共通要素を備えている
1 知識が豊富で、問題解決能力に長けている
2 ためらわず、助けを求めることができる
3 感情は問題に対処する何らかの方法があると信じている
4 まわりからのサポートがある
5 家族や友人とつながっている

調査を勧めるうちに発見されたもうひとつの重要な要素は“精神性”
精神性といっても宗教や神様とは関係ありません。誰もがもつことができる、心の中に深く根づいた信念と言っていいでしょう。人間は、それぞれが、計り知れない強い力で密接につながっています。その根拠にあるのは愛情と思いやりです。それを認識し、感謝の気持ちを忘れないことが精神性ということなのです。

立ち直りにか欠かせない3つの精神性のパターンとは
精神性の高い人というのは、バランスの取れたものの見方、生きる意味、人生の目的などを手に入れやすくなります。彼らの中には特定の宗教を信じている人もいましたが、そうでない人もいました。精神性についてさらに調べてみると、立ち直りに欠かせない3つのパターンが明らかになりました。

1 どんな闇の中でも希望を見いだそうとする
2 自分にとって、いいこと悪いことを判断する「見る目」を養う
3 弱さ、不快感、痛みを和らげようとして感情を鈍らせない

希望はポジティブな感情ではなく、1つの考え方であり、認識のプロセス
パターン1の文中にある「希望」については、カンザス大学の元研究者C・R・スナイダーの興味深い認識が示されています。希望とは、「目標、プロセス、原動力の3つからなる思考プロセス」なのだそうです。つまり、目標を定め、粘り強く追い求め、自分の能力を信じるプロセスであり、学習で身につけることが可能なのだと。

参考文献:『「ネガティブな感情」の魔法』(ブレネー・ブラウン著/三笠書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

助けてくれる人、助けにならない人 『「ネガティブな感情」の魔法』より①

“恥”と“弱さ”の最新心理学とサブタイトルの付いた『「ネガティブな感情」の魔法』という本があります。この中には、「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法が書いてあるということなので読んでみました。すると、産業カウンセラーの勉強をした山本が啓発されるところが多々ありました。3回で紹介させていただきます。

「恥の感情」を打ち明ける際の、間違った相談相手とは
「恥の感情」は打ち明けないと大きくなります。しかし、打ち明ける相手は誰でもいいわけではありません。間違った相手に話すと、すでに嵐の中にいるのに、さらに尖った破片が降り注いでくるような目に遭うことになります。では、「間違った相談相手」とは、どういう人のことをいうのかを以下の6項目で見てみましょう。

1 話を聞いて同じように恥ずかしいと感じる友人
あなたに呆れ、ショックを受けて当然だと思わせ、沈黙してしまうような人です。そうなると、あなたがその相手に気を遣わなければなりません。
2 共感(「その気持ち、よくわかるわ。私にも経験があるもの」)ではなく、同情(「かわいそうに・・・・・」)とする友人
相談された相手から、ネガティブな感情の嵐に去ってほしと思ったら、自分の恥ずかしい気持ちに向かってあえて言ってみましょう「そうだね、よくわかる」と。

3 あなたを‶完璧な人格者〟としてあがめている友人
あなたの欠点を知ったら、がっかりするだけです。彼らは頼りになりません。
4 あなたの欠点に不機嫌になり、怒る友人
「どうしてそんなことしたの? あなた、そんな人じゃないじゃない。どうしちゃったのよ?」とあなたを責めるか、さもなければ、人のせいにします。

5 ネガティブなことを知りたくないという感情のために、あなたの経験を過小評価し、ポジティブなことしか言わない友人
「ちょっと大げさすぎるよ。大したことじゃないだろ? いまは動揺しているだけだよ。君はみんなとうまくやれるんだから何の問題もないよ」
6 「友だち」の意味をカン違いして、自分を優先する人
「へー、そうなんだ! ねえねえ、それより、私の話を聞いて!」

●誰もがこのような友人になりえます。思いやりを期待する相手として適しているのは、強い信念を持った臨機応変な人。特に重要なのは、強みも悩みもすべてひっくるめてあなたを受け入れてくれるかどうかです。自分の苦しみを、しかるべき話題として、しかるべき時間に、しかるべき人にもっていきましょう。

参考文献:『「ネガティブな感情」の魔法』(ブレネー・ブラウン著/三笠書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

勇気づける人と勇気をくじく人の違い 『自分を勇気づける技術※』より

もし、自分の大切な人が落ち込んでいたり、人生の迷路に迷い込んでいたり、絶望に打ちひしがれて声も出ないようになっていたとしたら、あなたはどうするでしょうか。その人を、どうかして勇気づけてあげたいと思ったとき、まず何から始めればいいでしょうか。勇気づけには次の3ステップがあるそうです。

勇気づけの3ステップ
① 自分自身を勇気づける
② 勇気くじきをやめる
③ 勇気づけを始める

自分自身が勇気ある人間でなければ、人を勇気づけることはできない
たとえば、目の前でわが子が溺れていたとしても、泳ぎ方を知らない親が水に飛び込んだところで、何の助けにもならないどころか、かえって事態は悪化してしまします。まずは、自分自身が泳げるようになること、そして人を助ける体力やコツが必要なように、自分自身を勇気づけ、その勇気づけの技法を身につける必要があります。

勇気をくじく人とは
勇気をくじく人にはその自覚がないので、気づかせるのがむずかしいかもしれません。その理由は、自分では勇気くじきをしていない、それどころか「叱咤激励している」とか、「相手の気づかない部分を気づかせてあげている」という善意の行為のつもりが、実は勇気くじきになっている場合があるからです。

勇気づける人と勇気をくじく人の違い
勇気づける人と勇気をくじく人を明確にするために、下に対照表を付けます。勇気をくじく人の項目、①はノルマを課して追い詰める上司が該当しそうですね。②は「どうせ」が口癖の人たち。③はいつまでも「なんであんなことをしちゃったんだろう」の思いから脱却できない人。④⑤は飛ばして、⑥はいつも「ひと言」余計な人。

勇気づける人              勇気をくじく人
① 尊敬と信頼で動機づける     ① 恐怖で動機づける
② 楽観的(プラス思考)        ② 悲観的(マイナス思考)
③ 目的(未来)志向          ③ 原因(過去)志向
④ 聴き上手                ④ 聴き下手  
⑤ 大局を見る              ⑤ 細部にこだわる
⑥ ユーモアのセンスがある       ⑥ 皮肉っぽい

※:『自分を勇気づける技術』(岩井俊憲著/同文館出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「リーダーシップ研修」の話題から。


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

「初心忘るべからず」   『白州正子全集(第10巻)』より

まったく同じタイトルの文章が、『白州正子全集』の第3巻にもあるのですが、こちらは世阿弥や『花鏡』について本格的に書かれたものですので、今回は、かみ砕いて書いてくださっている第10巻の「初心忘るべからず」を紹介します。6年半前に研修講師として独立した際の初心を忘れないための、山本の自らの戒めでもあります。

近ごろはスポーツ選手やタレントでも、「初心に返って出直します」なんてことをいう。マンネリズムから脱して、始めたときの新鮮な気持ちに返るというのは必要なことだし、結構な心がけでもある。だが、人間は、そうたやすく昔に返れるものだろうか。過ぎ去った過去は、二度とふたたび返ってはこない。まして、出直すことなど不可能ではないかと私は思う。

世阿弥は、「花鏡」で“初心”に触れ、それを三つに分けて考えた
「初心忘るべからず」「時々の初心を忘るべからず」「老後の初心を忘るべからず」

「初心忘るべからず」とは、若い時の初心を忘れないように保持していれば、老後になってさまざまな得がある、昔おかした失敗を、くり返さずにすむからだ。
反対に、もし若年の未熟な芸を、その場限りで忘れてしまったら、現在自分の居る位置(芸鏡)も、自覚することはできない。

世阿弥にとって、初心とは、未熟な技の代名詞にほかならなかった。いま私たちが考えているような精神的な意味はなく、「新鮮な気持ち」などという漠然とした抽象論でもない。くり返していえば、人間が成長するためには、過去の数々の失敗や短所が糧となる。だから未熟な初心時代を忘れてはならないといったのである。

「時々の初心」については、若年から、壮年を経て、老後に至るまで、その年齢と肉体条件にかなったことをする。だが、もしその時かぎりで、仕捨て仕捨てして忘れてしまうならば、今日ただいまの身に合ったことしかできなくなり、全体にわたる視野を失ってしまう。

「老後の初心」についても同じことで、心身ともに衰えた老人に、似合ったやり方を発見する。老人にとっての工夫とは、無理をせず、何事もひかえ目に行うことによって、若者には望めぬ味を発揮することができる。

「せぬならでは、手立てなきほどの大事を、老後にせんことを、初心にてはなきや」
というわけで、世阿弥の初心は、あくまでも前向きで、過去へ返って出直すことではなかった。それが芸に若さを保つ所以でもあった。

※:『白州正子全集(第13巻)』(白州正子著/新潮社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マナー研修」の話題から。


エチケット・マナー ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

「新年」         『白州正子全集(第13巻)』より

お正月に必ず思い出すのが白州正子さんです。昨年(2013年)2月27日に「日本人のしきたり」シリーズでも、『白洲家としきたり』を取り上げました。襟を正して新しい年の第一歩を踏み出そうとするとき、凛としたその姿勢、生きざまに少しでも近づきたいとの思いがあるからでしょう。年初の第2回はご著書から「新年」です。

一休さんが、元旦に、髑髏(がいこつ)を持ち歩いて、おとそで浮かれている人たちの夢を醒ましたのは有名な話だが、今さら一休さんを気どってみても、西洋流に満で年齢を数えるようになって以来、お正月が来たからといって、冥途(めいど)に一歩近づいたという感慨は誰にも湧かないであろう。何となくウハウハ暮らしているうちに、ウハウハ死んでしまうのが実情かもしれない。

ウハウハと書いて気づくのは、近ごろの浮ついた風潮を、何とよく表している言葉だろうと感心する。テレビの深夜放送などで、ちっとも面白くない司会者の笑談を、恥も外聞もなく大口あいて笑っている人たちを見ると、ウハウハを絵にかいたような表情をしている。このような新語を発明する日本人は、よほどの天才に違いないと、またしても私は感心するのだが、その笑い顔はいかにもそらぞらしく、主体性のないことを心の底では悲しんでいるように見えなくもない。

昨日もある雑誌社からこんな電話がかかってきた。――あなたは旅行好きだから、かくれたところにある温泉場や、静かな宿屋を知っているだろう、新年号のために、そういう秘境を教えてくれ、という。(本稿の執筆は11月半ば:山本注)

たしかにそういう場所をまったく知らないわけではない。が、教えたとたんに大勢人がやって来て、秘境が秘境でなくなるに決まっている。けちなことをいうようだが、大切なところだから発表するわけにはいかないと断ると、では二番手でもいいから教えてほしい、と食い下がる。二番手なんかに私は興味がないのだと答えると、やっと許してくれた。

人が何十年もかかって探したかくれ家を、電話一本で聞き出そうなんて、いい気なもんだと思ったが、これは黙っていた。あまりしょっ中のことだから、思うことにも飽いたというのが本音である。編集者は商売だから同情すべき点はあるのだが、せめて書かないでいてくれたら、読者は勝手に自分で探そうとするに違いない。どんな小さなものでも、自分で発見することの悦(よろこ)びにまさるものはない。これからの雑誌やテレビは、出来合いのものを頭から押し付けるのではなしに、そういうことのたしなみを教えるべきではないだろうか。

はるかなる 岩のはざまに ひとり居て 人目つつまで 物思はばや

これは西行の恋歌であるが、必ずしも恋歌と決める必要はないし、また寂しさを囲っているのでもない、ひとり居の豊かさを楽しんでいるのである。

※:『白州正子全集(第13巻)』(白州正子著/新潮社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マナー研修」の話題から。


エチケット・マナー ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

運を上げる食べ物 『美しい日本のしきたり』(池坊保子著)より

明けましておめでとうございます。本年度の山本志のぶ「木の葉」ブログのスタートは縁起の良いとされる食べ物のお話です。昨年(2013年)7月13~20日にかけ「日本人の忘れもの」として、京都の知識人3人の「いただきます、ごちそうさま」「子育て四カ条」「正しく叱る」を取り上げましたが、今回も京都が舞台です。

お正月、京都のお料理屋さんで池坊保子さんが伺ったこと
「今日は、『ん』のつくお料理です。『ん』のつく食べ物を7種類食べると縁起がいいので、今年の運を上げてください」と言われました。
京都では昔から、冬至に「ん」のつく食べ物を食べると縁起がいいとされてきましたが、お正月に戴いてもいいのです。なるほど、とお料理屋さんの趣向に感心しました。

「ん」が2つつく食べ物を7種食べて運をたくさん呼び込む
冬至を境に日照時間が長くなることから、冬至を「一陽来復」の日と考え、「ん」が2つつく食べ物を7種食べて運をたくさん呼び込むというのが、昔からの習慣です。冬至の7種と呼ばれているのは、「なんきん(かぼちゃ)」「にんじん」「れんこん」「ぎんなん」「きんかん」「かんてん」「うんどん(うどん)」。

「うどん(うんどん)」は「運・鈍・根」の語呂合わせ
「ん」が2つつく食べ物はなかなか見当たらないので「うどん」が・・・と思っていたら、「運・鈍・根」(愚鈍なほどひたむきに、根気よく物事に打ち込めば、運が開けてくる)との語呂合わせだそうです。お料理屋さんなら7種を使った美しいコース料理も楽しめます。でも、自宅で作るなら、「ん」が1つつく食材でもいいと思うのです。

先人の知恵が‶てんこ盛り〟の京料理
「だいこん」「こんにゃく」「ほうれんそう」「こんぶ」「みかん」……。こうした食材が加われば、料理のレパートリーもずいぶん広がります。
冬至の7種も、野菜不足やビタミン不足を補うための先人の知恵です。京都では、「おかぼ(かぼちゃ)の炊いたん」も冬至の風物詩。

これを食べないと正月が迎えられない
ひと昔前の京都の町家では、おくどうさん(かまど)の天井に冬至用のかぼちゃが夏から大切に吊るしてあったものでした。「陰極まれば、陽兆す」で、京都の台所、錦小路が一番にぎわうのは、お正月支度が始まる冬至から。運を上げるための冬至まで待つところは、京都人らしさかもしれません。

※:『美しい日本のしきたり』(池坊保子著/角川書店)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マナー研修」の話題から。

<
エチケット・マナー ブログランキングへp>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »