« 「初心忘るべからず」   『白州正子全集(第10巻)』より | トップページ | 助けてくれる人、助けにならない人 『「ネガティブな感情」の魔法』より① »

2014年1月12日 (日)

勇気づける人と勇気をくじく人の違い 『自分を勇気づける技術※』より

もし、自分の大切な人が落ち込んでいたり、人生の迷路に迷い込んでいたり、絶望に打ちひしがれて声も出ないようになっていたとしたら、あなたはどうするでしょうか。その人を、どうかして勇気づけてあげたいと思ったとき、まず何から始めればいいでしょうか。勇気づけには次の3ステップがあるそうです。

勇気づけの3ステップ
① 自分自身を勇気づける
② 勇気くじきをやめる
③ 勇気づけを始める

自分自身が勇気ある人間でなければ、人を勇気づけることはできない
たとえば、目の前でわが子が溺れていたとしても、泳ぎ方を知らない親が水に飛び込んだところで、何の助けにもならないどころか、かえって事態は悪化してしまします。まずは、自分自身が泳げるようになること、そして人を助ける体力やコツが必要なように、自分自身を勇気づけ、その勇気づけの技法を身につける必要があります。

勇気をくじく人とは
勇気をくじく人にはその自覚がないので、気づかせるのがむずかしいかもしれません。その理由は、自分では勇気くじきをしていない、それどころか「叱咤激励している」とか、「相手の気づかない部分を気づかせてあげている」という善意の行為のつもりが、実は勇気くじきになっている場合があるからです。

勇気づける人と勇気をくじく人の違い
勇気づける人と勇気をくじく人を明確にするために、下に対照表を付けます。勇気をくじく人の項目、①はノルマを課して追い詰める上司が該当しそうですね。②は「どうせ」が口癖の人たち。③はいつまでも「なんであんなことをしちゃったんだろう」の思いから脱却できない人。④⑤は飛ばして、⑥はいつも「ひと言」余計な人。

勇気づける人              勇気をくじく人
① 尊敬と信頼で動機づける     ① 恐怖で動機づける
② 楽観的(プラス思考)        ② 悲観的(マイナス思考)
③ 目的(未来)志向          ③ 原因(過去)志向
④ 聴き上手                ④ 聴き下手  
⑤ 大局を見る              ⑤ 細部にこだわる
⑥ ユーモアのセンスがある       ⑥ 皮肉っぽい

※:『自分を勇気づける技術』(岩井俊憲著/同文館出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「リーダーシップ研修」の話題から。


コーチング ブログランキングへ

|

« 「初心忘るべからず」   『白州正子全集(第10巻)』より | トップページ | 助けてくれる人、助けにならない人 『「ネガティブな感情」の魔法』より① »

コーチング・リーダー研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勇気づける人と勇気をくじく人の違い 『自分を勇気づける技術※』より:

« 「初心忘るべからず」   『白州正子全集(第10巻)』より | トップページ | 助けてくれる人、助けにならない人 『「ネガティブな感情」の魔法』より① »