« 外国人とのコミュニケーション【アメリカ】 目指せ国際人(2) | トップページ | 外国人とのコミュニケーション【中国】 目指せ国際人(4) »

2014年2月27日 (木)

外国人に通じてもニューヨークでは通じない英語とは 目指せ国際人(3)

元ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント代表取締役社長・土岐大介氏の著書『絶対話力(※)』のコラムにニュ―ヨーク時代の語学の苦労話が紹介されています。前回の15のポイントでいうと(7)ビジネスはスピードが大切で…、(8)…結論を先に述べてから…、にピタリと当てはまると思います。

君の英語はニューヨークでは通じない
部門の責任者になったときに、会社がリーダーシップのコーチをつけてくれました。そのコーチに、「君の英語はニューヨーク(以下NY)では通じない」と言われ、コーチのアドバイスにしたがい、英語のレッスンを受講することにしました。

なぜ「外国人には通じない」ではなく、「NYでは通じない」だったのか
コーチは、発音にも問題ありだけど、それ以外にも大きな弱点があると言います。NYの人はアメリカの中でもせっかちな人が多いようで、会議においても誰かの話が終わる前に、次の人が話し始めるので、私のつたない英語ではとても会話に入っていけないというのです。

電話会議や、NY出張の際の会議で注意深く観察してみると
たしかに前の人の話が終わる前に次の人が話し始めています。それでいて、自然に会議は流れていきました。日本では、「人の話は終わるまで黙って聞くように」と教わりますが、それを守っているとNYでの会議では一言も発言できなくなります。特に、相手の顔が見えない電話会議で、しかも英語のやりとりとなるとなおさら。

それからはNYでの会議に参加するときには、あらかじめ自分が話したい内容を5つぐらいにまとめておき、どの話題のときに飛び込むか慎重に見極めて、まさに飛び込み台から飛び込むつもりで会話に割って入っていきました。一番気を遣ったのは、次の人が話し始める前に、自分の伝えたい3つのポイントを話しきることです。

「3つのポントがあります。第1に…」という話法
これは話力にたけた人がよく使う手法ですが、一応、3つのポイントを話し終わるまでは待ってもらえる可能性が高くなったように思います。英語で「1分話力」のトレーニングをしていたようなものですが、ポイントをまとめて簡潔にわかりやすく伝えることの重要性を改めて認識した貴重な機会でした。

※:『絶対話力』(土岐大介著/東洋経済新報社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

|

« 外国人とのコミュニケーション【アメリカ】 目指せ国際人(2) | トップページ | 外国人とのコミュニケーション【中国】 目指せ国際人(4) »

コミュニケーション研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人に通じてもニューヨークでは通じない英語とは 目指せ国際人(3):

« 外国人とのコミュニケーション【アメリカ】 目指せ国際人(2) | トップページ | 外国人とのコミュニケーション【中国】 目指せ国際人(4) »