« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

外国人とのコミュニケーション【インド関連】 目指せ国際人(12)

「カイゼン」「エキデン」「ジュウドウ」など、世界でそのまま通用する日本語も増えています。インドでは必ず守られる期限のことを「ノウキ(納期)」とも言うようになったそうです。時間に対してとかくルーズさが指摘されるインドで、‶日本人だけは必ず納期を守る〟から転じたのですが、ちょっと誇らしいですね。(※1)

日本企業がインドに進出するとき持ち込む‶たくさんの手荷物〟の中味(※2)
最初の鞄には「柔軟性のない本社規則」、次の鞄は「日本の企業文化」、もうひとつの鞄には「インドに対する排他的な心」などが詰まっているのだと。これに対し韓国人は「現状の本社規則」と「インド向け本社規則」の2つで、数日後1つの鞄を捨てる。そして中国人は鞄を持たずにやってきて、インドで鞄を調達する。

理に適わないことには従わないインド人に精神訓話的「朝礼」は鬼門(※3)
日本人が鞄を捨てれば、企業が持ち込むシステムはおおよそ受け入れられ、効果をあげるそうです。しかし、やり方に問題があるのか、陰で笑いものにされるものの代表が「朝礼」なのだとか。インドには学校でも朝礼をする習慣はなく、独自の文化を持つインド人には、日本流の精神訓話は特に馴染まないようなのです。

TVも新聞も判断基準を示さないインドでは自分の判断基準が求められる
インドに駐在する人は、インドを好きになるか嫌いになる人の両極に分かれるそうです。こうした傾向は他の国ではない傾向とのこと。インドを「好きになる」を「受け入れられる」と置き換えると、『インド人とのつきあい方(※2)』の著者は「自分の判断基準を持っている人が、インドを受け入れられるのでしょう」と。

インド人のベジタリアンは他の国のベジタリアンとは異なる
相手のインド人がベジタリアンだった場合、高価な日本の精進料理を用意したりすると大失態を演じます。インドのベジタリアンは悪魔や魔物が住む海に生える海藻を食べません。このため海苔、ワカメ、ひじきなどはご法度なのです。中には根菜を食べない人もおり大根、カブ、イモ類も要注意で、動物性の出汁は禁物です。

インド版〝池波正太郎の世界〟 忠実な使用人が実は大泥棒の親分だった
カルカッタで長年要職を務めた方の1960年代の体験談です。彼のべアラー(使用人)は、5年以上も勤め、とてもよく気がつき、料理もうまく、面倒見がよく、働き者と自慢していました。ところが、彼の休暇中に突然警察がきて部屋を調べたところ、彼は大泥棒の親分で、市内で年に1~2度大仕事をしていたのでした。

※1:『これからはインド、という時代』(日下公人&森尻純夫著/ワック)
※2;『インドビジネスのルール』(パンドランギ・シャンカル&加茂純著/中経出版)
※3:『インド人とのつきあい方』(清 好延著/ダイヤモンド社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

外国人とのコミュニケーション【インド】 目指せ国際人(11)

日本と関連の深い6カ国を知る“15のポイント”(5国目)
【インド】 経済的に急成長を遂げており、ビジネスの機会が増えている。おおむね親日的で、礼儀正しい。

(1)時間的には多少ルーズな面もあるので、スケジュールはゆとりを見ておいた方が無難。
(2)ビジネスの服装は背広にネクタイ。
(3)男同士、女同士では握手をするが異性とはしない。伝統的な挨拶の仕方は「namaste(ナマステ)」と呼ばれ、合掌(胸の前で両手を合わせる)し、軽く頭を下げる。これはインド中で使えるので、握手より無難だ。
(4)タイトルは非常に重要だ。「Dr.」「Professor(教授)」などは必ずつける。ファーストネームでは呼ばないで「Mr.」「Mrs.」をつけて姓で呼ぶ。
(5)ステータスは年齢、学位、カースト制度の階級、専門職で決まる。
(6)国がさまざまな人種、宗教、言語から成り立っていることを理解し、それぞれに合った対応をする。例えば、ヒンズー教は牛を食べない、イスラム教は豚を食べないし、犬は不潔とされている。事前に調べて、風習を理解しておきたい。
(7)会話をするときは90~100㎝離れてすることを好む。腰に手を当てて話すことは攻撃的と取られる。
(8)決定権はトップが持っていることが多い。最終的にはトップに会えるよう段取りをする必要がある。要職者は朝遅い時間(11時)か午後4時迄を好む。
(9)中間管理職は、決定権限がなくても、情報を持っているので大事にする。
(10)インドでは日本のようにせかせかしたビジネスアプローチを好まない。結論は急がない。何事も時間的余裕が必要だ。そのため遅れは始終だ。忍耐が必要。
(11)否定するときはストレートな表現よりやや遠回しな言い方が無難。ストレートな「ノー」と言う言葉はきつく取られる。
(12)頭は魂の宿る重要な場所とされているから、子どもでも頭をなでてはいけない。
(13)耳は神聖なものと考えられているから、人の耳を引っ張ったり、ふさぐことは侮辱になる。
(14)左手は汚いものを触る手と考えられており、食事のときは右手を使ってする。
(15)食事の前と後に両手を洗うのが風習だ。

※:『コミュ力(こみゅりょく)』(松村清著/商業界)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

外国人とのコミュニケーション【日独の決定的な違い】 目指せ国際人(10)

出会いの最初が電話ということがビジネスではよくあり、日本では応対時、意識して明るい声を出して好印象を心掛けます。これに対しドイツ人は、電話口に出るとき普通の声でつっけんどんです(日本人にはそう感じられる)。コミュニケーションギャップが生じないように、日独の決定的な違いを数例紹介します。

ドイツに行ったら、朝食は遠慮せずにパクパクいただきましょう(※1)
ドイツ人は朝食をしっかり取り、昼食には温かい料理を食べ、夕食は簡単に済ませるのが一般的です。その朝食はパン(トーストは不人気)にチーズ、ハム、ジャム、ハチミツなどを添えて食べ、生野菜などサラダ類はあまり食べません。飲み物は深煎りのコーヒー(年間1人当たり1350杯飲む世界有数の消費国)が主流です。

ドイツでは、女性の気配りはほどほどにしないと誤解される(※2)
日本では女性が男性にコートを着せかけてあげたり、落ちたものを拾ってあげたり、お酒を注いであげたりしますが、ドイツでは、男性がよほどの高齢者でない限りしてはいけません。日本風はサービス過剰で下女扱いされるので、逆に鷹揚に構え、着せてもらい、拾ってもらい、お酌してもらうのがよろしいそうです。

「住」にこだわり強く、家具も食器もコーディネートしてまとめ買い
「食」に興味のある日本人がまめにお料理するように、「住」に興味のあるドイツ人は、お掃除に執念を燃やします。そして、インテリアに関するこだわり(元々職人の国だったことも影響)が強く、ちゃんとした家具屋さんに注文するのが一般的です。納期は短くても8週間かかり、大量生産ではないのでお値段も破格とか。

サービスが皆無のドイツ鉄道、長距離列車が定刻につくことは稀(※3)
しかも、遅れても乗客に対する乗り継ぎに関するアナウンスも、連結対策も皆無とのこと。事故時は、夜中であってもレールの上に強制的に降ろされ、あとは自分たちで問題解決するよう迫られるとか。車内の温度が60度を超えたり、指定席を買って待っていたら、その車両が無かったりすることもあるそうです。

数学も文章で答え、小学生のときからペンで書かせるドイツ
国語・外国語の試験だけではなく、ドイツでは数学や物理でさえも、文章で説明させる問が必ずあります。当然、それを採点する教師にもかなりの能力が要求されるでしょう。また、小学生のときから文章をペンで書かせます。消しゴムを使えないので、頭の中であらかじめ文章がまとまっていなければ書き始められません。

※1:『ドイツ人の価値観』(岩村偉史著/三修社)
※2:『サービスできないドイツ人、主張できない日本人』(川口マーン惠美著/草思社)
※3:『住んでみたドイツ、8勝2敗で日本の勝ち』(川口マーン惠美著/講談社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

外国人とのコミュニケーション【ドイツ】 目指せ国際人(9)

日本と関連の深い6カ国を知る“15のポイント”(4国目)
【ドイツ】 時間には非常に厳しい。ストレートにものを言い、妥協はしない。

(1)ドイツ人ほど時間にうるさい人種はいない。時間厳守。
(2)保守的で控えめな服装が好まれる。暑い夏でもネクタイをする人が多い。
(3)気心が知れるまでに時間がかかる。初対面では冷たく感じるが、気心が知れると深い人間関係になる。
(4)仲良くなった人にはとても寛大だが、人前ではその親しみをあまり表現しない。遠くから大声で呼んだり、大きく手を振ったりして挨拶をしない。挨拶をするときは近づいてからする。
(5)名刺はたくさん用意する。多くのドイツのビジネスパーソンは名刺交換をする。歴史の古い会社は創立年度を、従業員の多い会社はその数を名刺に入れると信頼度が高まる。教育熱心な国のため、学士号以上の修士号や博士号は名刺に記す。
(6)会社の役職タイトルは通常の会話では使われない。名誉あるタイトルを持つ人は終始使用する。プロとしてのタイトルを持っている人の場合はそれをきちんとつける。「Dr.(博士、医師)」「Attorney(弁護士)」「Professor(教授)」など。
(7)自分を紹介した後、世間話抜きですぐ、ビジネスの話になることは許される。
(8)たとえ相手が英語を話せても、ドイツ人に売り込むときにはドイツ語で書かれた企画書が必要だ。
(9)誇張を嫌い、データや実例を好む。いろいろな情報を求める。ささいな情報も彼らには重要だから、会談の折には豊富な情報を用意する。
(10)品質に関する評判は非常に高いが、それは慎重に、そしてきちんと段取りを踏んでするからだ。ドイツ人はスピードより、きちんとした仕事をすることを望むため時間はかかる。
(11)ビジネスの場ではビジネスの話に徹し、冗談は避ける。無意味な笑いも相手に不信感を与える。
(12)話は遠まわしよりストレートな方が好まれる。
(13)否定的な発言をするときは正直に言う。相手を傷つけないようにと、一見前向きにとられるような発言はしない。否定的な発言と前向きな発言が矛盾しているということになり、信用を失う。
(14)プライバシーは非常に重要視され、オフィスに入るときもノックし、許可が出てから入るようにする。ビジネスとプライベートを分けて考える彼らに、プライベートな質問はしない。
(15)会話をしているときはアイコンタクトが求められる。目を合わさず話すのは信用がおけないと思われる。

※:『コミュ力(こみゅりょく)』(松村清著/商業界)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

漢字文化圏の日本と中国と韓国の「姓」の比較 目指せ国際人(8)

世界一短い苗(姓)は「オ(ローマ字表記O)」です。韓国人の呉(オ)さんがその人です。李(リ)さんも、韓国語ではRの初音が落ちるので、I(イ)となりますが、ローマ字表記では「Lee」などとなっていますから、やはり呉さんが最短となります。今回は韓国、中国、日本の姓についてみてみましょう。

1988年(ソウルオリンピック)の韓国政府の調査では韓国の姓は249だった
高麗書林の『韓日辞典』に記載された姓を多い順に並べると、金(キム)、李(リ)、朴(パク)、崔(チェ)、鄭(チョン)、趙(チョ)、姜(カン)、張(チャン)、韓(ハン)、尹(ユン)がベストテンです。金さんは約22%、李さんは15%弱、朴さんは9%。ですから、韓国人の2人に1人は金さんか李さんか朴さんなのです。

現代の中国人の姓は千~千五百。ただし「孔」は孔子の子孫だけが名乗る
漢民族である中国人の名前は原則として漢字一文字(二字姓で有名なのは諸葛孔明、司馬仲達など)。十大姓というのは、一般的には張、王、李、趙、劉、黄、陳、白、楊、孫を指すようです。ちなみに、中国では同姓不婚といって、同姓は結婚できません。姓を同じくする者は先祖が同じという概念があるからだそうです。

日本人の姓は世界で最も多く291,531(丹羽基二編『日本苗字辞典』より)
日本の3大姓は鈴木、田中、佐藤(統計をとるたびに順位が入れ替わる)で、それぞれ1.3%ずつとみられ、足しても4%ぐらい。次いで渡辺、高橋、山本、中村、小林、伊藤、加藤。この10大姓で10%、さらに百大姓で33%をカバー。ちなみに日本の1字姓は林、森、辻、原、関の順で。3文字姓は佐々木、長谷川の順です。

地名に由来する日本人の姓に対し、先祖につながる韓国人の姓
日本人の姓の9割は地名に由来しているといわれています。また、日本人は養子・嫁をとったり、主君の姓を拝領したり、移り住んだところで姓を変えたりしますから、姓が必ずしも先祖と同一とは限りません。ところが、韓国では姓は先祖からの血を意味しますから、その辺のところは日本と大いに異なります。

かつて国連事務総長を務めたウ・タント氏には姓がなかった
姓が最も少ないのはインドのシーク教徒で、原則とし「シン」のみ。シンは獅子という意味で、シーク教徒が開いた港がシンガポールだとか…。また、ミャンマーには厳密にいうと、姓がありません。名の前に身分や立場を表す言葉が付くのです。ウ・タント氏はタントが名前で、ウは立派な男性を意味するのだそうです。

参考文献:『日本語と韓国語』(大野敏明著/文藝春秋)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

「日本とそっくりだが確実に違う」のが韓国 目指せ国際人(7)

文化的にも日本と韓国はそっくりな部分が多い半面、少しずつ違います。「そっくりだが確実に違う」というのが韓国で、これに対して中国は「同じだが違う」という感じと、『日本語と韓国語※』という本に著者の大野敏明氏が書いています。同書には食堂と飲み屋さんで実感する日韓に共通する言葉が紹介されていました。

ちょっと食堂(シクタン)に寄ってみましょう。「 」は韓国語の発音です
座敷に上がるとそこにはたいていオンドル(温突=床暖房)の部屋です。座布団がありますが、これが韓国語で「ザブトン」。テーブルの上には割り箸「ワリバシ」が。
次に目に入ったのは楊枝「ヨウジ」。座るとおしぼりが出ますが、これが日本語の「お」が取れて「シボリ」です。刺身「サシミ」、山葵「ワサビ」も同じです。

「ホタテのヤキトリ」と「ざるそば」を注文するときはご注意を!
テーブルに載っている魔法瓶には大体、麦茶(ポリチャ)が入っていますが、これが瓶だけ韓国語になって「マホービョン」。「ヤキトリ」「ホタテ」「オデン」「モリソバ」「タマネギ」「ミカン」「ウドン」などもほぼそのままです。ただし「ホタテのヤキトリ」はホタテの串焼きで、「ざるそば」を「モリソバ」と言うことも。

今度は飲み屋さんにいってみましょう。そこにいる「カオマダム」とは
バーやスナックなどの雇われママのことです。顔の良さで雇われていることを強調しています。「ミズワリ」を飲み、「カラオケ」で歌い、バーを出る時は「カンジョウ」(勘定)でも通じますが、「ケーサン」(計算)の方が一般的だそうです。レジの前で「ケーサン、ハセヨ」(してください)と言えばいいわけです。

韓国で、年長者が「割り勘」と言ったら大変なことになる!?
韓国には割り勘という考えはありません。年長者や上司が払います。もし、年長者が割り勘を主張したら、その瞬間から人間として扱われなくなるでしょう。もちろん、誰もその年長者や上司のいうことは聞きません。儒教とは年長者を立てるだけではなく、年長者に峻厳な義務を要求することでもあるのです。

韓国語から逆輸入の代表例は自転車の俗称「チャリンコ」かも
韓国では「自転車」を「チャリンゴ」と読みます。これが「チャリンコ」の語源らしいのです。日本に逆輸入されて、「チャリンコ」となりました。「リン」は「輪」からきたものでしょう。自転車のベルがチャリンチャリンとなることからも連想されたのかもしれないと、著者の大野氏は指摘されています。

※:『日本語と韓国語』(大野敏明著/文藝春秋)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

外国人とのコミュニケーション【韓国】 目指せ国際人(6)

日本と関連の深い6カ国を知る“15のポイント”(3国目)
【韓国】 儒教思想が浸透しているので、上下関係を重んじ、目上の人を敬う。行儀が良く、礼儀正しいが、感情をストレートに表現することも。

(1)ミーティング時間や社会的行事に遅れないこと。時間厳守。
(2)知らない人に警戒心が強い。控えめな態度が重要。
(3)礼儀作法をわきまえ、控えめにふるまう。若い方が先に挨拶をする。握手は年長者から手を出す。男性は韓国女性と握手はしない。
(4)日本のグループミーティングと異なり、1対1のミーティングが多い。相対した人がグループや会社に売り込んでくれることも多いので、この人との関係づくりは非常に重要だ。
(5)年齢や地位は非常に重んじられる。ミーティングのときは、相手との地位や年齢などと合わせてメンバーを選ぶ。
(6)会議室に入るときは地位が上の人から入室する。韓国人ビジネスマンは地位の高い順に席順が決まっている。
(7)女性のビジネス会議への参画はまだ少ないので、ミーティングに女性が出席するときは、事前に連絡をしておいた方が無難。
(8)年長者、地位の上の人には敬意を払う。プレゼンでは、相手のグループの長の納得が得られるようにする。
(9)結論を出すまでには時間がかかることが多い。結論を迫らない方がいい。打合せの最初は、打ち解けるためや会談の目的の明確化で、すぐビジネスディスカッションに入ることは避けなければならない。
(10)ロジックや利益というビジネス観点より、感情的な観点からビジネスが決定されることがしばしば。
(11)感情的になると、一方的に意見をまくしたてることがある。そのときは、受けて立たずに場を改める。
(12)人前で恥をかかせてはいけない。相手の面子を大事にしなければならない。競争相手を非難してはいけない。
(13)相手を傷つけないようにはっきりと「ノー」と言わないケースが多々ある。「イエス」と言ったりうなずいた場合は「多分」とか「理解はした」の意味で、「多分」はノーの意味になる。目を斜めや横目にし、頭を後ろに傾けて歯と歯の間からスーと音を出して息を吸い込むのは「反対」のボディランゲージだ。
(14)最初に提案する金額は十分余裕を持たせる。彼らはまず非常にかけ離れた金額を提案し、その後両者の中間辺りで落ち着くという、お互いに歩み寄るビジネススタイルを取る。
(15)打合せの最初と最後はお辞儀をするのが礼儀だが、終わりのお辞儀を初めのより長くすると、今日の打ち合わせは大変良い打ち合わせだったというサインになる。

※:『コミュ力(こみゅりょく)』(松村清著/商業界)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

日本語と中国語にはたった2%しか同形異義語はないが… 目指せ国際人(5)

専門家の最新の研究では、日本と中国で同じ意味を示す言葉が84%で、同形異義語は2%にとどまる、との結論が出たそうです。しかし、2%と言って、軽く考えるのは危険です。他の外国語と比べ、中国語に対しては、同じ漢字だからという安心感があり、これがトラブルにつながる危険性をはらんでいるともいえます。

若妻までも「老婆」、日中で違う漢字の意味(同形異義語)
●「老婆」。日本語では「年を取った女性。老女(明鏡国語辞典)第2版)の意味ですが、中国語ではなんと、「妻」を指します。日本でいう「女房」や「かみさん」といった感覚で、くだけた場で使われます。ただ年齢層を限定することはなにため、30代でも80代でもひとしく老婆=妻なのです。

■「愛人」。成城大学経済学部教授の陳力衛さんによると、中国で愛人は「妻」や「夫」といった正式な配偶者を意味し、日本式の、後ろめたい関係を匂わせるニュアンスはなく、文字通り「愛する人」と胸を張って言える言葉なのです。

■「調理」。中国では「調理」という言葉は、もっぱら動物や子どもへのしつけと調練を意味します。日本人の名刺の肩書に調理師と書かれていたら、「中国人は、その人が動物の世話係りか調教係りかと思ってしまうでしょう」(陳教授)。

■「脚気」。ビタミン欠乏により生じる「脚気(かっけ)」という病気も、中国ではなんと、足の「水虫」を表すそうです。中国の薬局で売られている「脚気霊(霊はよく効くという意味で、薬の名前でよく用いられる)」は水虫治療薬だとか。

■「有り難い」。観光で日本にきた中国人はタクシー車内に「毎度ご乗車有り難うございます」が掲示してあると、「なんと恐ろしい車だろう」とおびえてしまうそうです。中国語では「毎回乗るたびに災難がある」と字画通りの意味になるからです。

■「告訴」。これも要注意です。日本では犯罪の被害者が捜査機関に犯罪事実を申告して、処罰を求めることを指しますが、中国では「単にお知らせする」という意味でしかありません。つまり、中国では「告訴」は日常茶飯事なのです。

■「娘」。中国では「母親」を指す「娘」という漢字。唐(618~907年)の時代には、今の日本と同じ、娘(親にとって、自分の子どもである女性)の意味で使っていましたが、いつしか変化して母親を指すようになり、今日に至っているそうです。

『謎だらけの日本語』(日本経済新聞社編/日本経済新聞出版社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

外国人とのコミュニケーション【中国】 目指せ国際人(4)

日本と関連の深い6カ国を知る“15のポイント”(2国目)
【中国】 ビジネスの機会が増えているが、対日感情が良いとはいえない。特に尖閣諸島問題等、領土問題の話題は気をつけたい。

(1)ビジネスでも、一般的な集まりでも時間は厳守。
(2)服装は保守的で控えめに。
(3)謙虚が美徳なので、自分を能力のある人間だと見せびらかさない。
(4)挨拶のとき少し頭を下げる。握手も一般的になったが、相手が手を出すまで待つ。
(5)大げさな動作や表情はしない。知らない人に触れられるのを好まない。特に年長者や重要な地位にいる人にはこちらから触れたりしない。
(6)中国の歴史や文化を学び、敬意を持つ外国人に親しみを覚える。
(7)会議室などに入るときは地位の上の人から入る。
(8)地位やタイトルに誇りを持っているので、名前だけでなく相手のタイトルも同時に呼ぶ。
(9)会議は通常双方の地位の上の人が話し合うことを求められる。その他の人は求められたときのみ発言をする。
(10)中国で「色」は重要な意味を持つので、十分理解するまでは、プレゼン資料は白か黒が無難。
(11)決定の遅れは普通だから忍耐が必要。感情的にならずかつこちらのデッドラインを見せない。見せると、ビジネスを自分たちに有利に運ぶためにそこを活用してくる。
(12)駆け引きを仕掛けてくることがあるので、こちらが決定を急ぐと不利な条件で契約せざるを得なくなることも。条件などは、こちらもしっかり主張し、譲らない姿勢を見せることが肝心だ。
(13)縁起を担ぐ傾向があるので、契約などは日取りを考える。
(14)夕食を接待された場合、必ずこちらもお返しの接待をしなければならないが、もてなされた接待レベルと同等にし、決して上回らない。
(15)お皿にあるものをすべて食べると不足している意味になるし、全部残すと侮辱になるので、少し残すとよい。また大皿の最後の食べ物を食べると、まだ足りない意味になるので注意。

※:『コミュ力(こみゅりょく)』(松村清著/商業界)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »