« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

「知る」「自分」「心」に関する8章 『幸福になるための作法45』(1)

以前、図書館のリサイクル本に、‶掘り出し物〟がよくあることを書きました。最近の最大の収穫は中野孝次著『幸福になるための作法45』です。筆者レベルでは、中野孝次さんの著書は少し重たいのですが、この作品はとても読みやすく一気にのめり込んでしまいました。その中から冒頭部分のみですが、8つの章を紹介します。

1 すべては他人を知ることから
世の中は自分と違う他者で成り立っている。
違っているからこそ、その違いを通じて会話が成立する。(作者不詳)

3 自分らしく生きる
才能とは、自分自身が自分の力を信ずることである。 ゴーリキー『私の大学』

6 自分を知る
人はどうやって自分を知ることができるか。観察によってでは決して知れない、ただ行動することによってだ。君の義務を果たそうと努めよ、そうすれば自分が何であるかがわかろう。 ゲーテ『ヴェルヘルム・マイスターの遍歴時代』

9 多忙は己を失う
彼らはますますよい生活ができるようにと、ますます多忙をきわめている。生活を築こうとするのに、生活を失っているのだ。 セネカ『幸福なる生活について』

12 自分になりきる
絵でも文字でもうまくかこうなんて、とんでもないことだ。
熊谷守一『へたも絵のうち』

36 心を表現する
だれでもみんな、商売のため、職業のためだったら、大いに努力する。
ところが、普通自分の家に帰って幸せであるためには何もしないものだ。
アラン『幸福論』

39 静かな心で
沈黙を守っていて初めて、多弁がいかに騒がしく、無駄であるかがわかる。
『菜根譚』(中野孝次訳)

41 仕事を果たす
仕事の圧迫は心にとって大変ありがたいものだ。その重荷から解放されると、心は一段と自由に遊び、生活を楽しむ。  ゲーテ『日記』

※:『幸福になるための作法45』中野孝次著/ポプラ社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング・リーダー研修」の話題から。


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

隣の偉大な料理人から学ぶ 『そのひとクチがブタのもと』(6)

日本にも、お料理自慢の旦那様はかなり増えているようです。でも、後片付けはすべて奥様がなさることが多いようで、あまり歓迎されてない現状もあるようです。では、海外ではどうなのでしょうか?  料理自慢の317人を検証したところ、彼らの大半は次の5つのグループに分類可能なことが分かりました。

寛大な料理人(22%)
彼らは親しみやすく、人からも慕われ、熱心であり、家族の集まりや大きなパーティー用のコンフォート・フードを得意とする。新しい料理を試すことはめったになく、もっぱら伝統的なお気に入りの料理を作る。寛大な料理人の唯一の欠点は家族のために焼き菓子を作りすぎることです。

ヘルシーな料理人(20%)
楽天的で愛書家、自然愛好家でもある彼らは、魚料理やハーブを含めた新鮮な材料を使うことが多い。
●革新的料理人(19%)
あらゆる料理人のなかで最も独創的であり流行発信者です。彼らはめったにレシピを使いません。材料や料理のスタイル、調理法を使って試します。

●几帳面な料理人(18%)
しばしば週末の趣味に熱中するタイプで才能にも恵まれていますが、レシピを非常に重視します。キッチンではやや要領が悪いですが、彼らが創りだすものは料理書の写真そのままとなります。
●競争心の強い料理人(13%)
ご近所の〝料理の鉄人〟です。競争心の強い料理人は支配的な性格の持ち主で、人を感動させるために料理をします。料理にも接待にも真剣に取り組む完璧主義者といえます。

ダイエットに成功するには、利き手と逆の手を使う(※2)
利き手と逆の手を使って食べると、特別なことをしているかのような感覚が生まれるそうです。そのためにあなたは自分の行動を意識するようになり、無自覚に食べたりしなくなります。そうなると、自然と食べる量が減り、気づかぬうちにダイエットが成功するというわけです。

※1:『そのひとクチがブタのもと』(ブライアン・ワンシンク著/集英社)
※2:『安売りするな!「価値」を売れ!』(藤村正宏著/実業之日本社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

‶意志の力〟のメカニズム 『そのひとクチがブタのもと』(5)

前回、独メルケル首相の10キロダイエットは、彼女の強固な‶意志の力〟の勝利と評価されていることを書きました。では、意志の力はどのように発揮され、そして、どのように萎えてしまうのでしょうか。今回はメルケル首相に敬意を表しつつ、世の中の普通の人の‶意志の力〟を知るために、2つの研究(※)を取り上げます。

研究1:‶意志の力〟は速筋*に似ている。途方もなく強力だが耐久力がない
スタンフォード大学で行われた実験が、意志の力がいかに脆いものかを示しています。大学生165人を2つのグループに分け、一方には2桁の数字、もう一方には7桁の数字を暗記するように伝えます。それから学生たちを別の部屋に移し、そこで数字を思い出してもらうのですが、その途中で軽食をとってもらいます。
*:速筋とは、瞬間的に大きな力を出せる瞬発性に優れた筋肉のこと。

脳に多少なり負荷をかけると、‶意志の力〟は萎える傾向がある
メニューは2種類から選ぶことができます。チョコレートケーキ(後ろめたい喜び)かフルーツサラダ(健康的なごちそう)のいずれかです。結果は、7桁の数字を暗記するように言われた学生は、もう一方の学生に比べてケーキを選ぶ傾向が2倍ありました。わずかでも脳に負担がかかると、意志の力が働きにくくなるのです。

研究2:‶意志の力〟を必要とする課題は血糖値を著しく低下させた
脳は体全体の50分の1の重さですが、エネルギーとして消費するカロリーは、体全体の5分の1を占めます。これを裏付ける研究があります。被験者に意志の力を必要とする課題と必要としない課題を与え、課題を行う前後の血糖値を測定しました。すると意志の力を必要とする課題を与えられた方は血糖値が著しく低下しました。

血糖値が低下したままでは、ミスを2倍発生させてしまう
続く研究では、2つのグループに意志の力が必要な課題を2つ与えますが、2つの課題の間に一方のグループには本物の砂糖入りのレモネードが、もう一方のグループにはノンカロリーの人工甘味料の入ったレモネードが与えられました。結果は、人工甘味料のグループは、砂糖のグループに比べてミスが約2倍も多かったそうです。

参考研究:新しい習慣を身につけるためには66日かかるが生活改善が著しい
ロンドンの研究者たちは、学生たちに一定期間、運動とダイエットに取り組んでもらい「新しい習慣を身につけるための必要日時」の調査を行いました。結果は、平均66日でしたが、好ましい習慣を1つ身につけた人々はストレスが減少し、衝動買いが影を潜め、飲酒・喫煙・カフェイン含有物の摂取にも改善が見られました。

※:『ワン・シング』ゲアリーケラー&ジェイ・パパザン著/SBクリエイティブ)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

独メルケル首相10キロダイエットに成功 『そのひとクチがブタのもと』(4)

2014年6月17日付の『朝日新聞』朝刊が「会議クッキー」甘い罠 独メルケル首相「封印ダイエット」と大きく報じました。そして、中見出しは「半年弱で『10キロ減量』報道」です。朝日を読んでいらっしゃらない当ブログ読者のために、その一部を紹介します。筆者は、今回の予定稿と記事が瓜二つの内容だったことに驚かされました。

独メルケル首相のダイエットの動機は、医師の勧めがきっかけ(※1)
昨年末、彼女は休暇先のスキー場で転倒し腰を負傷しました。このとき治療を受けた医師に勧められダイエットを始めたそうです。効果をあげたのが「会議クッキー」を食べるのをやめ、間食を封印したことでした。メルケル氏は自党の幹部会議などの際に、自分の手の届くところに高カロリーの食品を置かないように厳命しました。

つまみ食いをやめる以外に、メルケル首相が実践したダイエット法とは?
彼女は、「会議クッキー」を食べない代わりに、にんじんやパプリカなど野菜スティックをボリボリ。甘いジュース類も自分の席から遠ざけ、ミネラル水でのどの渇きを癒しました。「ストイックな性格で健康志向のメルケルさんだからこそ、なんとか打ち勝っている」とは、ドイツ大衆紙ビルトのラルフ・シュラー記者の弁です。

●メルケル首相がダイエットに成功したポイントの一つ目は高カロリー食品を自分の手の届かないところに置かせたこと。二つ目は野菜スティックやミネラル水を選択したことです。偶然とはいえ、山本が今回の原稿の参考にした『そのひとクチがブタのもと』他1冊に、これとほぼ同じ内容が出てくるのです。

ポイント1:糖分の高いスナック菓子などのお皿を自分から遠ざける(※2)
ダイエットしようとしたらすぐ実行できそうなことがあります。それは、糖分の高いスナック菓子や、チョコレートビスケットなどを目の前にしたら、そのお皿を自分から遠ざけてみることです。それだけで、そそられる気持ちが消えていく。

ポイント2:スナック菓子の代わりに果物やカット野菜を(※3)
どうしても食べたくなったら何かスナック菓子に代わるものを考えよう。果物やカットした野菜のような、さわやかな食感のあるもので代用する人もいる。毎週、さまざまな色合いの野菜を買ってカットし、冷蔵庫の1段目か1段目の棚に入れておこう。

●これほど2つのポイントがピッタリと重なる偶然があるのですね。『そのひとクチがブタのもと(※3)』は著者がコーネル大学の教授(ブライアン・ワンシンク)ですからメルケル首相もしくはその側近が読んでいたかもしれません。しかし、※2は日本人の著作でダイエットとはまったく無関係の本なのです。

※1:『朝日新聞』(2014年6月17日朝刊/13版「国際」欄)
※2:『安売りするな!「価値」を売れ!』(藤村正宏著/実業之日本社)
※3:『そのひとクチがブタのもと』(ブライアン・ワンシンク著/集英社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

フルーツ愛好家VS野菜愛好家 『そのひとクチがブタのもと』(3)

ダイエットに限らず、食生活の改善を考える上で、フルーツ愛好家と野菜愛好家の違いは興味深いテーマです。著者たちが770人に意識調査を行った結果、以下のような相違点がいくつか明らかになりました。どうやら、2つのし好の違いは、社会生活に対するスタンスが大きいようなのです。

平均的な人に比べて野菜愛好家は・・・・・
●新しいレシピを試したり家に人を招いたりしてもてなすのが好き
●スパイシーな料理が好き
●栄養のある料理を作ると思う
●時々は夕食に一杯の赤ワインを添える

平均的な人々に比べてフルーツ愛好家は・・・・・
●夕食ではしばしばデザートまで食べる
●料理にはほとんど時間をかけない
●新しいレシピや娯楽を避ける
●時々、キャンディバーを食べる

一歩さがって客観的に考えればこの調査結果には納得がいきます。フルーツは便利ですが、野菜にはしばしば準備が必要になります。野菜派の人びとのほうが料理には慣れているかもしれません。したがって、新しいレシピにも夕食に客を招くことにも違和感がないのでしょう。

野菜愛好家が赤ワインを好むわけは・・・
全般的にフルーツのほうが野菜より甘い。ですから、フルーツ愛好家は甘い食品やデザート、キャンディを好むかもしれません。一方、野菜は苦いものから辛みのきいたものまで味の幅が広い。おそらくそのせいで野菜愛好家はクセのある異国風やスパイシーな料理を好むでしょうし、赤ワインのタンニンの苦みも口に合うのでしょう。

●スイーツ系をどれだけ控えると1年でどれくらい体重が減るでしょうか?
84KCalのバターロールを1日1個食べなければ→1年後には4キロやせている。
140KCalのソフトドリンクを1日1杯飲まなければ→1年後には6.6キロやせている。
300KCalのケーキを1日1個食べなければ→1年後には14.2キロやせている。

●運動でもカロリーは燃焼しますが、ゆっくり1時間歩くと135キロカロリー。これを毎日続ければ1年後には6.4キロやせます。確かに運動は体にいいのですが、はるか遠くの自動販売機まで1時間歩くよりも、ソフトドリンクを1杯我慢するほうがずっと楽ではないでしょうかとの、著者からのアドバイスには納得です。

※:『そのひとクチがブタのもと』(ブライアン・ワンシンク著/集英社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

貝原益軒流食事療法で成人病を撃退 『そのひとクチがブタのもと』(2)

前回、腹八分のことを書いたら、「これは貝原益軒の『養生訓』と同じ考え方ですね」と教えてくれる人がいました。早速、図書館で調べると、とても三百年前に書かれたとは思えません。ブタさんシリーズの途中ですが、日本人の教養としてぜひ知っておいていただきたいと思い(知らなかったのは筆者だけ?)割り込ませました。

腹7、8分で止めておく
飲食物を目の前にすると、ついつい貪欲さが出て、知らないうちに食べ過ぎてしまうのは人間の常である。酒、食べ物、茶、湯のいずれにしても、ちょうど適量だと思うより少なめにして、腹七分目から八分目でまだまだ少ないと思うときに止めておくといい。食べ終わるとき腹一杯だと思うと、必ず食べ過ぎて病気になる。

食べ過ぎに消化剤はきかない
薬によって食物を消化するのは、自分の腹の中を敵味方の戦場にすることである。自分が食べた食物や酒が敵となって自らの腹の中を攻め破るだけでなく、自分が飲んだ強い薬も、みな病気と戦うために元気が減ってしまう。敵である病気を自らの領内に引き入れて戦うよりも、領外で侵入を防ぐ方が優れた作戦である。

野菜が健康をつくる、肉はほどほどに控えよ
食べ物はすべて淡白なもののほうがよい。味が濃いものや脂っこいものはたくさん食べてはいけない。生ものや冷たいもの、堅いものはやめた方がいい。吸物は一椀あればいいし、肉も一品でいい。野菜などのおかずは1、2品にするといい。肉を2品食べるのもいけないし、多量に食べるのもいけない。

満腹は禁物、最初に注意しておく
珍しいものやおいしいものを食べるときでも、腹8、9分目で止めておいた方がいい。少しの間食を我慢すれば後で害がない。少し飲んだり食べたりして美味を味わうことを知れば、大酒を飲んだり大食いした満腹感と同じ楽しみがあることがわかる。満腹は禁物である。最初に注意していれば、絶対に後で困ったことが起こらない。

「量より質」の食べかたを
夕食は朝食よりも体内にたまりやすく、消化されにくい。だから夕食は軽くて淡白なものを食べるといい。おかずの食べ過ぎはよくない。魚や鳥などで味が濃く、脂っこくて重いものは夕食にはよくない。野菜でも、山芋、人参、蕪、里芋、くわいなどのように体内にたまりやすい気をふさぐものは、夕食に多く食べてはいけない。

貝原益軒(1630~1714年):福岡城下に生まれる。代々黒田家祐筆の家柄。7年間藩籍を離れた後に藩医として復帰。主な著述99部。『養生訓』は84歳で完成。

※:『貝原益軒「養生訓」を読む(近藤宏二著/埼玉福祉会)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

なぜフランスの女性は太らないのか 『そのひとクチがブタのもと』(1)

山本は、良書に他の文献からの引用があると、その本を即座に図書館で予約します。手にするまで時間はかかっても、着実に目を通すには経済的にもこれがベストかと。ところがときに、なぜこれがと出典不明の奇妙本が届くことがあります。今回紹介する『そのひとクチがブタのもと(※)』が正にそれなのです。

チーズやバゲット、ワイン、ペストリー、パテを食べるのに、なぜ太らないか?
ミレーユ・ギリアーノがベストセラーとなった著書で述べるように、それは食事をどこでやめるのかそのタイミングを彼女たちが心得ているからなのだと。調査によると、彼女たちが注意を払うのは、例えば満腹感があるかどうかといった内側の合図で、過食になりかねない外側の合図(器に残っているスープの量)には頼らないのです。

これが本当かどうか確かめるために著者たちはパリとシカゴの住人282名にアンケートを行い、食事を終わりにする頃合いをどのように判断するか尋ねました。すると、パリの人びとは、空腹を感じなくなったところでいつも食事をやめると答えましたが、シカゴの人びとは違ったのです。

シカゴの人は、外側の合図(他のきっかけ)がないと食べるのを止められない
多くのシカゴレディたちは、飲み物がなくなったとき、お皿が空になったとき、見ているテレビ番組が終わったときに食事をやめるのだそうです。ただし、体重のある人ほど(アメリカ人もフランス人も)食事の止めどきを外側の合図に頼り、満腹感という内側の合図に頼る人は少なかったとのことでした。

〝20%多く〟か、腹八分の〝20%少なく〟か
とはいっても、たいていのアメリカ人は満腹になったところで食べるのを止めますが、アメリカ人より細身の文化圏の人びとは空腹が収まったところで食事を止めます。日本の人びとが「もうお腹は空いていない(腹八分)」という時点と、アメリカ人が「満腹だ」という時点では大きなカロリー差があるのです。

ダイエットの秘訣は〝20%少なく〟ただし果物と 野菜に関しては20%多く
食べ始める前に、ほしいと思う分量より2割少なく皿に取るようにしましょう。その時点では、おそらく足りないとは思わないからです。著者たちの研究によると、食べた量が2割少なくても人はそれと気づかないそうです。しかし、3割少ないとさすがに気づきますので、パスタの量を2割減らしたら、野菜を2割増やしましょう。

※:『そのひとクチがブタのもと』(ブライアン・ワンシンク著/集英社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

ブレーンストーミング(ブレスト)の評価と批判 相乗(シナジー)効果を考える(10)

批判や評価されることがなくなれば、集団は個人よりも、よりすぐれたアイデアをより多くもたらすに違いないとオズボーンは信じ、ブレストを強力に宣伝しました。「あるグループは電気製品の宣伝に45件、募金キャンペーンに56件、毛布の販売促進には124件ものアイデアを生み出した」と。しかし、早い段階からブレストの効果に疑問を投げかける人たちもいました。

オズボーンの画期的なアイデアは、ひとつだけ問題があった
集団のブレストが実際には機能しないことを最初に立証した研究は、1963年ミネソタ大学の心理学者マーヴィン・デュネットによって行われました。3M*で働く科学系研究職男性と広告分野の管理職の男性各48人を集め、単独発想と集団でのブレストをしたのです。当初デュネットは、広告分野の管理職の集団作業からより大きな成果を得るだろうと考えていました。
*:「ポストイット」「スコッチテープ」等開発の世界的な化学・電気素材メーカー。

各48人の被験者は、4人ずつ12のグループに分けられた
彼らは、あるテーマの利益と不利益はなにかといったような問題についてブレストをするように指示され、また、同じような問題について個人で考えるようにとも指示されました。そして、デュネットらの研究チームは、集団から生まれたアイデアと個人が考えたアイデアの数を比較しました。さらにアイデアの質を評価し、「実現性」について0~4の点数をつけました。

結果は非常に明快でした。24組のうち23組の人々がグループよりも個人で考えたほうがたくさんのアイデアを生み出しました。また、質の点では、個人作業で生まれたアイデアは、集団社業で生まれたアイデアと同等あるいはそれ以上でした。そして、広告分野の管理職のほうが科学系研究職よりも集団作業を得意としているという結果は出ませんでした。

4人のグループよりも6人のグループのほうがアイデアは質・量ともに低下
これ以後40年以上にもわたってさまざまな研究がつづけられてきましたが、結果は常に同じでした。そして、集団が大きくなるほどパフォーマンスは悪くなることが、研究から立証されているそうです。4人のグループよりも6人のグループのほうがアイデアは質・量ともに低下し、9人のグループではさらに低下するのだと。

例外は、きちんと管理されたオンライン上のブレスト
前提条件が満たされたオンライン上のブレストは、集団が大きいほどパフォーマンスも向上します。このことは学問的研究の分野(教授たちが離れた場所から電子機器を使って共同作業をすると、単独作業や対面での共同作業よりも有力な研究成果を得られる)でも実証されています。これは、新集団思考に貢献した電子機器を通じた共同作業の興味深いパワーなのだそうです。

参考文献:『内向型人間の時代』(スーザン・ケイン著/講談社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

ブレーンストーミング(ブレスト)の「進め方」 相乗(シナジー)効果を考える(9)

たとえブレストの「4原則」を守ったとしても、100人が窮屈な部屋で2時間もやったのでは、上手くいかないのは直感でわかると思います。「4原則」の他に、アイデア会議を進めるための運用上のポイントがいくつかあります。オリジナルのやり方に筆者(※)の経験則を加え、効果的なブレストを行うためのガイドラインを以下に紹介します。

【メンバー】 まずは、メンバーの数と顔ぶれを考えます。人数は、5人から10人の間が推奨されています。これ以下だと盛り上がらず、これ以上だと発言しにくくなります。1つの円卓(ラウンドテーブル)を囲めるサイズ(5~7人)が理想的です。アメリカでは「ピザ2枚でまかなえる数」といった言い方をします(日米ではピザの大きさがかなり違いますが…)。
メンバー選びのポイントは、性別、年齢、部門、経験、専門知識などを混ぜ合わせ、考え方や視点に多様性を持たせることです。当たり前ですが、批判的な意見を出しがちな人よりも、活発にアイデアが出せる人を多く集めたほうがうまくいきます。

【時間】 午後一番の眠い時間や終業後のような疲れた時間は、創造性を発揮するのにふさわしくないのはいうまでもありません。エネルギーとモチベーションがキープできる時間帯に会議を設定するようにします。
ブレストは、どんなに短くても15分はかかり、1時間を超えるとかなりダレてしまいます。人数やテーマにもよりますが、30~45分くらいが1つの目安となります。集中力が切れる前に余力を残して終わるようにしましょう。

【場所】 圧迫感のある場所では発想が広がらず、部屋が広くて天井が高い、開放的でリラックスできる環境がブレストには向いています(リラックスしすぎるのはこれまたやりにくいですが)。場のしつらえによってムードが大きく変わり、おろそかにできないところです。
ホワイトボードをはじめとするアイデアを記録する道具は必ず用意しなければなりません。慣れないうちは、「4原則」を紙に書いて貼り出しておくとよいでしょう。

【テーマ】 テーマは必ず問い(質問文)の形で表します。そのほうが的確なアイデアが出やすくなります。ブレストはアイデアを集めるためのものであり、「~か否か?」といったように、何かを判断するためにやるものではありません。一般論よりも、適度な制約がある具体的なテーマのほうが、知恵のエネルギーが集中でき、ブレストに向いています。テーマを欲張らないほうがよく、たくさんあるときは、1つずつ片づけていくようにします。

【進め方】 ファシリテーターがルールと本日のテーマを説明したら、ブレストが始まります。誰かが口火を切ったなら、あまり発言をコントロールせずに、どんどん出してもらったほうが、連鎖反応が起きやすくなります。
大切なのは、出てきたアイデアを漏れなくホワイトボードなどに記録することです(ただし、発案者名は書かないように)。一般的には、ファシリテーターがして、記録係(グラフィッカー)を別に置くという手もあります。ブレストのときは、むしろそのほうがやりやすいでしょう。
予定の時間がきたら、今日の結果(アイデアの量と質)をみんなでおさらいし、次のステップの進め方を共有。時間があれば、ブレストの感想などを分かち合うようにします。

参考資料(※):『アイデア・イノベーション』(堀公俊&加藤彰著/日本経済新聞出版社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »