« 綱引きから「一人ひとりの重みに気づく」 『ニューモラル』珠玉の言葉(4) | トップページ | 「一滴の涙」・・・内閣総理大臣賞を受賞した中学生の作文より »

2014年7月31日 (木)

一滴の涙に潜むものを「心の眼で正しく見る」 『ニューモラル』珠玉の言葉(5)

今日の電気工学の基礎をつくったといわれるイギリスのM・ファラデー(化学者、物理学者、1791-1867)が、医科大学の学生に講義をしていたときのことです。ある日、教壇に立つと、小さな一本の試験管を掲げて、次のように話し出しました。

「諸君、この中に入っているのは、いったい何だと思う」
けげんな顔つきで見つめる学生たちに向かって、ファラデーは静かに説明を始めました。
「実は、底のほうにある少量の液体、これは涙だ。昨日、ある学生の母親が、私のところに相談に見えて、息子のことで苦悩を打ちあけ、机にうち伏して泣いておられた。そのとき、机の上に流された涙がこれだ。

いいか諸君、君たちはみな医者の卵だ。だから、この涙を科学的に分析するぐらいは、朝めし前の仕事だ。だが大事なことは、そんな分析ではない。
この涙の中には、母親の深い苦悩と、限りない愛情がこもっているのだ。その苦悩や愛情は、どうしたら分析できるのか。いかに科学や医学の力をもってしても、それだけは分析不可能だ」

学生たちは、しだいに感動に包まれていきます
「諸君は医者としての立場上、なにごとも医学的、科学的、合理的に割り切ろうとする。検査の結果が示すデータだけが真実であり、すべてだと、つい思いこんでしまいがちだ。だが、それだけで十分な治療ができるだろうか。それだけが、人生や物事のすべてではないことを、こそ肝に銘じてほしい」

そして最後に、次のように話しました
「大事なことは、澄みきった、温かい思いやりの心、そうした心の眼(まなこ)で正しく見ることを忘れたら、機械と同じで、もはや人間ではない。医者である前に、まず血も涙もある、温かい心の人間であってほしい」(小島昭安『心をたがやす』より)

澄みきった、温かい、思いやりの心、そうした心の眼で正しく見ること――この言葉には、一人ひとりの喜びや悲しみを感じとり、一人ひとりの人間の重みを大切にしていこうという願いが込められています。

現在の私たちは、コンピューターや通信機器などが高度に発達した情報化社会の中にあって、人と接しても、ともすれば心のふれ合いのない、一人ひとりの重みを無視した対応や処理に追われてしまっているのではないでしょうか。120年以上も前のファラデーのこの話は、なんでも科学的、合理的に割り切ろうとする傾向のある今日、大きな戒めになるように思います。

出典:モラロジー研究所刊『ニューモラル No.257(平成3年1月号)』より

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ホスピタリティ研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


エチケット・マナー ブログランキングへ

|

« 綱引きから「一人ひとりの重みに気づく」 『ニューモラル』珠玉の言葉(4) | トップページ | 「一滴の涙」・・・内閣総理大臣賞を受賞した中学生の作文より »

ホスピタリティ・CS研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一滴の涙に潜むものを「心の眼で正しく見る」 『ニューモラル』珠玉の言葉(5):

« 綱引きから「一人ひとりの重みに気づく」 『ニューモラル』珠玉の言葉(4) | トップページ | 「一滴の涙」・・・内閣総理大臣賞を受賞した中学生の作文より »