« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

「余生を振り返る」ことはできるか? 『その日本語、ヨロシイですか?』(2)

現代用語2例について著者の見解。「だから!」は自分の説明を人が理解していない、と感じた時に発言しますが、威圧的な言い方で、「お前は馬鹿だ!」と言っているに等しいとか。また、「サクサク進む」は近来、OA機器の動作が極めて順調な状態を表現する語として使われ、一般的になりつつあると肯定的に受け止められています。

「言い間違い・聞き間違いに見る日本語」
「余生を振り返る」:さる小説の帯用に書かれた原稿にあった表現。一瞬、OKを出してしまいそうですが、「余生」は、老後に残された人生のことですから、これを振り返るのはちょっと難しいでしょう。あの世に行ってからでないと。余生において「人生を振り返る」「来し方を振り返る」というのが無難な言い方だと思います。

「病人はタンカーで運ばれた」。これはテレビ局のテロップを構成したことのある人から聞いた例。これを書いた人は、TANKAという語が「担架」と漢字を当てられる日本語だ、と認識していなかったのではないかと思われます。語尾の部分を伸ばせば英語っぽいし、カタカナで書くのだと独り決めしていたのでしょう。

「犯罪を犯す」「流言が流れる」「魂を鎮魂する」――「馬から落馬」式表現
これは意味がダブっているから間違い、というのが常識的解釈です。
しかし、例えば「被害を被る」はどうでしょうか。テレビドラマで、「『後から後悔する』は間違いだ」といった趣旨の台詞を耳にしました。確かに冗長ではあります。そうなると「予め予測する」というのもダメ、ということになりますね。

甲子園の初戦、対戦相手の強豪校に名前負けすることなく善戦した
「名前負け」というのは、名前が立派すぎて自分自身が見劣りしてしまうことを意味します。相手の名前に圧倒されることではありません。
「先代の名を襲名したが、どう見ても名前負けしている。」などという言い方をします。
この表現を目にしたら、校閲としては、やはり疑問を提出するでしょうね。

死語(今はほとんど使われない)の世界、いっぱいある中から2例
悩殺:これは親父ジャーナリズムにかろうじて生き残っている。言葉のニュアンスがあまりに古びてしまって、化石化しかかった言葉といえます。
苦み走ったいい男:甘いルックスではなく、もっと大人の、というか、人生の酸いも甘いも噛み分けた、きりりとして人間味のある容貌、といった感じでしょうか。

参考文献:新潮社校閲部・部長による『その日本語、ヨロシイですか?』(井上孝夫著(絵・文とも)/新潮社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

正しいのは「現状回復」「原状回復」? 『その日本語、ヨロシイですか?』(1)

今回取り上げる『その日本語、ヨロシイですか?』の著者は新潮社の校閲部長・井上孝夫氏です。このプロフェッショナルにも、短時間で一回しか校正できないグラビアページで校正ミスがあったそうです。「東條英機」氏の名前が「東條英樹」と記されていたのを見逃したとか。発刊直前に気づいて修正したそうですが、怖い世界ですね。

新潮社の校閲部長が用例が多くなったため悩んでいるという「送りがな」の例
「趣(おもむき)」→「趣き」    「手短(てみじか)」→「手短か」
「名残(なごり)」→「名残り」   「咳こむ」→「咳き込む」
「隣(となり)」→「隣り」     「躾(しつけ)」→「躾け」
「幼子(おさなご)」→「幼な子」
これらは、以前は必ず送りがなを取るか? と疑問を提出していましたが、あまりに用例が多いので、最近はギブアップしてそのまま通すことも多くなったとか。

困った例「ひにち」。これは漢字表記ができない。他に「受付」「取扱」も
「日にち」は「にちにち」、「日々」「日日」は「ひび」または「にちにち」と読まれかねないからです。「受付」と「受け付け」「受付け」、「取扱」と「取り扱い」「取扱い」。これらは、一般名詞なのか動詞の名詞形なのか、また表記の長さに対する感覚などによって違いますが、はっきりした区切りが付けにくい例です。

「漢字の使い分け」を共同通信社の『記者ハンドブック』(第十版)を見ると…
「かたい」という形容詞の表記例として
「固いことを言わずに」/「型苦しい」/「態度が硬い」
とあります。ええっ、どこが違うの?と思わず口走りたくなります。これに似た例はいくつもあります。

「にらみが利く」と「風刺が効く」/「ビデオに写る」と「ビデオを映す」
「屋上に上る」と「神殿に昇る」、「天守閣に登る」。
さすがに全てのケースを決められなくて、「紛らわしいときは平仮名書き」となっているものもあります。

新潮社「新人教育」で使われた同音異義語の「変換ミス」例(右が正しい表記)
濡れ手で泡→濡れ手で粟/危険の余地は出来た→危険の予知は出来た/加熱気味の報道→過熱気味の報道/牽引者となって→牽引車となって/うるさ方→うるさ型/申告罪→親告罪(注:「親告罪とは、被害者が訴えて出なければ起訴されない犯罪)/盛りたてる*→守りたてる/現状回復→原状回復
*「盛りたてる」は、現在の『新明解国語辞典』では認められています。

参考文献:新潮社校閲部・部長による『その日本語、ヨロシイですか?』(井上孝夫著/新潮社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

「綺羅星(きらぼし)」って、どんな星?  『間違えやすい日本語』(2)

1)「濡れ手でアワ」のアワは 「泡」「粟」のどちらでしょうか?
2)足が悪い母は名前を呼ばれ、やおら立ち上がった。の「やおら」の意味は?
3)「姑息な手段」とは? ①ひきょうな手段 ②一時的な、その場しのぎの手段
瞬間悩みますが、答えは順番に「粟」、「ゆっくりと立ち上がった」、②です。

これだけは押さえておきたい日本語の常識 正しい使い方はどっち?
①この荷物は天地無用と書いてあるのでひっくり返さないように注意して下さい。
②この荷物は天地無用と書いてあるのでひっくり返しても大丈夫だ。
答え① 「破損する恐れがある荷物を上下逆さまに取り扱ってはいけない」という注意書きのことです。この場合の「無用」は「してはならない」の意味。

会話を豊かにする社会人の日本語 正しい使い方はどっち?
①オーディションに受かった人と落ちた人、審査会場は悲喜こもごもの光景が…
②去年は家を建てたり、交通事故にあったり悲喜こもごもの一年だった。
答え② 「こもごも」は「交々」と書き、「悲しいことと嬉しいことを代わる代わる味わうこと」を言います。これは一人の心模様を言う言葉です。

ライバルに差をつける日本語 次の使い方は正しい?
堅苦しい話が続いたので、ここで閑話休題、少し横道にそれて私の体験談を話します。答え「間違い」 「閑話休題」は「あだしごとはさておき」「それはさておき」と同じ意味です。「あだしごと」とは「徒事」とも書き「無駄なこと」「余計なこと」を言います。つまり、「本筋から外れた話をもとに戻す」という意味で使う言葉なのです。

ライバルに差をつける日本語 次の表記は正しい?
営業に行っても剣もほろろの扱いで、話すら聞いてもらえなかった。
答え「間違い」 「けんもほろろ」の「けん」も「ほろろ」もキジの鳴き声、また「ほろろ」はキジが飛び立つ羽音とも言われています。「無愛想に人の頼みなどを拒絶して取り付く島がないこと」です。

人をうならせる日本語の知識 正しい使い方はどっち?
① 舞台には慈善のため集まった芸能界のトップスターが綺羅星の如く並んでいる。
② 彼女は綺羅星の如く現れたトップモデルだ。
答え① 「綺」は「模様のある」、「羅」は「薄い」絹織物のことで、「綺羅」は「華麗な衣装」。それを纏った華やかな人たちが星のように大勢並ぶ様子を形容する言葉。

参考文献:朝日新聞校閲センター長が絶対に見逃さない『間違えやすい日本語』(前田安正著/すばる舎)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

「雨模様」雨はもう降っている?それともまだ… 『間違えやすい日本語』(1)

ジャーナリズムの世界では硬い(この漢字が正しいかどうかは後日詳述)と目される朝日新聞と新潮社の校閲の責任者が、相次いで「日本語」に関する著書を出されました。デジタル化による出版界の地殻変動とも関係があるのでしょうか? それはさて置き、面白いので内容紹介です。まずは、『間違えやすい日本語』から。

文章はこの様に書くのかと思うくらい、素晴らしい「まえがき」より
本書のタイトル『間違えやすい日本語』を見て「『間違えやすい』は『間違いやすい』の間違いじゃないの?」と疑問を持った方、あるいは「言われてみれば確かにそうだな、どっちが正しいんだろう」と思った方は、本書をお読みいただくと多少日本語の間口が広がるかもしれない。

「間違えやすい」は下一段活用動詞「間違える」の運用形「間違え」に、形容詞「やすい」が接尾語の役割としてついたもの。「間違いやすい」は五段活用動詞「間違う」の運用形「間違い」に「やすい」がついたもの。つまりどちらも正しい、と説明できる方は、あえて本書を手に取らなくてもいいかもしれない。

言葉は時代とともに変化する。本来の意味や使い方から外れたものが定着すると、それは新しい概念を持った言葉となる。平安時代の言葉が、意味を変えて現代に生き残っている例は多々ある。一方、明治時代の文学はすでに古典の仲間入りをしている。我々はそんな時代を生きている。

 「汚名挽回」は「汚名返上」と「名誉挽回」が混同され、定着しつつある言葉
「汚名挽回」を、辞書や解説書などには「汚名を返上して、名誉を挽回することをつづめて言ったものだ」と説明し、この言い回しを認めるものもある。しかし、この解釈は「汚名返上」と「名誉挽回」の意味を知らなければ成り立たない。誤用の定着を認めた上での、いわば後付けの解釈ともいえる。

肉の策」は「苦し紛れの方法」という解釈が一般的になってきた
「苦肉の策」は「自分の肉体を傷つけてまで相手を欺く計略」、つまり「苦肉の計」という本来の意味で使われることはほとんどなくなった。確かに通常の会話で「苦し紛れ」の意味で使っても誤解は生じないだろう。しかし、故事に沿った理解を求められる入学試験や入社試験、一般教養としては通用しない。

「雨模様」は「雨が降りそうな空模様」を言う言葉で、まだ雨は降っていない
「雨模様」は「雨催い(あまもよい、もしくは、あめもよい)」、つまり「雨が降りそうな空模様」を言う言葉だ。それを「すでに雨が降っている」という意味で使うと本来の意味とずれ、コミュニケーションのギャップを生むことにもなる。新聞などでは「雨が降り出しそうだ」と言い換えて誤解のないよう工夫している。

参考文献:朝日新聞校閲センター長が絶対に見逃さない『間違えやすい日本語』(前田安正著/すばる舎)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村
コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

思い遣りのある行動とは  『朝日新聞』ある中学教師の「投書」から(*)

7月19日に東京駅発のバスの中で俳人が色気を感じたという“少女が体の具合の悪いご年配者に席を譲る”シーンを書きましたが、今回は新聞投書から“若い男女が老夫婦に見せたさりげない譲席の配慮”です。これを取り上げたのは心理学者ですが、俳人と心理学の“言葉に対する思い”に相通じるところがあるのは興味深いところです。

ある新聞に、ちょっと面白い投書が載っていましたので、それを紹介してみましょう。この人の乗った電車は次第に混み出して、空席はほとんどなくなっていました。
ある駅に到着する間際に、ホームで待っている老夫婦に気づいたらしい男性の若者が席を立った。彼はその駅で下車することなく、立ったままで本を読んでいる。まるで今までも立っていたかのように。

彼の作った1つの空席に老夫婦が向かうと、今度は若い男性が作った空席の隣に座っていた若い女性がさりげなく立ち、別の車両に移っていった。
2人の若者に面識はなかった様子だったが、席の空け方が、どちらも絶妙のタイミングだった。老夫婦に席を譲ったことを、あえて知らせることはない、との配慮だったのだろうか」*:『朝日新聞』(2012年4月24日付朝刊 Voice「声」より)

心理学者の、この投書の受け止め方
ぼくがこの投書に引かれたのは、こうしたさりげないことに気づく人がいて、それを投稿しようとする人がいることに面白さを感じたからです。「見る人は見ているんだなあ」という気もしますし、心理学を勉強しているぼくは、果たしてこういうことに気づくだろうかと思ったりしました。

もうひとつは、この若者たちはどうして「どうぞお座りください」と老夫婦に言わなかったのだろうかということです。
「どうぞ」「やあ、どうもすみませんね」といった経験を何度もしてきた後期高齢者のぼくは、そのやり方のほうがすっきりするような気もします。
しかしそうなると、すんなりと座ってくれないお年寄りもいるでしょうし、お礼を言われたりするのも面倒なことかもしれません。

この投稿者は、「席を空けたタイミングに、二人の優しさを感じた」と書いていますから、最近の若者にはこうしたスタイルでの優しさが広がっているのかもしれません。
この方がお互いに気持ちの負担を感じずに済むともいえますが、しょっちゅうそこまで気を遣っていなくてはならないのもしんどいともいえます。

※:『思いやりはどこから来るの?』(日本心理学会監修/高木修&武村和久編/誠心書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ホスピタリティ研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


エチケット・マナー ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

避難所のトイレの掃除は誰がしたのか  ボランティア活動の実例(3)

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が起こりました。このときも、全国から救援活動のためにたくさんのボランティアが駆け付けてきました。後年、この年、1995年がボランティア元年といわれるようになったのです。そうしたボランティア活動の中に、とても地味な作業を黙々と受け持ってくれる人たちがいました。

 
パンよりも、携帯ラジオよりも、他の何よりも感謝されたのは・・・
救援活動では、火を使えないため、調理を必要としないパンを配ってくれる製パン会社もありがたがられました。携帯ラジオを配った家電会社も感謝されました。ブルドーザーやトラックも提供されました。それぞれに役に立ち、感謝されましたが、最も感謝されたのは、避難所のトイレの清掃をしてくれた企業ボランティアでした。

避難所(学校や公民館)は、何百人が24時間生活する設計になっていない
その結果もっとも惨状を呈したのがトイレです。停電しているので揚水ができないから水が出ない。ひどくなるのは当然ですが、通電しても、すでに溢れている状態を清掃するような道具もなく、仮にできたとしても誰もやりたがらない。ところが、それを黙々と清掃して回る人びとがいました。ダスキンという会社の人たちでした。

被災3市(神戸、芦屋、西宮)111避難所の約4.6万世帯、20万人の下着を洗濯
この会社は、トイレの掃除だけでなく、避難所の人びとの下着の洗濯もしてくれました。避難所では洗濯ができない。とはいえ10日も20日も経ってくると、下着だけでも着替えたくなります。ダスキンの社員たちはこの窮状を見て、自社の6つのクリーニング工場を活用して、下着の洗濯をボランティア活動として行ったのです。

トイレ掃除も下着の洗濯も、社員から自発的に発想されたもの
会社は、大事な顧客や出張所の人びとなどの関係者を助けたいという思いから、当初は食料などの救援物資を届けるなどの援助活動を始めましたが、被害のひどさを目の当たりにして戻ってきた社員たちが、顧客関係だけでなく、もっと多くの一般の被災者を助けたい、自分たちにできることがあるはずだ、と自発的に言ってきました。

崇高な創業の理念が、最も感謝されたボランティア活動を後押しした
この会社には、「自分に対しては/損と得とあらば損の道を行くこと/他人に対しては/喜びのタネまきをすること/我も他も物心共に豊かになり/生きがいのある世の中にすること」という創業理念があるのだそうです。社員からの提案は、この理念に照らしてもっともなことだと当時の千葉社長が考え、全面的な協力を表明しました。

※:『思いやりはどこから来るの?』(日本心理学会監修/高木修&武村和久編/誠心書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ホスピタリティ研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


エチケット・マナー ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

極限状態で発揮されたプロフェショナル精神  ボランティア活動の実例(2)

もう一つ、東日本大震災でめざましい援助活動をした会社の例を挙げましょう。宅急便のクロネコヤマトです。この会社の正式名称はヤマト運輸株式会社で、その親会社がヤマトホールディングスです。このグループは、宅急便を創出した小倉昌男氏の遺志により、ヤマト福祉財団を通じ「障碍者支援」にも積極的に取り組んでいます。

震災発生から3、4日経ち、救援物資が全国から送られてきたが・・・
物資は自治体や大きな避難所に山積みされるようになりました。日を追ってその山は高くなるばかりです。そこから先の肝心の被災者には届けることができないのです。自治体の市や町も被災し混乱し、機能が減退していて、救援物資を仕分けしたり配ったりする能力がないのです。現地のヤマト社員は、いち早くこの状態に気づきました。

避難生活をしていたヤマトのセールス・ドライバーたちが立ち上がる
気仙沼市の避難所で避難生活をしていた彼らは、市に申し出て、集積所の物資を分類し、在庫管理を行い、同時に多くの避難所を効率的に回る配送ルートやどこにどれだけ配るかという計画を立てて、配送を始めました。地域の事情を熟知している彼らは、必要な物資を必要な人のところに届けることができたのです。

岩手県釜石市でも同じような動きが
ヤマトの社員たちの同じような動きは、他の地域でも同時多発的に始まっていました。物資の仕分けも在庫管理も効率的配送も、どれも日常的に行っているベテラン社員にとっては、お手の物の作業です。今まで、滞っていた救援物資が、たちまち小さな避難所や自宅避難者のもとに届くようになりました。

この作業は現地社員たちのまったくの独断ボランティア作業だった
会社の諒解も取らずに、資材や車を勝手に使うことは何事か、と叱責されても仕方ない状況でした。しかし、こうした動きを知った本社の木川眞社長は、叱責するどころか、「これぞヤマトの本来の使命だ」と判断して、ただちに従来の宅急便の組織とは別に、「救援物資輸送隊」を組織し、現場独自の活動を全面的にバックアップしました。

救援物資輸送隊への参加人数は、延べ約1万4千名、稼働車両は4500台
救援物資輸送隊は岩手、宮城、福島の3県の自治体と連携を取り、全国からの応援社員とともに、救援物資の仕分けや避難所、集落、施設などへの配送を行いました。この活動期間は、2012年の1月15日まで約10カ月。この間、救援物資輸送隊への参加人数は、延べ約1万4千名、稼働車両は4500台になりました。

※:『思いやりはどこから来るの?』(日本心理学会監修/高木修&武村和久編/誠心書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ホスピタリティ研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


エチケット・マナー ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

企業スピリットがこんなに凄いことをさせた  ボランティア活動の実例(1)

デンソーという会社があります。HPによると、「先進的な自動車技術、システム、製品を、世界の主要な自動車製造会社すべてに提供しているトップレベルの自動車部品サプライヤーです」と自社紹介されています。この会社が東日本大震災の被災地支援で果たした役割は、信じがたいほど素晴らしいものでした。

4月17日~8月10まで16回、674人(延べ3124人)の社員が支援に参加
デンソーの支援活動の素晴らしい点は、義捐金2億円、救援物資5千5百箱もさることながら、社員が自ら被災地に赴き、実際にボランティア活動を行ったことです。
第一陣、4月17日~23日まで、30人
第二陣、4月24日~30日まで、56人
第三陣、5月  9日~14日まで、51人
こうして第十六陣、8月10日まで、5月の連休の一時期を除いて、切れ目なく次から次へと現地に入り、ボランティア活動を行いました。瓦礫の片づけや、津波で家中に堆積した汚泥のかき出しや清掃を、みんなが励まし合いながら続けました。参加した社員の数は674人、延べ人数では3124人にもなります。

これだけ大がかりな支援活動がどうして実現できたのか
震災直後、デンソーの加藤宣明社長は「これは国家の危機であり、グループを挙げて復興支援に取り組む」と決意し、全社に通達を出しました。それを受けて、まず自社の東北と関東の関連企業や施設、取引先の復旧支援に必死で取り組みました。すると社員のなかから、一般の被災地の支援も行いたいという声が上がってきたのです。

その声に、総務部や人事部が連携し、思い切った提案をした
「個々のボランティアではなく、復興支援活動を業務(仕事)と位置づけ希望者を募り、組織的にまとまった人員を派遣し、運営・支援してはどうか。職場の枠を超えたバックアップ体制を敷けば継続的な人員派遣が可能となる。交通や宿泊、備品などの準備を会社がすれば、参加する社員も、個人で活動するより負担ははるかに少ない」

普通の企業なら、アホなことを考えるなと叱られるところが・・・
この会社には、全社で共有しているデンソー・スピリットがあり(下記)、「デンソー・スピリットの本質を突く発想だ」と多くの社員が共感し、この壮挙が実現しました。
先進:デンソーにしかできない驚きや感動を提供する。
信頼:お客様の期待を超える安心や喜びを届ける。
総智・総力:チームの力で最大の成果を発揮する。

※:『思いやりはどこから来るの?』(日本心理学会監修/高木修&武村和久編/誠心書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「ホスピタリティ研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


エチケット・マナー ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »