« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

ニューヨークで絶賛される日本人の“察する能力” 「察しの文化」(1)

『商業界』の2014年11月号「売れる人の法則」特集に、「メーカーズシャツ鎌倉*」のニューヨーク店が登場します。その中に、ニューヨーカーに限らず、世界中から見えるお客さまに評価されているのが “察する能力”だと書かれていました。今回から、この日本人の特質ともいえる「察しの文化」について取り上げます。

*メーカーズシャツ鎌倉は石津謙介氏(ヴァンジャケットを経営。当時のファッションリーダー)の薫陶を受けた貞末良雄・民子夫妻が1993年に鎌倉で創業。
天然素材を生かした、自然な着心地を特徴とする最高品質のワイシャツを、4900円(税抜)で提供するというコンセプトで経営されている。

メード・イン・ジャパンの商品とサービスが受けられる“スペシャルな店”
「メーカーズシャツ鎌倉」がNYに進出したのは2012年。日本からスタッフを連れて行き、日本人だけの店をオープンしました。このため、接客も日本で行っていたものを英語に変えただけで、そのまま行いました。しかし、それが逆にニューヨーカーを含め、世界中から集まってくる顧客にスペシャルナ店として評価されました。  

外国人が心地よいと思う日本的「お・も・て・な・し」
日本では当たり前になっていますが、お客さまの様子を見て「あの人は試着室に入りたいのかな」と感じたり、あの辺りを見ているということは「あのブルーのシャツが気になっているのかな」と自然に察して、サッと商品をお出ししたり、お声掛けをして試着室へ案内するだけなのですが、それがどうも驚かれるようです。

どこが心地よいのか分からないが「ワンダフル!」「ありがとう」
これまで単一民族として歴史を積み重ねてきた島国・日本の民族的気質なのかは分かりませんが、この“察する能力”が接客サービスに生かされているのかもしれません。現地のお客さんに何が特別に優れていると思うか尋ねても、どうも表現しにくいようで、帰ってくる言葉は「ワンダフル!」「グレートサービス」なのだそうです。

10年間、伝統として受け継がれる「販売の在り方(7項目)」(※)
これは、「販売スタッフが最小限習得する技術をもう一度、各店で練習・研究するようにお願いします」として10年前に配布された資料だそうです。その6番目に「販売は技術です。自分に無い技術を持っている人の技術を盗んで下さい。お客様が今、何を望んでいるのか、その空気を読み、適切な対応を心がけて下さい」があります。

●他の6項目も、接客に対する基本と、シャツメーカーとしての心得がシンプルに書かれているだけですが、それらがスタッフ全員に浸透しているところが凄いですね。

※:『鎌倉シャツ 魂のものづくり』(丸木伊参著/日本経済出版社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

好みの色でわかる仕事の適性(だだし「あくまで参考」程度に)

下記の自分の好きな色の欄に、今就いている仕事があったら天職かもしれませんし、自分の仕事に満足していないというなら、新しい分野を探してみるのも悪くありません。一般には自我に目覚めて最初に好きになった色が本当に合っていると言われますが、成長とともに好みは変わることもあるので、決めつけないようにしましょう。

:人を巻き込む情熱と外交的な性格を生かす
政治家、実業家、経営者、マスコミ関係、音楽家、営業管理職
※太字は、この色にしか登場しない職業(最下段参照)

ピンク:人にやさしい性格を生かす
教育者、研究者、料理家、美容室、保育士、看護師
:好奇心旺盛で持ち前のセンスを生かす
芸人、芸能人、実業家、営業、評論家、コンサルタント、カウンセラー

オレンジ:頭の回転の速さと明るさを生かす
営業、販売員、キャビンアテンダント、建築家、デザイナー
紫:クリエイティブな仕事で感性を生かす
芸術家、デザイナー、カラーアナリスト、タレント、歌舞伎役者

緑:調和な性格と調整の能力を生かす
企画・営業、医者、生産者、農業、販売員
青:知性や慎重さを生かす
事務、公務員、弁理士、教育者、政治家

白:困難にも向かっていく前向きな性格を生かす
実業家、料理人、美容家、タレント・女優
黒:競争を勝ち抜ける力を生かす
学問の権威者、研究者、デザイナー、作家

多様性(複数色に登場)ある職業と独自性(1色のみに登場)のある職業
3色にまたがる職業:実業家(含む経営者)、営業(含む販売員、企画・営業)、デザイナー、タレント(含む女優・芸人・芸能人・歌舞伎役者)
2色にまたがる職業:研究者、政治家、教育者、美容室(家)、料理人(家)
1色しか出てこない職業:マスコミ関係、音楽家、営業管理職、保育士、看護師、評論家、コンサルタント、カウンセラー、キャビンアテンダント、建築家、芸術家、カラーアナリスト、医者、生産者、農業、事務、公務員、弁理士、学問の権威者、作家

参考文献:『知って役立つ色の事典』(七江亜紀監修/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

色の好みによる相性診断「お互いを補い合える色がベター」

前回の「色別性格分析」で、好きな色からある程度の性格がわかりました。それでは次に、それぞれの色を好む人たちとどのような付き合い方をしたらいいでしょうか? 実は、同じ色を好む人の相性が、一概にいいとは言い切れません。むしろ、自分のマイナス面を補ってもらうために、違う色の人を探すことが大切なのだそうです。

あなたと相性のいい色、配慮が必要な色は?
【赤のケース】 赤の男性は白を好む知的な女性や、赤やオレンジなどが好きな活発な女性とリズムが合いやすいです。また、赤の女性は地に足がついた冷静な青や、清潔な白の男性にひかれます。
青は相手のことを優先して考える人が多いので、情熱的で前へ出ていく傾向がある赤の人は、青いタイプの相手を、ときには思いやって行動することが必要です。

【黄と紫のケース】 黄色は頭の回転が速く、論理的なタイプなので、男女ともに、感性で自由に生きる紫の人にひかれます。個性のある紫は、黄色にとってはライバルのような存在でもあります。社交的で話好きな女性は、知識欲がある男性との出会いがあれば、互いによいパートナーシップを築いていけるでしょう。

【緑のケース】 緑が好きな男性は、ベージュを好む、心身をいやしてくれるタイプの女性と相性がいいでしょう。また、女性は、ピンクを好む心の広い男性との相性がいいようです。

青と白はさまざまな要素で惹きあうことが多い組合せ!
【青と白のケース】 青が好きな人は、同じく青が好きな同じ系統の人が好きだったり、逆にオレンジのような、自分にはない社交性を持っている人にひかれたりします。白と青の組み合わせがさわやかな配色であるように、青が好きなさわやかで誠実な男性は、白が好きな清楚な女性との相性がいいでしょう。
また、青は探求心の強い人が多いので、高い理想へと導いてくれる白の女性とも合います。一方女性は、仕事や経営のパートナーとしての男性を求める傾向があり、赤や白を好む男性と合うでしょう。

【黒のケース】 黒が好きな男性は、ピンクが好きな女性との相性がいいです。ストイックさのある黒なので、ピンクの女性が優しく包み込んでくれることでしょう。女性は赤紫の好きな人と相性が◎。まれにですが、黒が好きな人は自分本位な面も持ち、パートナーは不要と考えることも。

参考文献:『知って役立つ色の事典』(七江亜紀監修/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

好きな色を知ればその人の性格もわかる「色別性格分析」

どうして自分はいつも同じ色の服ばかり選んでしまうのだろう? と思ったことはありませんか。どうやらそれは、“こうしたい=この色を選んでみたい”願望とは別の、もともとの性格やその時々の出来事の心理的影響が出ているからのようです。自分を知ると同時に相手に関心がある場合は、「色別性格分析」を一度試してみましょう。

気づかないうちに“人の性格”は色使いに表れる
【赤色が好きな人の傾向】 活動的で行動力があり、自分をアピールすることに長けています。ただ、情が深いゆえに、自分の感情の起伏も激しくなってしまいがち。周囲が確りと盛り立ててくれると、素晴らしいリーダーシップを発揮できるでしょう。

【ピンク色が好きな人の傾向】 教養豊かで、裕福な家庭育ちに比較的好まれ、温和で、傷つきやすい面も持ち合わせています。また、空想に耽けったり(素敵な結婚や恋愛を夢見る)します。気配り上手でもあり、依存する性格の人が多いようです。

【黄色が好きな人の傾向】 人気者のタイプで、人を笑わせることに楽しみを見出します。文化的志向があったり、数字にも強いといった知性の持ち主であるとも言われています。また、独自のアイディアをビジネスに生かせるタイプです。

【オレンジ色が好きな人の傾向】 頭の回転が速く、社交的で集団行動を好みます。誰にでも同じように接することができる人が多いのも特徴。また、デザインや色彩についても敏感で、美的なセンスを持っています。

【緑色が好きな人の傾向】 礼儀正しく、素直で表裏の少ない性格の反面、警戒心が強い人が多いようです。また、好奇心は強いものの、行動自体には慎重です。繊細で思慮深く、物事を見極める力を持っています。

【青色が好きな人の傾向】 グループ内の和を大切にする調整派のタイプ。特に明るい青を好む人は感性が豊かで表現力があります。また、紺などを好む人は地道な努力家で、着実に出世する力があります。

【白色が好きな人の傾向】 白が持つ品のよさや純粋さ、美しさにあこがれを抱く理想主義タイプ。高い理想に対しては努力を惜しみません。また、心優しく、家族思いが多いタイプでもあります。

【黒色が好きな人の傾向】 都会的なセンスを持つタイプで、洗練された生活スタイルを好みます。社会的なバランス感覚に優れているので、人を導くことに向いています。また、知性に重きを置く傾向があり、自分も身につけたいと強く願っています。

参考文献:『知って役立つ色の事典』(七江亜紀監修/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

栄養価たっぷりの赤い食品で、朝からエネルギーをチャージ!

赤は生命の源。トマトのリコピン、いちごのビタミンCなど栄養価に優れた食材が多く、生きる力がわいてくる色であり、交感神経を刺激する色としても知られています。朝食のとき赤を見ると血液も循環し、血圧が上がりパワーがみなぎる場合も。ただし、お皿やクロスの色分量はアクセント程度にし、さりげなくまとめましょう。

赤のカラフルフード【ポイント】補色の緑と合わせて
赤いトマトもガラス皿に盛ると、華やかな上、とても涼しげに見えます。相性のよい補色の緑の葉を加えて、トマトの赤色をさらに引き立てましょう。トマトと同じ色の赤い刺繍入りのクロスを敷くとおしゃれな仕上がりに。クロスは薄い緑系も合います。

赤のテーブルセッティング【ポイント1】皿は赤の縁取り程度
赤は料理をおいしく見せる効果があります。ただし、赤はアクセント程度に添えるのがポイントです。
【ポイント2】クロスは赤を控え目に
クロスは全面赤色にすると刺激が強くなってしまうので、赤のラインや柄など、色の分量を控え目にしましょう。
【ポイント3】赤の色みを合わせる
フォークの柄とお皿の柄を同じ色みにすると、色のバランスがとてもよくなります。

赤の食材&食器で、朝の食卓を元気に!
赤はエネルギッシュな色で、食欲がないときの食欲増進に効果があります。朝に赤を見れば、目覚めやすくなるので、一日の始まりには食卓には欲しい色です。赤の食材があればベストですが、無い場合はコップや箸の色を赤にするなど、食器でも取り入れるようにしましょう。

照明の効果で、食事をもっとおいしく
料理をおいしく見せる、赤みのある照明はレストランやスーパーなどでよく使われています。家庭の食卓の照明が青みがかっている蛍光灯なら、赤みのある電球に変えてみてください。料理が鮮やかに映り、今までよりもっとおいしく味わえるでしょう。

ピンクのお皿が甘みを強調、食べ過ぎの防止にも
ピンクのテーブルコーディネートは、料理の甘みをより強く感じることが多いと言わます。それは桃やイチゴのアイスクリームなど、実際に甘みのある食べ物を連想させるからです。お皿に乗せるだけで、食べ過ぎ防止、糖分の摂り過ぎなどを防げます。

参考文献:『知って役立つ色の事典』(七江亜紀監修/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

「赤」はシックからカジュアルまでコーディネートの主役に

生命を象徴する赤は、その強い印象から良くも悪くも使うアイテムに注目が集まります。広い面積でとり入れれば目を奪われるようなインパクトや、溢れんばかりの情熱を感じさせてくれます。また、小物でとり入れるときは、他の小物はモノトーンにすれば、生き生きとした個性をプラスでき、同じく赤系にすれば締まります。

異性にアピールしたいときのお勧めは、まず第一に「赤」
女性の場合は、意中の男性の気を引きたいときに、男性の場合は、自分を奮い立たせていつもと違う自分を演出したいときなどのおすすめの色とも言えます。また、身につけている人と一緒にいるだけで周りが後押しされるので、何か大勢で一つのことに取り組むときなどは、ファッションにとり入れると団結力が増します。

赤を着るときの3か条
(1) バランスよく使えば、誰にでも似合う色なので、気負わずに着てみましょう。
(2) 組み合わせるアイテムは、赤を引き立てるもので控えめがよいでしょう。
(3) アクセサリーや小物など、ポイント使いが初心者にとってはおすすめ。

赤と相性の良い色
暗めの赤×ベージュ:優しい印象のベージュに個性を出すアクセントカラーとして。
鮮やかな赤×ライトグレー:グレーのコーディネートに一枚はおって華やかに。
赤×済んだ青:シャツに赤のボトムスを合わせて新鮮な色合いのスタイリングに。

ワンポイント・アドバイス「男性」 インパクトのあるクラシカルスタイルを
男性が赤を主役として着る場合は、トーンを落としたえんじ色なら入りやすいです。思い切って赤を使った分、他は淡い色でバランスを取れば、メリハリのあるコーディネートになります。
赤のネクタイでやる気を後押ししてもらいましょう。ワインレッドは人気色です。
赤のカーディガンで落ち着いた大人の印象。ざっくりとしたタイプがおすすめです。

ワンポイント・アドバイス「女性」 大胆に赤をとり入れてエネルギッシュに
元気カラーの赤を大胆に投入すれば、はつらつとした印象に映ります。また、赤をちりばめた柄小物は、他のスタイルの差し色としても使えて便利です。ポイントに赤があるだけで、周りの目にもとまります。
鮮やかな赤の傘を手に持てば晴れ晴れとした心持に。軽快な足どりになるかも。
女性なら一足は持っていたい憧れの赤いパンプス。エレガントなルックスに。

参考文献:『知って役立つ色の事典』(七江亜紀監修/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

「赤」それは、人を引きつける力があり、シンボルによく使われる色

2000年の第43代大統領選挙では、接戦を繰り広げていたブッシュとゴア、ライバルの2人が偶然ペアルックでテレビ討論に出演しました。その服装は白いシャツに紺のスーツ、赤いネクタイでした。第44代大統領オバマも好んで赤いネクタイを使います。JFKのスタイルは、大舞台にふさわしい勝負服として定着した感があります。

赤いネクタイを使ってよいとき、悪いとき(※1、※2)
赤のネクタイは主張が強いので、リーダーシップを取りたい場面ではお勧めです。また、リーダーシップのある上司は熱血漢で愛社精神が強いので、赤いネクタイでやる気をアピールすると効果があります。しかし、クレーム対応時だけは、挑発的で反省の色が見えないと受け止められかねないので、「グレー」や「茶色」が妥当です。

「赤」を見たり、身につけたりすることで、やる気や食欲が沸き起こる(※3)
エネルギーを沸き起こしてくれる赤は、食欲もアップさせてくれるので、キッチンの調理器具や、ダイニングテーブルのクロスやお皿などにとり入れるのがおすすめです。赤に刺激を受け、気持ちを前向きにしてくれる物質の正体はアドレナリン。その力を借りて、実際に赤い下着を着て試合に挑むスポーツ選手もいるほどです。

銀行のテーマカラーが与える印象(※1)
銀行の看板で多く見られるのは赤い色のものです。次いで、青や緑の看板も多く見かけられます。これらの看板には、それぞれどんな狙いがあるのでしょうか。赤には人の行動を誘発する効果があります。また、勢いを象徴する色でもあるため、赤い銀行を選ぶ人はスピーディーな対応を期待している傾向があるそうです。

証券会社は、赤で素早い決断をアピールしている
証券取引には素早い決断が要求されるので、証券会社の企業カラーには行動力をイメージさせる赤が使われることが多いのだとか。赤の効果を日常生活の中で私たちが体感するのは消防車です。サイレンの影響もあるでしょうが、実際のスピードよりも速く走っているように見えます。これは迫ってくるような赤い色の効果だそうです。

スピーディーな赤はプレゼン資料にも、POPや価格表にも効果抜群
プレゼンで、提案結果がすぐに出ることをアピールしたいときは、グラフのポイント部分を赤系統でまとめましょう。データと色の力が合わさり早さが伝わります。実は、赤の効果に私たちも日頃から踊らされています。「赤字で書かれた値段は特価」という暗黙の了解があるため、赤字の値札を見ると、ついつい手を出してしまうのです。

※1:『使える色彩学』(ビジネスカラー研究会/洋泉社)
※2:『「気遣い」のキホン』(三上ナナエ著/すばる舎)
※3:『知って役立つ色の事典』(七江亜紀監修/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

1960年の米国大統領選挙で言語情報を非言語情報が凌駕した!?

本ブログでは「赤」をテーマに2回(2011.5.14「頭にパッと浮かぶ“赤”」、2012.07.26「赤い色の不思議」)※を書きましたが、閲覧いただく回数が非常に多いことに驚かされております。今回、色彩に関する面白い本数冊と出合いましたので、前2回の補足のつもりで「赤」を中心に「色彩」のことを書かせていただくことにしました。

なぜ、「赤いネクタイ」が“パワータイ”と言われるようになったのか
あまりにも有名なお話ですから、ご存知の方が多いと思います。赤いネクタイが強烈なインパクトを与えたのは、1960年の第35代米国大統領選挙でした。このとき初めてテレビ討論が行われました。登場したのは前副大統領ニクソン(優勢が伝えれていた)と新進気鋭のJ・F・ケネディ(経験不足が懸念されていた)です。

2人のファッションメイクは正反対だった(※1)
メーキャップを施し、服装(紺のスーツ・白いシャツ・赤のネクタイ)もテレビ映りのよいものを選んだケネディに対し、ニクソンは、見栄えよりも議論の内容が重要だと考え、服装もいつも通り(グレースーツ・白シャツ・くすんだ色のネクタイ)で臨みました。そしてこの違いが形勢を変えたといわれます。

●赤には「熱い、情熱的、血だらけ、ぞっとする、燃える、革命的、危険、活動的、攻撃的、愛着、衝動的、露骨、無一文、停止!」などの心理的効果があるといわれます。ケネディ陣営は、経験不足をカバーするため、会場の聴衆に赤の持つポジティブ要素「情熱的」「活動的」「愛着」を、若さの可能性としてアピールしました。

ラジオからの言語情報はニクソンがケネディを圧倒したと感じさせたが・・・
ちなみに、1960年当時はカラーテレビが普及しておらず、国民には「赤いネクタイ」の色は届いていません。また、議会開催中のためラジオで言語情報を聞いた政治関係者の多くは、ニクソンの勝利を確信したそうです。それを覆したのは、会場の聴衆がケネディの服装から受けた好印象(非言語情報)を全米に広めたためだったかも…。

トータルコーディネートが色彩の持つ心理的効果に真逆の結果をもたらした
色の心理的効果には明と暗が同居します。ケネディが着たスーツのブルーには、「平静、忠誠、明確、平和すばらしい、水っぽい、衛生的、保守的、慎重、霊的、信頼できる…」、一方ニクソンのグレーには、「中立、安全、うまくいっている、裕福、レトロ、慎重、冬の、古い…」の心理的効果があり、太字部分が印象に残った可能性も。

※1:『使える色彩学』(ビジネスカラー研究会編著/洋泉社)

※2011.5.14「頭にパッと浮かぶ“赤”」:
http://leaf-wrapping-lw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/58-49fb.html
2012.07.26「赤い色の不思議」:
http://leaf-wrapping-lw.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-1c92.html

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

時代と共に言葉は変わって行く  『間違いやすい日本語1000』より

今回は、時代とともに変化する言葉を取り上げました。言葉の変化については、金田一春彦氏が自著『日本語は 京の秋空(※1)』に次のように書かれています。

「言語学者は、言葉が乱れている、とは言わない。変化している、と言う。『乱れている』というのは、変わっていくことにマイナスの評価を与えていることになる。「変化する」というのは価値的に中立である。変わるのが当然であり、それはいいとか悪いとかの問題ではない、というのが、科学的であろうとする学者の態度である」と。

「世論」は、「よろん」「せろん」どちらの読み方をしますか?
平成15年度の文化庁の調査では、「よろん」が73.6%、「せろん」が18.9%と、圧倒的に「よろん」が多い状況です。もともと「よろん」と「せろん」は違う言葉でした。「よろん」は「輿論」と書き、世間一般の人に共通した意見のことで、「せろん」は「世論」と書いて、世間のうわさ・風評などのことをいいました。

ところが、当用漢字表に「輿」の字が入らなかったため、新聞などで「よろん」を「輿論」と書けなくなり、別の言葉だった「世論(せろん)」を、「世間一般の人に共通した意見」の意味で、輿論の代用として使うようになりました。このため、「世論」を「よろん」と読む人がしだいに多くなり、放送でも「世論」は「よろん」と読みます。

「とんでもない」の丁寧な言い方として「とんでもございません」は正しいか?
「ない」が「自信がない」のように否定の助動詞として独立している場合は、「自信がございません」と言い換えられますが、「とんでもない」は「だらしない」「みっともない」などと同じで、「~ない」まで含めて一つの言葉とされています。そのため、「とんでもございません」という言い方は「伝統的な語法ではない」とされます。

丁寧に言いたいのなら、「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」、もしくは直接「です」をつける「とんでもないです」でもよいでしょう。しかし、最近の傾向から文化庁では、相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現としては、「とんでもございません」でも問題がない、という見解を示しています。

感動したとき、皆さんは「鳥肌が立つ」と言ったりしませんか?
本来「鳥肌が立つ」は、寒いときのほか、恐怖や精神的ショックを表現するときに使う言葉ですが、感動したときにも使うという人が多くなってきています。NHK放送文化研究所が、「鳥肌が立つような深い感銘を覚えた」をどう感じるかと聞いたところ平成4年には32%だった「おかしくない」が、平成10年には62%と増えていました。

参考文献:『NHKアナウンサーも悩む 間違いやすい日本語1000』(NHKアナウンス室編著/NHK出版)
※1:『日本語は 京の秋空』(金田一春彦著/小池書院)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »