« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

貴族の館には小型のクローゼットしかない!?  10着のワードローブ(2)

~聴くStory~音声版はこちら
ホームステイの初日、マダム・シックとムッシュー・シックは揃って出迎えてくれた。紅茶を飲み終えると、マダム・シックが声をかけてくれた。「夕食前にお部屋で一息つきたいでしょう。案内するわ」。この瞬間をわたしは心待ちにしていた。こんなに美しいアパルトマンだから、わたしのお部屋もさぞかし……と期待が高まった。

お部屋はとても素敵だった。シングルベッドには緑のベルベットのカバーが掛けられ、天井まで届く大きな窓の両側には草花模様のカーテンが掛かり、窓からは絵のように美しい中庭を眺めることができた。勉強にちょうどいい大きさの机もあり、小型のクローゼットもあった。

え、ちょっと待って。小型のクローゼット?
それまでは何もかも順調だったのに、突然、頭が真っ白になりそうになった。思わず、荷物で膨れ上がった大型の2つのスーツケースに目をやった。
これがクローゼットなの?
クローゼットの扉を開くとハンガ_ーがいくつか下がっているだけだった。わたしはとうとうパニックした。こんな狭いところに半年分の服を全部しまっておけというの? うそみたいだけど、どう考えてもそうにちがいなかった。

やがてすぐにわかったのだが、この家の人たちには、これくらいの小さな収納で十分だったのだ。というのも、各自10着くらいのワードローブしか持っていなかったから。ムッシュー・シックも、マダム・シックも、息子さんの、持っている服はどれも上質なものばかりだったけれど、彼らは同じ服をしょっちゅう繰り返し着ていた。

たとえば、マダム・シックの冬用のワードローブは、ウールのスカート3~4着に、カシミアのセーターが4枚、シルクのブラウスが3枚(パンツはめったに穿かなかった)。ムッシュー・シックのワードローブは、グレーのスーツ2着、紺のスーツ1着、セーター2~3枚、シャツが4枚、それにネクタイが2~3本。

最小限のワードローブで事足りる家庭は、パリではめずらしくなかった
悩んだあげく、他の家庭にホームステイしているアメリカ人の留学生にも訊いてみたところ、やはりみんなの部屋にも大きなクローゼットはなかった。ということはフランス人はクローゼットが狭いから10着のワードローブしか持っていないのだろうか? それとも10着しか必要ないから、狭いクローゼットでも十分なのだろうか?

参考文献:『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット著/大和書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

 

 

 

 


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣  10着のワードローブ(1)

~聴くStory~音声版はこちら
今回紹介する本『フランス人は10着しか服を持たない』は、著者が学生時代にホームステイで学んだ「素敵なパリの暮らしの秘訣」を紹介したライフスタイルブログ(2008年よりスタートし大反響を呼ぶ)を纏めたもの。アメリカの物質主義に踊らされている生活に異を唱え、美しく心豊かな暮らしやシックなおしゃれを提案している。

表紙カバーに書かれた素敵なメッセージ
間食はせず、食事を存分に楽しむ。/上質な物を少しだけ持ち、大切に使う。/日常のなかに、ささやかな喜びを見つける。
典型的なカリフォルニアガールだった著者は、フランス貴族の家にホームステイすることになる。その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、毎日を“特別な日”のように生きること

日常が突然、特別なものに見えてくる(本書の書き出し)
リビングの布張りのアームチェアで、ゆったりとくつろぎのひととき。刻みタバコの香りがふんわりと漂っている。天井まで届く窓からは、パリの街のやさしい夜風がそっと流れ込み、ゴブラン織りの美しいカーテンは優雅なひだを描いて、たっぷりと床に垂れている。

ヴィンテージのレコードプレーヤーから聞こえてくるのは、クラシック音楽の調べ。食器はもうほとんど下げられ、ダイニングテーブルの上に残っているのは、食後のコーヒーのカップとパンくずだけ――“フロマージュの王様”カマンベールチーズを載せてみんなでぺろりと平らげた、焼きたてのバゲットのかけら。

ムッシュー・シックは静かにパイプをくゆらせている。音楽に合わせてゆっくりと首を振っているその様子は、まるでオーケストラの指揮者みたい。息子さんはポートワインのグラスを片手に、窓辺に佇んでいる。マダム・シックはキッチンから戻ってくると、シルクのブラウスとAラインのスカートに覆っていたエプロンを外す。

満足そうにほほえむマダム。わたし(著者)も手伝って、テーブルの上のコーヒーカップをふたりで片付ける。こうして今日も、パリで満ち足りた一日が過ぎていく――人びとが生き生きと素敵に暮らしているこの街で。

●この文章の後に、本書タイトルとなったエピソードが綴られますのでお楽しみに。なお、ワードローブ(wardrobe)はデジタル大辞泉に「衣装戸棚」「洋服だんす」「個人の持ち衣装」とありますが、本文では「個人の持ち衣装」の意で使われています。

参考文献:『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット著/大和書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

 

 

 


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

生きるために欠かせないメモとは   ビジネスに欠かせないメモ術(10)

メモシリーズの最後は、生きるために必要な「メモ」についてです。今回メモシリーズを書こうと思い立ったのは、新入社員研修の時期もありましたが、もうひとつの要因に、『ぼくは物覚えが悪い』という本を読み、とても感動したからでした。とはいっても、メモに関しては最後の方に2度出てくるだけなのですが・・・。


精神医学史上に大きな足跡を残したヘンリー・モレゾン

1953年、てんかん治療のための脳手術から目覚めた27歳のヘンリー・モレゾンは、別の深刻な障害を負っていました――手術後に新しく経験した出来事をなにひとつ記憶できなかったのです。こうして重度の健忘症患者となったヘンリーは、永遠に「現在」のないなかに閉じ込められてしまいました。

しかし誰が予測したでしょう、やがてあまたの医師がこの不幸な、しかし精神医学史上に珍しい患者に注目し、彼の脳とその症例があらゆる方向から精査され、ひとつの医科学分野を根底から刷新することになろうとは。この本は、研究者として彼に40年以上寄り添った神経科学者自身が余すところなく描いた、驚きと感動の実録です。


ヘンリーの生活習慣を規則正しいものにした「メモ」

ヘンリーは夕方には、フカフカの肘掛け椅子に座ってテレビを見たり、クロスワードパズルを解いたりしました。へリック夫人(看護師資格を持った親族)が「9時半には消すこと」というメモをテレビに張り付けておいたので、ヘンリーは必ずこれを守りました。9時半から10時には自ら進んで床についたのです。

彼は両親や親せきを認識し、学校の友だち、住み暮らした家々、一家で過ごした休暇は覚えていました。学校で学んだ歴史上の出来事は思い出せたし、語彙も豊かで、歯磨き、ひげ剃り、食事など日常の細々としたことはこなせました。しかし、1977年に彼の唯一の支えだった母親が入院後に亡くなってしまいます。


2枚の「メモ」がヘンリーの心の不安を解き放ってくれていた

母親がいない理由を知らない(今日が何日か、朝食に何を食べたか、数分前に話した内容を思い出せない)ヘンリーは、彼女がいない状態に慣れるのに苦労しました。彼はよく両親はいつ会いに来てくれるのかと尋ねました。その年の暮れ研究所のあるメンバーが、彼が2つのメモを書いて財布に忍ばせているのに気づきました。

一方のメモには「父さんは死んだ」、もう一方には「母さんは老人ホームにいるけど元気だ」と記してありました。へリック夫人に促されたのか、あるいはこれらのことを聞いたときに自分で書いたのかは不明ながら、このメモがあったおかげで、彼は両親の所在がわからないという不安から逃れることができたのでした。

参考文献:『ぼくは物覚えが悪い』(スザンヌ・コーキン著/早川書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

トップクリエイターのアイデアメモ ビジネスに欠かせないメモ術(9)

『トップクリエイター26人のアイデアノート』という本を見ていたら、その内の12人の文中見出しに「メモ」が登場することに気づきました。前回、斎藤孝氏の「アイデアマンほどメモする習慣がある」を紹介しましたが、まさにそれを証明するような事例といえますので、今回はその内容をほんの少し紹介します。

クリエイターの頭の中を覗いてみたい
それなら彼らがつけているノートを見れば、思考の片鱗がうかがえるかもしれない。
そうした思いから、さまざまな分野で目覚ましい活躍を見せるクリエイター26人に密着取材を敢行してまとめた本とのことです。彼らが仕事の中で、どのような内容をメモし、それがどのような成果につながったのか…代表例をひとつ取り上げましょう。

ピンクのクラウンを生み出した「メモ」の内容は・・・
女優の松島菜々子さんがビート・たけしこと北野武氏を相手にピンクのクラウンを颯爽と乗りこなすコマーシャルの記憶が残っていらっしゃる方も多いと思います。このクルマを企画した副田高行氏(グラフィックデザイナー/アートディレクター)が本の3人目に登場し、ピンクのクラウン誕生の秘話を生々しく語られています。

メモはありあわせの紙で十分、アイデアのヒントは本屋にあり
頭に浮かんだことは、もらったメモ用紙などありあわせの紙に書き、「アイデアは、デスクに向かって出すことはほとんどなくて、散歩中や自動車の運転中、就寝前などに浮かぶことが多いですね」と副田氏。また、アイデアを出すためによく行くのが本屋さんだそうで、「私は、本屋は“宇宙”だと思っているんですよ」とのこと。

約束事を取り払ったCMで、見る人の注意を引きたい
(編集者が)見せてもらったメモには、「フロントを見る北野さん」と「ピンクのクラウン」という文字とともに、簡素なスケッチが描かれていました。そしてこれがそのまま、トヨタ自動車のクラウンのイメージ広告になりました。

「クラウンのイメージアップ戦略として、どんな広告を打てば面白いのかをよく考えた結果、みんながびっくりするようなピンク色のクラウンを作ろうということにしたんです」。実際にできあがった広告は、ほぼ副田氏のメモのままでした。

一連の広告キャンペーンは功奏し、ピンクのクラウンに予想を上回る数百台の予約が入ったのはご存知の通りです。「メモ」の力恐るべしですね。ちなみに、時代を席巻する広告を生み出す副田メモは、ほとんど仕事が終わるとすぐに捨てられるそうです。

参考文献:『トップクリエイター26人のアイデアノート』(ブレーン編集部編)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

頭によぎった暗黙知をメモする   ビジネスに欠かせないメモ術(8)

普通の人とアイディアを多く生む人のちがいのひとつに、フッと頭によぎったことをメモする習慣の「あり」「なし」があるそうです。優れた暗黙知を持っていても、それが言語化される前に(メモしない)また暗黙知の海に流されてしまいます。それは参考文献の著者・斎藤孝氏に言わせると、アイディアの浪費でしかないのだと…。

アイディアマンほどメモする習慣がある
どんな人でもふとしたアイディアを長い時間覚えていることはできないものです。一度書き記しておけば、それがひとつの取っ掛かりになって、あのときこう考えていたということがズルズルと芋蔓(いもづる)式に出てきます。キーワードがいくつか書いてあれば、その芋蔓の蔓までドンドン出てくることになります。

暗黙知がフッと波頭のように表に出た瞬間を逃さずとらえる
これが一個だけですと、芋一個になってしまうので、体系的なアイディアに結びつきません。それでは掘り起こしてみても、「もうちょっとあったんだけどなぁ」と後悔するのがオチです。ワードの連関をして3つ4つ書いておけば(グループで言葉をメモしておくということ)、蔓の連関ができ、ズルズルと引き出すこともできます。

メモを取ることは習慣であり、技です
やっている人は常にペンをもっています。そういう用意のない人はそもそもペンをもって歩かなくても平気でいます。私は手帳と三色ペンがないと、どんな場合も不安で落ち着きません。フッとアイディアが浮かんだとき、それをつかまえておけないからです。網をもたずにいきなり魚群と出会うのは、もったいなさすぎますから。

宮沢賢治は、歩くときには首からペンをぶら下げていた
彼は、詩が思い浮かんだら歩きながらその場で手帳に書き込んでいました。私は『宮沢賢治という身体』(世識書房)という本を書いたとき、「外を歩きながらメモする」という賢治の習慣を、想像力を支える重要な技として取り上げました。みんながいつもペンをぶら下げて歩けば、ずいぶん変わります。

●斎藤孝氏はベストセラー『声に出して読みたい日本語』の著者でもあり、『3色ボールペンで読む日本語』という著作もあります。「自分のアイディアをメモする習慣をもつということは、自分の暗黙知と常につきあうということ」と語りつつ、本文にも出てきましたが、3色ボールペンでのメモの効用を説かれています。

参考文献:『会議革命』(斎藤孝著/PHP研究所)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

話したい気にさせないメモの取り方   ビジネスに欠かせないメモ術(7)

前回は「話したい気にさせるメモの取り方」でしたが、今回は、まったく逆のケースです。下記1~5のようなメモのとり方をする人は嫌われるそうです。5つのパターンに1つでも思い当たる部分があったら注意してください。なお、録音ツールに関しては、前回は肯定的でしたが、今回は全く否定的な捉え方になっています。

(1) 下ばかり見ている
メモをとることに集中しすぎて、手もとに目線が集中している人がいます。それどころか、ほとんど相手を見ずに、下を向いたままどんどん質問をしていることさえあります。このように質問されたら、相手はどのような気分になるでしょうか? 「この人は、私の話をちゃんと聞いているのかな」と不快に感じるはずです。

(2) 音を立てながら殴り書きする
勢いよくメモをとるあまり、カツカツと大きな音を立てている人がいます。相手は、その音が気になってしまい、話すことに集中できないばかりか、テンポを崩されだんだんと話すのが苦痛になります。また、書き方(特に殴り書き)にも気をつけましょう。自分の話した言葉が雑に扱われているように感じられ、不快になります。

(3) ノートパソコンでメモする
ノートパソコンを開くと、画面の部分が相手との壁となり立ちふさがります。小さな壁とはいうものの、相手に対してなんとなく心理的な距離を感じさせます。その上、画面に意識が向かうことから、相手より画面を見る時間が長くなり、相手に疎外感を感じさせることがあり、ひいては嫌な思いに発展する危険性が高いのです。

(4) ボイスレコーダーを使用する
お客様は営業(相手の人)だけに打ち明け話をしてくれることもしばしばあります。にもかかわらず、堂々とボイスレコーダーで録音していると、お客様からすると「本音を話せない相手」となってしまい、嫌われかねません。こうしたことから、商談でのボイスレコーダーの使用はおすすめできません。

(5) ノートを開いているのにほとんど書かない
ノートや手帳を開いたからには、自分の話をしっかりと書いてくれるだろうという期待が相手には働くものです。ところが、相手が話している間中、ノートや手帳を開いたままほとんどペンを走らせない人がいます。そうなると、「この人は、私の話に興味がないのではないか?」という疑念を抱き、話す意欲が失せることがあります。

出典:『できる営業マンのためのメモテク ちょっとしたことを書きとめておく技術』
松井達則著/かんき出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

話したい気にさせるメモの取り方   ビジネスに欠かせないメモ術(6)

メモを取ることのもう一つの意味は、熱心に聞いていることをアピールすることです。たとえばあなたが記憶術の達人だとしても、相手から話を聞いているときは、メモを取るくせをつけましょう。メモを取っていないと、話している人は「この人、本当にあとで思い出せるのかな?」と不安になります。

また「それが聞きたかった」という情報が聞き出せたときにペンを走らせてメモを取ると、話し手もそれを見ていますから、「こういう話が聞きたいんだな」という合図にもなります。逆にほとんどメモを取られないと「話が役に立っていないのだろうか」と不安になります。

「聞く」妨げにならないメモの取り方
メモを取ることは大事ですが、それに必死になって聞く態度が失礼なモノになってしまっては本末転倒です。特にパソコンでメモを取りながら聞く場合は要注意です。ずっとパソコンを見続けると話を聞いてないと思われることが多いため、「要所要所で相手を見る」「相槌は目を見て打つ」ということを徹底しましょう。

ボイスレコーダーよりも音声録音アプリがおすすめ
録音が許されているシーンでは、相手の了承を得てから、積極的に録音ツールを使いましょう。ボイスレコーダーは一般的な機器ではないため、「いかにも録音されている」という印象を相手に与えてしまいますが、iphoneは身近な機器のため、テーブル上に置いてあっても、違和感を与えません。

オフレコの話を聞くときの注意点
どのツールで会話を記録するにしても、もし相手が「ここだけの話ですが」「オフレコですが」と言った場合には、記録機器を相手の目の前でオフにしましょう。手書きの記録なら筆記用具は机の上に置きます。パソコンならキーボードから手を離します。ボイスレコーダーはスイッチを切りましょう。

たとえ聞き手が外部に流出させないと思っていても、話し手がオフレコ情報を話してくれようとしているときに構わず記録し続けるのはご法度です。目に見える形で、その話を聞く準備ができていることを示す必要があります。こういった一つ一つの動作が、相手が「この人には話して大丈夫だ」と胸襟を開くきっかけになっていくのです。

出典:『外資系コンサルタントに学ぶ聞き方の教科書』(清水久三子著/東洋経済新報社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

目標を2つ持つという柔軟な発想法  ビジネスマンのためのメモ術(5)

自分で目標を立てて取り組めるようになると陥るのが、ハードルの高い目標設定です。目標達成の自信があるから理想が高くなります。しかし仕事を進めるうちに目標の高さに気づき、達成の難しさを実感します。その結果あせって失敗したり、途中であきらめたりしてしまうのです。そうならないためにはどうしたらよいでしょうか?

仕事にメリハリをつける(全力投球と余力で行う部分に区分けする)
書で言えば、文字の大小、濃淡、太い細い。写真で言えば、光の明暗。運動で言えば、力の入れ方の強弱。つまりテンションとリラクゼーション。それらのメリハリがきいたものを、いい作品といい、いい体の動きといいます。仕事も同じで、全力投球するところと、余力程度でするところを分けなければならなりません。

この区分けを自衛隊流に言えば「必成目標」と「望成目標」となる
「必成目標」とは必ず達成しなければならない目標のこと。「望成目標」とは達成することが望ましい目標のこと。時と場合によっては、望成目標を切り捨てることもあります。我(われ=味方)の隊力(組織の持つ力)が十分にない場合はやむを得ないからであり、必成目標達成に持てる力をすべて集中するためでもあります。

「メモ」のメリハリとは
これをメモに置き換えると、必ず書いておかなければならないことを書き留め、書かなくてもよいことは書かない。これがメモのメリハリです。メモは正式な書類ではなく、後から見て何が書いてあるかがわかればよいのです。つまり、要点だけを後から見てわかるように書いておけばよいということなのです。

自衛隊の渡河訓練の「必成目標」と「望成目標」は・・・
「必成目標」は途中て溺れたり、流されたりすることなく全員が無事に川を渡りきって対岸に到着すること。「望成目標」は川を渡りきるのみならず対岸の敵を駆逐してしまうこと、というイメージです。メモ帳の情報を見ながら達成率の高い「必成目標」を立て実行し、目標が達成できれば次のステップの「望成目標」が見えてきます。

「望成目標」を組み立て、達成することにメモ帳が貢献
「望成目標」を立てるには、「必成目標」で使ったメモ帳の情報を検証して下地にすればよいでしょう。ここに目標を大きくするための新しい情報を加えれば「望成目標」ができます。「望成目標」を達成するには何を、いつまでに、どのようにやるかをクリアに立てて、ことあるごとにメモ帳を見て進捗を管理すれば達成が近づいてきます。

出典:『自衛隊に学ぶメモ術』(平野隆之監修・松尾隆著/マイナビ新書)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

「狭差法」という戦術的発想法  ビジネスマンのためのメモ術(4)

日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃破した連合艦隊が、確実に砲弾を適艦に命中させる戦法として用いたものに「狭差法」というのがあったと記憶しますが、今回は、この戦法が情報整理を助けてくれるというお話です。さすが自衛隊で磨き上げられた「メモ術」は奥深いものがありますね。

着実に命中率を上げるには
企画のアイデアが浮かばないからと一つひとつメモ帳の情報を読み返す。何度読み返しても企画にヒットするヒラメキが起こらない。頭の中は企画のことでいっぱいになっている。こんな行き詰まりはだれもが経験しているはずです。このような状況を打破するために自衛隊の「狭差法」を見習ってみましょう。

まず目標に照準を合わせて撃ってみる
これが風などの環境の影響や、大砲の個体差の違いで目標より遠くに着弾。すると2発目は目標の十分手前に照準を合わせて撃ちます。この着弾が目標の手前右であったなら照準の修正が行われたことがわかります。その後は目標を挟み込むように上下左右に照準を小さく修正し、着弾が目標に近づくようにすると命中率が上がります。

多くの情報を読み返すことは「狭差法」に通じる
メモ帳を読み返してみてもヒラメキがない場合は、企画に関連した情報に絞り込まず、頭の中から企画のことをいったん削除して多くの情報を読み返しましょう。そして一番遠くに位置する情報と手前にある情報を交通整理することで、必要な情報が精査されます。そして、この情報をもう一度メモすることでヒラメキにつなげましょう。

会社の目標設定にも狭差法が使える
初めから目標を当たり前のことと受け止めて決めてしまわずに、目標に付随することや目標自体の是非も考えてみる。遠回りのようですが、かえって視野を広くする方が、目標の本質を見つけやすいことがあります。一つのことに絞り込んでしまうと主観が左右されて、客観的に見られないので間違った方向に行くことがあるのです。

目標を達成できない人の多くは、目標の受け止め方が間違っている
目標の数字にとらわれてしまい、ひたすら数字のことだけを考えてしまう。目標達成には、目標が置かれている環境を知り、やり方や行動を大きく変えることが必要なのに、小手先のやりくりだけでなんとかしようとしてしまう。これでは目標達成などできません。大枠で目標を捉えてやり方を絞り込む。これが狭差法の利用術です。

出典:『自衛隊に学ぶメモ術』(平野隆之監修・松尾隆著/マイナビ新書)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »