« 要らない服はどんどん捨てる…すると恩恵が  10着のワードローブ(3) | トップページ | 1カ月の実験でよいことがたくさん見えてくる  10着のワードローブ(5) »

2015年5月 7日 (木)

自分らしい10着(大好きな服)の選び方  10着のワードローブ(4)

~聴くStory~音声版はこちら~
10着と言っても、ワードローブが文字通り10着しかないわけではない。あまり固く考えずに、自分に合ったやり方を試してみよう。「10着のワードローブ」の最終的な目標は、自分らしさを表現してくれる大好きな服ばかりにすること。そして、大切な服をゆったりと収納できるようにすることだ。

ワードローブは10着のコアアイテムを中心に構成される(2~3着なら多くても少なくても構わない)。この10着には上着類、ドレス類、アクセサリー、アンダーシャツ、は含まない。ワードローブ選びは人によって、また住んでいる場所やライフスタイルによって変わってくる。

まずは、あなたのふだんの1日の予定を考えてみよう。役員会議? PTAのミーティング? それともあなたは家で仕事をしている? 自転車に乗ることが多い? それから、住んでいる土地の気候(雪が降る、雨が多い、温暖など)や、自分自身のライフスタイルや個性(流行に敏感、流行にとらわれないなど)も考慮に入れる。

わたしが住んでいるのは、冬でも温暖な南カリフォルニア。わたしの10着のワードローブは、いま私の生活にふさわしい内容になっている。わたしは小さいふたりの子どものいる母親だけれど、きちんとした感じの服を着たい。だから、ちょっとおしゃれな雰囲気のカジュアルでスポーティーな服がワードローブの大半を占めている。

では、ここで10着のワードローブの具体例を紹介しよう。このなかのアイテムは、どれもほかのアイテムと組合せが利くようになっている。最小限のワードローブでは、いろいろな組み合わせができることが重要だ。
春・夏用の10着のワードローブ(例)
シーグリーン(海緑色)のシルクのトップレス/透け感のあるゴールドブラウンのブラウス/ネイビーと白のボーダーシャツ/ベージュのクルーネックセーター/シーフォームグリーンのVネックのカーディガン/黒のセンタープレスパンツ/シーグリーンのAラインスカート/カーキ色のペンシルスカート/白または濃紺のジーンズ(両方あってもよい)

秋・冬用10着のワードローブ(例)
カシミアのセーター3枚(ベージュ、クリーム色、黒)/シルクのブラウス3枚/白のボタンダウシャツ1枚/濃紺またはダークグレーのウールのテーラードパンツ/黒のウールのスカート/黒のスキニーもしくはブーツカットのジーンズ

参考文献:『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット著/大和書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

|

« 要らない服はどんどん捨てる…すると恩恵が  10着のワードローブ(3) | トップページ | 1カ月の実験でよいことがたくさん見えてくる  10着のワードローブ(5) »

非言語コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分らしい10着(大好きな服)の選び方  10着のワードローブ(4):

« 要らない服はどんどん捨てる…すると恩恵が  10着のワードローブ(3) | トップページ | 1カ月の実験でよいことがたくさん見えてくる  10着のワードローブ(5) »