« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

チェリストの「心」にまつわる2つのお話  こころの声を「聴く力」(3)

2014年に99歳でお亡くなりになったチェリストの青木十良さんは、天皇陛下にチェロをお教えした方としても有名でした。その青木さんが88歳のとき、インタビューした山根さんに、音楽の素晴らしさを滔々と語ったそうです。もう一人のチェリストはミッシャ・マイスキーで、以前NHKの番組に出演したときのエピソードから。

演奏後心が冷えてしまったら「ベートーヴェン温泉に入る」(※1)
演奏した後、心が冷えてしまう音楽も作品の中にはあるとのことでした。そういうときは、ベートヴェンを弾くと温泉に入ったような気持ちになるのだと。なぜかというと、彼(ベートーヴェン)は本気で神様、神の国を信じていて、いつか自分がそこに行けると信じることによる温もりが感じられるからなのだそうです。

世界的チェリストが子供達に出したクイズとは? (※2)
何年か前のNHKの『未来の教室』で、世界的なチェロ奏者、ミッシャ・マイスキーが、ヨーロッパの子供達を集め、音楽の教育をしました。その教室でマイスキーは、子供達にクイズを出しました。
「君たち、これから、3人のチェロ奏者が、バッハの無伴奏チェロ組曲の同じ曲を演奏した録音を聴かせてあげる。そこで、この3人の演奏を聴いて、どの演奏が最も年配の奏者の演奏で、どの演奏が、最も若い奏者の演奏か、当ててごらん・・・」

そして、マイスキーは、3人の奏者の演奏を子どもたちに聴かせました
その演奏は、誰でも聞き分けられそうな感じの、「重厚」「軽快」また、「その中間」のものでした。このため、視聴者の多くには「何と簡単なクイズ」と思いました。

案の定、子供達も、同じ答えを口にした
子供達がクイズの答えを述べたあと,マイスキーは、穏やかな笑顔で、こう語りました。では、正解を教えよう。
君たちが、「最も年配の人の演奏だ」と言った、その重厚な演奏、それは、実は、16年前の自分の演奏だよ。
君たちが、「最も若い人の演奏だ」と言った、その軽やかな演奏、それは、最近の自分の演奏だよ・・・。

「人間の精神は、歳を重ねると、しなやかさ、軽やかさを失っていく」。われわれは、勝手にその「思い込み」と「固定観念」を抱いています。しかし、そうではないらしいのです。じつは、人間の精神は、歳を重ねるにつれ、しなやかさ、軽やかさを増していくこともあるということを、このマイスキーのエピソードが教えてくれます。

※1:『こころの声を「聴く力」』(山根基世著/潮出版社)
※2:『知性を磨く』(田坂広志著/光文社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

団塊世代トップランナの2女性を支えた「志」  こころの声を「聴く力」(2)

このところTV放送の表現に関する議論が盛んになされるようになりました。今回は、TV社会の中を生き抜いてきたお二人(脚本家・内館牧子さんと参考文献の著者・山根基世さん)が、「志」をよりどころにして、難しい局面を乗り越えてきた事例を紹介します。表現者としての役割を背負っている人たちには、参考になるかも…。

「私をもっとうまく使ってよ!」の心の叫びは上司に届かない
内館さんはOL時代(キャリア13年)、「私をもっとうまく使ってよ!」と叫びたい思いがあったそうです。そこからOL以外の道を探り始め、40歳で脚本家としてスタートしました。『ひらり』『義務と演技』『塀の中の中学校』など時代を画す作品があり、女性初の横綱審議会委員として活躍されてきました。その彼女の思いは…。

内館牧子さん流の「志」のあり方
脚本家としては、一人でもたくさんの人、大勢の人に見てもらいたい。視聴率の高い番組を作りたい。だけど、自分の中にはある「志」がある。その志をどう貫くのか、どこまで譲れるのか、ここからは絶対譲れないという線をどこに引くかっていうのが、ものすごく難しいけど一番面白いと、内館さんは語られています。

山根さんは、あることをきっかけに「お仕事」が「人生」の一部になった
NHK入局20年ころに彼女は大きな壁にぶつかりました。それは、「働く女性」という番組を担当したときのことで、言いたいこと、伝えたい思いが溢れ、主体性をもちはじめたのですが、目の前にそれを遮る壁が立ち塞がりました。結局この番組で彼女の思いは何一つ通らず、自分を支配しようとする力に抗う苦しい日々が続きました。

山根さんの中に「志」というものが生じた瞬間
その後、山根さんは「これは私一人の体験ではない、今の日本で、働きつづけて何かを主体的にやろうとした女性なら誰でも一度はぶつかったはずの壁、わたしと同じ思いをした人は大勢いるはずだ」と思い直しました。そして、そういう人たちの思いを伝えるのも放送の役割ではないかと、気づいたそうです。

「志」は自分自身を救ってくれる
そして、そうやって放送人としての志をはじめて持ったとき、つくづく感じました。志というのは、世のため、人のため、と思われがちですけど、実はそれだけじゃない。志を持って生きはじめたとき、何よりも自分自身が救われるし、楽になれるんです。少なくとも私の中に芽生えた志は、私を救ってくれました。

※:『こころの声を「聴く力」』(山根基世著/潮出版社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

「聴く」という言葉の持つ深遠さに触れる  こころの声を「聴く力」(1)

研修講師にとって、もっとも重要な漢字をひとつ上げなさいと言われたら、私は無条件で「聴」をあげます。なぜなら、「マナー研修」でも、「コミュニケーション研修」でも、「コーチング研修」でも、この字を外して語ることが難しいからです。今回は、この私にとってとても大事な「聴」がたくさん出てくるお話です。

「聞く」の漢字的、「聴く」のカウンセリング的解釈(※1)
「聞く」という字は「門」に「耳」と書く通り、門のところへ訪ねて聞く、「問う」という意味になるそうです。一方、「聴く」という字は、カウンセリングの世界などでは耳偏に十四の心、そう書くと見立てて、十四歳の頃の繊細で柔らかな感受性で相手の言葉を受け止めることだという解釈があります。

漢字の巨人、白川静博士の「聴く」の解釈
もう一つ、これは漢字研究の第一人者・白川静博士の説ですが、三千年前の中国で「耳」という字や「徳」という字の一部などが組み合わされて生まれた複雑な旧字体が、時代とともに変化して「聴く」になった。そこからこの字には本来、「神の声を聴くことのできる聡明さ、人徳」という意味が含まれているのだそうです。

「聴」の漢字は形を変容しながら受け継がれてきました。その意味はときを超えてなお変わらず、「聴」の古代文字は真っ直ぐな心で聴く者が徳を得ることを示す。聡明な耳で心の声を聴けば歩むべき道も見えるのだと。そういえば、人の話をじっくりと聴いていると、人間の力では知り得ない「啓示」を受ける瞬間がありますよね。

「知識は語り、知恵は傾聴する」
山根さんのご本の中には文化人(作家、音楽家、学者、芸能人など多彩)がたくさん登場します。深い教養に裏付けされた内容に感銘を受けるのですが、その中に、ギタリストのジミ・ヘンドリックスの言葉(だったと思いますがの注釈あり)が登場します。「知識は語り、知恵は傾聴する」というものです。

「知性」の本質は、「知識」ではなく、「知恵」である
最近読んだ『知性を磨く(※2)』という本によると、
「知識」とは、「言葉で表せるもの」であり、「書物」から学べるもの。
「知恵」とは、「言葉で表せないもの」であり、「経験」からしか掴めないもの。
「知性」とは、「答えの無い問」に対して、その問いを、問い続ける能力のこと。

※1:『こころの声を「聴く力」』(山根基世著/潮出版社)
※2:『知性を磨く』(田坂広志著/光文社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

「ボトムアップ型」「トップダウン型」のタイプを見極める  脳のトリセツ(3)

脳の使い方は、手順通りに行ってゴールを目指す「ボトムアップ型」と、ゴールのイメージを描いて行動する「トップダウン型」の2つに分けられます。旅行を計画する場合、日程や交通手段を調べて行き先を絞るのがボトムアップ型。ここに行きたい! と、頭の中でそこに行った自分をイメージするのが「トップダウン型」です。

行動を具体的に言語化する方法は、ボトムアップ型の人に向いている
具体的な手順が順番通り並べられることで、行動できるタイプだからです。それに対し、トップダウン型の人は、イメージが浮かぶと、それをしている自分の動作がひとかたまりになって脳の中でリハーサルされます。そこには、順番があるわけではなく、あくまでも「こんな感じ」というイメージのかたまりがあるだけです。

トップダウン型は、自分のイメージを言葉にすると動きやすくなる
そこで、トップダウン型の人が言語を使うときには、「○○みたい」という「メタファー(比喩)言語」が効果的です。「ササッとやる」「シャキッとする」などの擬音語や、「ホテルマンみたいに」「プレゼントを渡す感じで」などの比喩を使うことで、脳はそのモードになりきるので、すんなり行動に移せるようになります。

タイプ別に、相手をやる気にさせる頼み方
相手がトップダウン型の場合は、イメージで理解するので、具体的な作業よりも「こんなことがやりたいんだけど、そういうのってできる?」という感じで頼みましょう。逆に、相手がボトムアップ型の場合は「○○の資料を○部つくって、ここに置いてもらえる?」という感じで、具体的に頼むと相手はやる気になってくれます。

同じタイプの組合せはやりやすいが発展性に欠ける
順番通り理解するボトムアップ型同士のペアは、確実な仕事をしますが、その仕事内容がムダな作業だったり、今の仕事をさらに発展させていく展開は生まれにくくなります。一方、イメージで理解するトップダウン型同士のペアは、大きな目標や斬新な展開の話で盛り上がり、こちらも作業があまり進まないことが多いようです。

違うタイプを組み合わせ、的確にフォローすると成果につながる
ただし、違うタイプ同士では、トップダウン型は「自分ばかり考えていて、相手は全然アイデアを出さない」。ボトムアップ型は「理想ばかり話していてちっとも仕事をしない」などと、それぞれ相手に不満を持ちがちになります。そこで、お互いの役割を自覚させる、ちょっとしたフォローがリーダーには必要となります。

参考文献:『脳のトリセツ』(菅原洋平著/同文舘)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

ポジティブとネガティブの分かれ道  脳のトリセツ(2)

「マネジメント」研修を準備する中で、『マネジメント』(ただしエッセンシャル版)を読み返しました。この中でドラッカーは、「コップ半分の水」に言及しています。コップに水が「半分しかない」は、必ずしもネガティブな受け止め方ではないのだと。イノベーション(技術革新)は、むしろこうした考え方に誘発されるのだと。

「まだ半分ある」「もう半分しかない」
山本は、研修場に実際にコップを持ちこみ、その場で半分だけ水を注ぎ、「さて皆さん、コップに水はどのくらいありますか?」と質問することがあります。経験的には「まだ半分」と「もう半分」は6対4くらいの回答率でしょうか。一般的には、「まだ」がポジティブで、「もう」がネガティブと解釈されているようですが…。

旅の途中なら、目的地との位置関係で答えは変わる
自明のことですが、この答えは、目的地に向かうどの辺りにいるのか、当日の天候がどうなのかで変わりますから、その前提を踏まえず回答を求めることには、いささか無理があります。それでも、多くの人がいずれかの回答を即座に出せるのは、そこに、これまで歩んできた自分の人生や体験を瞬時に投影させるからなのでしょう。

私たちの脳は、経験にもとづいて次の展開を推論する(※)
私たちの脳の前頭眼窩部という部位は、経験した出来事に基づいて次の展開を推論し、適切な行動を決める役割をしています。この前頭眼窩部には、ポジティブとネガティブの分かれ道があります。脳の中の情報(電気活動)が、前頭眼窩部の内側を通るか外側を通るかで、出来事の受け止め方がまったく変わります。

コップ半分の水が「報酬」ならポジティブ、「罰」ならネガティブ
前頭眼窩部の内側は、ある出来事を「報酬」だと受け止めた場合に活発になります。一方、外側は、ある出来事を「罰」だと受け止めた場合に活発になります。つまり、前頭眼窩部の内側を情報が通ればその出来事はポジティブに捉えられ、外側を通ればネガティブに捉えられるのです。

「ネガティブ」な受け止め方が必ずしも悪いわけではない
ある出来事に対する反応がネガティブでも、それを解決可能な課題と受け止めるか、動かしがたい運命と受け止めるかによって、その後の展開は変わります。ドラッカーは、「半分しかない」を悲観するのではなく、事実を厳然と受け止め、これまでとは違った方法を模索することでイノベーションを起こせと教えてくれているのですね。

※参考文献:『脳のトリセツ』(菅原洋平著/同文舘)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

情報量を減らすと気持ち良く日常を過ごすことができる  脳のトリセツ(1)

前回まで書いた「クローゼットを整理するとスッキリとした朝が迎えられる」理由を、『脳のトリセツ(※)』という本が教えてくれます。私たちの日常は情報が溢れていますが、その情報が私たちの能力発揮の邪魔をするのだそうです。その具体例として、認知症患者の方に、自分で食事ができるように指導する例が紹介されています。

自分で食事ができない患者さんが、ある工夫で食べられるようになった
病院の食事は、主食や副菜など4品程度がトレーに乗せて出されていて、ある患者さんは、職員によって食事介護されていました。この時点では、この患者さんは「自分では食事のできない」能力の人です。ここで、食事の出し方を変えてみました。食事をトレーに乗せず、1品ずつテーブルに乗せてみたのです。

すると、この患者さんは、自分で箸と皿を持って食べはじめた
どうしてこのような能力の変化が起こるのでしょうか? 突然、能力がアップするということがあるのでしょうか? じつは、患者さんの能力は何も変わっていません。変わったのは能力ではなく情報量だったのです。多すぎる情報量に邪魔されて発揮できなかった能力が、情報が減ったことで発揮されたのです。

彼女の脳にとっては、選択肢が多すぎる場合の情報処理が難しかった
テーブルに置かれたこれまでのトレーには、4つものお皿が置いてあり、どれから手をつければよいかがわからずに混乱してしまい、自分から箸を取って食べることができませんでした。ところが、選択肢を減らし、1品ずつ出したところ、本来の「箸で食べる」という能力をしっかり発揮することができた、というわけです。

あなたが朝の身支度をしている場面を思い浮かべてください
手に取っていったん着るけど、しっくりこなくて、結局またクローゼットに戻す洋服がありませんか? この洋服が、脳にとっては多すぎる選択肢であり、無駄なエネルギーを消費させる情報です。結局着ないにもかかわらず、着るか着ないか、という判断をすることにエネルギーが注がれてムダづかいされている、ということです。

洋服を買い取りサービスに出したり、処分してクローゼットを空にする
すると、最初からその洋服がなかったかのように、他の洋服を選んでいることに気づきます。選択肢を減らすことは、脳のムダづかいを減らすことです。気持ちよく日常を過ごしたいと思うなら、選ばないものを身の周りに置かない、必要のないことを検索しない、充実を求めて趣味や習い事を増やし過ぎない、ことが大切なのです。

※:『脳のトリセツ』(菅原洋平著/同文舘)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

1カ月の実験でよいことがたくさん見えてくる  10着のワードローブ(5)

~聴くStory~音声版はこちら
アメリカに帰ったわたしは、とりあえず自分でも10着のワードローブでやってみることにした。そうやって実験のつもりでしぶしぶ始めたことが、わたしにとって大きな転機になったのだ。試しにわたしが1カ月間きっちりと「10着のワードローブ」で過ごしてみたときに、書き留めたことをいくつか紹介しよう。

*朝、クローゼットの扉を開けるたびにうれしくなる
お気に入りの服がきれいに並んで(ぎゅうぎゅう詰めではなく)ゆったりとハンガーにかかっているのを見ると気分がいいし、何を着るか迷わなくてすむので、とってもうれしい。選択肢が限られているから、1分もあれば決められる。それに、クローゼットがすっきりと片づいていると、気分まで晴れやかになるみたい。

*買い物欲がおさまってきた
これはまったく予想外だった。「10着のワードローブ」実験を開始して1週間もしたら、クローゼットに少ない服がゆったりと並んでいる様子があまりにも素敵なので、どうせまたすぐに捨ててしまうような服をたくさん買い込んで、クローゼットをパンパンにする気にはなれないのだ。

*落ち着いた気分でショッピングを楽しめるようになった
わたしはショッピングに出かけたら、何も買わずに帰ってくることはほとんどない。でも、いまは以前よりも高価で質の良い服を買いたいと思っているので、下見のためにウィンドウジョッピングに出かけて、何も買わなくても平気になってきた。せっかくなら良い物を選びたいので、あせらずにじっくり検討してから買いたい。

*洗濯物やクリーニングをため込むのは許されない
忙しい週はちょっと大変かもしれない。ある週のこと、わたしは忙しくて家事に手が回らず、洗濯物もため込んで着るものがなくなってしまった。仕方がなく、しまって置いた服をいくつか引っ張り出して急場をしのいだ。服をクリーニングに出すときも、タイミングをうまく調整して、いっぺんに全部出さないようにする必要がある。

*予算がなければ、10着のワードローブにお金をかけ過ぎない
「10着のワードローブ」すべて高い服で揃える必要はない。お金をかけるべきなのは、コートや靴、サングラス、ハンドバッグ、カクテルドレス、ジーンズ、時計、ジュエリーなど。それに、こういうところにお金をかけておくと、手ごろな価格の服と合わせても全体的に高価な感じに見える。

参考文献:『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット著/大和書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

 

 

 

 


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

自分らしい10着(大好きな服)の選び方  10着のワードローブ(4)

~聴くStory~音声版はこちら~
10着と言っても、ワードローブが文字通り10着しかないわけではない。あまり固く考えずに、自分に合ったやり方を試してみよう。「10着のワードローブ」の最終的な目標は、自分らしさを表現してくれる大好きな服ばかりにすること。そして、大切な服をゆったりと収納できるようにすることだ。

ワードローブは10着のコアアイテムを中心に構成される(2~3着なら多くても少なくても構わない)。この10着には上着類、ドレス類、アクセサリー、アンダーシャツ、は含まない。ワードローブ選びは人によって、また住んでいる場所やライフスタイルによって変わってくる。

まずは、あなたのふだんの1日の予定を考えてみよう。役員会議? PTAのミーティング? それともあなたは家で仕事をしている? 自転車に乗ることが多い? それから、住んでいる土地の気候(雪が降る、雨が多い、温暖など)や、自分自身のライフスタイルや個性(流行に敏感、流行にとらわれないなど)も考慮に入れる。

わたしが住んでいるのは、冬でも温暖な南カリフォルニア。わたしの10着のワードローブは、いま私の生活にふさわしい内容になっている。わたしは小さいふたりの子どものいる母親だけれど、きちんとした感じの服を着たい。だから、ちょっとおしゃれな雰囲気のカジュアルでスポーティーな服がワードローブの大半を占めている。

では、ここで10着のワードローブの具体例を紹介しよう。このなかのアイテムは、どれもほかのアイテムと組合せが利くようになっている。最小限のワードローブでは、いろいろな組み合わせができることが重要だ。
春・夏用の10着のワードローブ(例)
シーグリーン(海緑色)のシルクのトップレス/透け感のあるゴールドブラウンのブラウス/ネイビーと白のボーダーシャツ/ベージュのクルーネックセーター/シーフォームグリーンのVネックのカーディガン/黒のセンタープレスパンツ/シーグリーンのAラインスカート/カーキ色のペンシルスカート/白または濃紺のジーンズ(両方あってもよい)

秋・冬用10着のワードローブ(例)
カシミアのセーター3枚(ベージュ、クリーム色、黒)/シルクのブラウス3枚/白のボタンダウシャツ1枚/濃紺またはダークグレーのウールのテーラードパンツ/黒のウールのスカート/黒のスキニーもしくはブーツカットのジーンズ

参考文献:『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット著/大和書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

要らない服はどんどん捨てる…すると恩恵が  10着のワードローブ(3)

~聴くStory~音声版はこちら
10着のワードローブを選ぶには、まずクローゼットの要らない服を捨てる必要がある。片づけ終わったときには、クローゼットには10着の服(と、その他のアイテム)しか下がっていないように、要らない服はごっそり処分するのが肝心。余分な服を捨てたり、(目に付かない)場所にしまえば、効果は絶大で、ごまかしが利かなくなる。

思い切って70%の服を処分
われながらよくあそこまでやった、と感心してしまうほどだ。でも、1着ずつチェックしていけば、それほど難しいことではなかった。持っている服を全部ベッドの上に広げて、ひとつずつ手に取って、いくつかの大事なチェック項目を確認することで、要らない服が捨てやすくなったのだ。

ワードローブ整理のためのチェック項目
*この服はまだ気に入っている? 
わたしの場合、気に入っているからというより、高いお金を出して買ったらか、もったいなくて捨てられないものが多かった。

*この服はちゃんと着ている?
全然着ていない服がたくさんあった。なかには2年以上着ていない服も、何着もあった! そういう服はもう着ないとわかって、なぜかずっと捨てられなかったのだ。

*この服のサイズはまだぴったりで、ちゃんと似合っている?
人は誰でも体重が増えたり減ったり、または子どもを産んだり歳を取ったりして、体型が変わっていく。自分のいまの体型から目を背けてはダメ。昔の自分や理想の自分ではなく、いまの自分の体型に似合う服を着ること。

*この服は、いまの私らしいといえる?
この質問はとても効果的で、ほとんどの場合は明らかに「ノー」だった。20代前半に買ったプラウスやスカートが、捨てられずに取ってあった。

しまって、1年以上思い出さなかったら、もう本当に要らない服だと納得できる
もしかしたら、最初の1回で要らない服すべて処分するのはムリかもしれないけれど、それでも大丈夫。要らないと思うものを選んだら、圧縮式の収納ケースや衣装ケースにしまって、ほかの部屋やガレージに置いておこう。普段は目に触れないようにするのがコツ。

参考文献:『フランス人は10着しか服を持たない』(ジェニファー・L・スコット著/大和書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「非言語コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »