« 「文明」は都市と密接に結びつき、「文化」は土地と深く関連する(中略部分&前後) 2015年7月19日 木の葉ブログ500回特集「文明と文化(8)」補足資料 | トップページ | 村上春樹氏のクルマを通しての体験的東西文明論  文明と文化(9-1) »

2015年7月21日 (火)

トヨタの偉業、高級車ブランドでも・・・世界で最も成功した「レクサス」 2015年7月19日 木の葉ブログ500回特集「文明と文化(8)」補足資料(2)

■中国メディアの捜狐は5日(2015年6月5日)、世界でもっとも成功を収めた高級車ブランドはレクサスだと主張する記事を掲載した(その一部抜粋)。

 記事は、ドイツのBMWは2005年にベンツを抜いて世界でもっとも販売台数の多い高級車ブランドとなったと伝え、「BMWも間違いなく世界で成功した高級車ブランドの1つだ」と指摘。だが、BMWよりも大きな成功を収めたブランドこそがレクサスだと主張し、その理由として「極めて短期間のうちに世界トップレベルの高級車ブランドに成長したこと」を挙げた。

 販売台数だけで判断すればベンツやBMW、アウディなどレクサスよりも多いブランドは存在するとしながらも、レクサスブランドの誕生は1989年であり、他の3社はいずれも100年以上の歴史をもっていると指摘。「成長の速度という観点で判断すれば、レクサスは世界でもっとも成功した高級車ブランドだ」と論じた。
 続けて、「歴史の長さ」を背景として持たずにレクサスが短期間で成功を収めた理由について「数々の“1位”を持っているから」と指摘。信頼性の高さやアフターサービスの質は高級車ブランドのなかでも最高だとしたほか、音響や最高級の本革シートといった車内の作りもすばらしいと評価した。 

■米誌自動車ブランドランキングで「レクサス」が3年連続首位
[デトロイト 2015年2月24日 ロイター] - 米有力消費者情報誌コンシューマー・リポートが毎年発表している自動車の「ブランド・リポート・カード」ランキングで、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が3年連続で首位となった。
同ランキングによると、2位がマツダ、3位がトヨタとなり、日本ブランドが上位を独占した。独フォルクスワーゲン(VW)のアウディ、富士重工業のスバルが続いた。VWのポルシェに次いで米ゼネラル・モーターズ(GM)のビュイックが7位に入った。米ブランドのトップ10入りは初めて。8位から10位まではホンダ、韓国の起亜自動車、独BMWの順となった。
車種でみると、日本ブランドではスバルのフォレスターが小型SUV(スポーツ用多目的車)部門でトップとなり、トヨタのハイランダーが中型SUV部門で首位となった。全体の最優秀モデルには2年連続で米テスラ・モーターズのモデルSが選ばれた。

■ギネスブックによると、トヨタ・カローラ は 世界一広範囲に販売されている自動車で、その取扱店は140以上の仕向地(しむけち=国と地域)にのぼる(ただし欧州の一部地域では2007年以降よりオーリスに取って代わられた)。Wikipediaより

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

|

« 「文明」は都市と密接に結びつき、「文化」は土地と深く関連する(中略部分&前後) 2015年7月19日 木の葉ブログ500回特集「文明と文化(8)」補足資料 | トップページ | 村上春樹氏のクルマを通しての体験的東西文明論  文明と文化(9-1) »

マーケティング・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの偉業、高級車ブランドでも・・・世界で最も成功した「レクサス」 2015年7月19日 木の葉ブログ500回特集「文明と文化(8)」補足資料(2):

« 「文明」は都市と密接に結びつき、「文化」は土地と深く関連する(中略部分&前後) 2015年7月19日 木の葉ブログ500回特集「文明と文化(8)」補足資料 | トップページ | 村上春樹氏のクルマを通しての体験的東西文明論  文明と文化(9-1) »