« 一流のリーダーが目指す全体最適  ハーバードに学ぶ(6) | トップページ | 時間軸を明確にすると人生が豊かになる  ハーバードに学ぶ(8) »

2015年8月20日 (木)

ⅰPodを通してデザインシンキングを理解する  ハーバードに学ぶ(7)

今、ハーバードでは、1年目の授業でデザインシンキング(ロジカルシンキングとは対極にある思考法)を教えています。顧客視点から製品やサービスを考えるために、学生は実際に試作品、試行サービスなどを顧客に提示し、そのフィードバックを生かして、どのようにビジネスを設計していけばいいかを理解していきます。

デザインシンキングから生まれた製品として最も有名なのがⅰPod
アップルの開発チームは、まずユーザーがどのように音楽を聴いているのかを徹底的に分析。ユーザーの多くがCDから携帯プレーヤーに移すことに手間を感じていることを知りました。さらには「大量に保存された曲の中から、いつでもどこでも好きな曲を選んで聴きたい」というのが究極のニーズであることも発見しました。

「ポケットの1000曲がすべてを変えた、さあ、もう一度」(※1)
これはアップルが開発した「iPod」のキャッチフレーズです。この言葉通り、アップルは媒体の入れ替えという点をリフレームし、「人生を通じて聴いてきたすべてのお気に入りの曲を、いつでもどこでも楽しめる」という新しい価値を生み出したのです。

ジョブズのデザインに対する考え方(※2)
「見た目のことだと考えている人がいるが、デザインとは機能のことである」
「すぐれたデザインを成し遂げるには、製品の本質を理解しなければならない。鵜呑みではなく、十分に対象をかみ砕く作業なのだ。ほとんどの人は物の本質について十分な時間をかけて理解しようとはしない」

ⅰPod開発時のジョブズらしいデザインへのこだわり
「電源を入れたり切ったりするボタンは必要ですよね」とのデザイナーの質問に対して、「いらないよ」。ジョブズは、必要なボタンはホイールン周囲にある「進む」「戻る」「ポーズ」の3つだけでいいと考えていた。これはジョブズの美学であり、それ以外はかたくなに認めようとしなかった。

ジョブズの開発リスクに対する考え方
「今日、身の回りには危うそうに見えるものがたくさんあるが、これはいい兆候だ。それは、その危うさの向こう側にひと山ありそうなのに、まだ誰もが手を出していない時期なのだ」。またこうも言っている、「将来を見据えて点と点を結びつけることは不可能だが、点が将来何らかの形で結びつくと信じなくてはならない」。

参考文献:『ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか』(佐藤智恵著/日経BP社)
※1:『「行動観察」の基本』(松波晴人著/ダイヤモンド社)
※2:『スティーブ・ジョブズ 神の遺言』(桑原晃弥著/経済界新書)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「リーダーシップ研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

|

« 一流のリーダーが目指す全体最適  ハーバードに学ぶ(6) | トップページ | 時間軸を明確にすると人生が豊かになる  ハーバードに学ぶ(8) »

コーチング・リーダー研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ⅰPodを通してデザインシンキングを理解する  ハーバードに学ぶ(7):

« 一流のリーダーが目指す全体最適  ハーバードに学ぶ(6) | トップページ | 時間軸を明確にすると人生が豊かになる  ハーバードに学ぶ(8) »