« 「クリエイティブなアイデアを出す」IDEOのブレーンストーミング | トップページ | 「組織の記憶」は“全員で共有すべき”との常識を覆す実験結果 »

2016年1月31日 (日)

「ブレストは効率が悪い」の定評を覆すIDEOのブレーンストーミング

『Diamond Harvard Business Review』に学ぶ (December 2015)抜粋(2)
集団でブレストすると、どうしても他人に気兼ねして大胆な意見が出しにくいという心理が働きますし、また他人が話している間は自分もその話を聞かねばならず思考が停止してしまう、という非効率性もあります。これを「プロダクティビティ・ロス」といって、経営学ではよく知られた現実なのです。

それでもなぜIDEOではブレストが重視されるのか
ひとつの理由は、同社では効果的にアイデアを出すために
組織メンバーで知識を共有する(SMM:シェアード・メンタル・モデル)考え方が浸透しており、プロダクティビティ・ロスが抑えられているからかもしれないのでは、というのが入山准教授の仮説です。

そして、興味深いもうひとつの見方があるとの指摘も
それは、スタンフォード大学の2人の教授がIDEO内部に深く入り込み、ブレストの様子や社員の交流、デザイン開発の仕方などを詳細に事例分析した結果(専門誌に論文を発表)、IDEOのブレストには、「必要な情報や専門知識のありかを確認する」場としての役割のあることが確認されたというのです。

IDEOでは、多様な専門性を持つデザイナーが、さまざまな製品・サービスのデザイン案件を引き受けています。したがって、
「誰がいまどのような製品のデザインを行っているか」
「誰がどのような専門性を持っているか」
を把握することが簡単ではありません。

IDEOが定期的にメンバーを入れ替えてブレストを繰り返すことの意味
しかし、各メンバーが定期的にメンバーを入れ替えてブレストに参加すれば、そこで互いの専門性・いま手がけているプロジェクトの知見を、フェース・トゥ・フェースで披露しあうことになり、結果的にwho knows whatが高まり、各デザイナーに“保存されている知”が、組織として引き出されるようになるのだと。

日本企業ならびにブレストで結果を出せない企業に見られる傾向
普段は交流のない複数の部門のメンバーが集まってブレストすることはあるでしょう。しかし多くの場合は、ブレストをしたらそのまま解散して、メンバー同士が再度意見交換しないことも、多いのではないのでしょうか。それでは、ブレスト直後の「アイデアを出した」充足感だけで終わってしまい、成果にはつながりにくいのです。

参考文献:前出の通り。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「リーダーシップ・コーチング研修」の話題から。


にほんブログ村
コーチング ブログランキングへ

|

« 「クリエイティブなアイデアを出す」IDEOのブレーンストーミング | トップページ | 「組織の記憶」は“全員で共有すべき”との常識を覆す実験結果 »

コーチング・リーダー研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブレストは効率が悪い」の定評を覆すIDEOのブレーンストーミング:

« 「クリエイティブなアイデアを出す」IDEOのブレーンストーミング | トップページ | 「組織の記憶」は“全員で共有すべき”との常識を覆す実験結果 »