« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

自分にフィットするノートを見つけいつもカバンに  斎藤孝流ノート術(1)

大人になってからノートをとらなくなった、という人は、まずはノートをとる習慣を身につけてほしい。それだけでも、知的生産性が格段に上がると、斎藤教授は書いていらっしゃいます。さらに「ノートをとる技術」を磨いておけば、「これほど便利なツールはない」と実感するだろうとも。そして斎藤式ノート術には次の10のメソッドがあります。

1 いつもノートをカバンに入れておく
2 自分にフィットするノートを見つける
3 ノートに名前をつける
4 ページにタイトルをつける
5 3色ボールペンを使う(前回、内容の一部を紹介)
6 図を描く
7 ポイントを3つにまとめる
8 日付を入れる
9 ノートは一冊にする
10 本をノート化する

メソッド1 いつもノートをカバンに入れておく
「考える」ことが大事だとわかっていても、なかなか考えることができない人が多いと思います。頭の中だけでぼんやりと考えごとをしているだけでは、生産的なことに結びつきにくいからです。ところがアイデアを文字にすれば、それを見てまた思考を発展させることができるので、ノートは常にカバンに入れておくべきなのだと。

また、ノートをカバンに入れると、カバンを開けるたびにノートが目につきます。これが、課題認識につながり、ときどきは考えを書きつけるようになります。手帳はフリースペースが小さいので、できれば小さなノート(せめてA5サイズ)のほうがいいようです。ノートの開放的な感じが、積極性や攻撃性につながるそうです。

メソッド2 自分にフィットするノートを見つける
お気に入りのノートを見つけると、ノートを書くことが習慣化しやすくなります。シンプルなノートもいいのですが、特に自分の気に入ったノートを持ち歩くと、書きたいという気持ちがムズムズしてきます。喫茶店でノートを開こうかな、という気が起こります。気分よくノートを開くことができるのは、軽視できない要素だそうです。

エルメスの手帳はカバーの皮も中の紙も高いのですが、それを持ち歩くことによって「せっかく高いお金を払っているんだから…」「重たい手帳を持ち歩いているんだから、心くらいは軽く…」という気持ちになります。高級な手帳を喫茶店で開いたりすると、ちょっとセレブな気分が味わえて、メモする姿を見せたくなったりするとか。

参考資料:『大事なことは3つにまとめなさい!~頭と心をスッキリさせる斎藤式ノート術~』(斎藤孝著/ビジネス社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。


にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

|

2016年4月24日 (日)

「色は3色だけ使う」の2通りの考え方  東大式合格ノート術(5)

3色ボールペンはマスコミ露出度の高い斎藤孝氏(東大卒、明治大学教授)の専売特許かと思っていましたが、参考文献も3色がご推薦です。色構成はほぼ一緒(赤・青・緑で『東大式合格ノート術』は緑or黄)ですが、その使用目的は学習とビジネスとの性格の違いを反映してか若干異なります。まずは『東大式合格ノート術』から。

男子と女子では色の使い方が異なることから悩みが分かれる
色分けの悩みには2つのパターンがあります。「色ペンをあまり使わないから、見直しの際にどこが重要なのかわからない」。それとは逆に「たくさんの色ペンを使いすぎて、どこが重要なのかわからない」。前者は男子に、後者は女子にありがちなパターン。これからいえることは、「色ペンは少なすぎても多すぎてもダメだ」ということ。

多すぎず、少なすぎず、3つに色分けするのが最適
例えば、赤・青・緑や赤・青・黄の3色。特に、赤は頭に残りやすい色なので、3色の中には必ず入れることを参考文献は勧めています。3色の色ペン+シャープペンというのは、ノートをまとめるうえで最もバランスのとれた色の数だそうです。そして、3色にすることで、重要なところもわかりやすくなります。

色分けをしてあると自分の見直したい項目だけを簡単に見つけられる
同じノートでも5色に分けてしまうと、かなり見直しにくくなります。5通りもある色の中から、自分の見直したい項目の色を見つけ出すには少し手間がかかるからです。
3色の色分けパターンは無限に考えられるので、ノートを使う目的に合わせて自分なりの色分けパターンを決めるのが大切です。

斎藤式ノート術10のメソッド その5 3色ボールペンを使う(※)
3色ボールペンの3色には次のような意味があるそうです。
赤……すごく重要なこと
青……まぁ重要なこと
緑……個人的に面白いと感じた部分
3つに分けるのは、人間の脳に最も適した分類方法です。あまり多くに分類すると、複雑になって収拾がつきません。さらに、3つの「色」を使うことで、記憶に定着しやすくなります。色の持つインパクトは大きいのです。

講演など、人の話を聞いてノートをとる際には、重要な情報を赤、まぁ重要な情報を青で書き、質問・コメント・感想は緑で書きます。手帳に応用すれば、最重要な用事は赤で、まぁ忘れてはいけない用事は青で、趣味や遊びなどプライベートの予定は緑で書くことにするのもよいでしょう。斎藤式ノート術は次回以降で紹介します。

参考資料:『東大式合格ノート術』(東大ベストセラー出版会PICASO著/辰巳出版)
※:『大事なことは3つにまとめなさい!~頭と心をスッキリさせる斎藤式ノート術~』
(斎藤孝著/ビジネス社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。


にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

|

2016年4月21日 (木)

理解を深めるため自分の言葉で説明しなおす  東大式合格ノート術(4)

人間は、学んだことを記憶にとどめるためには20秒集中する必要があるということを、以前何かの本で読んだ記憶があります。しかし、授業中や講演を聞いている最中に20秒の空白ができたら、高度な内容であれば付いていけなくなるでしょう。今回は、いかにすれば要領よく「記憶の出来る記録術」が身につくかの実践編です。

言われたことをそのまま書き写したのでは「分かるノート」にはならない
ノートは自分のために作るものです。自分のためノートなら、後で読んでみて自分だけがわかるノートでかまわないわけです。ですから、大切なのは自分の言葉で書くこと。わかりやすいノートを作るためには、聞いた話を一度頭のなかで整理して、自分の言葉に置き換えてからノートを書き起こします。

自分の頭のなかを経由させ、しっかりと内容を頭に叩き込む
ただ板書だけを書き写すだけなら目と手とペンしか使いませんから、内容を記憶するのは難しくなります。自分の言葉で説明しなおすことは、「記憶に残る記憶術」の重要ポイントです。また、自分の言葉で説明できるかどうかを見れば、自分が理解できていないのはどこか、見極めることができるのです。

主に3つある自分の言葉で書くテクニック
この3つの方法を授業中に意識すれば、自分の言葉で書き換え、表現したノートをとるのも難しくはありません。
1)5秒待つ
すぐにはノートに書き込まず5秒待ちます。そうすると核心部分は記憶にあるものの、細かい説明は抜け落ちているので、どうしても自分の表現で補うことになります。これは観た映画のストーリーを3日後に書くことに似ています。このように意図的に間隔をあけることは、「自分の言葉で書く」ための練習になるのです。
2)口に出してみる
ノートに書こうとする内容を、書く前に口に出してみます。書き言葉と話し言葉はまるで違い、どんなに頑張っても、まったく同じにすることはできません。書き言葉を自分の話し言葉に変換すると、自然と自分の表現が混ざります。これを繰り返すと徐々に自分が話しやすい、そして聞きやすい、自分の表現に変換されていきます。
3)たとえてみる
何かをノートに書き留めるときに、喩えの表現を付け足すのも有効です。「まるでサッカーのイタリアリーグのように」「動物園の猿山と同じで」」と自分の中で解釈を加え、自分なりのイメージを広げなくてはなりません。つまり、「たとえる」という行動そのものが、授業の内容を自分の言葉に置き換え、表現することと同じになるのです。

参考資料:『東大式合格ノート術』(東大ベストセラー出版会PICASO著/辰巳出版)
※公開セミナーのお知らせhttp://kokucheese.com/event/index/392056/

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。


にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

|

2016年4月17日 (日)

重要ポイントには「ようするに」という「目印」が  東大式合格ノート術(3)

昨年同時期(2015年3月22日~4月5日の5回)に、新入社員向けに「ビジネスマンのためのメモ術(※)」を取り上げましたが、その中に、言葉で聞き漏らしていけないのは「ようするに」であると書きました。今回のテーマはまったく同じなのですが、それだけ重要だということで、繰り返しになりますが紹介いたします。

「ようするに」は重要ポイントの前に出てくるキーワード
ノートをとるときに大事なのは、メインテーマだけではありません。メインテーマにかかわる重要ポイントが、授業の中にはちりばめられています。例えば授業のメインテーマが「大化の改新」なら、大化の改新が起こった理由やその後の影響なども、ノートに書かなければなりません。

「ようするに」の次に話す内容をノートに写す
「ようするに」という言葉は、文字通り、それまでに話した内容を要約するときに使います。また、人は、大事な話をするときは2回も3回も同じことを言います。まとめたり、言い換えたりしながら何度も繰り返します。「ようするに」という言葉も、そんなまとめ・言い換えテクニックのひとつなのです。

「ここに重要ポイントがありますよ」というその他の目印キーワード
他にはこんな「目印キーワード」があります。これらのキーワードを目印に、授業の内容から一部を抜き出し、ノートに書き留めてください。すると自然に、授業の重要ポイントだけが書き連ねたノートができあがるはずです。
1 というのは、つまり
これも「ようするに」と同じ、まとめ・言い換えテクニックのひとつです。
2 例えば
この言葉は、具体的事例がこれから聞こえてくることを示しています。
3 〇〇の条件、なぜなら
これらのキーワードの後には、必ず何かの「原因」や「条件」が来ます。
4 だから、結果として
これらのキーワードの後には必ず「結果」や「影響」が来ます。

コラム「学びの現場から」 相手の『間』を読む
「黒板を見て!」など先生が発する重要シグナルは数多くありますが、特に注目してほしいのは『間の取り方』です。何度か授業を受けていくうちに、重要事項の前に一定の間をとっていることに気がつくはずです。授業に散りばめられている指導のポイントが、どこにあるか分かるようになれば、楽しさもさらに広がることでしょう。

参考資料:『東大式合格ノート術』(東大ベストセラー出版会PICASO著/辰巳出版)
※: http://leaf-wrapping-lw.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-8e8c.html

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。


にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

|

2016年4月14日 (木)

「6つの余白術」の使い分けは日本人向き!?  東大式合格ノート術(2)

前回の「記憶の出来る記録術」は半分の余白から――を読み返しながら、2014年11月20日に書いた内容(※)を思い出しました。そこには、「日本人が取り戻すべき世界に誇れる資質として、空白に意味を認める感性がある。例えば、墨絵の余白には何も描かれていません」がありました。存外、日本人は空白の使い方がうまいのかも…。

【6つの余白術】
余白を半分以上とる、と意識します。すると次の大きな課題は、「どんな」余白をとればいいのか、です。ノートの上か下か、右側か左側か、どんな風に余白をとるのが効率的なのか迷います。そんなお悩みを解決するのが、これから紹介する6つの余白術です。
(1) 行間は2行空ける
(2) 縦半分に線を引く
(3) 右端5センチに線を引く
(4) 左右に余白を作る
(5) 上下に余白を作る
(6) 右ページはまるまる空ける

科目別お悩み別に【6つの余白術】を使い分ける
この(1)~(6)の余白を教科や授業に合わせて使い分けることで、勉強の効率が格段にアップするそうです。「6つの余白術」にはそれぞれ特徴があって、向いている科目やノート形式で違います。どんなノートを作りたいか、どの科目でノート作りに迷っているかによって、自分にぴったりの余白術を選んで実践してください。

今まで余白をとるなんて考えていなかった人も、余白をとりたいけどどうすればいいか分からなかった人も、この余白テクニックを使えば効率よく簡単に余白ノートが作れるそうです。本稿の参考文献は高校生向けに書かれていますが、ノートの余白術はクリエイティブな仕事をしている人にはピタリと当てはまりそうな気がします。

学びの現場から 視覚的な効果で記憶から呼び覚ます!
余白を多くとることは書かれた重要語句や事柄をより強調させます。ノートを見返す際、その強調された1つ1つのページがイメージされ、情報として右脳に逐次記憶されていきます。
例えば、ある歴史上の人物の政策を答える問題がテストに出題されたとします。いくら考えても頭の中にその政策が浮かばなくても、自分のノートを頭の中にイメージしながら、書かれた項目を足がかりにし、答えを辿っていくこともできます。まさに余白は記憶のセーブとロードの両方の効果を持ち合わせているのです。

参考資料:『東大式合格ノート術』(東大ベストセラー出版会PICASO著/辰巳出版)
※:富士山「世界文化遺産」登録に関する3つの視点 「察しの文化」(7)
http://leaf-wrapping-lw.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/index.html

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。


にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

|

2016年4月10日 (日)

「記憶の出来る記録術」は半分の余白から  東大式合格ノート術(1)

新入社員研修で「ノートの取り方」のご依頼を受けました。「メモ」ですとどちらの研修でも必ず触れますが、ノートは初めてなので、何冊か勉強のため手に取りました。そしてわが身の認識不足を痛感させられたのです。そこで今回から、中でも忘れられない何冊かを紹介させていただきます。まずは『東大式合格ノート術』から。

ノートはまず「書かない」のが鉄則。文字よりも余白が多い白ノートを作る
ノートを書くときの最初の原則。それはノートを「書かない」ことです。「書かない」とは、どういうことなのでしょうか、それは「余白をとる」ということだそうです。
余白をとるメリットは2つあって、まず第1は効率アップ。余白をとることで簡単に見直せるようになり、見直しやすいノートは勉強の効率を上げてくれます。

「書かない」ノートが「記憶の出来る記録術」の第一歩
第2のメリットには、説明書きや補足のしやすさ。余白がなければ、先生が後から付け加えた説明や注意書きが書けません。そして余白をとるときには、必ずノートの半分以上を余白に費やすようにしてください。余白だらけの「書かない」ノートを作ることが、一目で内容が頭に入ってくる「記憶の出来る記録術」の第一歩です。

余白の重要性を科目別に見てみると
ノートは1回書いただけではなく、あとから見直し、繰り返し使ってこそのノートです。その中で余白に書きこみたい内容も必ず浮かんできます。例えば、
数学の場合
数学ノートの特徴は、1問あたりに必要なスペースが大きいこと。解いた後に答え合わせをし、自分が間違ったポイントを見直して、注意点や解説を書き込みます。そんなときは余白をとって、解説や注意を書くスペースと問題を解くスペースを明確に分けます。
社会の場合
年号、年表、歴史上の事件の経緯、地図など、書くことは盛りだくさん。ポイントは、ノートを「何と」一緒に見直すか。参考書と一緒にノートを見直すと、授業では触れられなかった重要ポイントも参考書に書いてあると気づきます。ノートと一緒に使う教材を変えると、そのたびに新しく付け加えたいポイントが浮かび上がるのです。
理科の場合
理科の特徴は「ハイブリッド」。歴史のような知識系と、数学のような演習系が両方含まれます。物理でも生物でも化学でも、公式や語句などの説明と、それを使って解く問題とに分けられます。そのため数学のように注意点や解説を書き込む余白、歴史のように追加ポイントを書き加える余白を確保します。

参考資料:『東大式合格ノート術』(東大ベストセラー出版会PICASO著/辰巳出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「新入社員研修」の話題から。


にほんブログ村


新社会人 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

あなたらしいリーダーシップを育む  『リーダーシップの哲学』より(5)

このシリーズの第1回目(3月24日)に良品計画・松井忠三氏の階層別リーダーシップ
論を紹介しました。ブログ読者からとても分かりやすいと好評を得ましたので、シリーズの締めくくりは、リーダーシップとマネジメントの違いを参考文献の著者(一條和生氏)の言葉で解説します(こちらもとても分かりやすい)。

機能の違い「内部複雑性の増大」への対応がマネジメント
「外部環境変化」への対応がリーダーシップ

両者が両輪となって組織の持続的な成長が実現します。両方が必要なのです。「either or」ではなく「both」なのです。マネジメントとリーダーシップは両立しないといけません。したがって、単にマネジメントだけを行うマネジャーは望ましくないのです。リーダーシップを自覚したマネジャーが求められます。

マネジメントとリーダーシップは相互に補完的
つまり、マネジャーとして自ら業務を担当する中で、常に外部環境の変化に注目し、必要とあれば業務改革の先頭に立つ。それがリーダーシップを自覚したマネジャーのあるべき姿なのです。
だからこそ、マネジメントとリーダーシップの機能の違いをしっかりと理解しないといけません。そして、組織で働く人々がマネジメントとリーダーシップを発揮し続けられるように、人材育成に励まなければなりません。人材育成こそ、組織の持続的な成長を危うくする属人性への最も有効な対抗措置だからなのです。

組織階層と結びついた概念がマネジメント、無縁なのがリーダーシップ
機能以外に理解しておかないといけない、マネジメントとリーダーシップに関するもう一つ大きな違いがあります。それは、マネジメントが組織階層と結びついた概念であるのに対して、リーダーシップは組織階層とは一切、無縁の概念であることです。

わかりやすく言うならば、新入社員は入社してすぐにはマネジャーになれませんが、リーダーになることはできます。たとえ小さなことであっても、現状維持を許さないチャレンジに進んで直面し、その中で何を変えるかにあたって他者の先頭に立ったとき、その人はリーダーシップを発揮したといえるのです。

●先に紹介した良品計画・松井忠三氏は、新入社員にはさほどリーダーシップは求められないと断りながら、新入社員時代の経験が松井流リーダーシップを萌芽させたと回想されています。新入社員時代の仕事に対する取り組み姿勢がリーダーシップにも、その後のマネジメントにも色濃く反映されるように思われます。

参考文献:『リーダーシップの哲学』~12人の経営者に学ぶリーダーの育ち方~(一條和生著/東洋経済新報社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「リーダーシップ研修」の話題から。


にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

リーダーは変化を認知すること  『リーダーシップの哲学』より(4)

本ブログは、新入社員フォローアップ研修④「変化の痛みに耐える勇気(*1)」で「目標を実現できない人」の3つの特徴を(1)広い人脈を持っている人、(2)知識や経験を豊富に持っている人、(3)自分のこれまでの実績に自信のある人 と書きました。しかし、その前に変化を認知できないと対応のしようがないのですね。

日本マイクロソフト代表執行役員の樋口泰行氏のリーダー論
今日のように変化が激しい時代では、ソニーやシャープでなくても、常に変革が求められます。したがって、リーダーに必要なのは、変化を認知することです。自分自身が感じ取れるだけでなく、組織全体がセンサーとして変化の必要性を感知して、悪い情報も含めて、リーダーに情報が速やかに伝わる健全なる文化を作っておかなくてはなりません。

リーダーには会社や社員を愛する気持ちが問われる
そこが病んでくると、遅かれ早かれ、企業はダメになっていきます。リーダーには、市場や環境の変化に応じて自ら変革しようという強い意志も必要です。私利私欲ではなく、会社や社員を愛する気持ちが問われます。本当にこの会社をよくしたいという気持ちが根本になければ、変革への思いは強いものにはなりえません。

経営にも通じるゴーギャンの問いかけ(ボストン美術館所蔵作品)
「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこに行くのか」
それに加えて、戦略性も大切です。会社の置かれている競合状態、ビジネスモデル、人材、自社の強み・弱みなどいろいろなものを総合して、どこから先に、どこまで行くのか、どんな順序で変革のプロセスを組み立てていくかを考えます。
変化を認識し、強い意志をもって変革し、推進していく。そうした人材を、日本はもっと増やしていくべきだと思います。

今回登場の樋口泰行氏は、松下電器産業(現パナソニック)~ボストンコンサルティングG~アップル~コンパックコンピュータ勤務を経て、2003年日本ヒューレット・パッカード社長。05年経営再建中のダイエーの社長に就任。07年マイクロソフト代表出向役兼COOを経て、08年より現職という極めて多彩な経歴の持ち主です。

●多彩な経歴の持ち主だけに、説得力があります。本稿の冒頭に登場したシャープの行く末が気になります。また、資金繰りのためにドル箱部門を切り離さざるをえなくなった東芝も厳しい再建の道を歩むことになるでしょう。樋口氏の指摘する変化への対応遅というツケは、企業に大きな代償を払わせることになります。

参考文献:『リーダーシップの哲学』~12人の経営者に学ぶリーダーの育ち方~(一條和生著/東洋経済新報社)
*1:変化の痛みに耐える勇気 新入社員フォローアップ研修4
http://leaf-wrapping-lw.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-e335.html

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「リーダーシップ研修」の話題から。


にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »