« 完璧にこだわる⇔適度なところでよしとする  認知再構成(7) | トップページ | 前日(7月31日)の参考資料:『プレッシャーなんてこわくない』より »

2016年7月31日 (日)

プレッシャーなんてこわくない  イチロー選手のプレッシャー解消法(1)

『プレッシャーなんてこわくない(※1)』という本に、「22のプレッシャー解消法」が出てきます。本文にはそれぞれ解説がついていますが、身近な話題に置き換えた方がわかりやすいかもしれません。そこで、これらを時の人“イチロー選手”の『イチロー思考(※2)』に当てはめると、どのようになるかを考えてみました。

22のプレッシャー解消法
以下に紹介する22の解消法はすべて、別々に使っても効果的ですが、組み合わせて使うことでさらに効果を発揮するそうです。事前にやっておくと効果的なものもあれば、プレゼンテーションや試合の最中に役立つものもあるため、実際に試してみて、自分にとって最も効果的な方法を見つけてほしいと著者は記しています。

(1) 自分を試すチャンスだと考える/(2)チャンスはほかにもあると考える
(3)あまり深刻に考えない/(4)ミッションに集中する
(5)心の準備をしておく/(6)自分の優れている点をあげる
(7)絶好調の自分を思い出す/(8)前向きな姿勢を保つ
(9)五感に耳をすませる/(10)自分がコントロールできることに集中する
(11)好きな歌を聴く/(12)キーワードやイメージを決める
(13)プレッシャーの場面を練習する/(14)左手でボールを握りしめる
(15)不安をすべて書き出す/(16)自意識を捨てる
(17)瞑想する/(18)プレ・ルーティンを決める
(19)思考を減速させる/(20)呼吸をととのえる
(21)自分の出番を一番にする/(22)自分の気持ちを誰かに打ち明ける

これ以降は、上記『プレッシャーなんてこわくない』の「22のプレッシャー解消法」に対して、『イチロー思考』に記された77の思考法(イチロー選手の肉声)から、ブログ筆者が最も当てはまると思ったものを選んだものです。
プレッシャー解消法(1)自分を試すチャンスだと考える  
(イチロー選手流解消法)「面白い」という感覚を優先させよう:「シスラーの大記録を更新したいま、これからの目標は何か?」と記者に聞かれて
「野球がうまくなりたいんですよね、まだ。
そういう実感が持てたらうれしいですね。それは数字には表れづらいところですけど、これはもう僕だけの楽しみというか、僕が得る感覚ですから、
ただそうやって前に進む気持ちがあるんであれば、
楽しみはいくらでもありますから、ベストに少しでも近付きたいですね」

※1:『プレッシャーなんてこわくない~誰でも本番で勝てるメンタル強化術』(ヘンドリー・ウェイジンガー著/早川書房)
※2:『イチロー思考~孤高を貫き、成功をつかむ~』(児玉光雄著/東邦出版)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング・リーダー研修」の話題から。


にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

|

« 完璧にこだわる⇔適度なところでよしとする  認知再構成(7) | トップページ | 前日(7月31日)の参考資料:『プレッシャーなんてこわくない』より »

コーチング・リーダー研修」カテゴリの記事