« 五感に耳をすませる他  イチロー選手のプレッシャー解消法(4) | トップページ | プレ・ルーティンを決める他  イチロー選手のプレッシャー解消法(5) »

2016年8月12日 (金)

前日(8月11日)の参考資料:「22のプレッシャー解消法」より

今回のシリーズでは、参考文献に紹介された「22のプレッシャー解消法」に対して、『イチロー思考』から、もっとも近いと思われるイチロー選手の言葉を対応させました。しかし、参考文献『プレッシャーなんてこわくない』の中にある解消法を紹介しないのはいただけませんので、参考資料としてその概略を記すことにします。

プレッシャー解消法(9) 五感に耳をすませる(一部紹介済み)
〈1〉呼吸を意識する。速いだろうか、遅いだろうか、安定しているだろうか? 快適な状態に墜ちつくまで、呼吸を意識し続けよう。
〈2〉何が見えるだろうか? 目の焦点はどこに合っているだろうか? 部屋を見渡してみよう。
〈3〉何が聞こえるだろうか? 目を閉じ、心の中の騒々しいおしゃべりも含めて、聞こえる音を言葉で表現してみよう。
〈1〉 一日に何度か、特にプレッシャーを感じているときに、以上のことを自分に問いかけてみよう。

プレッシャー解消法(10) 自分がコントロールできることに集中する
たとえば、面接の数分前になったら、自分の心に焦点を合わせよう。他にも志願者がたくさんいるとか、この服装で大丈夫だろうか、出身大学で差別されないだろうかなどと考えてはいけない。
ほかの志望者が面接で何を言うだろうかと心配するかわりに、会社につての情報を集め、自分が貢献できることについて話せるように準備しておこう。それはあなたがコントロールできる範囲内のことである。

プレッシャー解消法(11) 好きな歌を聴く
音楽を聴くと、不安がまぎれて仕事をうまくこなせるようになるようだ。選手に話を聞いてみると、音楽を聴くことで、シュートの方法など、ふだん無意識のうちにこなしている手順が気にならなくなり、観客に気を散らされることもなく、プレーに集中しやすくなるという。音楽を聴いていた選手はあまりくよくよ考えず、生理的な興奮をコントロールし続けることができた。
ただし、新しい仕事を覚えようとしているときには、音楽を聴いていると集中力が低下して能率が悪くなるかもしれない。音楽に気を取られた状態で数学の問題をしたり、新しい社内手続きをマスターしたりするのはむずかしい。

プレッシャー解消法(12) キーワードやイメージを決める
香港大学の心理学者ウィン・カイ・ラムは、バスケットボールの経験が少ない女性のボランティアにシュートさせる実験をした。彼女たちはタスクを身につけ、それをプレッシャーのもとで実行することになっていた。明確な指示によって指導されるグループは、姿勢、腰の位置、フォロースルーに関する詳細など、8つの手順を与えられた。比喩的な言葉によって指導されるグループは、こう告げられた。「高い棚に置かれたビンの中にクッキーを投げ入れるようなつもりでシュートしてください」。どちらのグループも2日間練習した。テスト当日、彼女たちは、技術を評価する専門家の前でシュートしなければならなかった。そして、点数の高かった方には奨励金を支払い、低かった方からは罰金を徴収することが告げられた。その結果、練習ではどちらのグループも同じくらい上手にシュートできるようになっていたが、プレッシャーが加えられると、明確な指示によって指導されたグループの成績は、比喩表現によって指導されたグループよりも劣っていた。 

参考文献:『プレッシャーなんてこわくない~誰でも本番で勝てるメンタル強化術』(ヘンドリー・ウェイジンガー著/早川書房)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コーチング・リーダー研修」の話題から。


にほんブログ村


コーチング ブログランキングへ

|

« 五感に耳をすませる他  イチロー選手のプレッシャー解消法(4) | トップページ | プレ・ルーティンを決める他  イチロー選手のプレッシャー解消法(5) »

コーチング・リーダー研修」カテゴリの記事