« 「ストレス」の対処法について メンタルへルスシリーズ(3) | トップページ | いつもと違う自分に気づくこと!メンタルへルスシリーズ(5) »

2017年1月31日 (火)

「ストレス」は悪い事ばかりではない メンタルへルスシリーズ(4)

前回はストレス対処法について書きましたが、ストレスは決して悪いことばかりではありません。むしろ、ストレスの無い人よりストレスがある人の方が幸福度が高いとの実験結果もあるようです。ストレスは時に私たちに勇気を与えてくれたり好奇心や行動力をアップさせてくれることもしばしばあることをご紹介します。

幼少期のストレスはどのような影響をもたらすのか?
スタンフォード大学の生物学者カレン・パーカー氏はリスザルを用いた実験で、ストレスを与えるため子ザルを母ザルから引き離した。そして、1日1時間、1匹で過ごさせるようにし、その後の成長を観察した。パーカー氏の予想は「幼児期にストレスを受けた子ザルは情緒不安定になる」というものだったが、結果はまるで逆のものとなった。

幼少期のストレスは逆境に打ち勝つ力をつける
子ザルたちは成長するにつれ、普通に育てられた子ザルよりも物怖じしない性格となり、行動力や好奇心あふれる様子を見せた。また、問題を与えられてもすぐに解いてしまい青年期になると自制心(自分自身の感情や欲望などをうまく抑えたりコントロールしたりする気持ちや精神力のこと)を発揮。人間の場合も同様と考えられる。

慣れない人前でのスピーチの祭、まずは落ち着こうは正解?
沢山の人前でのスピーチは緊張で頭の中は真っ白!不安でいっぱい!うまくいくかどうか自信がなくなって「まずは落ち着こう」と思う人は多いのではないか。ハーバード・ビジネススクールのアリソン・ウッド・ブルックス教授は数百人を対象に質問をしたところ、91%の人が心を落ち着かせることがもっとも効果的だと答えた。しかし・・・

不安を受け入れると勇気を生み出す反応へと変化する
ストレスをいう観点からみると「心を落ち着かせる」のはあまり意味がない。アリソン・ウッド・ブルックス氏の実験で、スピーチを行う前に「私は落ち着いている」と自分に言い聞かせた人よりも「私はワクワクしている」と言い聞かせた人のほうが不安はあっても自信が生まれ、聴衆からの評価も高かったとの結果がある。

何をしていいのか分からない、上手く出来る自信が無くても大丈夫!
試験でもスポーツでもむしろストレスを前向きに捉えたほうが自信が高まり、能力を発揮しやすくなる。不安を受け入れると、意識とはまた別のところで身体も変わる。何をすべきかが分からない、上手く出来る自信が無くても、受け入れさえすればあきらめずに頑張る力が生まれる

●上記のことからもストレスは勇気や行動力、好奇心、自制心、あきらめない力などを私たちにもたらしてくれるようです。ブログ筆者は大きな講演などでもあまり焦ったりドキドキしたりといった緊張はしません。なぜならば私にとっては話すことが仕事、つまり“日常”だからです。しかし、プレッシャーは感じます。そんな時なかなかワクワクまでは難しいのが正直なところですが、「楽しもう!自分が楽しくないと聴いてくれている人はもっと楽しくないはず」と思って臨むようにしています。

※参考文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル著/大和書房) 『大人のメンタルへルス常識』(トキオ・ナレッジ著/宝島社)

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「メンタルへルス対策研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

|

« 「ストレス」の対処法について メンタルへルスシリーズ(3) | トップページ | いつもと違う自分に気づくこと!メンタルへルスシリーズ(5) »

メンタルへルス対策研修」カテゴリの記事