« 「関東」と「関西」の違い「関西弁、どうして言葉を重ねて言うの?」 | トップページ | 関西弁のあれこれ(1)(関東との比較) »

2018年4月 8日 (日)

カーリング女子LS北見の「そだね~」コミュニケーションに学ぶ

この時期、新入社員研修真っ只中ですが、今年度もフレッシュな新人さんたちに会えて、「初心忘れず」の心構えを思いださせていただいております。新人研修ではコミュニケーションの実践ワークをふんだんに行っていますが、平昌オリンピックで、大活躍したカーリング女子ロコ・ソラーレ(LS北見)のコミュニケーションがとても参考になるので、研修でもお話をしています。今回はその「そだね~」コミュニケーションについて書かれている東洋経済オンライン/木村 隆志著からご紹介します。

スローガンは「キープスマイル、ポジティブワード」
女子カーリング日本代表ロコ・ソラーレ(LS北見)の創設者の本橋麻里さんが掲げたスローガンは「キープスマイル、ポジティブワード」です。このスローガンは試合中に交わすすべての会話に浸透しています。彼女たちが発する言葉は、「OK!」「ナイス!」「うん」「そだねー」などのポジティブワードで占められています。

いかなるときもポジティブワードを発することでチームに笑顔をもたらす
たとえば、吉田知那美さんが「〇〇のほうがいいよー」と言ったら、藤澤五月さん、鈴木夕湖さん、吉田夕梨花さんが瞬時に「OK!」「うん」「OK!」と反応します。また、藤澤さんが「こっちいってみる?」と尋ねたら、知那美さんが「そだねー」、鈴木さんが「とりあえずやってみよー」、夕梨花さんが「OK!」と返したシーンもありました。全員がポジティブワードを発することでチームに笑顔をもたらし、難しい局面でも実力を発揮しやすいリラックスした状態をつくり出しているのです。

勝っても負けてもハイタッチでチームワークを保つ
メンバーは、プレーが成功しても失敗しても、同じようにハイタッチをしています。ここで注目すべきは、「私たちわかり合っているよね」と心の中で済ませるのではなく、ハイタッチという肌を通したコミュニケーションを取っていること。ポジティブさを保つためなら会話だけで十分ですが、チームワークを保つうえで約束事にしているのです。ハイタッチは、「成功したら一緒に喜び、失敗しても一緒に切り替えよう」というチームワークの象徴。これを各エンドの終了時に必ず行うことで、チームワークを再確認し次の試合に向かえるのです。

●LS北見は銅メタル獲得と、素晴らしい快進撃を見せてくれましたが、なんとショット成功率は10チーム中、9位だそうです。それでも銅メダルと言う輝かしい成績を残せたのは、良好なコミュニケーションを取りながら細かい確認作業を重ねていったからですね。ビジネスにおいても全く同じことが言えるのではないでしょうか。新入社員の皆さんもLS北見のメンバーのように、好感度抜群の明るい表情と良好なコミュニケーションでフレッシュな風となって組織に旋風を巻き起こしてください。

※参考文献:東洋経済オンライン/木村 隆志著

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

2018年4月20日(金)『クレームを言うお客様の6つの心理とケース別電話対応手法』~あなたで良かった!不満を信頼に導く現場対応力~(株式会社アークブレイン様主催公開セミナー)

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話ランキング

|

« 「関東」と「関西」の違い「関西弁、どうして言葉を重ねて言うの?」 | トップページ | 関西弁のあれこれ(1)(関東との比較) »

コミュニケーション研修」カテゴリの記事