« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月19日 (火)

言葉のあれこれ(言い換え編)

「なるほど」と言う言葉を聞いて皆さんはどう思いますか。“あいづち”として代表的なもののひとつですが、言い方や相手が誰なのかによっては、なんか偉そうにも聞こえます。例えば、新入社員が上司の言葉に対して「なるほど」。接客でお客様の言葉に対して「なるほど」。と言ったら相手に寄っては不快に思うこともあります。

研修でも葉遣いの際に「なるほど、とよく言ってしまいますが、これは使ってもよいのでしょうか」と質問がよくあります。齊藤孝氏の「大人の語彙力ノート」にとても分かりやすく書かれています。他にも山本が気になる言葉をいくつか取り上げてみました。言い方を少し変えるだけでビジネス的にもなり、品格を感じさせられることもります。皆さんも、ぜひ、言い換えをしてみてください。

※解答は●文面の下記に記載

(1)なるほど
(2)やばい
(3)やりたくない
(4)ひどい!
(5)ぶっちゃけて言うと

●「やばい」は、最近では若い人たちの間でプラス(肯定表現)としても使われるようになりました。例:「この料理、やばくない?」、言葉は時代の流れと共に移り変わっていくものですが、私は若い人たちのようにはなかなか使えません。

解答例
(1)なるほど
・仰るとおりです ・いかにも ・ごもっともです ・確かにそうですね

(2)やばい
・大変です ・都合が悪いです ・不具合があります

(3)やりたくない
・気が重いです ・及び腰になります・腰が重いです

(4)ひどい!
・開いた口がふさがりません ・言語道断です ・もってのほかです

(5)ぶっちゃけて言うと
・単刀直入に言うと ・本音で言うと ・正直に言うと ・ざっくばらんに言うと
※「言う」は謙譲語の「申します」に言い換えると更に丁寧です

※参考文献:『誰からもできる!と思われる「大人の語彙力ノート」』(齊藤孝著/SBクリエイティブ(株))

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「コミュニケーション研修」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


コミュニケーション・会話ランキング

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »