« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年1月

2019年1月 9日 (水)

(続編)準備力が決め手!4人の子供を東大理学部に合格させた佐藤亮子ママに学ぶ

前回の続きです。

長男の受験が終わった翌日、来年は年子の次男が受験なので、私のぶんと合わせて2人で予約を入れました。そして、夏前に電話を入れたら「あ、2人じゃない!3人でした!」長男が再受験するのに追加するのをすっかり忘れていたわけです。確認してよかった!と心からホッとしました。当日は無事に3人で同じ部屋に泊まることができました。

ギリギリまで受験先が決まらない場合もあるかもしれません。けれど、受験先が決まらないからといって、ホテルを予約しないでいるのは不安材料をつくるだけ、特に地方の大学を受ける場合、ホテルの数が少ないですから、直前に探しても大学が近い場所はほぼ満室でしょう。(中略)受けないことが決まったら電話でキャンセルすればいいだけですから。

初めての場所であれば子どもと一緒に試験会場を下見しておき、道順を確認しておくと安心です。試験お前々日にチェックインして会場の下見をし、前日は1日ホテルでゆっくり過ごすというのが理想です。受験当日はそれまでの週対戦。万全の状態で迎えられるように準備しておきましょう。

●まだ駆け出しの講師の頃、佐賀県での研修の祭、リピートで3回目の会場だったので余裕だろうと思って1か月前にホテルに予約を取ろうと、ネットで探すもどこのホテルも満室!「ありえない、何が起こったんだろう」とホテルに電話を入れたところ「この時期は原発の調査員の方々が全国から集まってくるのでキャンセルも出ません」と、あっさり言われてしましました。

さて、困りました。2駅向うの駅、更に駅から車でないといけないホテルをなんとか予約しましたが、6時間研修の当日は負荷がかかることは間違いなし。ところが、研修2日前になってホテルから「キャンセルが出ました」と連絡をいただき、助かったのを思い出します。

また、当方、方向音痴に関しては胸を張って自慢できるほどの優れもの。こちらは佐賀市でのお話。地図を持って歩くも分からず、出会った人に聞くも、3人の教えてくれた人の場所が違いどんどん目的地から遠くなり、危うく遅刻しそうになったことがありました。それからというもの、スケジュールが可能な時には、地方で初めての会場での講演や研修の際には、前日に下見に行き、道を確認するようにしています。やはり準備をきちんとしておくと、心にも余裕を持ってお仕事に臨めますね。今年も初心忘れずで準備を怠らず頑張りましょう。

※引用:『受験は母親が9割(佐藤理恵子著/朝日新聞出版)』

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

|

2019年1月 6日 (日)

準備力が決め手!4人の子供を東大理学部に合格させた佐藤亮子ママに学ぶ

明けましておめでとうございます。今年も木の葉ブログをよろしくお願い申し上げます。
昨年は皆さんにとってどのような年だったでしょうか。今年が皆さまにとって素晴らしい年になりますよう祈念いたします。

さて、今回は準備の大切さについてです。皆さんは昨年末、新年の準備などには追われませんでしたでしょうか。当方もバタバタで新年を迎え、反省しきりでした。
昨年11月末のお話。「新人フォロー研修」が終わったばかりの企業様から「日程の確保をお願いします」と1通のメールが届きました。春ぐらいに何かの研修を希望されているのだろうと思っていたら、とにかく会議室の確保を早くしておきたいとのお客様のご意向で終了したばかりの「新人フォロー研修」の1年先の日程確保でした。

ちょうどその時に、4人の子供を東大理学部に合格させた佐藤亮子ママのご本を偶然にも手に取りました。すると、そこには東大入試が終わった翌日に、1年後の受験のためのホテルを予約すると書いてありました。読めば読むほど、佐藤亮子ママの準備力の凄さには驚きますが、とても大切なことですね。きちんと環境を整え万全を尽くす!大変勉強になります。今回はそんな佐藤亮子ママについてです。『受験は母親が9割(佐藤理恵子著/朝日新聞出版)』からご紹介します。

※試験会場近くのホテルを1年前から確保する

受験する大学が自宅から遠い場合はホテルの手配をしなくてはなりません。受験のためのホテルの予約は、親の仕事です。子供たちは勉強で手一杯ですから親が早め早めに準備をしておきましょう。2次試験用のホテルは灘ではだいたい夏に予約する人が多かったようです。でも、日々の忙しさに追われてしまっては大変。

東大を受けると決めていたこともあったので東大入試が終わった翌日には東京ドームホテルを予約することにしていました。東大理科Ⅰ~Ⅲ類の入試は本郷キャンパスで行われます。東京ドームホテルからは徒歩20分、車で5分程度の距離です。長男の最初の受験から使っていたホテルなので私も慣れていて安心です。

予約を入れた後は3ヶ月に一回ぐらい思い出すことにホテルに電話を入れて「佐藤です。予約は間違いなく取れていますか?」と確認していました。電話までするなんて、やりすぎだと思われるかもしれませんけど、この性格のおかげで助かったことがあります。

続編は次回に続く…

※引用:『受験は母親が9割(佐藤理恵子著/朝日新聞出版)』

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年3月 »