« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

経営理念とは今や参加型で更新するものⅢ

経営理念のアップデートの仕方や言葉遣い、表現方法などのポイントとはどのようなものなのかわかりやすく記事(『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号))に書かれています。経営理念をつくるにあたっては、「自分でつくる」「社内でプロジェクトチームを組んでつくる」「第三者(コンサルティング会社など)を交えてつくる」といった方法があるが、手間や期間、コストを考えると一長一短と言えるようです。

「会社の売上高が10億円規模、または従業員数が300人未満であれば、経営者が先導して決めるのが望ましい」と経営理念の策定に詳しいフォスターワン代表の坂上仁志氏は語っていらっしゃいます。また、具体的にアップデートをしていくには2つのポイントを踏まえることだそうです。一つ目は、経営理念を作成するフローに沿って、理想に近い言葉を見つけるまで推敲を繰り返す。2つ目は経営理念のアップデートに併せて、それに紐づく規範も体系化していくことだとか。

一つ目:経営理念を作成するフロー
本やネットでの検索
↓ 気に入ったものを選び、A4判用紙1枚に書き留める
週に1回、加筆、削除する
↓↑ 自分の言葉で表現し、何度も再考する
月に1回、幹部や友人などに意見を聞く

自分が目指す経営理念になるまで推敲しながら、完成までもっていく

2つ目:経営理念を設定したら具体的な言葉で体系化する
経営理念 → ~で人を幸せにする ~で世の中に貢献する
ミッション(使命)→ ~のためにする ~する(誰かのために、ある目的のために)
ビジョン(将来像)→ ~で世界一になる ~で業界をリードする
バリュー(価値観)→ ~でいたい ~すべし
社訓 → ~すべし
信条 → ~を目指す ~を追求する ~を徹底する
モットー → ~で働く ~でいる
スローガン → 元気、感動、感謝 ~でいよう(覚えやすいもの)
クレド → ~します ~を約束します ~を大切にします
行動指針 → ~します ~努めます(どのように行動するか)
※上段は抽象的な言葉が多く、下段になるほど具体的な言葉が多い

●経営理念が体系化できたら、最後は従業員にどう浸透させて実践させるかが大事とも書かれていますが、まさにその通りで納得です。お飾りの言葉だけにならないことが肝心であり、具体的であればあるほど分かりやすく末端まで伝わりやすく実践が可能になると推察いたします。今回は具体的につくり方を示してあって、山本も大変勉強になりました。今一度経営理念を見直してみては如何でしょうか。次回は絵で社訓を表現している企業様のご紹介です。

※参考文献:『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号)

ホームページ:https://www.leafwrapping.com/

|

2020年3月 2日 (月)

経営理念とは今や参加型で更新するものⅡ

面白法人カヤックの柳澤大輔社長は創業時から経営理念を大変意識され、現在の経営理念である「つくる人を増やす」は2007年にアップデートしたものだそうです。創業から数えて5つめだそうですが、会社の成長に伴なって経営者と社員の意識のズレを感じるたびにアップデートされて来たそうです。過去の経営理念の返還はすべて“社外秘”で、私は未来しか見ない主義なので(笑)とのコメントが載っています。

そして、柳澤社長は「経営理念オタク」と自称するほど、様々な企業の経営理念を調べ続け、感銘を受ける経営理念には、3つの要素が含まれていることに気づいたそうです。それは、「会社の成長性を示唆している」「会社の戦略や戦術が理念から垣間見える」「社会に貢献することが示されている」です。面白法人カヤックさんでは、創業から21年間、年に2回「経営理念が持つ価値を見つめ直す合宿」を開催されていますが、欠かしたことがないそうです。

柳澤社長に響いた4社の経営理念とは?

サイバーエイジェント → 21世紀を代表する会社を創る

アマゾン → 地球上で最もお客様を大切にする企業であること

ナイキ → 世界中のすべてのアスリートにイノベーションとインスピレーションを

鳥貴族→ 焼き鳥で世の中を明るくする

●どの経営理念も企業の志が感じられ、素敵だと思いました。その中でも焼き鳥が大好きな山本は鳥貴族さんの「焼き鳥で世の中を明るくする」はユニークで分かりやすく面白いなと思いました。たしかに美味しい焼き鳥をいただくと自然と笑顔になりとても幸せな気分になります。

また、ナイキさんの「世界中のアスリートにリノベーションとインスピレーションを」は、まさに昨日の東京マラソンを拝見し経営理念の威力を実感いたしました。新型コロナウィルスの影響で規模が大幅に縮小されての開催により選手の力になる沿道からの応援は少なかったですが、大迫傑選手(ナイキ)は日本新記録を出して優勝、またこれまでそれほど実績のなかった選手たちがハイレベルな記録を輩出しました。選手の皆さんの日々の鍛錬はもちろんですが、厚底シューズと魔法の粉の出現も追い風になったのではないでしょうか。

※参考文献:『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号)

ホームページ:https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »