マーケティング・その他

2021年8月14日 (土)

スポーツ選手のインティグリティ

2020東京オリンピックが終わり、筆者はしばらくオリンピックロスになってしまいました。コロナ禍でのオリンピック開催については様々な意見があったもののやはり盛り上がりましたね。筆者も沢山の感動と勇気と元気を選手の皆さんからいただきました。見逃したもののありますが、数々の素晴らしいシーンとの出会いがありました。特に開催後すぐに行われた柔道の決勝戦で勝利した後の阿部選手の礼節な態度がとても印象的でした。負けた選手への思い遣りから喜びを抑え顔の表情を変えずに負けた選手としっかり握手をかわし、その後正座で畳に向かって頭を下げたのでした。

筆者は2018年からご縁をいただいる某実業団アスリートの皆さんに研修をしておりますが、ある日、監督から「ぜひ、スポーツ選手のインティグリティについてもお願いしたい」とのご要望を賜りました。はて、さて、インティグリティ?聞かない言葉で調べてみると高潔さ、品位、完全な状態を意味し、スポーツにおけるインティグリティとは、「スポーツが様々な脅威により欠けるところなく、価値ある高潔な状態」を指す(独立行政法人日本スポーツ振興センター)とありました。

良い事例はないか調べていく中で、1964年の東京オリンピックの柔道の決勝戦で素晴らしいインティグリティに出会いました。今回の2020東京オリンピックを観戦して感動的なそのストーリーを思い出したのでご紹介します。

『スポーツにおける抑制の美学』(西村秀樹著/世界思想社)より                                    柔道決勝戦、オランダのへーシングが日本の神永を破った。オランダの応援打破狂喜し畳に駆け上がろうとしたが、へーシングは右手をかざして制し倒れたままの神永を助け起こした。礼を終えたへーシングは神永を連れ立って貴賓席にいらっしゃった皇太子に一礼して会場を立ち去った。武道館には衝撃が走った。「負けた」と日本時の誰もが思った。へーシングは正しい柔道を継承し力や技だけでなく“心”まで会得していたのだった。

まさにスポーツ選手のインティグリティの見本となるようなお話です。毎回オリンピックでは様々なドラマを目にしますが、今回も感動と勇気と元気をありがとう!という気持ちでいっぱいです。次回は2024年のパリでの開催ですね。また感動を再び!

Leaf Wrapping 山本志のぶのホームページはこちらです

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

朝のルーティンで一日を整えよう

コロナ禍も昨年の4月に緊急事態宣言が発出されてから気が付けば1年と4か月が経ち、リモートワークにもすっかり慣れては来ましたが、逆に生活にメリハリがなくなっているのではないでしょうか。筆者もほぼ出張がなくなり8割がオンラインでの研修です。そんな状況下で自分を見失わないように5月から5時30分起床の朝起きルーティンに変えました。

具体的にはお白湯を飲む、机の上を片付ける、ベランダの水撒きをする&外の空気を吸う。そして仕事&テレビのニュースで新たな情報をキャッチ、それから朝食。そうしたところ日経WOMEN8月号に「1日が整う朝のルーティン」の記事がありました。その中でも特に興味を持ったのが「脳のやる気を引き出す朝習慣&アクション」(脳内科医 加藤俊徳氏)です。メリハリつけて一日を有効に過ごすために朝のルーティンを見直してみては如何でしょうか。

『脳のやる気を引き出す朝習慣&アクション』

  • おはようと自分に声を掛ける
  • 今日やることを口に出して言う&やることを自覚する
  • 朝起きたらラジオをつけて聞いてみる
  • テーブルの上を片づける
  • いつもと反対の手で歯を磨く
  • 鏡の前で喜怒哀楽の表情を一通り行う
  • 朝の散歩に出かける
  • 新しい情報をキャッチする
  • 通勤ルートや通勤時間を変える

皆さんは“脳番地”という言葉をご存じでしょうか。脳番地とは同じような働きをする神経細胞の集まり(部位)とその神経細胞群と関連している機能の総称で脳全体では120の脳番地に分けられるそうですが、脳を理解するために似たような働きを持つ脳番地をまとめて代表的な8つの系統(思考系、視覚系、聴覚系、理解系、伝達系、運動系、記憶系、感情系)に脳番地は分類されるそうです。

朝は脳が活性化されているので仕事もすこぶるはかどります。まだもう少しコロナ禍は続きそうですから、ぜひ自分にあったものを朝のルーティンに取り入れてみては如何でしょうか。

※参考文献:日経WOMEN8月号

Leaf Wrapping 山本志のぶ ホームページはこちらです

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

経営理念とは今や参加型で更新するものⅣ(今回は社訓のお話)

今回は2013年に絵の社訓を導入し、7期連続増収を続けているラーメンチェーン喜多方ラーメン店さんのお話です。ビジュアルで訴えるやり方、とても興味深く記事(『理想を見える化し、自立を促す』(日経トップリーダー2019.8月号))を読みました。なるほど!絵ならわかりやすい。「店がこんな姿になることが理想。正解はないから。皆で議論しよう」と社員教育に高い効果を発揮しているとのことです。

その絵はこちら

http://heartheart623.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-bdd8.html

絵描きのけいちゃん 色鉛筆画家 大竹惠子の小さな日紀

元々経営理念がなかった(中略)会社に経営理念がないと初めて知った。「しいて言えば、当時社長だった父が自作した『中原語録100』という冊子が、経営の姿勢を示す言葉に近かった」(中原社長)。しかし、その中身が難解だった。「空を極めろ、白を極めろ」「アッたらツッたらパァとやれ」「己は腐っても鯛の精神」といった独自性の強い表現が多く、言葉の意図はすべての従業員らの自己解釈で受け止めていた状況。(中略)

そこで10年に、まだ常務の立場だった中原社長が、父に代わり経営理念を制定。「食を通じた。気持ちの温もり」という言葉とともに4つの具体的な内容で明文化した。しかし制定後、全国の店舗で働く従業員に浸透させるのが難しかった。(中略)絵を使って経営理念をわかりやすくつ会えるアイデアだった。仙台と個人的な付き合いがあった鉛筆作家に相談したところ、二つ返事で快諾。実現に至ったという。

出展:『理想を“見える化”し、自立を促す』(日経トップリーダー2019.8月号)

 ●絵は全73店舗に掲げられているそうです。色使いと言い登場人物のほんわかする笑顔と言い何とも温かみがあふれた絵ですね。忙しくなると「心をなくす」とよく言われます。忙しいと仕事が雑になったり笑顔で応対できなくなったり、また職場内でもギスギスしがちになったりします。でもこのような絵があると「あっ、笑顔を忘れている」「お客様に親切に接しよう」と我に返れるのだと思います。新しい発想での素敵な取り組みに大いに共感いたしました。

ホームページ:https://www.leafwrapping.com/

|

2020年3月31日 (火)

経営理念とは今や参加型で更新するものⅢ

経営理念のアップデートの仕方や言葉遣い、表現方法などのポイントとはどのようなものなのかわかりやすく記事(『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号))に書かれています。経営理念をつくるにあたっては、「自分でつくる」「社内でプロジェクトチームを組んでつくる」「第三者(コンサルティング会社など)を交えてつくる」といった方法があるが、手間や期間、コストを考えると一長一短と言えるようです。

「会社の売上高が10億円規模、または従業員数が300人未満であれば、経営者が先導して決めるのが望ましい」と経営理念の策定に詳しいフォスターワン代表の坂上仁志氏は語っていらっしゃいます。また、具体的にアップデートをしていくには2つのポイントを踏まえることだそうです。一つ目は、経営理念を作成するフローに沿って、理想に近い言葉を見つけるまで推敲を繰り返す。2つ目は経営理念のアップデートに併せて、それに紐づく規範も体系化していくことだとか。

一つ目:経営理念を作成するフロー
本やネットでの検索
↓ 気に入ったものを選び、A4判用紙1枚に書き留める
週に1回、加筆、削除する
↓↑ 自分の言葉で表現し、何度も再考する
月に1回、幹部や友人などに意見を聞く

自分が目指す経営理念になるまで推敲しながら、完成までもっていく

2つ目:経営理念を設定したら具体的な言葉で体系化する
経営理念 → ~で人を幸せにする ~で世の中に貢献する
ミッション(使命)→ ~のためにする ~する(誰かのために、ある目的のために)
ビジョン(将来像)→ ~で世界一になる ~で業界をリードする
バリュー(価値観)→ ~でいたい ~すべし
社訓 → ~すべし
信条 → ~を目指す ~を追求する ~を徹底する
モットー → ~で働く ~でいる
スローガン → 元気、感動、感謝 ~でいよう(覚えやすいもの)
クレド → ~します ~を約束します ~を大切にします
行動指針 → ~します ~努めます(どのように行動するか)
※上段は抽象的な言葉が多く、下段になるほど具体的な言葉が多い

●経営理念が体系化できたら、最後は従業員にどう浸透させて実践させるかが大事とも書かれていますが、まさにその通りで納得です。お飾りの言葉だけにならないことが肝心であり、具体的であればあるほど分かりやすく末端まで伝わりやすく実践が可能になると推察いたします。今回は具体的につくり方を示してあって、山本も大変勉強になりました。今一度経営理念を見直してみては如何でしょうか。次回は絵で社訓を表現している企業様のご紹介です。

※参考文献:『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号)

ホームページ:https://www.leafwrapping.com/

|

2020年3月 2日 (月)

経営理念とは今や参加型で更新するものⅡ

面白法人カヤックの柳澤大輔社長は創業時から経営理念を大変意識され、現在の経営理念である「つくる人を増やす」は2007年にアップデートしたものだそうです。創業から数えて5つめだそうですが、会社の成長に伴なって経営者と社員の意識のズレを感じるたびにアップデートされて来たそうです。過去の経営理念の返還はすべて“社外秘”で、私は未来しか見ない主義なので(笑)とのコメントが載っています。

そして、柳澤社長は「経営理念オタク」と自称するほど、様々な企業の経営理念を調べ続け、感銘を受ける経営理念には、3つの要素が含まれていることに気づいたそうです。それは、「会社の成長性を示唆している」「会社の戦略や戦術が理念から垣間見える」「社会に貢献することが示されている」です。面白法人カヤックさんでは、創業から21年間、年に2回「経営理念が持つ価値を見つめ直す合宿」を開催されていますが、欠かしたことがないそうです。

柳澤社長に響いた4社の経営理念とは?

サイバーエイジェント → 21世紀を代表する会社を創る

アマゾン → 地球上で最もお客様を大切にする企業であること

ナイキ → 世界中のすべてのアスリートにイノベーションとインスピレーションを

鳥貴族→ 焼き鳥で世の中を明るくする

●どの経営理念も企業の志が感じられ、素敵だと思いました。その中でも焼き鳥が大好きな山本は鳥貴族さんの「焼き鳥で世の中を明るくする」はユニークで分かりやすく面白いなと思いました。たしかに美味しい焼き鳥をいただくと自然と笑顔になりとても幸せな気分になります。

また、ナイキさんの「世界中のアスリートにリノベーションとインスピレーションを」は、まさに昨日の東京マラソンを拝見し経営理念の威力を実感いたしました。新型コロナウィルスの影響で規模が大幅に縮小されての開催により選手の力になる沿道からの応援は少なかったですが、大迫傑選手(ナイキ)は日本新記録を出して優勝、またこれまでそれほど実績のなかった選手たちがハイレベルな記録を輩出しました。選手の皆さんの日々の鍛錬はもちろんですが、厚底シューズと魔法の粉の出現も追い風になったのではないでしょうか。

※参考文献:『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号)

ホームページ:https://www.leafwrapping.com/

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

経営理念とは今や参加型で更新するものⅠ

広尾の都立図書館で、色々な雑誌のバックナンバーをパラパラめくっておりましたら、とっても興味深い記事に出会いました。『そのままで大丈夫ですか?社員が求める経営理念は変わった』(日経トップリーダー2019.8月号)。経営理念といえば、経営者が掲げて方向性を示し社員一丸となってその方向に突き進むものであると認識はしているものの、私はまだ社会人になりたての若い頃もそして若くなくなった頃もなんか堅苦しくて他人事みたいに感じていました。

お給料をいただいているので仕事はもちろんしっかりするけれど、末端の一社員には関係ないよね。上の人たちで頑張って~って!と、そのくらいの感覚しかありませんでした。今から考えるとなんと帰属意識のなかったことかと反省いたします。記事によると現代では価値観や働き方が多様化し、必要なのは共感できるもので参加型、そしてアップデートをする組織も現れています。この記事に事例などを踏まえて大変わかりやすく書かれているので一部抜粋してご紹介いたします。

経営理念の主体は「社員」
社員を主体にする経営理念が増えている。オムロンの例:2015年に改定「私たちは、世に先駆けて新たな価値を創造し続けます」と「私たちは」という言葉で主体が社員と強調している。

行動指針に落とし込む
社員に経営理念を浸透させるためには具体的な内容に落とし込んで、どういった点を意識して日々の仕事に取り組めばいいのか言葉で丁寧に伝えることで、経営理念に沿った行動を促しやすくなる。

環境が変化すれば変える
米GEの例:「明確でわかりやすい思考」「専門性」などの行動指針を、「信頼して任せ、互いに高め合う「どんな環境でも、勝ちにこだわる」などに2015年に改定。

社員でつくり、共感を促す
現場社員の合意があれば納得感が高まり共感が生まれる。こうした共感は「ある企業で調べたところ理念を唱和するよりも、浸透効果が格段に高かった」という。

名詞よりも、動詞で表現する
例えば「顧客思想」ではなく「お客様に選ばれる存在であり続ける」、「挑戦」ではなく「試すことで学びを得る」。このように具体的な行動を示す動詞で表現するといい。

●「名詞」で表現するよりも「動詞」で表現することは確かにやるべきことが明確になり、腑に落ちやすくなります。そして、上から押し付けられるのではなく、自分たちで作った理念であれば思いの注入もあり、それに向かって邁進出来るでしょう。人は他人から押し付けられたことはやらないことも多いですが、自分でこうだからやると思ったことは結構やるものです。次回は各企業の経営理念をいくつかご紹介します。

ホームページ:https://www.leafwrapping.com/

|

2019年1月 9日 (水)

(続編)準備力が決め手!4人の子供を東大理学部に合格させた佐藤亮子ママに学ぶ

前回の続きです。

長男の受験が終わった翌日、来年は年子の次男が受験なので、私のぶんと合わせて2人で予約を入れました。そして、夏前に電話を入れたら「あ、2人じゃない!3人でした!」長男が再受験するのに追加するのをすっかり忘れていたわけです。確認してよかった!と心からホッとしました。当日は無事に3人で同じ部屋に泊まることができました。

ギリギリまで受験先が決まらない場合もあるかもしれません。けれど、受験先が決まらないからといって、ホテルを予約しないでいるのは不安材料をつくるだけ、特に地方の大学を受ける場合、ホテルの数が少ないですから、直前に探しても大学が近い場所はほぼ満室でしょう。(中略)受けないことが決まったら電話でキャンセルすればいいだけですから。

初めての場所であれば子どもと一緒に試験会場を下見しておき、道順を確認しておくと安心です。試験お前々日にチェックインして会場の下見をし、前日は1日ホテルでゆっくり過ごすというのが理想です。受験当日はそれまでの週対戦。万全の状態で迎えられるように準備しておきましょう。

●まだ駆け出しの講師の頃、佐賀県での研修の祭、リピートで3回目の会場だったので余裕だろうと思って1か月前にホテルに予約を取ろうと、ネットで探すもどこのホテルも満室!「ありえない、何が起こったんだろう」とホテルに電話を入れたところ「この時期は原発の調査員の方々が全国から集まってくるのでキャンセルも出ません」と、あっさり言われてしましました。

さて、困りました。2駅向うの駅、更に駅から車でないといけないホテルをなんとか予約しましたが、6時間研修の当日は負荷がかかることは間違いなし。ところが、研修2日前になってホテルから「キャンセルが出ました」と連絡をいただき、助かったのを思い出します。

また、当方、方向音痴に関しては胸を張って自慢できるほどの優れもの。こちらは佐賀市でのお話。地図を持って歩くも分からず、出会った人に聞くも、3人の教えてくれた人の場所が違いどんどん目的地から遠くなり、危うく遅刻しそうになったことがありました。それからというもの、スケジュールが可能な時には、地方で初めての会場での講演や研修の際には、前日に下見に行き、道を確認するようにしています。やはり準備をきちんとしておくと、心にも余裕を持ってお仕事に臨めますね。今年も初心忘れずで準備を怠らず頑張りましょう。

※引用:『受験は母親が9割(佐藤理恵子著/朝日新聞出版)』

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

|

2019年1月 6日 (日)

準備力が決め手!4人の子供を東大理学部に合格させた佐藤亮子ママに学ぶ

明けましておめでとうございます。今年も木の葉ブログをよろしくお願い申し上げます。
昨年は皆さんにとってどのような年だったでしょうか。今年が皆さまにとって素晴らしい年になりますよう祈念いたします。

さて、今回は準備の大切さについてです。皆さんは昨年末、新年の準備などには追われませんでしたでしょうか。当方もバタバタで新年を迎え、反省しきりでした。
昨年11月末のお話。「新人フォロー研修」が終わったばかりの企業様から「日程の確保をお願いします」と1通のメールが届きました。春ぐらいに何かの研修を希望されているのだろうと思っていたら、とにかく会議室の確保を早くしておきたいとのお客様のご意向で終了したばかりの「新人フォロー研修」の1年先の日程確保でした。

ちょうどその時に、4人の子供を東大理学部に合格させた佐藤亮子ママのご本を偶然にも手に取りました。すると、そこには東大入試が終わった翌日に、1年後の受験のためのホテルを予約すると書いてありました。読めば読むほど、佐藤亮子ママの準備力の凄さには驚きますが、とても大切なことですね。きちんと環境を整え万全を尽くす!大変勉強になります。今回はそんな佐藤亮子ママについてです。『受験は母親が9割(佐藤理恵子著/朝日新聞出版)』からご紹介します。

※試験会場近くのホテルを1年前から確保する

受験する大学が自宅から遠い場合はホテルの手配をしなくてはなりません。受験のためのホテルの予約は、親の仕事です。子供たちは勉強で手一杯ですから親が早め早めに準備をしておきましょう。2次試験用のホテルは灘ではだいたい夏に予約する人が多かったようです。でも、日々の忙しさに追われてしまっては大変。

東大を受けると決めていたこともあったので東大入試が終わった翌日には東京ドームホテルを予約することにしていました。東大理科Ⅰ~Ⅲ類の入試は本郷キャンパスで行われます。東京ドームホテルからは徒歩20分、車で5分程度の距離です。長男の最初の受験から使っていたホテルなので私も慣れていて安心です。

予約を入れた後は3ヶ月に一回ぐらい思い出すことにホテルに電話を入れて「佐藤です。予約は間違いなく取れていますか?」と確認していました。電話までするなんて、やりすぎだと思われるかもしれませんけど、この性格のおかげで助かったことがあります。

続編は次回に続く…

※引用:『受験は母親が9割(佐藤理恵子著/朝日新聞出版)』

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村

|

2018年10月25日 (木)

上を向いて、笑顔でいるとポジティブ思考効果は抜群!

被験者の学生に鉛筆をくわえさせて、漫画を読んでもらいます。

Aチームの学生は、
鉛筆を横向きにくわえてもらう →笑顔の様な表情になる

Bチームの学生は、
鉛筆を縦向けにくわえてもらう →不満げな表情になる

結果
Aチームの方が、Bチームよりも多くその漫画を「面白かった」と答えた。つまり、「笑顔」で取り組むと、物事を楽しむことができる。

顔の筋肉を使わず道具を使って物理的に笑顔にした。それでも、私たちの脳は「楽しんでいる」と錯覚してくれるのです。なかなか笑顔になれないという人は、せめて笑顔の形だけでも笑顔にしてみませんか。

引用:『図解モチベーション百科』(池田貴魔将著/サンクチュアリ出版)
----------------------------------------------------------------------

9月の全米オープン女子テニスの決勝戦でのこと

大坂なおみ選手が決勝戦でセレーナ・ウィリアムズ選手との戦いの祭の出来事でした。ラリーの末、セレーナ選手にネット際にボールを落とされてしまい、お手上げ状態だった場面で大坂なおみ選手は最初首を横に振り、「もう駄目」と言うように暗い表情で下を向きました。ところが、その直後に上を向いて、口を横に広げて歯を10本ほど出してニコッと笑顔を故意に作ったのでした。

正に上記実験のA被験者チームのように筋肉をわざと動かして笑顔をつくったのです。結果は粘り強さのあるプレーで、大坂なおみ選手が優勝したのは皆さんの記憶に新しいところだと思います。

そして、笑顔と同様に上を向くのも効果的と言われています。上を向くとポジティブな気分になると言う実験結果もあるぐらいです。私たちは下を向いている時よりも、上を向いている時の方が、楽しい気分になるそうです。落ち込んだときは、大坂直美選手のように上を向いてニコッと笑顔づくりをしてみましょう。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


自己啓発ランキング

|

2018年8月28日 (火)

言葉を書き出して、頭に入力する習慣を身につける!

前回は『「手書きする」と目標達成率は飛躍的上がる!』と題して、書くことの効用について記しましたが、今回も書くことの凄さをこのお話から学ぶことが出来ました。
『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』(佐々木 亨著/扶桑社)からご紹介です。

父と息子。
その関係は、ミニサイズのキャンパスノートでもつながっていた。表紙に「野球ノート」と書き込まれたノートは、父と息子の野球における交換日記のようなものだった。徹さん(大谷翔平選手の父)がその日の評価やアドバイスを書き、祥平は試合での反省や今後の課題を記した。「たぶん小学校5年生ぐらいまで続けましたので、2~3冊にはなったと思います」。略

「試合から帰ったら、今日はこういうプレイができた。3回まではいいピッチングができた。あるいは高めのボール球に手を出したとか、ボール球を打ってフライを上げたとか。そういった試合での良かったことや悪かったことなどをノートに書かせていました。そこで大事なのは悪かったときに次に何をすれば課題を克服できるのかを考えて行動に移すことだと思っていました。

エラーや三振はある。その反省から自分がどういう取り組みをしていくのか。それらを字で書き残す事によって、しっかりとやるべきことを頭に入れてほしかった。つまりは、練習における意識付けですね。野球ノートを始めた一番のきっかけはそこにありました」ノートには、ほとんどの頁に書き込まれている徹さんのこんな言葉がある

一つ目は「大きな声を出して、元気にプレイする」略
2つ目は「キャッチボールを一生懸命に練習する」略
3つ目は「一生懸命に走る」略

父の思いは、23歳になった祥平の心の奧に、まだ生き続けている。
--------------------------------------------------------------------

●今や時の人となったアメリカ大リーグ ロサンゼルス・エンゼルスで活躍する大谷祥平選手も子供の頃から書くことをずっと続けていたようですね。

そう言えば、テレビに映る大谷祥平選手はいつも明るく元気な印象です。ベンチでは同僚と笑顔で楽しそうに話している姿が目に入ってきます。一生懸命に走る姿は見ていてとても心地良いものです。大リーグで活躍できるまでになったのは、子供の頃の「野球交換ノート」で学んだことの実践をきちんと積み重ねてきたからなのでしょう。

「ローマは一日にしてならず」の諺が頭を過ります。

やるべきことのリストはスマホやパソコンではなく、山本も手書きをするようにしています。書くことで脳に強い意識づけをしています。「書く」と言えば3年前から就寝前に「感謝ノート」なるものを書くようになりました。感謝の心が育つように、その日の出来事から感謝する事柄を5つ書きだすようにしています。皆さんもアナログ式「ノートに書く」を活用してみてください。

ホームページ https://www.leafwrapping.com/

■研修、講演などのご依頼、ご相談は【プロフィール】(画面左顔写真下)の〈メール送信〉からお願いいたします。今回は「マーケティング・その他」の話題から。

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


自己啓発ランキング


コミュニケーション・会話ランキング

|

より以前の記事一覧